【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!

DVDコピー TP/DVDコピー

ISOファイルをDVDに書き込む方法|空のDVDに焼く

ISOファイルをDVDに焼く方法を徹底解説!!

フリーソフト「DVD Shrink」や高性能コピーソフト「VideoProc Converter」などを用いてDVDを丸ごとコピーすると”ISO”というファイル形式で書き出されます。

そうして作成したISO形式のDVDデータを空のDVD-ROMに焼く(コピーする/ライティングする)方法について、本記事ではご紹介していきます。

 

なおDVDをISO形式の動画ファイルに変換する方法については、下記の記事で詳しく解説していますよ。

関連記事
【超まとめ】DVDコピー方法|レンタルDVDも取り込み可能
【22年版】DVDコピー方法|レンタルDVDも取り込み可能

続きを見る

関連記事【22年版DVDコピー方法】セル&レンタルDVDの処理方法を網羅的にご紹介!

 

基本的に無料でDVDは焼けます

セル&レンタルDVDの内容をコピーする場合、特に強力なコピーガードが施されているDVDについては有料の高性能コピーソフトを用いる必要が生じる一方、ISO形式に変換したDVDデータをDVD-ROMに焼く際は、ほぼ100%無料ソフトウェアで行うことが可能です。

たまにエラーになることがありますが、そんなときに使える高性能ライティングソフトも併せてご紹介するので、本記事さえ読めばDVDの焼き方を一通りマスターできるでしょう。

 

では早速、ISOファイルを空のDVD-ROMに焼く方法について詳しく見ていきましょう。

 

MP4形式の動画ファイルを空のDVD-ROMに焼く方法

ちなみにMP4形式の動画ファイルを空のDVD-ROMに焼くことも可能です。

セル&レンタルDVDのようにDVDメニュー機能を付けてオリジナルDVDを作成できるので、興味のある方は下記の記事をチェックしてみましょう。

 

関連記事
【DVD Flickの使い方】MP4などの動画データをメニュー機能付きでDVD-Rに焼ける!無料で使えるDVDオーサリングソフト「DVD Flick」の使い方
【決定版】DVD Flickの使い方|MP4ファイルをDVDに書き込む

続きを見る

関連記事【DVD Flickの使い方】MP4などの動画データをメニュー機能付きでDVD-Rに焼ける!無料で使えるDVDオーサリングソフト「DVD Flick」の使い方

 

本記事の内容

 

ISOファイルをDVDに書き込む方法のバリエーション

ここではまずISOファイルを空のDVD-ROMに焼く方法のバリエーションについて、簡単に解説していきます。

 

今回ご紹介するオススメの焼き方は、下記の3種類です。

 

 

「Windows標準搭載機能」で焼く

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|Windows標準搭載機能で焼く

これは標準でWindowsパソコンに備わっている機能を使ってDVDを焼く方法です。

 

実はWindowsは「Windows7」以降、ISOファイルをDVDに書き込むライティング機能が標準搭載されるようになったため、Win7以降のWindowsパソコンであれば、特別なソフトを使わずにDVDを焼くことができます。

つまりWin7以降のパソコンを持っていれば、お金をかけることなくDVDが焼けますよ!

 

該当するパソコンをお持ちの方はまずこの方法を実践してみることをお勧めします。
チャンス

 

>>「Windows標準搭載機能」を使った焼き方をチェックする

 

「ImgBurn」で焼く

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼くImgBurnのロゴ

この方法は無料で使えるライティングソフト「ImgBurn」を使ってDVDを焼く方法になります。

 

以前は「DVD Decrypter」というソフトが定番の無料ライティングソフトでしたが、2005年に開発が中止になり、今ではライティング機能が正常に作動しなくなってしまいました。

そのため今は「DVD Decrypter」の代わりとして「ImgBurn」を用いるのが一般的になっています。

ちなみに「ImgBurn」と「DVD Decrypter」の制作者は同じ人物なので、どこか使っていて安心感があります。

 

「Windows標準搭載機能」でDVDが焼けなかった場合の代替策

一概にWindows標準搭載のライティング機能と比較できるものではありませんが、Windows標準搭載機能でDVDを焼くことができなかった場合の次の一手として「ImgBurn」で焼く方法を知っておくといいでしょう。

