【DVDをiPhone/iPadに取り込む方法】無料でISO化させたDVD動画データをMP4変換してスマホ・タブレットで再生する方法

DVDコピー TP/DVDコピー

DVDをiPhone・iPadに取り込む方法|無料で同期・再生する

DVDデータはiPhone・iPadに入れて視聴できる!

動画配信サービス(VOD)が隆盛を極める昨今、未だにDVD-ROMで動画視聴するニーズは根強くあるように思います。

かく言う僕もVODは3つほど契約していますが、VODにはラインナップされていない動画タイトルを視聴したいニーズを満たすために、今でもなおDVD・ブルーレイで頻繁に視聴することがあります。
チャンス

 

DVDの動画データはiPhone・iPadに取り込める!

そんなわけでDVD需要はまだまだ根強くあると思いますが、そんな方にオススメしたいのがDVDの動画データをiPhone・iPadに取り込んで視聴することです。

DVDのディスクを使って視聴する場合は、パソコンやテレビなど視聴場所を縛られる機器を使うことになりますが、これが案外ストレスだったりしませんか?

そんなときはDVDをiPhone・iPadに入れて、いつでもどこでも好きなタイミングでDVD動画視聴できる環境を整えるのがオススメです。

 

DVDをiPhone・iPadに取り込む方法を解説

そんなわけで本記事では、DVDの動画データをエンコードしてiPhoneやiPadに取り込む方法について、ご紹介していきます。

 

本記事でご紹介する方法なら1円も掛けずにDVDをiPhone・iPadに取り込むことができるので、知っておいて損の無いテクニックだと思いますよ。
チャンス

 

 

DVDの動画データをISO形式に変換する方法

なお本記事を読み進める前にiPhone・iPadに取り込みたいDVDの動画データをISO形式のファイルに変換しておく必要があります。

DVDをISO形式に変換する方法について知りたい方は、下記の記事を参照してみましょう。

 

関連記事
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介
DVD Shrinkの使い方|シュリンクでコピーガード解除してISO保存する

続きを見る

関連記事DVD Shrinkの使い方|シュリンクでコピーガード解除してISO保存する

 

本記事の内容

 

そもそも”エンコード”とは?

ここではDVDの動画データをiPhone・iPadに取り込むうえで避けて通れないエンコードについて、簡単に解説しておきたいと思います。

 

”エンコード”とは?

エンコードとは、Wikipediaから引用すると下記のようなことを指します。

 

アナログ信号やデジタルデータに特定の方法で、後に元の(あるいは類似の)信号またはデータに戻せるような変換を加えること。

特にコンピュータ分野では、音声や動画などをコーデックを用いて圧縮することを言う。

Wikipediaより引用

 

今回の趣旨に沿って説明するなら、要するに「DVDデータをiPhoneやiPadで再生・視聴するのに最適なデータ形式に変えること」と言えますね。

 

エンコードについてザックリわかったところで、次の項目からは具体的なDVDデータの取り込み方について見ていきますよ。
チャンス

>>本記事の目次へ戻る

DVDデータをiPhoneに取り込むまでに必要なもの

ここではDVDの動画データをエンコードしてiPhone・iPadに取り込んで視聴するうえで欠かせないものについて、ご紹介していきます。

 

必要なもの

必要なものはとてもシンプルで、以下の2つだけです。

 

DVD取り込みに必要なもの

  • エンコーダ(エンコードするためのソフト・無料)
  • iTunes

 

エンコーダ

まずはDVDデータをエンコードするための「エンコーダ」という変換ソフトが必要です。

これについては無料で使えるソフトがあるので、お金を一切かけずに用意することができます。

 

iTunes

言わずと知れた音楽管理ソフト「iTunes」は、エンコードしたMP4形式の動画ファイルをiPhoneに取り込むために必要になります。

もちろんiTunesについても無料で手に入るので、お金は1円もかけずに済みますよ。

 

おすすめのエンコーダ

【完全無料でDVDコピーしてiPhoneに入れる方法】フリーソフトDVD Shrink&HandbrakeならDVDコピーからiPhone取り込みまで無料!DVD動画のmp4変換法|HandbrakeでDVDデータを変換する

