【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査

役立つ知識

【⚡コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査

出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニへ駆け込もう!

今やスマホは生活に欠かせないインフラのような地位を獲得するに至りました。

  • お金を払う
  • 電車乗る
  • SNS投稿する
  • ネットバンキングする
  • 音楽・動画楽しむ
  • スケジュール管理する
  • ニュースを見る

挙げたらキリがないくらい、日常生活において何をするにも「スマホ・スマホ・スマホ・・・」のまさにスマホ一色。

 

充電器を忘れたら最後、社会的孤独を味わう恐怖

それだけ多くのシーンで活用されるスマホのバッテリーは、著しいスピードで消耗します。なので外出の際は「充電ケーブル」と「充電器」または「モバイルバッテリー」が欠かせません。

 

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|スマホバッテリーが死ぬこと=自らの死を意味します。©HUNTER x HUNTER

これを忘れてしまったら最後、あなたは突如として社会的機能不全に陥って、一人ポツンと置き去りにされたような気分になるでしょう。それは彼があのとき感じた恐怖の比ではありません。

 

出先におけるバッテリー切れの救世主「コンビニ」

そんな出先でのバッテリー切れという有事の際に重宝するのが「コンビニエンスストア」です。

実はコンビニには充電器や充電ケーブル、モバイルバッテリーなど充電関連アイテムが多数販売されています。コンビニは文字通りどこにでもあるのでホント便利。

 

ただ一方で商品ラインナップが充実し過ぎていて

「どれ買ったらいいのさ・・・」

と途方に暮れてしまうのも事実。

 

選ぶための基準を知らないと、確実にバッテリー売り場でフリーズすること必至です。

 

最適なモバイルバッテリーの見分け方を知りましょう!

そんなわけで今回は「コンビニで売っているモバイルバッテリーの選び方」と題して、いざという時に知っておくと安心なモバイルバッテリーを選ぶポイントについてご紹介します。

20年10月時点で売られているコンビニ各社のおすすめモバイルバッテリーについても併せて紹介していきますよ。

 

では早速、コンビニで売られているモバイルバッテリーの選び方と買って後悔しないコンビニのおすすめモバイルバッテリー製品について見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

コンビニのモバイルバッテリー選び方|選び方のポイント

早速、コンビニで販売されているモバイルバッテリーを選ぶ際のポイントについて解説していきます。

これさえ踏まえておけば、もうコンビニでモバイルバッテリー販売コーナーで途方に暮れることは無くなることを約束しましょう。

 

 

規格

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|選び方のポイント:規格

規格とは、「Lightning」「Type-C(USB-C)」といったスマートフォンの充電ポートが対応している充電形式を指します。この規格が合致していなければ、そもそも充電そのものが行えないので、まず最初に規格をチェックしましょう。

パッケージにはよく「For 〇〇」と表記されていることが多いです。

主要スマホではiPhoneは「Lightning」、androidは「Type-C(USB-C)」という規格にそれぞれ対応しているのが一般的ですね。

 

Lightning端子

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|選び方のポイント:規格(Lightning端子)

これがiPhone独自の充電規格「Lightning」です。

 

Type-C(USB-C)端子

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|選び方のポイント:規格(Type-C / USB-C端子)

これが「Type-C(USB-C)」と言われる規格になります。

楕円形のようなフォルムで上下関係なくポートに挿せるのが特徴ですね。

 

micro USB端子

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|選び方のポイント:規格(micro USB端子)

正面から見ると台形型のような端子を持っているのが「micro USB」という規格です。

スマホの充電ポートとしては一般的ではありません。

 

USB-A端子

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|選び方のポイント:規格(USB-A端子)

ちなみに商品パッケージに記載がある「USB-A」とは、従来型のUSB規格で上のようなものを指します。

基本的に電気を受ける側ではなく、渡す側に挿し込むタイプの端子。

iPhoneを買うと付いてくる充電ケーブルは、この「USB-A」端子に対応したものですね。

 

バッテリー容量

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|選び方のポイント:バッテリー容量

「mAh(ミリ・アンペア・アワー)」という単位を伴って表記されているのがバッテリー容量で、要するにどれくらいの電気を蓄えておけるのかという目安になります。

 

スマホのフル充電1回=2500mAhを基準に

厳密には機種によってまちまちですが、一応の目安として「2500mAh=スマホのフル充電1回分」と考えると選びやすいです。

ちなみにiPhoneの具体的なバッテリー容量を例示すると、下記のような感じです。

 

機種 バッテリー容量(mAh)
iPhone 8 1821mAh
iPhone 8 Plus 2691mAh
iPhone X 2716mAh
iPhone XS 2658mAh
iPhone XS MAX 3174mAh
iPhone XR 2942mAh
iPhone 11 Pro 3046mAh
iPhone 11 Pro MAX 3969mAh