 

「ImgBurn」も無料で使えるソフトなので、経済的負担ゼロで実践できますよ!
チャンス

 

>>「ImgBurn」を使った焼き方をチェックする

 

「WinX DVD Copy Pro」で焼く

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く

最後にご紹介する方法は、これまでご紹介した2つの方法では焼けない場合に重宝する”最後の砦”的な高機能ソフト「WinX DVD Copy Pro」を使ってDVDを焼く方法です。

 

このソフトは有料というだけあってそのライティング性能は他の手段とは段違いの精度で行えます。

ただDVDを焼くことは他の無料ソフトでも一応行えるので、「WinX DVD Copy Pro」はあくまで最後の手段として用いるのがオススメです。

 

>>「WinX DVD Copy Pro」を使った焼き方をチェックする

 

DVDの焼き方を実践する際には、肝心の空のDVD-Rの用意も忘れずに!
チャンス

 

>>本記事の目次へ戻る

【方法1】「Windows標準搭載機能」で焼く

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|Windows標準搭載機能で焼く

ここではWindows7以降のOSに標準搭載されているライティング機能を使ってDVDを焼く方法について解説していきます。

以下ではWindows10を用いて解説していますが、Win10以前のOSをご利用の方にとっても参考になるはずです。

 

ISOファイルを選択して、書き込みを開始する

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|Windows標準搭載機能で焼く:ISOファイルを選択して、書き込みを開始する

早速DVDのISOファイルが保存されているフォルダを開いて、ISOファイルを選択しましょう。

するとウインドウ上部のメニューに「ディスクイメージツール」と表示されます。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|Windows標準搭載機能で焼く:「ディスクイメージツール」をクリックすると「書き込み」という項目が新たに表示されるので、クリックしましょう。

「ディスクイメージツール」をクリックすると「書き込み」という項目が新たに表示されるので、クリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|Windows標準搭載機能で焼く:「Windowsディスクイメージ書き込みツール」というウインドウが新たに立ち上がります。 あとはDVDドライブに空のDVD-ROMを入れて「書き込み」ボタンをクリックすればOK。

「Windowsディスクイメージ書き込みツール」というウインドウが新たに立ち上がったら、あとはDVDドライブに空のDVD-ROMを入れて「書き込み」ボタンをクリックすればOK。

 

右クリックで開くメニューからも操作可能

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|Windows標準搭載機能で焼く:右クリックで開くメニューでも書き込み可能

実はISOファイルを直接右クリックして展開されるメニューにある「ディスクイメージの書き込み」という項目をクリックするだけでも、「Windowsディスクイメージ書き込みツール」を表示させることができます。

この方法はWin7~Win10まで幅広く使えますよ。

 

ライティング作業が完了するまで待つ

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|ライティング作業が完了するまで待つ

状態欄に「書き込み可能なディスクにディスクイメージを書き込んでいます...」と表示されたら、あとはライティング作業が完了するまでしばらく待ちましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|ライティング作業が完了するまで待つ:状態欄に「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました」と表示されたら、ライティング作業完了です。

状態欄に「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました」と表示されたら、「閉じる」ボタンをクリックしてライティング作業を完了させましょう。

 

これでWindowsに標準搭載されているライティング機能を使ってDVDを焼く方法の解説は以上です。

 

あとは焼いたDVDが再生可能かチェックしてみましょう!
チャンス

 

>>本記事の目次へ戻る

【方法2】「ImgBurn」で焼く

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く

ここでは無料で使えるライティングソフト「ImgBurn」を使ってDVDを焼く方法について解説していきます。

 

「ImgBurn」をダウンロードする

まずは下記のサイトにアクセスして「ImgBurn」を無料ダウンロードしましょう。

 

>>ImgBurnをダウンロードする|softpedia.com

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をダウンロードする

アクセスしたページを下へスクロールさせると「DOWNLOAD」と書かれたボタンがあるので、これをクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「Softpedia Mirror」と書かれた部分をクリックします。

上のような画面が表示されたら「Softpedia Mirror」と書かれた部分をクリックします。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:ページが遷移して、自動的に「IgmBurn」のダウンロードが開始されます。 ダウンロードが完了するまでしばらく待ちましょう。

