【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン

イヤホン

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン

アクティブノイズキャンセリングのパイオニアBOSEの技術はやっぱスゴイ!!

BOSEのベストセラーTWS「SoundSport Free wireless headphones」がリリースされてから何年経ったのか・・・。

Apple「AirPords Pro」が完全ワイヤレスイヤホン業界にノイズキャンセリング技術を持ち込んだ後も、BOSEからは音沙汰無し。

まだかまだかと待ち望んでいた製品がいよいよ2020年10月に登場しました。

それがBOSE「QuietComfort Earbuds」です。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|製品の公式画像BOSE QuietComfort Earbuds

待ちに待ったノイズキャンセリング界の巨人BOSEが手掛けるANC(アクティブノイズキャンセリング)完全ワイヤレスイヤホン「QuietComfort Earbuds」の特徴は、下記の通りです。

 

「QuietComfort Earbuds」の特徴

  • 業界最高峰のノイズキャンセリング技術を搭載
  • 11段階に調整可能なノイズキャンセリング性能
  • アクティブEQテクノロジー搭載で実現する上質なBOSEサウンド
  • 快適な装着感を実現させる「StayHear Maxイヤーチップ」を採用
  • 特殊設計で実現するクリアなハンズフリー通話
  • イヤホン単体6時間・ケース併用18時間のバッテリー性能
  • 15分の充電で2時間の再生が可能なクイックチャージ機能
  • Qiワイヤレス充電対応

 

スペック然り、実際の使用感然り。

もはやほぼ死角が無いと感じさせる孤高の存在感が漂うBOSE「QuietComfort Earbuds」は、疑いの余地なくノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホンの最高機種です。

 

では早速、BOSEが満を持して市場に投入してきた待望のアクティブノイキャン搭載TWS「QuietComfort Earbuds」について詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

BOSE QuietComfort Earbudsレビュー|製品情報

まずはBOSE「QuietComfort Earbuds」のスペックについてザッと見てみましょう。

 

スペック

サイズ イヤホン(片耳):H39×W26×D27mm
充電ケース:H51×W89×D32mm
重量 約8.5g
充電用ポート Type-C
Bluetooth規格 Ver.5.1
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
連続再生時間 約6時間
(+充電ケースで約18時間)
フル充電所要時間 イヤホン本体:約80分
※急速充電:15分充電で2時間駆動※
Qiワイヤレス充電
対応コーデック SBC
AAC
防水性能 IPX4等級
※イヤホン本体のみ※
付属品
  • 充電ケース
  • イヤーチップ(3種類:S/M/L)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル(30.5cm)
  • クイックスタートガイド
保証 12か月メーカー保証

 

最高のノイキャン性能を堪能できる逸品

もはやスペック表からは伝わらない部分に本機の魅力があって、その最たるものが独自のノイズキャンセリング技術です。

これについては後ほどお伝えしますが、このノイズキャンセリング性能を前にすれば、防水性能がIPX4程度に留まるというデメリットも霞みますね。

高音質コーデック「APT-X」にも非対応ですが、BOSEはこれを技術でカバーしているようです。

実際に使っていて不自由する印象は皆無なので、個人的には特に問題視するポイントではないと思っています。

 

BOSE QuietComfort Earbudsレビュー|優れているポイント

ここでは特に「QuietComfort Earbuds」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

業界最高峰のノイズキャンセリング技術を搭載

BOSEの特許技術であるアクティブノイズキャンセリング技術・パッシブノイズキャンセリング技術を組み合わせることで、世界最高のノイズキャンセリング性能を実現させています。

アクティブNCでは、周囲の音と耳の中の音をモニタリングして、逆位相の信号を発生させることでノイズを打ち消します。

パッシブNCでは、耳穴に空気が通らないよう優しく密閉し、周囲のノイズをシャットアウトします。

 