本記事では「Handbrake」というソフトを使用します。

無料で使えるフリーソフトですが、知る人ぞ知る定番エンコーダなので安心して使えますよ。

 

Handbrake日本語版のダウンロードは下記URLからどうぞ。

>>Handbrake 日本語版 (Ver.0.9.4)

上記URLのページにアクセスしたら、しばらく待つと自動的にファイルのダウンロードが始まります。

 

Handbrakeのインストール方法

ダウンロードしたHandbrakeをダブルクリックで開きましょう。

Handbrake 日本語版 (Ver.0.9.4)から無料ダウンロードした「HandBrake-0.9.4jp-r2-Win_GUI.exe」というファイルをダブルクリックで開きましょう。

 

Handbrakeのセットアップ画面が表示されたら「次へ」をクリックします。※クリックで拡大表示※

Handbrakeのセットアップ画面が表示されたら「次へ」をクリックします。

 

「ライセンス同意書」に目を通したら、「次へ」をクリックします。※クリックで拡大表示※

ライセンス契約内容に目を通したら「同意する」をクリックします。

 

「参照」ボタンを押してHandbrakeのインストール先を指定したら「次へ」をクリックします。※クリックで拡大表示※

「参照」ボタンを押してHandbrakeのインストール先を指定したら「インストール」をクリックしましょう。

希望するインストール先がなければ、特に何もせずに「インストール」をクリックしてOKです。

 

これでHandbrakeのインストールは完了です。すぐにソフトを起動させたい場合は「Handbrake日本語版0.9.4を実行」にチェックを入れて「完了」をクリックしましょう。※クリックで拡大表示※

「Handbrake日本語版 0.9.4セットアップウィザードは完了しました。」と表示されたらインストール完了です。

 

すぐにソフトを起動させたい場合は「Handbrake日本語版 0.9.4を実行」にチェックを入れて「完了」をクリックしましょう。
チャンス

 

Handbrakeの初期設定

インストール直後はエンコードしたデータの保存先が未設定なので、指定する必要があります。

 

Handbrakeでエンコードしたデータの保存先を設定すべくオプション設定を開きましょう。※クリックで拡大表示※

メニュー「ツール」から「オプション設定」をクリックして、Handbrakeオプション設定画面を開きましょう。

 

「参照」をクリックして保存先を指定したら「閉じる」をクリックして初期設定完了です。※クリックで拡大表示※

「出力ファイル」の項目にある「デフォルトの保存先」を「参照」をクリックして指定しましょう。

指定先にこだわりがないのであればデスクトップを指定すると、変換されたファイルを見つけやすいのでオススメです。

 

これでDVDデータをiPhoneに取り込む準備が整いました。

次の項目からは、いよいよDVDデータのエンコードを行っていきますよ!

チャンス

 

>>本記事の目次へ戻る

DVDデータのエンコード方法

ここからは「Handbrake」を使って、DVDのISOファイルをエンコードしてiPhone・iPadと相性の良いMP4形式の動画ファイルに変換する方法について、解説していきます。

 

 

なお本記事冒頭でもお伝えしましたが、ここで使用するISO形式のファイルは、あらかじめDVDを変換して作成しておく必要があります。

詳しいDVDのISOファイルへの変換方法については、下記の記事が参考になりますよ。

 

関連記事
【超まとめ】DVDコピー方法|レンタルDVDも取り込み可能
【22年版】DVDコピー方法|レンタルDVDも取り込み可能

続きを見る

関連記事DVDコピー方法まとめ|セル&レンタルどっちも取り込める!

 

1.Handbrakeを起動させてDVDデータを開く

まずはHandrakeを起動させましょう。

 

「変換元」をクリックして「動画ファイル」を選択します。

立ち上がったら「変換元」をクリックして「動画ファイル」を選択します。

 

パソコンに保存されているDVDのリッピングデータ(ISO形式)を選択して「開く」をクリックしましょう。

パソコンに保存されているDVDのISOファイルを選択して「開く」をクリックしましょう。

 

「変換元」にDVDデータのタイトルが表示されていたらOKです。

「変換元」にDVDデータ(ISOファイル)のタイトルが表示されていればOKです。

 

2.音声・字幕データを設定する

次に変換する動画ファイルに入れる音声・字幕データを指定しましょう。

 

