【iPhone充電速度が2倍以上早くなる!!】遅い原因は充電器・ケーブル!iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法

役立つ知識

【iPhone充電速度が2倍以上早くなる!!】遅い原因は充電器・ケーブル!iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法

更新日:

2019年5月23日 情報更新しました。

iPhoneは既に高速充電に対応している・・・!!

android端末では「Quick Charge」という規格をもって高速充電に対応していることは公言されていますが、iPhoneに関してはそういった規格を見聞きしませんよね。

でも実は2017年9月にiPhone8が登場したときから、iPhoneが高速充電に対応していたこと。皆さんご存知でしたか?

高速充電対応はアップルも公式見解として認めていますし、何よりiPhoneのスペック表「電源とバッテリー」欄に対応していると明記されてるんですよね・・・。

「早く言えっっっ!!」

こんな身勝手なツッコミを入れたくなる気持ちも山々ですが、素晴らしい事実を知ることができたこの機会にiPhoneを高速充電させる環境を整えてみませんか??

 

【結論】高速充電対応充電器・充電ケーブルを買おう!

iPhoneを高速充電させるには高速充電対応の充電器とケーブルが必要です。

ゴチャゴチャ御託を並べる前に、iPhoneを高速充電するための方法をサクッとご紹介してしまいましょう。

結論から言ってiPhoneの高速充電に対応した充電器と充電ケーブルを用意して、いつものようにLightningコネクタにケーブルを差し込めば高速充電はできます。

今回記事を作成する中で行った実証実験で使用したおすすめ充電器&充電ケーブルを下にご紹介します。これら2つを用意すれば、すぐにiPhoneを高速充電させることができますよ。

ちなみに下記の代物は、iPhone付属の「5W USB電源アダプタ」で充電したときに比べて2倍以上速いチャージ速度をマークした高速充電セットです!

なぜ下記の製品がおすすめなのか、その理由を知りたい方は本記事を読み進めてほしいと思います。

 

充電器:Anker「PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ

 

充電ケーブル:Anker「PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

 

ではここからはより詳しくiPhoneの高速充電について解説していきたいと思います。どうぞお付き合いください。

 

本記事の内容

 

iPhoneを高速充電する方法

iPhoneに付属するアップル純正の5W電源アダプタ。

iPhoneを買うと付いてくる角ばった小さいUSB電源アダプタは5W、iPhoneを高速充電するには全然パワーが足りません。

ではどんな充電器が必要なのか?それはアップル公式サイトを参照すると分かります。

 

アップル公式サイトからひも解くiPhone高速充電の要件

上記のアップル公式サイトによれば18W、29W、30W、61W、87WまたはUSB Power Delivery(USB-PD)対応のUSB-C電源アダプタに加えてUSB Type-C-Lightningケーブルを使うことでiPhoneの高速充電ができるそうな。

つまり「高出力の電力供給が可能な急速充電器」と「USB Type-CとLightningケーブルが一緒になった充電ケーブル」があればいいということですね。

ケーブルに関しては「MFi認証」を取得した製品を選べば間違いないと思いますが、急速充電器はどの程度の電力供給を目安に選べばよいのか?

そのヒントはGizmode USで公開されているiPhone充電に関するデータを参照すると見えてきます。

 

Gizmodo US掲載のiPhone充電に関するデータ。

参考:Gizmodo US

1番上の「5 Watt Charger」はiPhoneに付いてくるお馴染みの5W電源アダプタに該当し、通常の充電として考えられるデータですね。iPhone8で30分充電して約30%、iPhoneXで約20%の充電ができたようです。これを一つの基準として「12 Watt」「29 Watt」「61 Watt」と見ていくと、「12 Watt」とそれ以上のワット数には比較的顕著な差が見られますが、「29 Watt」と「61 Watt」の間には大きな差はなさそうですね。

そのためここでは、このデータに基づいて29ワット以上に電力供給量を増やしても意味は成さないと結論付けて、29ワットがiPhoneの高速充電にとって最適な電力量の目安に定めたいと思います。