BOSEノイキャンの真骨頂、11段階に調整可能なノイキャン性能

BOSEだからこそ実現できる独自技術「可変ノイズキャンセリング」は、11段階にノイズキャンセリングレベルを調整することが可能です。

音楽鑑賞に集中したい時はノイキャン性能を強く、空港などで周囲の音に耳を傾けたいときは中程度のノイキャン性能に下げるなどの調整が行えます。

さらに「フルトランスペアレンシー」を選択すれば、イヤホンを着用していない状態と限りなく等しくなるため、ちょっとした会話を行う際は重宝します。

 

チャンス
率直な使用感としては、Apple「AirPods Pro」が持つノイキャン性能を凌駕する出来栄えです!

 

圧倒的なBOSEサウンド

BOSEならではのサウンドクオリティを堪能することができます。

さらに音量に応じてサウンドを最適化するアクティブEQテクノロジーを搭載しているので、あらゆる音量で最適な音質に自動調整してくれます。

これほど臨場感に満ちたサウンドは、恐らく他の完全ワイヤレスイヤホンでは体感できないでしょう。

 

独自開発のイヤーチップで安定感抜群の装着感を実現

BOSEの特許技術に裏打ちされたイノベーティブなイヤーチップ「StayHear Max」によって、極上の着け心地を実現させています。

耳に触れる部分にプラスチック素材を一切使用しておらず、すべてを肌あたりの良いシリコン素材を採用している点は、さすがのクオリティです。

 

クリアなハンズフリー通話を実現させる独自技術

イヤホン本体に内蔵された特殊設計のマイクアレイが、ノイズを除去して話者の声をクリアにしてくれます。

この技術によって通話中はもちろん、音声アシスタント機能を使用しているときも、話者の声を通りやすくしてくれます。

 

連続6時間再生可能なバッテリー

イヤホン単体で最大6時間の連続再生が行えるバッテリーを搭載しています。

充電ケースを併用することで最大18時間まで延長されます。

これだけの技術が詰め込まれていて6時間の駆動時間を確保できているというのは、驚異的です。

 

急速充電機能・Qiワイヤレス充電にも対応

「QuietComfort Earbuds」には、15分の充電で2時間の連続再生が可能なクイックチャージ機能も搭載されています。

充電し忘れてしまったときなどでも、少し充電すれば十分な時間の再生が行えるので安心です。

またQi規格に対応しているので、充電ケースをワイヤレス充電することも可能です。

 

BOSE QuietComfort Earbudsレビュー|外観・付属品

外観

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観

シンプルなルックスながら、どこかキングの風格が漂うBOSE「QuietComfort Earbuds」。

ハウジングの面取り加工、素材の使い分けによる質感の表現など、さすがBOSE。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:ちなみにハウジング前面、「BOSE」と刻印された「B」寄りのあたりがセンサーど真ん中な印象ですが、 感度が良好なセンサーなので、「E」を越えたあたりでも反応してくれますよ。

ちなみにハウジング前面、「BOSE」と刻印された「B」寄りのあたりがセンサーど真ん中な印象ですが、感度が良好なセンサーなので、「E」を越えたあたりでも反応してくれますよ。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:マイクはハウジング下部に搭載されています。

マイクはハウジング下部に搭載されています。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:ハウジングを裏側から見ると、このような感じ。 独自開発の「StayHear Max」イヤーチップがユニークな印象を与えますね。

ハウジングを裏側から見ると、このような感じ。

独自開発の「StayHear Max」イヤーチップがユニークな印象を与えますね。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:「StayHear Max」は耳穴に入る部分が楕円形になっていますが、これが装着感に効くんです。 左右を識別する「L」「R」表記も白字でハッキリと分かりやすくてナイス。

「StayHear Max」は耳穴に入る部分が楕円形になっていますが、これが装着感に効くんです。

左右を識別する「L」「R」表記も白字でハッキリと分かりやすくてナイス。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:イヤホン本体の質感もさることながら、ちょっと感動的なのが充電ケースの質感です。 表面には非常にシットリした印象のあるシリコンっぽい?素材が採用されていますが、これがリッチ感満点。