するとページが遷移して、自動的に「IgmBurn」のダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了するまでしばらく待ちましょう。

 

「ImgBurn」をインストールする

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする

ダウンロードした「SetupImgBurn_2.5.8.0.exe」というファイルを開いて、「ImgBurn」をパソコンにインストールしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする:セットアップ画面が表示されたら「Next」をクリックします。

セットアップ画面が表示されたら「Next」をクリックします。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする:「I accept the terms of the License Agreement」と書かれた横にあるチェックボックスにチェックを入れて、「Next」ボタンをクリックしましょう。

ソフトのライセンスに関する許諾を求められる画面が表示されます。

「I accept the terms of the License Agreement(=同意します)」と書かれた横にあるチェックボックスにチェックを入れて、「Next」ボタンをクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする:続いてコンポーネントの選択画面が表示されますが、設定変更の必要はないので初期設定の状態で「Next」をクリックしましょう。

続いてコンポーネントの選択画面が表示されますが、設定変更の必要はありません。

最初の状態のまま「Next」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする:「ImgBurn」のインストール先を指定する画面が表示されます。ここも基本的に設定変更の必要はないので、初期設定のまま「Next」をクリックしましょう。

「ImgBurn」のインストール先を指定する画面が表示されます。

「ImgBurn」を日本語表記に設定変更する際にソフトのインストール先を把握しておく必要があるので、ここでしっかり控えておきましょう。

ここも特に設定変更の必要はないので、最初の状態のまま「Next」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする:この操作画面も基本的にこのままでOKなので、「Next」をクリックしましょう。

この操作画面も基本的にこのままでOKなので、「Next」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする:定期的にソフトの最新版がリリースされているかチェックしたいか尋ねられます。 ソフトは最新に保っておいた方がセキュリティを考えると健全なので「はい」をクリックしておきましょう。

ソフトの最新版がリリースされているか、定期的にチェックしたいか尋ねる表示がされますが、ソフトは常に最新に保っておいた方がセキュリティ面で安心なので「はい」をクリックしておきましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」をインストールする:「Completing the ImgBurn Setup Wizard」と表示されたら、インストール完了です。 「Finish」ボタンを押して、作業を終了させましょう。

「Completing the ImgBurn Setup Wizard」と表示されたら、インストール完了です。

「Finish」ボタンを押して、作業を終了させましょう。

 

「ImgBurn」を日本語表示に切り替える

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える

「ImgBurn」を日本語表示に切り替えるには、日本語化ファイルを用意する必要があります。

下記のサイトにアクセスして、無料ダウンロードしましょう。

 

>>ImgBurn 2.5.8.0 日本語化ファイル 第2版|日本語化工房

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:「ImgBurn 2.5.8.0 日本語化ファイル 第2版」と書かれたリンクをクリックするとダウンロードが始まりますよ。

「ImgBurn 2.5.8.0 日本語化ファイル 第2版」と書かれたリンクをクリックするとダウンロードが始まりますよ。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:ダウンロードした「imgburn2580_jp2.zip」はこのままではファイルにアクセスできないので、ファイルを右クリックでメニューを開き「解凍」から、任意の場所に解凍させましょう。

ダウンロードした「imgburn2580_jp2.zip」はそのままではファイルにアクセスできないので、ファイルを右クリックしてメニューを開き、「解凍」から任意の場所に解凍しましょう。

特にこだわらないのであれば「デスクトップに解凍」でOKです。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:「imgburn2580_jp2」というフォルダが開かれます。 その中にある「Japanese.lng」というファイルを「ImgBurn」のインストール先に移します。

解凍されると「imgburn2580_jp2」というフォルダが開かれます。

その中にある「Japanese.lng」というファイルを「ImgBurn」のフォルダ内に移動させます。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:「Japanese.lng」ファイルの移動先は「ImgBurn」のインストール先にある「Languages」フォルダになります。 インストール先を変更していなければ「C:\Program Files (x86)\ImgBurn\Languages」という場所にあるはずです。

