【家族向け格安SIMサービスまとめ】最安月額3,740円!家族割でお得かつ安心して使えるファミリー向けおすすめMVNOの選び方

家族向けにおすすめの格安SIMサービス

【家族向け格安SIMサービスまとめ】最安月額3,740円!家族割でお得かつ安心して使えるファミリー向けおすすめMVNOの選び方

更新日:

家族向けの格安SIMサービスを総まとめ!

携帯電話の月額料金って家計全体で考えると結構なシェアを占めてませんか?なかなか侮れない料金を毎月支払っている方が多いのではないかとお察しします。

僕は約3年前にNTTドコモから格安SIMサービスに乗り換えたんですが、その際の事業者ごとの比較は骨が折れました。それでも「乗り換えた甲斐あり!」と断言できるほどの節約効果があって、この3年間で約39万円もスマホ料金を節約できました。大手キャリアに居続けたら失ったであろうこの数字には、ただただ驚くばかり。

今回は乗り換えるだけで年間何万円も節約できる格安SIMサービス、特に家族向けの格安SIMにフォーカスして厳選4社をご紹介します。僕は携帯電話会社に癒着など一切無いので、条件に合わないサービスは問答無用で除外しています。厳選したサービスに対しても良くない点はビシバシ指摘して、本当に価値あるサービスをご紹介するのでご期待くださいね。

なお今回は例として夫・妻・子の三人家族を想定しています。お子さんが二人以上いる場合は子ども分の月額料金を上乗せすれば概ね正しい料金になるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

本記事の内容

そもそも格安SIMって?

「格安SIM」とはドコモやauなどの大手キャリアが所有する通信設備を借りて提供している通信サービスの総称で、このようなサービスを提供している事業者を「MVNO(仮想移動体通信事業者)」といいます。設備をレンタルすることで諸経費が抑えられるので、その分だけサービス料金を”格安”で提供できているわけですね。

大手キャリアの通信設備を間借りしているので必然的に大手キャリアよりも通信速度は落ちるものの、通信エリアは大手キャリアと変わりません。通信速度も日々向上していて、最近では「UQモバイル」のように格安SIMとは思えない高速通信サービスを提供している”サブブランド”が出現するなど、以前よりも遥かに安心して使えるようになっていますよ。

 

家族に最適な格安SIMサービスの選び方

何かについて考え、首をかしげている女性

”家族向け格安SIM”の定義は?(条件)

今回家族向けの格安SIMサービスを選りすぐるにあたって、次の項目を条件としました。

家族に最適な格安SIMの条件

  • 月額料金が割安
    (家族割引が提供されている or 割引に相当する月額料金であること)
  • 通信速度が極端に遅くない
  • 音声通話機能が付いている
  • データ通信量は一人あたり月3GBを割り当てられる
  • フィルタリングサービスが提供されている
  • 不通期間無しで即日乗り換え可能

上記の中で特に重要な項目について、以下で説明を付け加えていきます。

 

月額料金が割安なこと

格安SIMサービスに家族割引の設定がある、又はそれに相当する月額料金が実現していることを条件にしています。

家族(複数人)で契約することでお得になるサービスが提供されていることがファミリー向けプランを検討するうえでの肝だと考えられるので条件として考慮しています。

 

通信速度が極端に遅くないこと

いくら割安な月額料金で契約できても、日ごろデータ通信速度が遅すぎて使いものにならないのでは元も子もありません。

そのためデータ通信速度に難があると実測データから考えられる格安SIMサービスは除外しています。

 

音声通話機能が付いていること

格安SIMサービスは大きく「音声通話プラン」と「データ専用プラン」に分かれます。今回は電話機能を必須という前提でサービスの選定を行っていくので、前者の「音声通話プラン」に絞ってご紹介します。

なお通話料定額サービスの付帯についてはニーズが様々なためあえて考慮しておらず、データ通信量を重視するようにしています。

 

データ通信量は一人あたり月3GBを割り当てられること

NTTコムリサーチの調べによると、スマホを利用する人の90%以上が月3GB未満(1日あたり約100MB)に留まるそうです。

決して一概に言えませんが、今回はこのデータに則って一人当たり月3GBを割り当てられる程度の通信量が確保できればOKとしました。

 