 

最後の「iPhone 11 Pro MAX」ぐらいになるとかなり開きがありますが、他のスマホ端末に関してはザックリと2500mAh程度であることが分かりますね。

仮に「スマホフル充電1回分の充電ができれば十分」というのであれば、バッテリー容量3000mAh前後を目安に商品を絞り込みましょう。一気に商品数を絞ることができるので「バッテリー容量」も重要な判断材料です。

 

間違って”充電器”を買わないようにするために

「モバイルバッテリーだと思って買ったら、充電器だった」なんて一見冗談みたいなことを結構耳にします。

確かにパッと見た感じでは「モバイルバッテリー」と「充電器」が似通っていることって多いんですよね。この手の製品に頓着の無い方ならなおさら見誤るでしょう。

充電器の場合「mAh」と書かれていることはないので、間違って購入することを防ぐ意味でも「mAh」の表記を確認することは有意義です。

 

充電出力(電流値・アンペア値)

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|選び方のポイント:充電出力(電流値・アンペア値)

一般的に「充電出力」と呼ばれる項目が最後の判断材料で、この数値は充電スピードに関係します。

「電流値」や「アンペア値」などとも呼ばれますが同じ意味ですね。

 

スピーディーさを求めるなら「2A」以上

いち早く充電させたいなら充電出力は「2A」以上を選びましょう。

なお現状コンビニで販売されているモバイルバッテリーの最高値は「2.4A」で、USB-A規格による充電としてはモバイルバッテリーの大手メーカーと遜色のない出力になります。

逆に「1A」はかなり充電スピードが遅いので、急いで充電したい方は避けましょう。

充電が遅くても構わない方は「1A」モバイルバッテリーの方が安価なのでおすすめです。

単三電池を入れて使う「乾電池式」充電器を検討してもいいかもしれませんよ。

 

「合計最大〇〇A」とは?

バッテリー本体に2つ以上充電ケーブルを挿し込むポートがある場合に記載されるフレーズですね。

結論から言うと、通常1ポートを使うと100%の電力供給が得られるバッテリーの力が、2つ以上のポートに分散されてしまうことを意味します。つまり2つ以上を同時使用すると本来の充電出力が各ポートに振り分けられることで、充電スピードが落ちてしまうわけですね。

例えば「合計最大2.4A」と書かれているのであれば、仮に1つのポートを使用した際に2.4A出力が可能なバッテリーでも、複数のポートを同時に使うと各ポート1.2A程度の出力になるようなイメージです。

ちなみに現在のモバイルバッテリー性能の相場から言って「合計最大2.4A」は大手メーカー製品と変わらない最高クラスの性能になります。

 

【余談】充電ケーブル付属の有無

上に挙げた3つのポイントに比べれば、あくまで余談の域を出ませんが、商品に充電ケーブルが同梱されているかどうか、併せて確認しておくといいでしょう。

充電ケーブルがセットで販売されている場合もありますが、同梱されていない場合も多々あるので注意が必要です。

 

コンビニのモバイルバッテリー選び方|コンビニで買えるおすすめバッテリー

ここからは大手コンビニで販売されているモバイルバッテリーの中から、僕が実際に性能テストを行ったうえで確かな充電が行えると確信を得た、おすすめ製品を厳選してご紹介します。

大手コンビニごとにご紹介していきますよ。

 

なお僕がiPhoneユーザーという関係上、iPhoneで使用することを念頭に置いたモバイルバッテリーを取り上げていくので、ご了承くださいね。

なお各社3機種ほど試してみましたが、購入後すぐ使える状態で売られていました。

十分なバッテリー容量が販売時点でチャージされているので、開封後すぐに使えて安心です。

 

セブンイレブン

【⚡コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:セブンイレブン

まずはコンビニ業界の巨人「セブンイレブン」で販売されているモバイルバッテリーから見ていきましょう。

僕がおすすめするセブンイレブンで購入できるモバイルバッテリーは、センチュリー「リチウム式充電器6000mAh(型番:CSPP-CA60W)」です。

 

コンビニで買えるベストモバイルバッテリー

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:セブンイレブンのセンチュリー「リチウム式充電器6000mAh(型番:CSPP-CA60W)」

いきなり結論のような見出しで恐縮ですが、今回僕が大手各社から購入してきた様々なバッテリーの中で性能・サイズ感・価格のバランスが最も優れていたのが本製品。

セブンイレブンのどの店舗に行っても置いてある製品ですね。

 

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:セブンイレブンのモバイルバッテリーの性能テスト結果

上の画像は「リチウム式充電器6000mAh」の充電出力を計測したものですが、USB-Cポート・USB-Aポートともに良好な出力値が認められました。

パッケージに記載された理論値2.4Aには及びませんが、バッテリー特有の性質上、誤差の範囲を出ないと言ってもいいレベル。モバイルバッテリーに特化したメーカーの製品にも劣らない性能といっていいでしょう。

