【dマガジンは何台まで登録可能?】同時利用できるデバイスは何台まで?dマガジンを複数人で共有できる「マルチデバイス機能」について解説

雑誌読み放題サービス

【dマガジンは何台まで登録可能?】同時利用できるデバイスは何台まで?dマガジンを複数人で共有できる「マルチデバイス機能」について解説

「dマガジン」のマルチデバイス機能は何台まで登録できる?

本記事の想定読者

  • 雑誌読み放題サービス「dマガジン」の利用を検討している
  • dマガジンでは、一つのアカウントごとに何台の端末まで登録できるのか知りたい
  • dマガジンの「マルチデバイス機能」について教えてほしい
  • 「マルチデバイス機能」を使う手順は?
  • 利用登録したデバイスの解除方法は?
  • 特定の端末の閲覧履歴は、他の端末と共有されるの?

 

本記事は、上記のようなお悩み・ご要望に応える記事になります。
チャンス

 

dマガジンは、最大6台まで登録可能!

雑誌読み放題サービス「dマガジン」は、「マルチデバイス機能」によって最大6台のデバイスを利用登録することができます。

スマホ・タブレット・パソコンからdマガジンのサービスを同時利用できるので、シーンに合わせてデバイスを使い分けたり、家族で共有して利用したりすることができますよ。

 

利用登録するデバイスは、自由に登録解除・再登録が行えるので、気兼ねなく複数台のデバイスでサービスを使い倒せますよ!
チャンス

 

dマガジンの「マルチデバイス機能」について詳しく解説

本記事では、雑誌読み放題サービス「dマガジン」のマルチデバイス機能について、まるっと解説していきます。

追加料金ゼロ円で利用できる便利機能なので、ぜひこの機会に「マルチデバイス機能」をフル活用してほしいと思います。

 

では早速、電子雑誌の閲覧が捗ること請け合いな雑誌読み放題サービス「dマガジン」のマルチデバイス機能について、詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

dマガジンは何台まで同時利用可能?|マルチデバイス機能について

ここでは雑誌読み放題サービス「dマガジン」のマルチデバイス機能の概要について、解説していきます。

 

【追加料金ゼロ円】最大6台のデバイスを登録できる

dマガジンのマルチデバイス機能は、最大6台の端末を登録して、複数台の端末からサービスを同時利用することができます。

もちろんこの機能を使うために追加料金を支払う必要は一切ありません。

登録可能台数「最大6台」の内訳は、スマホ・タブレットで計5台、パソコン1台です。

 

対応するデバイス

dマガジンのマルチデバイス機能に対応している端末は、下記の通りです。

 

「マルチデバイス機能」対応端末

  • スマートフォン
    • iOS:11.0~
    • android:5.0~
  • タブレット
    • iOS:11.0~
    • android:5.0~
  • パソコン
    • WIndows10以上
    • Mac OS 10.6以上

>>対応機種一覧|dマガジン公式サイト

 

つまりdマガジンのマルチデバイス機能は、ほぼ全てのスマホ・タブレット・パソコンで利用できると考えて差し支えないでしょう。

 

【例】想定される利用シーン

あらゆる種類の端末から6台同時に利用できる「マルチデバイス機能」を活用すれば、次のような利用方法が想定できます。

  • 利用シーンごとにスマホ・タブレット・パソコンを使い分ける
  • 家族がそれぞれが所有するデバイスで、dマガジンのサービスを利用する

 

こういった使い方が追加料金0円でできるって、なかなかお得ですね!
チャンス

 

無料お試しサービス期間中もマルチデバイス機能は使えます!

dマガジンのマルチデバイス機能は、dマガジンを31日間にわたって無料お試し利用できるサービス期間中でも利用可能です。

無料でマルチデバイス機能の利便性を確かめることができるので、無料お試しサービスを利用する際は、ぜひ複数のデバイスを使ってみるといいでしょう。

 

実生活の中で使うことで、マルチデバイス機能の真の利用価値がクリアに感じられると思いますよ!
チャンス

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

 