音声データを設定する

まず「音声」タブをクリックして音声データの設定を行いましょう。

まず「音声」タブをクリックして音声データの設定を行いましょう。

 

既に設定されているソース「自動」をクリックしたうえで、「ソース」と表記された部分下のプルダウンメニューをクリックします。

既に設定されているソース「自動」をクリックしたうえで、「ソース」と表記された部分下のプルダウンメニューをクリックします。

 

今回は日本語の音声を選択したいので「2.Japanese (AC3) (5.1ch)」をクリックしましょう。

今回は日本語の音声を選択したいので「2.Japanese (AC3) (5.1ch)」をクリックしましょう。

 

設定されているソースに「2.Japanese (AC3) (5.1ch)」と書かれていれば設定完了です。

設定されているソースに「2.Japanese (AC3) (5.1ch)」と書かれていれば設定完了です。

 

字幕データを設定する

必要に応じて字幕データの設定も行いましょう。

ここでは日本語字幕をデータに入れてみます。

 

まず「字幕」タブをクリックして字幕データの設定画面を開きましょう。

まず「字幕」タブをクリックして字幕データの設定画面を開きましょう。

 

「Foreign Audio Search (Bitmap」と書かれたプルダウンメニューをクリックして展開すると、DVDデータに収められている字幕データ一覧が出てきます。その中で「Japanese」と書かれているデータを見つけて選択しましょう。

「Foreign Audio Search (Bitmap」と書かれたプルダウンメニューをクリックして展開すると、DVDデータに収められている字幕データが一覧表示されます。

その中で「Japanese」と書かれているデータを見つけて選択しましょう。

同一言語の字幕データが2種類以上含まれている場合は、すべての字幕データを登録しておくのが無難です。

 

選択したら「追加」をクリックして設定に組み込みます。

選択したら「追加」をクリックして設定に組み込みます。

 

設定画面に「2.Japanese (Bitmap)」と表記されていればOKです。

設定画面に「2.Japanese (Bitmap)」と表記されていればOKです。

ただしこの状態では字幕データが常に表示される”焼き込み”が行わてしまうので、続いて”焼き込み”の解除を行います。

 

設定した「2.Japanese (Bitmap)」をクリックして選択状態にしたうえで、「焼き込み」のチェックマークをクリックして外しましょう。

設定した「2.Japanese (Bitmap)」をクリックして選択状態にしたうえで、「焼き込み」のチェックマークをクリックして外しましょう。

 

設定した「2.Japanese (Bitmap)」の焼き込み状態が「Yes」から「No」に変わっていれば焼き込み設定は解除されていますよ。

設定した「2.Japanese (Bitmap)」の焼き込み状態が「Yes」から「No」に変わっていれば焼き込み設定は解除されていますよ。

 

3.エンコードを開始する

あとは「変換開始」をクリックしてエンコードを開始しましょう。

あとは「変換開始」をクリックしてエンコードを開始しましょう。

 

エンコードを開始すると黒地に白字で処理の進捗状況を示すウインドウが表示されます。進捗状況が100%になるまで待ちましょう。

エンコードを開始すると処理の進捗状況を示すウインドウが表示されます。

進捗状況が100%になるまで、しばらく待ちましょう。

 

作成された動画ファイルを確認してみましょう

進捗状況が100%になるとエンコードが自動的に終了して先ほどのウインドウが消えます。

すると指定していたデータ保存先にMP4形式の動画ファイルが作成されているので確認しましょう。

 

ファイルをクリックしてファイル名末尾(拡張子)が「.mp4」と表記されていればOKです。
チャンス

 

「Handbrake」のエンコード性能の限界

「Handbrake」はとても優れた無料ソフトですが、そのエンコード性能には限界があります。

ご紹介した方法に則って処理を進めていて、どうしてもエラーが表示されて処理ができない事態に直面することがあると思いますが、それは取り込みたいDVDのコピーガード性能が高いことが原因です。

 

ご紹介した方法は完全無料で行えるメリットがある一方、性能面では限界があるのが難点です。
チャンス

 

コスパ最高の強力エンコーダ「VideoProc Converter」

【画像解説で分かりやすい】DVDコピー方法|レンタルDVDを無料コピーしてパソコンに永久保存するならフリーソフト「DVD Shrink」が最強!|ディズニークラスの強力コピーガードを難なく突破する、高性能・多機能・良心価格の三拍子が揃った「VideoProc」のロゴ画像。