 

急速充電非対応のチャージ方法の場合、最大12Wがスマホの上限値になるので約9.3Wという出力性能は優秀だと感じましたね。
チャンス

 

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:セブンイレブンのセンチュリー「リチウム式充電器6000mAh(型番:CSPP-CA60W)」:充電ケーブルが同梱されていないことが残念なポイントですが、それ以外は上々のスペック。Type-C(USB-C)ポートも搭載されていることはコンビニとしては非常に珍しい。

充電ケーブルが同梱されていないことが残念なポイントですが、それ以外は上々のスペック。Type-C(USB-C)ポートも搭載されていることはコンビニとしては非常に珍しいですし、決して適当な製品ではないので、一時的にピンチを凌ぐだけのアイテムに留まらず、末永く使用できるのもナイスです。

 

扱いやすいサイズ感と値ごろ感も魅力

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:セブンイレブンのセンチュリー「リチウム式充電器6000mAh(型番:CSPP-CA60W)」:非常に持ちやすいサイズ感。重さも約180gと軽量で、特に薄いのが持ち運びやすくていいですね。

モバイルバッテリーの大手メーカーAnkerの製品を彷彿とさせる、非常に持ちやすいサイズ感。重さも約180gと軽量で、特に薄いのが持ち運びやすくていいですね。

価格も全国共通2,948円というのも納得。出先で困ったらセブンイレブンがベストチョイスだと感じさせられました。

 

セブンイレブンにはアップル純正アクセサリコーナーがある

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:セブンイレブンのアップル純正アクセサリー売り場

実はセブンイレブンではアップル純正アクセサリーが取り扱われています。これは他社には無いセブンイレブンだけの圧倒的優位点です。

上の画像を見るとお分かりいただけるように純正の充電ケーブルや電源アダプタが揃っています。

最大18W出力による急速充電が行える充電ケーブルと電源アダプタも並べられていて、至れり尽くせり。

 

iPhoneユーザーは、なおさらセブンイレブンに駆け込むのが吉ですね。
チャンス

 

ファミリーマート

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ファミリーマート

続いてはコンビニ業界シェア第2位のファミリーマート。

ファミマで買えるおすすめモバイルバッテリーは、多摩電子工業「リチウムチャージャー7800 2P microUSB用(品番:FL82SAW)」です。

 

コンビニ最大級のバッテリー容量

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ファミリーマートの多摩電子工業「リチウムチャージャー7800 2P microUSB用(品番:FL82SAW)」

最大の特徴は、コンビニでは最大級となる7800mAhものバッテリー容量を誇っていることです。

例えばiPhone 8であれば約4.3回、最新大型スマホiPhone 11 Pro MAXでも約2回のフル充電が行える容量に相当します。

 

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ファミリーマートの多摩電子工業「リチウムチャージャー7800 2P microUSB用(品番:FL82SAW)」:USB-Aポートが2つ搭載されているので、同時に2台のスマホを充電することも可能。

さらにUSB-Aポートが2つ搭載されているので、同時に2台のスマホを充電することも可能。

そのため例えばスマホ&タブレットを同時充電したり、パートナーのスマホと同時充電なんて使い方もできる点がナイスですね。

 

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ファミリーマートのモバイルバッテリーの性能テスト結果

充電出力はセブンには及びませんでしたが「1A」クラスのバッテリーに比べれば約2倍のスピードで充電できる出力が確認できました。

安定して電気を供給することもできたので、安心して使用できるモバイルバッテリーと言えます。

 

欠点は充電ケーブルが付いていないこと

一方で「リチウムチャージャー7800 2P microUSB用」にはスマホ向けの充電ケーブルが付属していない点に注意が必要です。

付属するのはあくまでバッテリー本体充電用ケーブルのみ。手元に充電ケーブルがない場合は別途購入する必要があります。

ただ不幸中の幸いでファミマは他社に比べてバッテリー関連製品のラインナップが豊富な傾向にあるので、必要な充電ケーブルも併せて購入できます。

 

取扱商品数は多い傾向がある

お伝えしたように、ファミマは他社よりも店頭に置いてあるバッテリー関連のアイテム数が多い傾向があります。

店舗にもよりますが、他社の1.5倍以上の品揃えがある印象ですね。

 

確実に自分のニーズに合致したモバイルバッテリーを買い求めたいときは、最も頼りになるコンビニと言えそうです。
チャンス

 

ローソン

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ローソン

最後はコンビニ御三家最後の一社、ローソン。

ローソンで買えるおすすめモバイルバッテリーは、多摩電子工業「リチウム式充電器5200 C変換付(品番:LL86SCK)」です。

 