「Japanese.lng」ファイルの移動先は「ImgBurn」のフォルダ内にある「Languages」フォルダになります。

ソフトをインストールする際にインストール先を変更していなければ「C:/Program Files (x86)/ImgBurn/Languages」という場所にあるはずです。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:インストール先へのアクセス方法が分からない方は、まずWindowsボタンを押しながら「E」キーを押してエクスプローラーを表示させましょう。 そして「C:\Program Files (x86)\ImgBurn\Languages」をそのままコピー&ペーストして「Enter」キーを押せば、「Languages」フォルダが表示されますよ。

「ImgBurn」のインストール先へのアクセス方法が分からない方は、まずWindowsボタンを押しながら「E」キーを押してエクスプローラーを表示させましょう。

そして上の画像の赤く囲われた部分に「C:/Program Files (x86)/ImgBurn/Languages」をそのままコピー&ペーストして「Enter」キーを押せば、「Languages」フォルダが表示されますよ。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:「Languages」フォルダに先ほどの「Japanese.lng」ファイルをクリック&ドラッグで移動させましょう。

「Languages」フォルダに先ほどの「Japanese.lng」ファイルをクリック&ドラッグで移動させましょう。

上の画像のように「Languages」フォルダに「Japanese.lng」ファイルがあればOKです。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:デスクトップ上にある「ImgBurn」のアイコンをクリックして、ソフトを起動させてみましょう。

デスクトップ上にある「ImgBurn」のアイコンをクリックして、ソフトを起動させてみましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」を日本語表示に切り替える:日本語表記されていれば、日本語化は完了です。

上の画像のように日本語表記されていれば、日本語化は完了です。

 

「ImgBurn」でISOファイルの書き込みを開始する

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」でISOファイルの書き込みを開始する

まず「イメージファイルをディスクに書き込み」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」でISOファイルの書き込みを開始する:まずはISOファイルを指定するために「入力元」と書かれた欄にあるフォルダマークをクリックしましょう。

ISOファイルをDVD-ROMに焼くための操作画面が表示されたら、まずはISOファイルを指定するために「入力元」と書かれた欄にあるフォルダマークをクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」でISOファイルの書き込みを開始する:ファイルを指定する画面が表示されたら、目当てのISOファイルを選択して「開く」ボタンをクリックしましょう。

ファイルを指定する画面が表示されたら、目当てのISOファイルを選択して「開く」ボタンをクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」でISOファイルの書き込みを開始する:操作画面の「入力元」欄にISOファイルの情報が記載されます。

操作画面の「入力元」欄にISOファイルの情報が記載されていればOKです。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」でISOファイルの書き込みを開始する:あとは空のDVD-ROMをドライブにセットすれば準備OKです。 ライティング開始ボタンをクリックして、書き込み作業を始めましょう。

あとは空のDVD-ROMをドライブにセットすれば準備OKです。

ライティング開始ボタンをクリックして、書き込み作業を始めましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「ImgBurn」で焼く:「ImgBurn」でISOファイルの書き込みを開始する:この画面が表示されたら、あとはライティング作業完了まで待つだけです。 作業完了後はDVD-ROMを取り出して、パソコンやレコーダーで再生可能かチェックしてみましょう。

この画面が表示されたら、あとはライティング作業完了まで待つだけです。

作業完了後はDVD-ROMを取り出して、パソコンやレコーダーで再生可能かチェックしてみましょう。

 

これで「ImgBurn」を使ってDVDを焼く方法の解説は以上です。

 

>>本記事の目次へ戻る

【方法3】「WinX DVD Copy Pro」で焼く

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く

最後は無料で行える方法では焼けないケースで重宝する高性能ソフト「WinX DVD Copy Pro」を使ってDVDを焼く方法について解説していきます。

 

「WinX DVD Copy Pro」をダウンロードする

「WinX DVD Copy Pro」は有料ソフトなので、まずは下記のサイトでソフトを購入しましょう。

 

>>「WinX DVD Copy Pro」購入ページ|WinX DVD Copy Pro公式サイト

 

「WinX DVD Copy Pro」には無料版もありますが、機能制限がかかっていてDVDを焼く機能を十分に使えないので、製品版を購入することをおすすめします。

 

「WinX DVD Copy Pro」をインストールする

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をダウンロードする

「winx-dvd-copy-pro.exe」というファイルをダウンロードできたら、クリックして開きましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をダウンロードする:まずセットアップに使用する言語を選択しましょう。 ここでは「日本語」を選択します。