フィルタリングサービスが提供されていること

フィルタリングサービスはインターネットに潜む危険から未成年者を守るためのサービスです。

保護者としては我が子がネットトラブルに巻き込まれないか心配ですから、このニーズに応えられる格安SIMサービスに絞りました(現在はほとんどの事業者で提供されています)。

 

不通期間なしで即日乗り換え可能なこと

格安SIMに乗り換える際に気になるのが電話が使えなくなる「不通期間」です。死活問題にもなりかねないので、今回は自宅・店舗で即日開通できるサービスに厳選しています。

不通期間のある格安SIMサービスもあるので、今回ご紹介する以外の事業者サービスをご検討の際は十分注意してください。

 

検討する前に知っておきたいこと

格安SIMサービスを検討するにあたって、あらかじめ次の3点について把握しておきましょう。

格安SIM検討前に把握しておきたいこと

  • スマホが対応する通信回線
  • スマホのSIMカードサイズ
  • SIMロック解除はネット経由がお得なこと

スマホが対応する通信回線

契約の際に持ち込む予定のスマホ端末の対応キャリアを、格安SIMサービスが扱っているか確認しましょう。

SIMフリー端末ならあらゆるキャリアに対応可能なので気にする必要はありませんが、SIMロックがかかったスマホ端末の場合、どこの大手キャリア回線を利用できるか把握しておかなければ乗り換え後になって使用できないなどのトラブルが起こりかねません。

 

スマホのSIMカードサイズ

SIMカードのサイズは「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」3種類

SIMカードには「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3種類があります。スマホによってサイズが異なるので契約前までに確認しておきましょう。

契約時にSIMカードのサイズを間違えてしまうと、あとで変更手数料がかかってしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

SIMロック解除はネット経由がお得!

NTTドコモ・au・ソフトバンク端末をSIMロック解除する際は「My docomo」「My au」「My Softbank」経由で行うと無料になります。

店頭で手続きすると手数料3,000円がかかってしまうので、基本的にネット経由で申請することをおすすめします。

 

では下記からは家族で契約するのに適したおすすめ格安SIMサービスをご紹介していきましょう!

 

家族に最適な格安SIMサービス|楽天モバイル 組み合わせプラン(3.1GB)

通信速度の切り替え機能がある格安SIMサービス「楽天モバイル」

楽天モバイルとは

楽天モバイルは日本を代表するIT企業、楽天株式会社が提供する格安SIMサービスです。

株式会社MM総研の調査によると、2018年3月末時点で楽天モバイルは格安SIMサービスを提供するインターネットイニシアティブを抜いて市場シェア第1位に輝きました。月額基本料金1,480円~、データ通信・通話が使い放題、楽天ポイントが貯まる、安心のドコモ&au回線などなど楽天の強みを活かしたサービス内容が魅力で、契約数ナンバーワンになったのも頷けます。

 

楽天モバイルの対応キャリア・対応端末

大手キャリア対応:ドコモ・au対応、ソフトバンク非対応

楽天モバイルが対応しているキャリアはNTTドコモ・auです。

 

楽天モバイルの場合、iPhone6/6 Plus以前の端末の一部がサービス非対応になっていることに注意が必要です。詳しくは楽天モバイル公式サイトをチェックしてみましょう。

動作確認済み端末|楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルの月額利用料金

楽天モバイルに家族3人で契約した場合の月額利用料金は4,800円になります。内訳は下記の通りです。

組み合わせプラン(3.1GB) 主回線(夫) 副回線1(妻) 副回線2(子) 総合計
基本料金 1,600 1,600 1,600 4,800

非常にシンプルな料金体系で一人あたり1,600円はまずまずの割安感ですが、家族3人となると単純に3倍なのでちょっと割高感がありますね。

そこで考慮したいのが楽天モバイル独自の家族割サービスです。

 

楽天モバイルの家族割サービス

楽天モバイルの「プラス割」は2回線目以降の契約に適用されるので、家族ぐるみの契約にも適用可能です。

 

格安SIMサービス楽天モバイルの家族割サービスのイメージ

三人家族の契約に「プラス割」を適用させた場合

開通月を1か月目として3か月間の月額基本料金が0円、さらにSIMの契約なら5,000円がキャッシュバックされます。

UQモバイルのように恒常的に適用される割引だともっと嬉しいんですが、それでも一人当たり9,440円お得になるのはありがたいですね。

「プラス割」の詳細については、楽天モバイル公式サイトをチェック!

楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルの通話料金

今回はデータ通信量をベースに比較しているので、通話し放題がついていない「組み合わせプラン」を対象プランに挙げています。そのため通話料は専用アプリ「楽天でんわ」を介して10円/30秒です。

 

「スーパーホーダイ」はデータ通信量が少ない

通話し放題と通信制限がかかっても1Mbpsであることが魅力の「スーパーホーダイ」ですが、最安プランである「プランS」はデータ通信量が2GBしかありません。そのため今回は「スーパーホーダイ」ではなく「組み合わせプラン」で比較検討しました。

ただニーズによっては「スーパーホーダイ」の方が割安になる可能性も十分あります。詳しくは楽天モバイル公式サイトを確認してみてください。

楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルのデータ通信量シェア・繰り越し

格安SIMサービス楽天モバイルのオプションサービス「データシェア」について

現在のところドコモ回線に限定されていますが、「データシェア(月額100円+税)」というオプションサービスを使うことでデータ通信量を共有できます。

この仕組みは楽天モバイル特有で主契約者(オーナー)がシェアしたい相手に招待メールを送って「メンバー」に指定してグループを作り、そのグループ内でデータ通信量をシェアするシステムになっています。具体的なイメージは上の画像の通りですね。

 

楽天モバイルのフィルタリングサービス

楽天モバイルではオプションサービスとして「i-フィルター for マルチデバイス(月額300円+税)」を提供しています。

なおフィルタリングサービスでは利用できない端末やiOS(iPhone)では使えない機能が細かく定められているので注意が必要です。関心のある方は楽天モバイル公式サイトを直接ご覧になることをおすすめします。

 

楽天モバイル公式サイト

家族に最適な格安SIMサービス|ワイモバイル スマホプランS

家族向け格安SIMサービス「ワイモバイル」のロゴ

ワイモバイル(Y!mobile)とは

ワイモバイルはソフトバンクが提供する格安SIMサービスで、自社の通信回線とソフトバンク回線の併用で安定した高速通信を実現させている点で高い評価を得ています。2つの通信回線を併用した格安SIMサービスはワイモバイルにしかできない芸当でしょう。

サポート体制も充実していて、全国に取扱店約4,000店・ワイモバイルショップ 約1,000店の実店舗を構えていることもワイモバイル独自の強みです。

「スマホの月額料金は下げたいけど、格安SIMはよく分からないから不安・・・」

そんな思いを持つ方々の駆け込み寺が全国各地にあることは、大きな安心感を覚えますよね。

 

ワイモバイルの対応キャリア・対応端末

大手キャリア対応:ドコモ・au・ソフトバンク非対応

ワイモバイルの対応キャリアは特殊で全キャリアでSIMロック解除が必要です。つまりどのキャリアのスマホでもSImロック解除は絶対に行わなければなりません。

なおSIMフリー端末はそのまま持ち込んで利用することができますよ。

 

ワイモバイルの月額利用料金

ワイモバイルに家族3人で契約した場合の月額利用料金は3,740円家族向け格安SIMサービスとしては最安値になります。その内訳は下記の通りです。

スマホプランS 主回線(夫) 副回線1(妻) 副回線2(子) 総合計
基本料金 2980 2980 2980 -
ワンキュッパ割 -1,000 -1,000 -1,000 -
SIM単体契約特別割引 -400 -400 -400 -
家族割引サービス - -500 -500 -
合計 1,580 1,080 1,080 3,740

月額料金3,740円は格安SIMサービスの中でも群を抜いた安さです。ワイモバイル独自の通信網による安定した高速通信、基本料金に含まれる1回あたり10分以内かけ放題の定額サービス、さらにフィルタリングサービスも無料でこの価格はかなり魅力的ですよね。

ただし家族割引サービスは1年間の期限付きなので、長い目で見ると「UQモバイル」や「IIJmio」に比べて割高になるので注意が必要です。

 

格安SIMサービスY!mobileのデータ増量無料キャンペーン

今なら期限なしのデータ増量キャンペーンが実施中なので、スマホプランSは1GBもらえて合計3GBのデータ通信量になります。それでも心許ない方はスマホプランM(6GB+3GB増量)、スマホプランL(14GB+7GB増量)へのプラン変更を検討するといいでしょう。スマホプランS/M/L間の契約変更は無料で行えますよ。

 