イヤホン本体の質感もさることながら、ちょっと感動的なのが充電ケースの質感です。

表面には非常にシットリした印象のあるシリコンっぽい?素材が採用されていますが、これがリッチ感満点。

マットな質感も相まって、充電ケースだけでも延々とレビューしていられる極上さを感じます。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:ケース前面には5点式のLEDインジケータと、ケースのフタを開けるためのボタンが搭載されています。

ケース前面には5点式のLEDインジケータと、ケースのフタを開けるためのボタンが搭載されています。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:ちなみにLEDはケースを開けたときなどに点灯して、ケースのバッテリー残量を示してくれますよ。 クッキリと発光してくれるので視認性も抜群。

ちなみにLEDはケースを開けたときなどに点灯して、ケースのバッテリー残量を示してくれますよ。

クッキリと発光してくれるので視認性も抜群。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:背部にはUSB-C充電ポートを内蔵。

背部にはUSB-C充電ポートを内蔵。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:ケース内部もそれとなくリッチ感が漂います。 Bluetoothボタンも内蔵されていますよ。

ケース内部もそれとなくリッチ感が漂います。

Bluetoothボタンも内蔵されていますよ。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|外観:なお本機の充電ケースは「Qiワイヤレス充電」対応なので、ワイヤレス充電器に置いて充電させることも可能です。

なお本機の充電ケースは「Qiワイヤレス充電」対応なので、ワイヤレス充電器に置いて充電させることも可能です。

 

付属品

QuietComfort Earbuds」の付属品は次の通りです。

 

付属品一覧

  • 充電ケース
  • イヤーチップ(3種類:S/M/L)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル(30.5cm)
  • クイックスタートガイド

 

独自開発のイヤーチップが最高の出来栄え

後ほどご紹介しますが、とにかくBOSE独自開発のイヤーチップ「StayHear Max」の装着感が素晴らしいです。

この装着フィーリングだけでも購入する価値があると言いたくなるほどのクオリティ。

BOSE製品はやっぱり細部まで侮れませんわ・・・。

 

BOSE QuietComfort Earbudsレビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使った「QuietComfort Earbuds」のペアリング登録方法を解説します。

ペアリング中に「BOSE MUSIC」アプリのインストールを促されますが、ペアリングする際には不要なので必ずしもインストールしなくてもOKです。

 

ペアリング登録手順

  1. イヤホン本体の入った充電ケースのフタを開ける
  2. スマホの設定画面で「Bose QC Earbuds」を選択する
  3. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|ペアリング方法(接続方法)

まずはイヤホン本体が入った充電ケースのフタを開きましょう。

するとイヤホン本体の電源が入って自動的にペアリングモードへ移行してくれます。

左右イヤホンのLEDインジケーターがブルーに点滅しているのがペアリングモード中のサインです。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|ペアリング方法(接続方法):ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「Bose QC Earbuds」と表示されるので選択しましょう。

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「Bose QC Earbuds」と表示されるので選択しましょう。

 

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン|ペアリング方法(接続方法):スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「Bose QC Earbuds」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「Bose QC Earbuds」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

片耳だけでも使えます!

BOSE「QuietComfort Earbuds」は片耳だけで使うことができます。

やり方は簡単で、ただ片側のイヤホン本体を取り出すだけ。途中で片側イヤホンだけの使用に切り替えたくなったら、使わない方のイヤホンをケースに仕舞うだけ。

また両耳で聴きたくなったらもう一方のイヤホンを取り出して耳に装着するだけでOK。

「QuietComfort Earbuds」の脱着認識機能によってイヤホン取り外しの際は、音楽の再生が一時停止されますが、接続そのものは非常にスムーズに切り替えてくれます。