(18Wはどうなんだ?という疑問はあると思いますが、第三者公表のデータを活かすことで今回の仮説の信頼性を担保したいので18Wについては取り上げませんでした)

 

iPhone高速充電に必要な充電器・ケーブルまとめ

改めてまとめると、iPhoneの高速充電に必要なアイテムは次の2つです。

  • 29W程度の電力供給が可能な充電器
  • MFi認証取得USB Type-C - Lightningケーブル

そして上記の条件に合致する製品としてピックアップしたのが、冒頭でご紹介したAnker「PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ」と「PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」なんです。

次の項目で改めてご紹介しましょう。

「MFi認証」とは「MFi = Made for iPhone/iPad/iPod」、つまりiPhoneやiPad向けに作られたAppleが定める品質基準を満たす「Apple公認の製品」のことで、下のようなマークが商品パッケージには印刷されています。Apple MFi認証ロゴマーク。

 

iPhoneの高速充電に最適な充電器・ケーブル

充電器:Anker「PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ」

Anker「PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ」

モバイルバッテリーや急速充電器の品質に定評のあるAnker「PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ」です。

アップルが推奨するUSB-PD対応、iPhone高速充電に必要な29Wを超える最大30Wの出力が可能な充電器で、条件は十分満たしている製品です。

同時に多くのデバイスを充電できるポート数を備えているので、特に自宅やオフィスなどで使うのに最適な急速充電器ですよ。

 

持ち運びやすさを重視するなら「PowerPort Atom PD 1」

Anker「PowerPort Atom PD 1」

もっとコンパクトで携帯性に優れたPD対応充電器が望ましい場合はAnker「PowerPort Atom PD 1」が最適です。

ゴルフボールほどの大きさで重さは約53gと超軽量!電力の出力も最大30Wと十分なパワーも兼ね備えています。

 

充電ケーブル:Anker「PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」

Anker「PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」

充電ケーブルもAnker製の「PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」が安心して使えます。

PDポートに対応するType-CとiPhone側に接続するLightningの二つが合わさったケーブルで高速充電の条件は満たしています。もちろん「MFi認証」も取得済みのApple公認製品。

Type-Cケーブルの普及はこれからというタイミングなので、従来型の充電ケーブルに比べて高価ですが、コード類は最悪火災につながる危険性を孕むもの。信頼性が高く安心して使用できるケーブルを選ぶべきだと思うので、ここは意を決して「PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」をチョイスしてほしいと思います。

iPhone高速充電の効果を検証

アップルの推奨に則って、30W充電器と5W充電器の充電速度の違いを検証してみましょう。

ここではアップル推奨の条件を満たした製品を用いて、実際にiPhoneの高速充電を行ってみた結果を報告したいと思います。

検証の前提条件

検証には次のものを使用します。

検証の際はiPhoneXのバッテリー残量20%の状態から30分間に渡って、下記の方法でそれぞれ充電を行います。

  1. Apple「5W USB電源アダプタ」及び「Lightning-USBケーブル」を使った充電【通常充電】
  2. Anker「PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ」及び「PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」を使った充電【高速充電】

 

検証の結果

検証の結果は次のようになりました。

  1. Apple「5W USB電源アダプタ」及び「Lightning-USBケーブル」を使った充電【通常充電】
    20%→41% (+21%)
  2. Anker「PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ」及び「PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」を使った充電【高速充電】
    20%→69% (+49%)

高速充電(+49%)は通常充電(+21%)に比べて約2.3倍も早く充電を行うことができました。この検証は計5回繰り返しましたが、誤差は双方ともに1%に留まったので概ね2倍ほどの高速化は見込めると考えられます。

以上の結果からアップルの推奨に基づいて行う高速充電は、その名に偽りのない高速充電が行えることが確認できました。

iPhoneを充電する際の注意点

iPhoneを充電する際に最低限気を付けてほしいことをまとめました。iPhoneのバッテリー寿命を削らないためにも、下記事項には注意しましょう。

充電中にiPhoneを過度に使わない

充電中によく見られるバッテリーが熱くなる現象は充電に伴うもので問題ないのですが、充電中にiPhoneを操作してしまうと余計にバッテリーに負荷をかけてさらに高温状態にしてしまい、バッテリーを劣化させてしまう原因になります。これを「高温劣化」といいます。

高温劣化を避けるためにも、充電中はiPhoneに大きな負担をかけるような操作は控えましょう。

 

バッテリー残量100%状態で充電を行わない

バッテリー残量100%の状態は「過充電」状態といい、バッテリーの劣化を招きます。さらにバッテリー残量100%の状態でさらに充電を継続することは言うまでもなくバッテリーの寿命を削るので、控えましょう。

なお80%程度で充電を終わらせるのが、バッテリーには最も優しいといわれています。

 

充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる?