「Handbrake」では不可能なエンコード(=リッピング)処理を難なく実行できるコスパ最強のDVDリッピングソフトが、高性能・多機能・割安価格の三拍子が揃った「VideoProc Converterです。

 

「VideoProc Converter」は約4,000円の安心価格で購入できる初心者向けソフトで、カンタンな操作でDVDリッピングが行える優れモノ。

 

超強力なリッピング性能を持つものの割高な「DVDFab」、DVDリッピング機能だけに特化した「WinX DVD Ripper Platinum」などの競合ソフトウェアに比べて、「VideoProc Converter」はより低価格で多機能、そして高いリッピング性能も兼ね備えたまさに”神ソフト”!!
チャンス

 

【22年6月確認済】「VideoProc Converter」なら、最新ディズニーDVDもリッピング可能!!

DVDコピー性能を検証:ディズニー作品『私ときどきレッサーパンダ』をISO形式で丸ごとコピーできました。セル版DVD『私ときどきレッサーパンダ』

DVDリッピング性能を検証:ディズニー作品『私ときどきレッサーパンダ』をMP4形式でリッピングできました。※クリックで拡大表示※

22年6月現在、最強コピーガードを搭載したディズニー最新DVD『私ときどきレッサーパンダ(セル版)』をリッピングできることは確認済みなので、ほぼ全てのDVDタイトルをリッピングできると言っていいでしょう。

 

高性能DVDリッピングソフト「VideoProc Converter」の特徴

「VideoProc Converter」の特徴をまとめると、次のような感じです。

 

「VideoProc Converter」の特徴

  • 強力コピーガードを突破する高い性能(最新ディズニーDVDもリッピング可能
  • 高性能のわりには販売価格が安い(3,980円税込)
  • 常に無料で性能アップデートできるから半永久的に使える
  • DVDからスマホ・タブレットに入れられる動画データに直接変換できる
  • 初心者向けソフトだから、使い方が超絶カンタン解説記事をあるから安心!)
  • DVDリッピング機能以外に「動画編集」「Web動画ダウンロード」「画面録画」機能も搭載
    (YouTubeのライブ配信動画をダウンロード保存することも可能)
  • 購入後30日間返金保証付きだから安心!

 

しかもリッピング性能は常にアップデートされるから、このソフトさえ買っておけば、今後ずっとDVDリッピングし続けることができます。

1年間だけ使ったとしても1か月あたり330円でDVDリッピングし放題だから、かなりお得だと思いませんか?

 

ソフトの使い方を解説した記事も用意しているので、初心者の方も安心です!
チャンス
関連記事
VideoProcでDVDコピーする方法|コピーガード解除してリッピング
VideoProcでDVDコピーする方法|コピーガード解除してリッピング

続きを見る

関連リンク【VideoProcの使い方】VideoProcは強力DVDコピーガードも楽々突破!高性能DVDコピーソフトVideoProcの使い方|まずは無料体験版をダウンロード!

 

ディズニーDVDをリッピングしたい方はもちろん、近年ますます強力になっているコピーガードを搭載したDVDを常に確実に処理したい方は、まず「VideoProc」を無料ダウンロードしてリッピング性能の高さをチェックしてみましょう!

 

>>無料版「VideoProc Converter」をダウンロードする【Win版】

>>無料版「VideoProc Converter」をダウンロードする【Mac版】

 

【期間限定】スペシャルセール実施中!!

VideoProcのお得なキャンペーン情報:アイキャッチ画像

\ セール終了までの残り時間 /

--時間---

【期間限定】「VideoProc」が最大50%OFF!!

現在「VideoProc Converter」公式サイトでスペシャルセール実施中!!

最大50%OFFのお得なビッグセールは【7月7日(木)】までの期間限定です。

破格のスペシャルプライスで「VideoProc Converter」永久ライセンス版が買えるのは今だけ!

早期終了する可能性もあるので、この機会をお見逃しなく!

>>最大50%OFFで「VideoProc Converter」永久ライセンス版を購入する!