まずセットアップに使用する言語を選択しましょう。

ここでは「日本語」を選択します。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をインストールする:ソフトのセットアップ画面が表示されたら「次へ」をクリックしましょう。

ソフトのセットアップ画面が表示されたら「次へ」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をインストールする:「同意する」をチェックして「次へ」ボタンをクリックします。

「同意する」をチェックして「次へ」ボタンをクリックします。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をインストールする:ソフトのインストール先を指定する画面は、基本的に最初の状態のままでOKです。 「次へ」をクリックしましょう。

ソフトのインストール先は基本的に初期設定のままでOKなので、そのまま「次へ」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をインストールする:ここでも基本的に変更する必要はないので、このまま「次へ」をクリックしましょう。

ここも基本的に変更する必要はないので、このまま「次へ」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をインストールする:ここも最初の状態のままで問題ないので「次へ」をクリックしましょう。

ここも初期設定の状態で問題ないので、「次へ」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をインストールする:これまでの設定内容に間違いがないか確認のうえ、「インストール」ボタンをクリックしましょう。

これまでの設定内容に間違いがないか確認できたら「インストール」ボタンをクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」をインストールする:インストール作業が終わると「WinX DVD Copy Pro セットアップウィザードの完了」という画面が表示されます。 インストールを完了するためにはパソコンの再起動が必要になります。

インストール作業が終わると「WinX DVD Copy Pro セットアップウィザードの完了」という画面が表示されたら、あとは再起動するだけです。

インストールを完了するためにはパソコンの再起動が必要なので、可能であればすぐに再起動することをおすすめします。

 

再起動が終了したら、「WinX DVD Copy Pro」のインストールは完了になります。

 

「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する

パソコンを再起動するとデスクトップ上に「WinX DVD Copy Pro」というアイコンが表示されています。

このアイコンをクリックして「WinX DVD Copy Pro」を起動させましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する:「WinX DVD Copy Pro」の操作画面が表示されたら、左側のメニューにある「DVDバーナー」をクリックしましょう。

「WinX DVD Copy Pro」の操作画面が表示されたら、左側のメニューにある「DVDバーナー」をクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する:続いてDVDに焼くISOファイルを指定するために、「ISO」と書かれたボタンをクリックしましょう。

続いてDVDに焼くISOファイルを指定するために、「ISO」と書かれたボタンをクリックしましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する:ISOファイルを指定する画面が表示されたら、ファイルを指定して「開く」ボタンをクリックします。

ISOファイルを指定する画面が表示されたら、ファイルを指定して「開く」ボタンをクリックします。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する:指定したISOファイルが「イメージソース」と書かれた真横の欄に表記されていればOKです。

指定したISOファイルが「イメージソース」と書かれた真横の欄に表示されていることを確認しましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する:あとは空のDVD-ROMをドライブにセットして、操作画面右下の「Run」ボタンをクリックするだけです。

あとは空のDVD-ROMをドライブにセットして、操作画面右下の「Run」ボタンをクリックすればOK。

これでライティング作業が始まります。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する:ライティング作業中の表示が出たら、完了までしばらく待ちましょう。

ライティング作業中の表示が出たら、完了までしばらく待ちましょう。

 

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く:「WinX DVD Copy Pro」でISOファイルの書き込みを開始する:「Job Finished!」と表示されたら、「OK」ボタンを押してライティング作業を完了させましょう。

「Job Finished!」と表示されたら、「OK」ボタンを押してライティング作業を完了させましょう。

 

これで「WinX DVD Copy Pro」を使ってDVDを焼く方法の解説は以上です。

 

>>本記事の目次へ戻る

ISOファイルをDVDに書き込む方法|まとめ

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!

「ISOファイルをDVDに書き込む方法|空のDVDに焼く」と題して、Windows標準搭載のライティング機能から無料ソフト・有料ソフトまで幅広いDVDライティング方法について、詳しく解説してきました。

 

やってみるとライティング作業はとっても簡単!

ISOファイルをDVD-ROMに焼く作業は、実際にやってみると非常にシンプルです。

しかもカンタン操作で利用できる優れたフリーソフトを使えば、初心者でもストレスなくDVDを焼けるのが嬉しいですよね!