Type-C変換アダプタ付き

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ローソンの多摩電子工業「リチウム式充電器5200 C変換付(品番:LL86SCK)」

今回紹介するモバイルバッテリーの中では最もバッテリー容量の小さい商品になりますが、それを補って余りあるメリットが「Type-C変換アダプタ」が付いている点です。

 

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ローソンの多摩電子工業「リチウム式充電器5200 C変換付(品番:LL86SCK)」:アダプタをモバイルバッテリー本体充電用ケーブルに取り付けることで、androidスマホを含むType-C対応デバイスの充電に使用することができます。

このアダプタをモバイルバッテリー本体充電用ケーブルに取り付けることで、androidスマホを含むType-C対応デバイスの充電に使用することができます。

5200mAhの豊富なバッテリー容量と充電ケーブルが付属していることを両立させたレアな製品と言えますね。

 

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:ローソンのモバイルバッテリーの性能テスト結果

充電出力の結果はファミマとほぼ同じ値の1.67Aでした。

使っていて電気の供給が不安定な印象も無く、いたって普通に使用できるモバイルバッテリーでしたよ。

ただ充電速度に関しては、やはりセブンが一歩リードしている印象は拭えませんね。

 

他社に比べると割高?

「Type-C変換アダプタ」が付いているとはいえ、バッテリー容量や充電性能を考えると3,168円(税込)というのは、比較的割高感があるかもしれません。

正直僕ならセブンかファミマのバッテリーを選びますねw

 

ローソンは残念ながら三社の中で一番魅力に乏しいと感じました。
チャンス

 

コンビニのモバイルバッテリー選び方|まとめ

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査

「【⚡コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査」と題して、出先でバッテリー切れに困った際の駆け込み寺として最適なコンビニで買えるモバイルバッテリーの選び方、そして各社それぞれのおすすめモバイルバッテリーについてご紹介してきました。

 

モバイルバッテリー買うならセブンイレブンがおすすめ

【コンビニのモバイルバッテリー選び方まとめ】出先でスマホのバッテリー切れに困ったらコンビニ直行!安心して買えるおすすめモバイルバッテリー徹底調査|コンビニで買えるおすすめバッテリー:セブンイレブン

今回コンビニ大手三社のモバイルバッテリー販売状況と商品の品質などをチェックして感じたのは、セブンイレブンが最も魅力的だということ。

性能・価格ともに納得のモバイルバッテリーが売られていますし、何といってもアップル純正のアクセサリーコーナーが設けられているのが最大の利点でしょう。

正直モバイルバッテリーに同梱されているケーブルは信頼性に乏しく、未来永劫使うことははばかられるので、万が一の際でも純正ケーブルが手に入るセブンは圧倒的な優位性を持っていると言えます。

 

「出先でバッテリー切れに困ったらセブンイレブンへ駈け込むのがベスト」

 

「困ったら→セブン」で決まりです!
チャンス

 

やっぱり買うなら大手メーカーのモバイルバッテリー

Ankerのロゴ

これ言っちゃうと元も子もないんですが、やっぱりコンビニのモバイルバッテリーは品質に限界があります。

緊急時には非常に役立ちますが、それでもAmazonなどで購入できる信頼性の高いモバイルバッテリー製品に比べると、コスパは決して良くありません。

モバイルバッテリーと言えばAnkerという世界的メーカーが有名で定評があるので、ぜひこの機会にチェックしてみてほしいと思います。

 

ちなみに信頼性の高いメーカーAnker製品の中で、今回ご紹介した価格よりも安くて高性能なモバイルバッテリーをおすすめするなら「PowerCore 10000」が適役でしょう。

バッテリー容量はセブンイレブンのバッテリーの約1.6倍に相当する大容量。しかもコンビニで買うより安いから断然コスパ良いです。

 

せっかく買うなら高性能な製品が欲しいという方には、Anker「PowerCore 10000 PD Redux」がイチオシ。

コンビニのバッテリーよりも約2.4倍も速く充電できて、バッテリー容量も10000mAhと大容量コンパクト&軽量で携帯性にも優れています。2019年ベストバイなバッテリーの一つですね。

 

ニーズ別におすすめのモバイルバッテリーをまとめた記事を公開しているので、よかったらぜひ!

関連記事
【2020年おすすめモバイルバッテリーまとめ】iPhone・android共通!大容量・小型軽量・薄型・タイプC・急速充電などニーズ別の人気モバイルバッテリーを超厳選!!
【⚡2020年最新おすすめモバイルバッテリーまとめ】iPhone・android共通!大容量・小型軽量・薄型・タイプC・急速充電などニーズ別の人気モバイルバッテリーを超厳選!!

続きを見る

 

この記事があなたのスマホバッテリーの危機に少しでも貢献できれば、とても嬉しく思います。

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連リンク【Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-役立つ知識
-, , , ,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