ワイモバイルの家族割サービス

ワイモバイルの家族割は2台目以降(副回線契約)の基本料金が月々500円割引(1年間)になります(最大9回線まで適用可能)。

 

格安SIMサービスY!mobileの家族割引サービスについて

例えば主回線を夫が契約している場合、妻と子どもが副回線契約をするとそれぞれの基本料金が毎月500円割引になります。

 

割引対象となる”家族”の定義

格安SIMサービスY!mobileの家族割引サービスにおける家族の定義について

ワイモバイルの家族割引サービスの対象となる”家族”とは、次のような定義になります。

ご家族(血縁・婚姻)、または同姓、もしくは同住所(生計を同じくしている)であることが確認できること。

出典:ワイモバイル公式サイト

以上の条件を満たした間柄で割引が適用されますが、そのためには家族確認書類が必要になるので契約の際は忘れずに持参しましょう。

詳細についてはワイモバイル公式サイトをチェック!

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイルの通話料金

ワイモバイルのスマホプランには国内無料通話(1回10分以内)がついてくるので、やりくり次第で通話料はかかりません。専用アプリを使わずに無料通話できるのはシンプルでストレスがありませんよ。

ソフトバンクの傘下ということで音声通話の品質も折り紙付きです。

なお通話1回あたり10分を超えた場合は、20円/30秒の通話料が超過時間に対して別途かかります。

 

ワイモバイルのデータ通信量シェア・繰り越し

残念ながら家族間でのデータ通信量シェアや余ったデータ通信量の翌月繰り越しには対応していません。

この部分はワイモバイルの弱点といえますね。

 

ワイモバイルのフィルタリングサービス

ワイモバイルでは無料でフィルタリングサービスを提供しています。ただし申込手続きが必要なので、契約の際に忘れずに申告しましょう。

 

ワイモバイル公式サイト

家族に最適な格安SIMサービス|UQモバイル おしゃべりプランS

通信速度の切り替え機能がある格安SIMサービス「UQモバイル」

 

UQモバイルとは

UQモバイルはKDDIグループの電気通信事業者であるUQコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMサービスです。

KDDIグループであることからUQモバイルはau 4G LTEを通信回線として使用していて、安定した高速通信に定評があります。通信速度は条件によって変動するため一概に言えませんが、各所で行われている実測テストにおいてUQモバイルは常に上位にランクインしているので「安定した高速通信」という謳い文句には説得力がありますね。

 

格安SIMサービスUQ mobileは第三者機関で高く評価されている※クリックで拡大表示※

第三者機関からの評価も高く「J.D.パワー2018年格安スマートフォン/SIMサービス顧客満足度調査1位」、「RBB TODAY 格安SIMアワード2018上半期総合満足度最優秀賞・通信速度部門最優秀賞」を獲得しています。これだけの第三者からのお墨付きがあるのは確かな品質がある証拠ですから、ユーザーとしては安心して選べますね!

 

またUQモバイルには実店舗が全国に2700店以上あるので、サポート体勢が万全であることが選ばれている大きな理由の一つでしょう。万が一の際に対面で相談できるのはとても心強いですよね。

 

UQモバイルの対応キャリア・対応端末

大手キャリア対応:au対応、ドコモ・ソフトバンク非対応

UQモバイルの対応キャリアはauになります。

ただしau端末の中でもVoLTE対応端末はドコモ・ソフトバンク端末同様、SIMロック解除が必要となるので注意しましょう。

つまり契約可能な端末はSIMフリー端末のほか、SIMロック未解除のVoLTE非対応au端末、SIMロック解除済みのドコモ・ソフトバング・VoLTE対応au端末となります。

 

UQモバイルの月額利用料金

UQモバイルに家族3人で契約した場合の月額利用料金は4,940円で、内訳は下記の通りです。

おしゃべりプランS 主回線(夫) 副回線1(妻) 副回線2(子) 総合計
基本料金 2,980 2,980 2,980 -
イチキュッパ割 -1,000 -1,000 -1,000 -
UQ家族割 - -500 -500 -
合計 1980 1,480 1,480 4,940

他社に比べると決して低価格には見えませんが、実は長期的に見るとUQモバイルはワイモバイルを凌駕するほどの割安プライスになります。その秘密は家族割の仕組みにあります。

 

UQモバイルの家族割サービス

UQモバイルの家族割サービスは割引期間が設けられていないので契約中はずっと月額500円割引が適用されます。他社では1年間の期限があるなどが通常なので、1年以上継続して使う場合はUQモバイルの強みがボディブローのように効いてきますよ。