片耳使用の状況から両耳使用に切り替えるときにシームレス感はハンパなくスムーズで、気持ち良ささえ感じるほどw

”さすがBOSE”な使い心地を、イヤホン接続においても提供してくれます。

 

ちなみに脱着認識機能は、専用アプリ「BOSE Music」で解除できます。
チャンス

 

一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

ペアリング登録以後は、イヤホン本体をケースから取り出すだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。

自動接続されるまでわずか4~5秒と超高速接続してくれるので、まず実用シーンで接続のもたつきにイラつくことはありません。

 

BOSE QuietComfort Earbudsレビュー|使ってみて感じたこと

操作感

QuietComfort Earbuds」のボタン操作は、下記の通りです。

 

ボタン操作

  • 音楽再生時
    • 右センサーを2回タップ:再生/一時停止
    • 左センサーを2回タップ:曲送り(次の曲へ)orバッテリー残量チェック(アプリで設定変更)
  • 通話時
    • 右ボタンを2回タップ:着信応答/通話終了
    • 右ボタンを長押し:通話拒否
  • ノイズキャンセリング
    • 左センサーを2回タップ:設定している3段階で順に切り替え(アプリでレベルの設定変更可能)
  • 音声認識システム
    • 右ボタンを長押し:Siriなどの音声認識システムを呼び出す

 

申し分の無いタッチセンサー感度と操作感

一言でタッチセンサーの操作感をお伝えするなら「ゴージャス」。

たかがタッチセンサーのリアクション一つを取ってもリッチ感に溢れています。

兎にも角にも正確なタッチ精度、操作によって実行される動作のスムースさなど、挙動一つひとつに美しさすら感じる完成度の高さ。

ワイヤレスイヤホンの動作感だけでこれほど語れるというのは、もはやBOSE「QuietComfort Earbuds」を置いて他にはないでしょう。

 

装着感

独自イヤーチップのフィーリングの極上さ、すこぶる良好な遮音性の高さは感嘆に値します。

 

独自開発「StayHear Maxイヤーチップ」の肌あたりが優し過ぎて感動

まず装着する以前に触っただけで感動して知ったのが、BOSEが独自開発した「StayHear Maxイヤーチップ」。

プラスチック素材を完全に配して肌あたりの良いシリコン素材を用いて作られたイヤーチップの装着フィーリングたるや・・・アメージング。

こんなにイヤーチップに優しさを覚えたのは、これが初めてですw

シットリ感満点の質感が肌にやさしく、さらに絶妙な柔らかさが成す柔軟性が耳穴にやさしくフィット。

付けては外して、また付けたは外して・・・そんな意味不明な行為を繰り返したくなるほど魅了するものが「StayHear Maxイヤーチップ」にはあります。

 

異常なほどの遮音性の高さは、さすが音にこだわるBOSE

イヤホンの遮音性の高さはサウンドクオリティの良し悪しに直結する重要事項。

それを承知のBOSEは、もちろん最高の遮音性を「QuietComfort Earbuds」に持たせています。

この遮音性の高さにBOSE自慢のアクティブノイズキャンセリング技術が合わさると、とんでもない性能のノイキャン性能が発揮されます。

これらの事実は無論、本機の至極のサウンドにも活きています。

装着感一つ取ってもこれほどの満足感を提供してくれるんですから、BOSE製品、サイコーです。

 

音質

ちょっと反則じゃない?