充電の際に気をつけてほしいことは概ね以上ですが、バッテリーの充電方法やタイミングは意外と奥深く、それだけに気を遣って充電するとスマホのバッテリー寿命が劇的に伸びる可能性もあります。

バッテリーの充電方法に関しては別記事で特集しているので、ご興味がある方は覗いてみてくださいね。

【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを劣化させない充電方法

「【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを長持ちさせる充電方法」のアイキャッチ画像
【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを劣化させない充電方法

2019年5月22日 情報更新しました。 スマホのバッテリーは充電方法を誤ると寿命が縮まる! どうも、現在iPhone Xを使っていますが、先日発表されたiPhone XSに乗り換えなかったことを未だ ...

続きを見る

 

iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法|まとめ

【iPhone充電速度が2倍以上早くなる!!】遅い原因は充電器・ケーブル!iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法

「【iPhone充電速度が2倍以上早くなる!!】遅い原因は充電器・ケーブル!iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法」と題して、iPhoneを高速充電させる方法とその効果の程などについてご紹介してきました。

 

充電速度を2倍にすると、想像以上に生活が豊かになる

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、スマホの充電時間が短くなると思っている以上に生活が効率よく回って豊かになります。充電時間がこれまでの半分で済むので、よくよく考えてみるとものすごい時短術なんですよね。恐らく1日あたり30分は得するかも・・・?

ここで改めてiPhoneの高速充電に必要なアイテムについてまとめておきましょう。

iPhone高速充電に必要なもの

以上のものを揃えれば、あなたもすぐに高速充電を始められますよ。ご興味があれば、ぜひ!

なお今回はiPhoneに限りましたが、ご紹介した高速充電はiPadにも適用可能です。iPadはiPhoneよりもさらにチャージ時間を要するので、高速充電環境を整えておくとかなり重宝しますよ。

この記事があなたのスマホライフに貢献できれば嬉しく思います。

よく読まれている記事

AirPods落下防止アイテムさえ装着すれば、もうAirPodsを落とさずに済みます! 1

2019年5月2日 情報更新しました。 本記事の想定読者 AirPodsを購入しようと検討中だが、落下しやすいと聞くので不安。 AirPodsが耳から落下して仕方がないから何か対策したい 落下を防ぐア ...

今回取り上げた厳選Bluetoothイヤホン10選 2

2019年5月18日 情報更新しました。 自分の音楽的趣向にドンピシャな楽曲を聴くたび、泣けてくるジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。   いい曲を聴くと、日々が彩られていくよ ...

【iPhone充電速度が2倍以上早くなる!!】遅い原因は充電器・ケーブル!iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法 3

2019年5月23日 情報更新しました。 iPhoneは既に高速充電に対応している・・・!! android端末では「Quick Charge」という規格をもって高速充電に対応していることは公言されて ...

「【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを長持ちさせる充電方法」のアイキャッチ画像 4

2019年5月22日 情報更新しました。 スマホのバッテリーは充電方法を誤ると寿命が縮まる! どうも、現在iPhone Xを使っていますが、先日発表されたiPhone XSに乗り換えなかったことを未だ ...

トランスミッター&レシーバーを使ってBluetooth非対応のデバイスを無線化させましょう! 5

どうも、ジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。   「買って後悔しないトランスミッター&レシーバーが知りたいけど、自分のニーズに合った製品がどれなのか分からない」 そうした悩みを ...

-役立つ知識
-,

Copyright© カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ , 2019 All Rights Reserved.