>>本記事の目次へ戻る

dマガジンは何台まで同時利用可能?|マルチデバイス機能の使い方

ここでは雑誌読み放題サービス「dマガジン」のマルチデバイス機能を使う方法について、解説していきます。

 

マルチデバイス機能は、”ただ使う”だけでOK!

dマガジンのマルチデバイス機能の使い方はこの上ないほどシンプルで、利用したい端末でdマガジンにログインして雑誌を読み始めるだけでOKです。

 

新規デバイスはログインで自動登録

初めて利用する端末を使ってdマガジンにログインすると、サービス側で自動的に端末を新規登録してくれます。

つまりユーザーがマルチデバイス機能を使うためにしなければならない手続きは一切無いので、非常にストレスフリー。

 

手続き不要で利用できる点は、ユーザーフレンドリーですね。
チャンス

 

現在登録中のデバイスを確認する方法

残念ながらユーザー側で現在登録されている端末を確認することはできません。

(登録数の上限に達した状態で新規デバイスでログインすると現在登録中の端末リストが一覧表示されます)

 

ただデバイスの登録解除方法を考慮すれば、これはさほど気になるデメリットではありません。

デバイスの登録解除方法については、次の項目で解説していきますよ。

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

 

>>本記事の目次へ戻る

dマガジンは何台まで同時利用可能?|登録したデバイスを解除する

ここでは雑誌読み放題サービス「dマガジン」に登録しているデバイスの登録を解除する方法について、解説していきます。

 

デバイスの解除方法

dマガジンで同時に利用登録できるデバイスは最大6台までなので、6台を超えて新たなデバイスを登録したい場合は、既に登録しているデバイスのいずれかの登録を抹消する必要があります。

 

解除方法はログアウトするだけ

デバイスの利用登録を解除する方法は、解除したいデバイスを使ってdマガジンからログアウトするだけです。

 

【dマガジンを複数端末で利用する】最大6台のデバイスで同時利用できる!dマガジンのマルチデバイス機能で複数の端末を利用する方法|利用端末の登録を解除する

アプリを立ち上げたら、画面右上の「メニュー」から「アカウント」をタップします。

 

【dマガジンを複数端末で利用する】最大6台のデバイスで同時利用できる!dマガジンのマルチデバイス機能で複数の端末を利用する方法|利用端末の登録を解除する:「アカウント」画面が表示されたら「ログアウト」をタップしましょう。 「ログアウトしますか?」と問われるので「はい」を選択して、ログアウト完了です。

「アカウント」画面が表示されたら「ログアウト」をタップしましょう。

「ログアウトしますか?」と尋ねられるので「はい」を選択して、ログアウト完了です。

 

これでデバイスの登録が抹消されますよ。
チャンス

 

「登録デバイス解除」画面から解除する方法

別の解除方法としては、登録上限数いっぱいの状態で新規デバイスを使ってサービスにログインすると表示される「登録デバイス解除」画面から行う方法があります。

 

【dマガジンを複数端末で利用する】最大6台のデバイスで同時利用できる!dマガジンのマルチデバイス機能で複数の端末を利用する方法|利用端末の登録を解除する:「登録デバイス解除」画面から解除する

上の画像はスマホ・タブレットの登録上限数5台を超えて、新たなスマホ・タブレットでdマガジンにログインした際に表示される画面です。

「登録端末が既定の台数制限を超えています」と表示されて登録の解除を促されるので、解除するデバイス名にチェックを入れて「解除」をタップしましょう。

 

こちらの方法はサービスを利用する流れの中で自ずと行う手続きになるので、余計な手間が無くオススメです。
チャンス

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

 

>>本記事の目次へ戻る

dマガジンは何台まで同時利用可能?|閲覧履歴の共有について

ここでは雑誌読み放題サービス「dマガジン」を利用する複数デバイス間の雑誌閲覧履歴の共有について、解説していきます。

 