アクティブノイキャン搭載のライバル機Apple「AirPods Pro」を含めた他社製品すべてに同情してしまうほどの音質が実現しています。

このレベルを出されたら、一溜まりもないでしょうに・・・。BOSE容赦ないです。

 

音の解像度がモンスター

「これって有線のヘッドホンでしたっけ?」と思わせるほど、超ハイクオリティな音質を体験できます。

解像度が高いとか、粒立ちが良いとか、そういうレベルを突き抜けてますよ、コイツ。

初見のガンダムの性能の高さに驚愕するストーリー序盤のキャラクターたちの如く「コイツ、無敵か?」と思わせる音が、ここにあります。

このサウンドクオリティを完全ワイヤレスイヤホンで実現させてくるって、どんだけこだわってんだよ!!って話ですよ。凄すぎる。

 

最高の音場感、まるでシアター

BOSEの音の良さは周知のことだと思いますが、完全ワイヤレスイヤホンという土壌においてもBOSEはやってくれました。

低音の表現力がずば抜けちゃってて、もうお口アングリ状態なんですが、音の臨場感がメチャリアル。

もうこれは耳穴の中に自分だけのミュージックシアターですよ。

ん~・・・スゴイ。スゴイしか出てこないw

1~2万円クラスの他社製品の音場感表現が10段階で行われてるとしたら、BOSEのコイツは50段階くらいで表現してるんじゃないかと思うほどの雲泥感。

これ正直、比較するまでもないくらいの差がサウンドクオリティには付いてると思いますよ。

 

完全無欠の完全ワイヤレスイヤホンを求めるなら、絶対的にBOSE「QuietComfort Earbuds」一択だと思い知らされました。
チャンス

 

BOSE QuietComfort Earbudsレビュー|まとめ

【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン

「【BOSE QuietComfort Earbudsレビュー】業界の覇者BOSEのANC完全ワイヤレス!圧倒的なノイズキャンセリングを体感できる至極の完全ワイヤレスイヤホン」と題して、世界最高のノイズキャンセリング性能を体感できる唯一無二の完全ワイヤレスイヤホン、BOSE「QuietComfort Earbuds」について解説してきました。

 

最高の完全ワイヤレスイヤホンが欲しいならコレ一択!!

Apple「AirPods Pro」登場以来、ノイズキャンセリング性能の比較を複数の機種で行ってきましたが、それらを一蹴する圧倒的なノイキャン性能を「QuietComfort Earbuds」には見せつけられました。

ノイズキャンセリング技術の先駆者であるBOSEだからこそ実現させられた完全ワイヤレス版ノイキャン性能は、他社製品とは比べるまでも無く断トツナンバーワン。

ノイキャン性能を重視してTWSを選ぶなら、迷わず「QuietComfort Earbuds」で決まりでしょう。

 

サウンドも最高、装着感も最高、操作感も最高と、べた褒めせざるを得ない無双的バリューが込められた逸品。もう買い以外の何ものでもありません。

 

この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。
チャンス

 

CDを購入・レンタルして、お金と時間を無駄にしてませんか?

CDを買ったりレンタルしたりするのは割に合わないし、何より面倒臭い!

たった1枚のCDに2,000円も払うとか、経済的に痛すぎると思いませんか?

レンタルする場合も。店に行ったものの借りたいCDが全部借りられていて時間を無駄にしたり、借りられたとしても返却するために店頭に行かなきゃならないのはダルいですよね。

 

良心価格で手軽に利用できる音楽配信サービス

音楽配信サービスなら月額980円で数千万曲が聴き放題!

もちろん最新作もリリース当日に聴けちゃいます。

1枚2,000円も支払わなくていいし、わざわざお店に足を運ぶ手間もありません。

 

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

そして数ある音楽配信サービスの中で特におすすめなのが、業界最多の楽曲配信数・業界最安値・他社サービスに無い豊富な付加価値の三拍子が揃った「LINE MUSIC(ラインミュージック)です。

 

コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が提供する「ラインミュージック」は、LINEと強力な連携が行えるただ一つの音楽配信サービスになります。

 

【20年10月現在】「ラインミュージック」で聴けるアーティスト

20年10月現在、「ラインミュージック」で聴ける代表的な音楽アーティストをほんの一部ですが掲載してみました。

洋楽アーティストに関しては、ほとんど網羅されていると言ってよいので、下記は邦楽アーティストに限定して掲載しています。

 