 

UQモバイルの通話料金

UQモバイルの「おしゃべりプラン」なら基本料金に国内通話かけ放題サービスが付いているので、1回あたり5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題です。ワイモバイルの「スマホプラン」や楽天モバイルの「スーパーホーダイ」の10分以内のかけ放題には劣りますが、ほどほどに通話する方であれば十分でしょう。

なお1回の通話が5分を超えた場合は、20円/30秒の通話料が超過分に対して別途かかります。

 

UQモバイルのデータ通信量シェア・繰り越し

余ったデータ通信量は翌月に繰り越すことは可能です。

ただし家族間でのデータ通信量のシェアには対応していないので、データ通信量については個別に考える必要があります。

 

UQモバイルのフィルタリングサービス

UQモバイルでは「あんしんフィルター for UQ mobile」というフィルタリングサービスが無料で提供されています。申し込みが必要なので契約の際は忘れずに申告しましょう。

詳細についてはUQモバイル公式サイトを確認してみてくださいね。

UQモバイル公式サイト

 

UQモバイルなら15日間無料でお試し利用できる!

UQモバイルなら15日間無料でUQのサービス品質を体験することができます。「スマホ+SIM」と「SIMのみ」から選べるので、SIMだけ借りてお手持ちのスマホでUQのサービス品質をチェックできますよ。

通信速度はもちろん、データ通信無料が売りの「節約モード」の体感速度、UQモバイル対応スマホの性能、さらに現在お手持ちのスマホとの相性など様々なことを無料でチェックできるので、契約を悩んでいる方は利用を検討してみては?

ネットで申し込みするだけでトライアルキットを配送してくれるので気楽に申し込めるのもナイス!

UQモバイル公式サイト

 

家族に最適な格安SIMサービス|IIJmio ファミリーシェアプラン

家族向け格安SIMサービス「IIJmio」のロゴ

IIJmioとは

日本のインターネット黎明期からネット事業を展開し、常に先端のサービス提供に取り組んでいる株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMサービスです。実績と信頼を礎に多くの利用者に選ばれていて、つい先日楽天モバイルに抜かれるまでは格安SIM市場のシェア第1位でした。

 

格安SIMサービスIIJmioは第三者機関で高く評価されています※クリックで拡大表示※

第三者機関からの評価も高く、株式会社MM総研、MMD研究所、RBBTODAY、家電批評、ICT総研、Zimubaなどなど多くの受賞歴があります。20年以上のキャリアが積み重ねてきた信頼と実績が評価されている証明ですから、ユーザーとしても安心して利用することができますね。

 

IIJmioの対応キャリア・対応端末

大手キャリア対応:ドコモ・au対応、ソフトバンク非対応

IIJmioが対応しているキャリアはNTTドコモ・auですが、VoLTE対応のau端末はソフトバンク端末と同じくSIMロック解除が必要です。

利用可能な端末をまとめると、下記の通りです。

IIJmioで使える端末

  • SIMフリー端末
  • SIMロック未解除端末
    • ドコモ端末
    • VoLTE非対応のau端末
  • SIMロック解除済み端末
    • ソフトバンク端末
    • VoLTE対応のau端末

 

IIJmioの月額利用料金

IIJmioに家族3人で契約した場合の月額利用料金は4,660円で、内訳は下記の通りです。

ファミリーシェアプラン 主回線(夫) 副回線1(妻) 副回線(子) 総合計
基本料金 2,560 - - -
音声通話機能 700 700 700 -
合計 3,260 700 700 4,660

IIJmio「ファミリーシェアプラン」最大の特長は月額基本料金が何年経っても変わらないことです。ワイモバイルのように1年後には基本料金がグッと引き上げられることがなく、契約当初の料金がずっと続くので安心感が違います。

通信速度にそこまでこだわりが無く、電話番号がもらえてそれなりにネット検索ができればOKという方にとっては最良の格安SIMサービスですよ。逆に速度にこだわりがあるなら「UQモバイル」がいいでしょう。

音声通話機能付きのSIM契約は最大5回線まで可能なので、上記の場合はさらに2枚の追加契約が可能です。SIMカードの追加は月額400円、音声通話機能は月額700円が枚数に応じてかかります。

 