 

次の項目では、作成したMP4ファイルをiPhoneに取り込む手順について解説していきますよ!
チャンス

 

>>本記事の目次へ戻る

MP4動画データをiPhoneに取り込む方法

ここからは「iTunes」を使って、作成したMP4形式の動画ファイルをiPhoneに取り込む方法について、解説していきます。

 

 

1.iTunesを起動させる

まずはiTunesを起動させましょう。

まずはiTunesを起動させましょう。

もしiTunesを持っていない場合は、下記から無料ダウンロードしましょう。

>>iTunesをダウンロードする

 

2.MP4動画ファイルをiTunesに登録する

iTunesが起動したらライブラリを「ムービー」に切り替えましょう。

iTunesが起動したらライブラリを「ムービー」に切り替えましょう。

 

「ムービー」に切り替えたら、MP4形式の動画ファイルをクリック&ドラッグでiTunesに放り込みましょう。

上の動画のように動画ファイルの上でクリックして、クリックしたままiTunesの中にドラッグで持っていって、マウスポインタ近くに「リンク」と表示されたらクリック状態を解除してドロップすればOK。

 

iTunesにmp4動画データをドロップすることで左側のメニュー一覧に「ホームビデオ」が表示されるようになります。「ホームビデオ」をクリックすれば、先ほどiTunesに入れた動画データが見つかります。

iTunesにMP4動画ファイルをドロップすると表示される「ホームビデオ」をクリックすれば、先ほどiTunesに入れた動画ファイルを確認できます。

これでMP4ファイルのiTunesへの登録は完了です。

 

3.iPhoneに動画ファイルを同期する

iPhoneをパソコンに接続してiTunes側で認識されるのを待ちましょう。認識されたらiPhoneのアイコンが表示されますよ。

続いてiPhoneをパソコンに接続してiTunes側で認識されるのを待ちましょう。

iPhoneのアイコンが表示されたら、アイコンをクリックします。

 

接続したiPhoneの管理画面が表示されるので、左の設定項目「ムービー」をクリックします。

すると接続したiPhoneの管理画面が表示されるので、左の設定項目「ムービー」をクリックして動画の管理画面を表示させましょう。

 

「ムービーを同期」にチェックを入れて、先ほど入れた動画データにもチェックを入れて、右下の「適用」をクリックしましょう。

「ムービーを同期」にチェックを入れて、先ほど入れた動画ファイルにもチェックを入れて、右下の「適用」をクリックします。

あとは同期が完了するまで待つだけです。

同期が終わったらMP4動画ファイルのiPhoneへの取り込み完了です!

 

Apple TV Plusのアプリアイコン

 

あとはApple公式アプリ「TV」を使うことで、同期した動画ファイルをいつでも視聴できますよ。「ビデオ」を使えば、同期した動画データがいつでも見れますよ。

 

Apple公式アプリ「ビデオ」を使えば、同期した動画データがいつでも見れますよ。

ちなみに古いiOSの場合は公式アプリ「ビデオ」で視聴できます!

 

>>本記事の目次へ戻る

DVDをiPhone・iPadに取り込む方法|まとめ

「DVDをiPhone・iPadに取り込む方法|無料で同期・再生する」と題して、DVDをiPhone・iPadに取り込んで視聴する方法について解説してきました。

 

早速「Handbrake」を使ってDVDをiPhoneに入れてみましょう!

「Handbrake」さえパソコンにインストールすれば、初心者の方でも比較的簡単にiPhoneにDVD動画を入れることができます。

DVDの動画をiPhoneで見れる利便性は控えめに言ってサイコーなので、ぜひこの機会に「Handbrake」を使ってDVD動画データのiPhone取り込みにチャレンジしてほしいと思います。

 

この記事があなたが抱える問題の解消に貢献できれば幸いです。
チャンス

 

ホームビデオの動画データなどもiPhoneに取り込めますよ

今回はDVDデータを例として取り上げましたが、ハンディカムなどで撮った動画データをiPhoneに取り込む場合にも応用できます。やり方はまったく同じで、Handbrakeで動画データを開いて処理するだけでMP4形式の動画データに変換してくれますよ。僕もSONYのハンディカムで撮った動画をiPadに入れて友人などに見せているので間違いありません。

さらにiPhone・iPadに「HDMIケーブル」と「HDMI変換ケーブル」を組み合わせれば、外部ディスプレイに動画を流せます。友人宅のテレビなどにつないで動画をシェアすることもできるので、かなりおすすめです。

 

iPhoneに入っている動画をテレビなどの外部ディスプレイで見る方法をまとめた記事もあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須!
iPhoneの画面をテレビに映す方法|YouTubeやストリーミング動画を視聴

続きを見る

 

【22年版DVDコピー方法】セル&レンタルDVDの処理方法を網羅的にご紹介!