楽曲聴き放題のアーティストの例示

  • 米津玄師
  • 安室奈美恵
  • [ALEXANDROS]
  • いきものがかり
  • 宇多田ヒカル
  • AKB48
  • Aimer
  • 欅坂46
  • コブクロ
  • サザンオールスターズ
  • スピッツ
  • TWICE
  • DREAMS COME TRUE
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 浜崎あゆみ
  • BUMP OF CHICKEN
  • 星野源
  • 中島みゆき
  • Mr.Children
  • ももいろクローバーZ
  • ゆず
  • L'Arc~en~Ciel
  • LiSA

 

音楽配信サービス全体で権利が解禁されていないジャニーズ系アーティストなどは流石に聴けませんが、これだけ押さえておきたいアーティストが数多く名を連ねているので、ラインナップに不満を感じることはありません。

最近はアーティスト側で音楽配信サービスへの意識が変化していて、続々と音楽配信サービスへの楽曲提供が発表されています。なので現状聴くことのできないアーティストが聴けるようになる日もそう遠くないでしょう!

 

「ラインミュージック」の特長

「ラインミュージック」が優れている点をまとめると、次のような感じです。

 

「ラインミュージック」の特長

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 業界最高峰6,500万曲の楽曲配信数(他社で聴ける曲はほとんど聴けます)
  • ビットレート320kbpsでハイクオリティな音質
  • 楽曲の歌詞が見れる「リリック表示機能」搭載
  • 人気アーティストに会えるかもしれないスペシャルイベント参加権アリ!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割料金・月額480円!!
  • もちろん月額料金は業界最安水準
  • 最大6人で利用できるファミリープランも業界最安(月額1,480円 / 年払いで月額1,166円)
  • 無料会員でもフル尺再生できる(国内サービスで唯一)
  • 無料トライアル期間は3か月間!

 

CDアルバムはたった1枚買うだけで2,000円も払わなければなりませんが、「ラインミュージック」は月額980円で6500万曲+今後リリースされる最新楽曲がすべて聴き放題!

比較するまでもなく、「ラインミュージック」の方がお得だと思いませんか?

 

無料会員でも利用価値がある高コスパな音楽配信サービスなので、まずは3か月間無料お試し利用してみて、「ラインミュージック」の良し悪しをチェックしてみましょう!

>>【無料登録】「LINE MUSIC(ラインミュージック)」をとりあえず3か月間だけ使ってみる

 

【完全無料】3か月間無料お試しキャンペーン実施中!!

LINE MUSIC(ラインミュージック):3か月間間無料トライアル期間が付いてくるキャンペーン実施中!!

【完全無料】3か月間無料トライアルキャンペーン

今なら初回登録で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間に渡って無料お試しできるキャンペーン実施中!!

いつ終わるか分からないキャンペーンなので、音楽配信サービスが気になっている方は、この機会をお見逃しなく!

>>無料で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間使ってみる

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

Amazonプライム会員の方なら「Amazon Music Unlimited」もおすすめ

Amazonプライム会員なら「Amazon Music Unlimited」が特別料金・月額650円で契約できますよ。

LINEとの連携機能や320kbpsのビットレートも非対応ですが、圧倒的な月額料金の安さは魅力的です。

>>無料で「Amazon Music Unlimited」を30日間使ってみる

 

【2020年】音楽配信サービスを徹底比較

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

CD1枚2,000円で買う時代が終わり、今や定額料金で好きな曲を好きなだけストリーミング再生で聴く「音楽配信サービス」の時代がやってきました。

そんな高コスパな音楽配信サービスは数多く存在していて、その良し悪しは非常に分かりにくくなっています。

 

そこで当サイトでは、サービスごとの特徴をまとめた比較記事を公開しています。

自分にとって最良の音楽配信サービスが知りたい方は、下記の記事をチェック!

関連リンク【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連リンク【Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-イヤホン
-,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