IIJmioの家族割サービス

IIJmioには家族間で通話料が割引になるサービスはあるものの、月額料金などを割り引くサービスは存在しません。

それでも「ファミリーシェアプラン」を利用することで副回線分の基本料金が0円になるのでかなり月額利用料金を抑えることができます。キャンペーン割引無しに常に割安な価格で利用できる点がIIJmioの魅力で、長期的な契約になればなるほどお得感が出てきますよ。

 

IIJmioの通話料金

IIJmioなら専用アプリを使えば業界最安の8円/30秒で通話できます。あまり通話しない方にとっては、通話定額サービスよりもIIJmioの通話料金体系の方がお得になるかもしれません。

 

格安SIMサービスIIJmioの通話定額サービス※クリックで拡大表示※

もし通話定額サービスが必要な場合は、2種類のかけ放題オプションから選択することも可能ですよ。2種類のかけ放題オプションが用意されています。

 

IIJmioのデータ通信量シェア・繰り越し

ファミリーシェアプランは12GBのデータ通信量をすべての回線で共有して使用するため、もともとデータ通信量はシェアされた状態になります。

 

格安SIMサービスIIJmioは余ったデータ通信量を翌月に繰り越せます。※クリックで拡大表示※

その上でデータ通信量が余った場合は、翌月へ繰り越されるようになっています。

逆にデータ通信量が足りない場合は、パソコンの会員専用ページからデータオプションを契約するか、データ通信量を追加購入するとよいでしょう。

 

IIJmioのフィルタリングサービス

IIJmioのフィルタリングサービスはオプションとして月額360円で提供されています。

利用開始月を含めて2か月分の利用料金が無料になりますよ。

 

格安SIMサービス「IIJmio ファミリーシェアプラン」レビュー記事はコチラ

家族向け格安SIMサービス「IIJmio ファミリーシェアプラン」レビュー記事のアイキャッチ画像
【IIJmio「ファミリーシェアプラン」レビュー】家族契約で最安の格安SIM|ずっと変わらない割安料金が嬉しいMVNOならIIJmioが最適解!

どうも、NTTドコモからIIJmio「ファミリーシェアプラン」に乗り換えて3年以上が経つジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。 いまや家計における携帯電話の月額料金はバカにならないシェアを ...

続きを見る

 

IIJmio公式サイト

IIJmio(みおふぉん)

 

家族に最適な格安SIMサービス|まとめ

【家族向け格安SIMサービスまとめ】最安月額3,740円!家族割でお得かつ安心して使えるファミリー向けおすすめMVNOの選び方

「【家族向け格安SIMサービスまとめ】最安月額3,740円!家族割でお得かつ安心して使えるファミリー向けおすすめMVNOの選び方」と題して、家族向けに最適な格安SIMサービスについて紹介してきました。

 

各社サービスのメリット・デメリットを総括

家族に最適な格安SIMの条件

  • 月額料金が割安
    (家族割引が提供されている or 割引に相当する月額料金であること)
  • 通信速度が極端に遅くない
  • 音声通話機能が付いている
  • データ通信量は一人あたり月3GBを割り当てられる
  • フィルタリングサービスが提供されている
  • 不通期間無しで即日乗り換え可能

冒頭でもお伝えした上記項目は、今回ご紹介した4社すべてが満たしています。

そのうえで各社の特徴を長所(青のボックス)・短所(赤のボックス)別に見ていきましょう。

 

楽天モバイル「組み合わせプラン(3.1GB)」

2018年3月末時点で市場シェア第1位となった楽天モバイルの長所と短所は下記の通りです。

  • 2回線目の契約以降は「プラス割」適用で月額基本料最大3か月0円+5000円還元が受けられる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 専用アプリを使わないと通話料が安くならない
  • 通話定額サービスが基本料金に含まれていない(オプションで月額850円+税)
  • データ通信量のシェアサービスは有料オプション(月額100円+税)
  • フィルタリングサービスも有料オプション(月額300円+税)