DVD Shrinkの使い方|シュリンクでコピーガード解除してISO保存する

DVD Shrinkを日本語にする方法|シュリンク日本語版をDLすればOK

【DVD Flickの使い方】MP4などの動画データをメニュー機能付きでDVD-Rに焼ける!無料で使えるDVDオーサリングソフト「DVD Flick」の使い方

ISOファイルをDVDに書き込む方法|空のDVDに焼く

【DVDコピーソフトまとめ】無料で使えるフリーソフトから強力コピーガードを難なく突破する有料ソフトまで利用価値のあるDVDコピーソフトを厳選!

【DVDFab HD Decrypterの使い方】DVDFabの無料版ソフトHD Decrypterでコピー&リッピング!DVDFabの一部機能が無料で使えるソフトの使い方を解説

【DVDFab for macの使い方】Mac向けDVDFab無料体験版でDVDコピー!最強コピー性能を体感できるDVDFab12 for mac無料版の使い方

【22年版】DVDをiPhoneに取り込む方法|完全無料で実践可能

容量4.7GB以上のDVDファイル書き込み方法|片面2層DVD-R DLで対処

DVD Shrinkエラー対策まとめ|CRCエラー・メモリー範囲外など

【無料版】DVDFab12の使い方|DVD・Blu-rayコピーの決定版

VideoProcでDVDコピーする方法|コピーガード解除してリッピング

【DVD再生ソフト「VLCメディアプレーヤー」使い方】DVDコピーしたデータもパソコン再生可能なフリーソフト!Win&Mac対応のおすすめDVD再生ソフト

【DVD Shrinkデータ保存先の確認方法】DVD Shrink3.2でコピーしたISOファイルの保存先を確認する方法|Winならファイル検索ソフトで一発検索!

【DVDコピーできない原因まとめ】コピーできない理由はソフトの性能?今すぐ実践できる対処法と強力コピーガードを難なく解除できる優良ソフトをご紹介!

【22年版】ブルーレイコピー方法|コピーガード解除して複製

【22年版】ブルーレイのリッピング方法|PCに取り込んで保存

Mac版DVDFab12ブルーレイのコピー方法|無料でコピーガード解除してMacに取り込む!セル&レンタル・地上波番組を録画したブルーレイをコピーする方法

Mac版DVDFab12ブルーレイのリッピング方法|無料でコピーガード解除してセル&レンタル・地上波番組を録画したブルーレイをMacに取り込む!

【22年版】4K UHDブルーレイのコピー方法|DVDFabなら一発変換!

【22年版】4K UHDブルーレイのリッピング方法|DVDFabで一発変換!

【Mac版】4K UHDブルーレイのコピー方法|DVDFabなら一発変換!

【Mac版】4K UHDブルーレイのリッピング方法|DVDFabで一発変換!

【22年版】ブルーレイをスマホで見る方法|取り込み方を解説

ブルーレイを焼く方法|セル&レンタルBlu-rayや自作Blu-rayのデータを空のBD-Rなどに焼き増しする

DVDFabはどれを買えばいい?|用途別に最適なソフトが分かる!

WinX DVD Ripper Platinum無料版の使い方|ディズニーもOK

【VOD動画をDVD/Blu-rayディスクに焼く】録画ダウンロードした動画配信サービスの動画をDVDまたはBlu-rayディスクにコピーする簡単な方法

ブルーレイをDVDに変換する方法|レンタルBlu-rayディスクやISOファイルを空のDVD-ROMに直接変換するなら「DVDFabブルーレイDVD変換」が安心!

【まとめ】ブルーレイ再生ソフト|PC向けフリー&有料ソフト

-DVDコピー, TP/DVDコピー
-, , ,

© 2022 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