閲覧履歴は共有されない

【dマガジンを複数端末で利用する】最大6台のデバイスで同時利用できる!dマガジンのマルチデバイス機能で複数の端末を利用する方法|閲覧履歴のデバイス間共有についてグラビアばかり読んでいても安心w

家族ぐるみでサービスをシェアしているような場合、雑誌の閲覧履歴まで共有されると困ることもあると思いますが、dマガジンではアカウントを共有していても、雑誌の閲覧履歴は一切共有されず、あくまで端末ごとに管理される仕組みになっています。

 

閲覧した記録はもちろん、ダウンロードした雑誌データやクリッピングした記事などサービスに関するすべてが、利用登録している他の端末と共有されることはないので安心ですね!
チャンス

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

 

>>本記事の目次へ戻る

dマガジンは何台まで同時利用可能?|まとめ

【dマガジンは何台まで登録可能?】同時利用できるデバイスは何台まで?dマガジンを複数人で共有できる「マルチデバイス機能」について解説

「【dマガジンは何台まで登録可能?】同時利用できるデバイスは何台まで?dマガジンを複数人で共有できる「マルチデバイス機能」について解説」と題して、雑誌読み放題サービス「dマガジン」を複数台で同時利用することができるマルチデバイス機能について、詳しく解説してきました。

 

複数台のデバイスを駆使して、dマガジンをフル活用!

dマガジンのマルチデバイス機能を使えば、シーンに合わせて最大6台のデバイスを使い分けられるので、何かと重宝します。

追加料金一切無しの月額440円(税込)で利用可能なので、ぜひこの機会にdマガジンのマルチデバイス機能の便利さを体験してみませんか?

 

無料お試しサービス期間中でもマルチデバイス機能を使えるので、まずは無料で1か月間使ってみましょう!
チャンス

 

雑誌読み放題サービスは「dマガジン」が最適解

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」がオススメ

僕が今ある「雑誌読み放題サービス」すべてを使い倒して辿り着いた結論は、間違いなくdマガジン」が最強・最良の雑誌読み放題サービスということです。

これから初めて「雑誌読み放題サービス」を契約する方はもちろん、既に他のサービスを利用中の方にも「dマガジン」はオススメです。

 

 

ちなみにドコモユーザーじゃなくても利用できますよ。
チャンス

 

「dマガジン」が雑誌サブスクサービス最強の理由

迷わず「dマガジン」をオススメすることには、もちろん理由があります。

 

【理由1】「dマガジン」は、サービス内容に死角が無い

まず「dマガジン」は、「雑誌読み放題サービス」が備えておくべきサービスの基本事項・契約するうえでの前提条件をすべて押さえていることが挙げられます。

つまりサービスとして致命的な欠点が存在しないということです。

 

「dマガジン」はサービスの基本スペックに死角なし

  • 月額料金440円(税込)は、業界トップクラスの割安さ
  • 雑誌の取り扱い数が業界最多(独占配信している雑誌数も最多)
  • アプリ操作がシンプルで使いやすい
  • 雑誌に特化したサービスだから、雑誌が読みやすい
  • 「ダウンロード機能」対応だからオフライン環境でも読める
  • マルチデバイス対応で最大6台同時利用できる
  • お気に入り機能・ブックマーク機能で読みたい雑誌に即アクセスできる
  • バックナンバーも最大1年分遡って読める
  • 無料お試し期間が31日間あるから安心

 

以上のポイントはサービス選びの際にチェックしてほしい項目ですが、「dマガジン」はこれらを網羅的に押さえているので、まずサービスを使っていて不満に感じることはないでしょう。

「dマガジンで不満に思うことは、他のサービスでも同様に不満に思う」と言っても過言ではないくらい、「dマガジン」の基本サービスは充実しています。

 

【理由2】「dマガジン」を選ぶ最大の理由は、最強の検索機能

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」の検索機能でナナメ読み!「dマガジン」の検索機能ならレシピや有名人の名前で記事検索が可能