 

実践する敷居も低いと思うので、ぜひ本記事の手順を参考にDVDライティングにチャレンジしてみてほしいと思います!
チャンス

 

この記事で紹介したアイテム

WinX DVD Copy Pro

【DVD焼き方まとめ】ISOデータをDVDに焼くライティングソフトを使って焼き方を解説|Windows10なら標準搭載のライティング機能で書き込み可能!|「WinX DVD Copy Pro」で焼く

 

【22年版DVDコピー方法】セル&レンタルDVDの処理方法を網羅的にご紹介!

DVD Shrinkの使い方|シュリンクでコピーガード解除してISO保存する

DVD Shrinkを日本語にする方法|シュリンク日本語版をDLすればOK

【DVD Flickの使い方】MP4などの動画データをメニュー機能付きでDVD-Rに焼ける!無料で使えるDVDオーサリングソフト「DVD Flick」の使い方

【DVDコピーソフトまとめ】無料で使えるフリーソフトから強力コピーガードを難なく突破する有料ソフトまで利用価値のあるDVDコピーソフトを厳選!

DVDをiPhone・iPadに取り込む方法|無料で同期・再生する

【DVDFab HD Decrypterの使い方】DVDFabの無料版ソフトHD Decrypterでコピー&リッピング!DVDFabの一部機能が無料で使えるソフトの使い方を解説

【DVDFab for macの使い方】Mac向けDVDFab無料体験版でDVDコピー!最強コピー性能を体感できるDVDFab12 for mac無料版の使い方

【22年版】DVDをiPhoneに取り込む方法|完全無料で実践可能

容量4.7GB以上のDVDファイル書き込み方法|片面2層DVD-R DLで対処

DVD Shrinkエラー対策まとめ|CRCエラー・メモリー範囲外など

【無料版】DVDFab12の使い方|DVD・Blu-rayコピーの決定版

VideoProcでDVDコピーする方法|コピーガード解除してリッピング

【DVD再生ソフト「VLCメディアプレーヤー」使い方】DVDコピーしたデータもパソコン再生可能なフリーソフト!Win&Mac対応のおすすめDVD再生ソフト

【DVD Shrinkデータ保存先の確認方法】DVD Shrink3.2でコピーしたISOファイルの保存先を確認する方法|Winならファイル検索ソフトで一発検索!

【DVDコピーできない原因まとめ】コピーできない理由はソフトの性能?今すぐ実践できる対処法と強力コピーガードを難なく解除できる優良ソフトをご紹介!

【22年版】ブルーレイコピー方法|コピーガード解除して複製

【22年版】ブルーレイのリッピング方法|PCに取り込んで保存

Mac版DVDFab12ブルーレイのコピー方法|無料でコピーガード解除してMacに取り込む!セル&レンタル・地上波番組を録画したブルーレイをコピーする方法

Mac版DVDFab12ブルーレイのリッピング方法|無料でコピーガード解除してセル&レンタル・地上波番組を録画したブルーレイをMacに取り込む!

【22年版】4K UHDブルーレイのコピー方法|DVDFabなら一発変換!

【22年版】4K UHDブルーレイのリッピング方法|DVDFabで一発変換!

【Mac版】4K UHDブルーレイのコピー方法|DVDFabなら一発変換!

【Mac版】4K UHDブルーレイのリッピング方法|DVDFabで一発変換!

【22年版】ブルーレイをスマホで見る方法|取り込み方を解説

ブルーレイを焼く方法|セル&レンタルBlu-rayや自作Blu-rayのデータを空のBD-Rなどに焼き増しする

DVDFabはどれを買えばいい?|用途別に最適なソフトが分かる!

WinX DVD Ripper Platinum無料版の使い方|ディズニーもOK

【VOD動画をDVD/Blu-rayディスクに焼く】録画ダウンロードした動画配信サービスの動画をDVDまたはBlu-rayディスクにコピーする簡単な方法

ブルーレイをDVDに変換する方法|レンタルBlu-rayディスクやISOファイルを空のDVD-ROMに直接変換するなら「DVDFabブルーレイDVD変換」が安心!

【まとめ】ブルーレイ再生ソフト|PC向けフリー&有料ソフト

-DVDコピー, TP/DVDコピー
-, , ,

© 2022 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