楽天モバイル公式サイト



ワイモバイル「スマホプランS」

ソフトバンクが提供するワイモバイルの長所と短所は下記の通りです。

  • 今回紹介した格安SIMサービス最安の月額利用料3,740円
  • 家族割で2回線目以降、月額500円割引(最大9回線まで適用)
  • 自社+ソフトバンク回線で安定した高速通信が可能(回線を2つ使用しているのはワイモバイル特有)
  • 通話は1回10分かけ放題
  • 専用の通話アプリを使わなくてもOK
  • フィルタリングサービスが無料
  • 全国に取扱店約4,000店、ワイモバイルショップ約1,000店の実店舗で対面サービスが受けられる
  • ワンキュッパ割(月額1000円割引)・家族割(月額500円割引)ともに1年間の期限付き
  • 1回10分を超える通話は、超過分に対して20円/30秒かかる
  • データ通信量の共有はできない
  • 余ったデータ通信量の繰り越しもできない
  • SIMフリー端末を除くすべての端末でSIMロック解除が必須(ソフトバンク端末も例外ではありません)

ワイモバイル公式サイト

UQモバイル「おしゃべりプランS」

KDDIグループであるUQコミュニケーションズが提供するUQモバイルの長所と短所は下記の通りです

  • 家族割が契約中ずっと適用(無期限)
  • UQ学割適用で家族全員分の基本料が最大3~5か月分0円になる
  • 第三者機関お墨付きの安定した高速通信
  • 余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる
  • 1回5分以内の国内通話がかけ放題(他社の1回10分以内には劣る)
  • 専用の通話アプリを使わなくてもOK
  • フィルタリングサービスが無料
  • 全国2,700店の実店舗で対面サービスが受けられる
  • 15日間UQモバイルを無料で試せるキャンペーンあり
  • 格安SIMサービスとしては月額基本料金は高め(大手キャリアよりは安価)
  • ワンキュッパ割(月額1000円割引)は1年間の期限付き
  • 家族間でデータ通信量の共有はできない
  • 1回5分を超える通話は、超過分に対して20円/30秒かかる

UQモバイル公式サイト

IIJmio「ファミリーシェアプラン」

日本のIT業界における老舗企業として信頼と実績のあるインターネットイニシアティブが提供するIIJmioの長所・短所は下記の通りです。

  • 2回線目以降の契約に基本料金が発生しない
  • 契約期間中ずっと割安な月額基本料金が変動しない
  • データ通信量の共有が無料でできる(ドコモ・au回線間でシェアできるのはIIJmioだけ)
  • 余ったデータ通信量の繰り越しも可能
  • 通話料が業界最安クラスの8円/30秒
  • 専用の通話アプリを使わないと通話料が安くならない
  • 通話定額サービスが基本料金に含まれていない(オプションで月額600円or830円+税)
  • フィルタリングサービスが有料(月額360円+税)

IIJmio公式サイト

IIJmio(みおふぉん)

 

特におすすめしたいのは「IIJmio」or「UQモバイル」

IIJmio ファミリーシェアプラン

長く利用し続けるほど他社よりもお得!安心感と割安さが両立された格安SIMサービスを利用したいご家族にはIIJmioが最適です。
(あらかじめ言っておくと料金的にも長い目で見ればワイモバイルより安くなります!)

プラン内容のバランスが良く、ニーズに合わせて内容をカスタマイズできる柔軟性の高さも魅力ですね。

フィルタリングサービスは有料ですがデータ通信量のシェア・繰り越しができて、通話料は業界最安クラス。契約から1年で割引サービスが無くなるといった心配が無いので、途中で月額料金が上がることもなく良心的。しかも1年5か月ほど利用すれば家族向け格安SIMサービス最安値なんです!事業者であるインターネットイニシアティブも日本のネット黎明期から第一線で活躍し続けている名実ともに確かな企業なので、安心して利用できるのもナイスですね。

実は僕も家族でIIJmioをかれこれ3年近く使っています。今回の記事執筆をいい機会に乗り換えを企んでいましたが、逆に改めてIIJmioのサービス品質の高さを実感させられました。この3年間で目立ったトラブルもなく、通話・データ通信ともに快適に使えています。気になることがあれば年中無休のサポートセンターや会員専用の問い合わせフォームなどが用意されているので安心です。以前電話で問い合わせたことがありましたが、とても懇切丁寧かつ迅速に対応してくださいました。

 

格安SIMサービス「IIJmio ファミリーシェアプラン」レビュー記事はコチラ

家族向け格安SIMサービス「IIJmio ファミリーシェアプラン」レビュー記事のアイキャッチ画像
【IIJmio「ファミリーシェアプラン」レビュー】家族契約で最安の格安SIM|ずっと変わらない割安料金が嬉しいMVNOならIIJmioが最適解!