そして「dマガジン」を”最強の雑誌サブスク”たらしめている根拠であり、「dマガジン」を選ぶべき最大の理由は、業界最強の検索機能を持っているためです。

 

他社サービスの検索機能は、検索キーワードを含む「雑誌」を単純に表示するだけに留まります。

一方で「dマガジン」の検索機能は、500誌以上の雑誌の中から検索キーワードを含む「記事ページ」を明確に提示してくれるんです。

 

例えば「鬼滅の刃」と入力して検索をかけた場合、他社サービスでは鬼滅の刃について書かれた内容が掲載されている雑誌名が表示されます。

これが「dマガジン」の場合、鬼滅の刃について書かれた特集ページ一つひとつをピックアップして表示してくれて、その検索結果をタップするだけで瞬時に読みたいページにアクセスすることができるんです。

これなら調べたいこと・知りたいことだけにフォーカスして次々と雑誌を斜め読みできますよね。

超画期的。

 

デジタルな電子雑誌だからこそ実現できた素晴らしい検索機能、これを唯一提供しているのが「dマガジン」!!
チャンス

 

無料お試しで実感してほしい「dマガジン」の利用価値

これまでお伝えしてきたように「dマガジン」は、最初にとりあえず使ってみるサービスとしては最良の選択です。

ただ「dマガジン」が本当に価値あるサービスかどうかを判断するのは、あなた自身です。

あなたが実際にサービスを利用してみて、どう感じるか。その印象で良し悪しは明らかになります。

だからこそ僕は、とりあえず騙されたと思って、一度「雑誌読み放題サービス」を使ってみてほしいと思っています。

 

僕自身、これまでずっと「雑誌読み放題サービス」の価値を知らずに過ごしていましたが、ふとしたきかっけで利用したところ、その便利さにカルチャーショックを受けました。

一見するとまったく斬新さの無い平凡なサービスに見えるので、その存在をスルーしてしまいがちですが、この機会をターニングポイントとして、サービスをお試し利用してみませんか?きっとあなたも気に入るはずです。

チャンス

 

今なら無料で31日間お試し体験できますよ。

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

 

 

雑誌読み放題サービス9社の比較記事も公開中

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!

圧倒的な価値を提供している「dマガジン」ですが、「楽天マガジン」「ブック放題」など他にも魅力的なサービスは存在します。

「dマガジン」を含めた雑誌読み放題サービス9社を徹底比較したまとめ記事を公開しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

関連記事【雑誌サブスク比較】選んで損なしのサービスを厳選!!毎月500誌以上が読み放題になるオススメ雑誌読み放題サービス|雑誌サブスクは「dマガジン」が神サービス

よく読まれている記事

【DVDコピー・ダビング方法】レンタルDVDを無料コピーしてパソコンに永久保存する方法|無料ソフトDVD Shrinkのダビング・リッピング機能の限界とは? 1
【Netflix録画方法】Netflix動画は録画できる!!ネットフリックスを画面録画する裏ワザ|ダウンロードできない作品もスマホ・タブレットでオフライン再生! 2
【21年版FANZAのDRM解除方法】ストリーミング動画を画面録画!FANZAのDRM解除方法|録画保存した動画はスマホでオフライン再生可能! 3
【個人情報・プライバシーを守るVPNとは】インターネット接続のセキュリティ強化で個人情報・重要データ保護!データ通信に不可欠なVPN接続とは? 4
【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを劣化させない充電方法 5
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 6
【アマゾンプライムビデオを録画する】Amazonプライムビデオ動画は録画できる!!アマゾンプライムビデオを録画する裏ワザ|スマホで視聴する方法も解説 7
【アニメ呪術廻戦・全話無料】人気アニメ『呪術廻戦』全エピソードをVOD月額料金無料で録画して自由に視聴する裏ワザ 8
【Hulu(フールー)録画方法】Hulu動画は録画できる!!フールーを画面録画する裏ワザ|ダウンロードできない作品もスマホ・タブレットでオフライン再生! 9
10

-雑誌読み放題サービス
-,

© 2021 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