どうも、NTTドコモからIIJmio「ファミリーシェアプラン」に乗り換えて3年以上が経つジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。 いまや家計における携帯電話の月額料金はバカにならないシェアを ...

続きを見る

 

IIJmio公式サイト

IIJmio(みおふぉん)

 

長期的にはワイモバイルの月額料金は割高!

一見するとワイモバイルは安く見えますが、ワイモバイルの割引サービスは期限付きで1年後、2年後にはドカン!と月額料金が上がるので注意しましょう。

契約から1年経てば「ワンキュッパ割」「家族割引サービス」が無くなって、月額1,500円が上乗せされます。さらに1年経つと「SIM単体契約特別割引」が無くなって月額400円が上乗せされ、最終的には家族3人で月額8,940円になってしまう計算です。

短期間の契約なら安くなる可能性はあるかもしれませんが、一つのサービスを長く使っていたいと考えるなら、ワイモバイルは避けた方が無難でしょう。

 

UQモバイル おしゃべりプランS

一方UQモバイルは月額料金が多少上がっても実店舗できめ細かい対面サービスを受けたい方通信速度に妥協したくない方におすすめです。

初めての格安SIMサービスであれば分からないことだらけで不安ですよね。そんな時はお店のスタッフさんに身を任せるのも一手。しっかりサービス内容を理解したうえで契約を結ぶことができます。

家族割(月額500円割引)が契約中ずっと続くことや専用の通話アプリを使わなくても1回5分以内の通話定額サービスが利用できる利便性の高さ、第三者機関お墨付きの高速通信、困ったときに駆け込める全国2,700店の実店舗などなど多くのメリットを享受できる格安SIMサービスになっていますよ。

15日間無料で試せるキャンペーンも実施しているので、とりあえず試してみてもいいかもしれませんよ。

 

UQモバイル公式サイト


いかがでしたでしょうか。今回は家族向けの格安SIMサービスというテーマでおすすめ4社をご紹介しました。家族(複数人)で契約する場合は単身で契約する場合と違って様々な割引サービスや特典、利用条件などがあり複雑です。ご自身に必要な条件を見定めてから、その条件に合ったサービスを探すと比較的すんなり最適な格安SIMサービスが見つかると思うので参考までに。

この記事をきっかけに、あなたとあなたのご家族にとって最適な格安SIMサービスが見つかれば嬉しく思います。

 

よく読まれている記事

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 1

音楽の定額配信サービス(ストリーミングサービス)が気になってる! だけど、サービスの種類がありすぎだし、違いが分かりにくい! 洋楽っていうより、邦楽とかアニソンが聴きたい 詰まるところ、どのサービスを ...

【家族向け格安SIMサービスまとめ】最安月額3,740円!家族割でお得かつ安心して使えるファミリー向けおすすめMVNOの選び方 2

家族向けの格安SIMサービスを総まとめ! 携帯電話の月額料金って家計全体で考えると結構なシェアを占めてませんか?なかなか侮れない料金を毎月支払っている方が多いのではないかとお察しします。 僕は約3年前 ...

【2019年最新版】海外ドラマ作品が豊富!!おすすめ動画配信サービス|まずは1か月間無料トライアル♪ 3

2019年6月3日 情報更新しました。 皆さんはどんな海外ドラマがお好みですか?? 僕は『プリズンブレイク』に衝撃を受けて以来、海外ドラマにどっぷりハマってしまいました。 プリズン・ブレイク シーズン ...

【ゲーム・オブ・スローンズ無料視聴】衛星放送の契約不要!動画配信サービスでゲーム・オブ・スローンズのシーズン1からシーズン8まで全部無料で見る方法 4

2019年6月3日 情報更新しました。 ゲーム・オブ・スローンズは全話無料で観れる! ゲーム・オブ・スローンズは2019年5月に幕を閉じました。いやぁ~・・・ ・・・ ・・・面白かった。結末には賛否両 ...

トランスミッター&レシーバーを使ってBluetooth非対応のデバイスを無線化させましょう! 5

「買って後悔しないトランスミッター&レシーバーが知りたいけど、自分のニーズに合った製品がどれなのか分からない」 そうした悩みを抱えている方って、結構いると思います。 「トランスミッター&レシーバー」っ ...

-家族向けにおすすめの格安SIMサービス
-, ,

Copyright© カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ , 2019 All Rights Reserved.