【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン

イヤホン

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン

アクティブノイキャン搭載TWSのコスパはここまで来た!!

Apple「AirPods Pro」の登場を皮切りに、アクティブノイズキャンセリング機能が搭載された完全ワイヤレスイヤホン製品の投入が相次いでいます。

そんな中でいよいよ”本命”と言えるスペックを引っ下げて、大手メーカーのハイエンド機に迫る製品がTaoTronicsからリリースされました。

それがTaoTronics「SoundLiberty 94」です。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|製品の公式画像TaoTronics SoundLiberty 94

1万円を切る値ごろ感を維持しながら、満足度の高い製品に仕上がっている「SoundLiberty 94」の特徴は下記の通りです。

 

「SoundLiberty 94」の特徴

  • ハイブリッド方式採用のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載
  • 周囲の音を取り込める外音取り込みモードも搭載
  • PEEK+TPUの二層構造を採用した9.2mm大口径ドライバー
  • MCSync技術で安定したBluetooth接続を実現
  • イヤホン単体で最大8時間連続再生可能なバッテリー性能
  • IPX4の防水性能に対応

 

かなり死角の無いスペックを1万円未満に抑えてきた本機は、高コスパな製品を続々投入しているTaoTronicsの本気度が伝わってきますね。

今回ご紹介する「SoundLiberty 94」は、昨今投入された製品の中でも要チェックな完全ワイヤレスイヤホンです。

 

では早速、アクティブノイキャンやアンビエントモードなどの高機能を備え、大手メーカーのハイエンド機をも脅かすポテンシャルを秘めたTaoTronicsの意欲作「SoundLiberty 94」について詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

TaoTronics SoundLiberty 94レビュー|製品情報

まずはTaoTronics「SoundLiberty 94」のスペックについてザッと見てみましょう。

 

スペック

サイズ イヤホン(片耳):H25×W25×D20mm
充電ケース:H74×W43×D33mm
重量 イヤホン(片耳):約5g
充電ケース:約40g
充電用ポート Type-C
Bluetooth規格 Ver.5.1
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
ドライバー 9.2mmダイナミックドライバー
連続再生時間 約8時間
(+充電ケースで約32時間)
フル充電所要時間 イヤホン本体:約60分
充電ケース:約90分
アクティブノイキャン機能
対応コーデック SBC
AAC
防水性能 IPX4等級
※イヤホン本体のみ※
付属品
  • 充電ケース
  • イヤーチップ(3種類:S/M/L)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • スタートガイド
保証 最大30か月メーカー保証

 

android向けの高音質コーデックには非対応

実際の接続安定性や音の遅延などを体感した僕の印象としては、android端末もiPhoneと変わらぬ快適な無線接続環境が得られました。

そのためandroid端末向けの高音質コーデック「APT-X」に本機は対応していませんが、それほど気にすることは無いのかなぁと思います。

事実「MCSync技術」を採用したBluetooth接続を行っているので、音の遅延などはほとんど生じないと言っても過言ではありませんよ。

 

TaoTronics SoundLiberty 94レビュー|優れているポイント

ここでは特に「SoundLiberty 94」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|優れているポイント

フィードフォーワード方式・フィードバック方式の両方を取り入れたハイブリッド方式によるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しています。

最大35dBの騒音低減を実現させているので、周囲の気になる騒音・ノイズを打ち消して、集中できる環境を手軽に構築することができます。

 

外音取り込み機能も搭載

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|優れているポイント:外音取り込み機能も搭載

イヤホンを装着しながら周囲の音に耳を傾けることができる外音取り込み機能(アンビエントモード)も搭載しています。

状況に併せて外音取り込み機能をONにすることで、電車内のアナウンスを聞いたり人とコミュニケーションを取ったりすることができて何気に便利です。

 

9.2mm大口径ドライバーを採用

φ9.2mmの大口径ダイナミックドライバーを採用しているので、迫力の高音質が体感できます。

PEEK+TPUの二層構造を採用した複合振動板によって、音の歪みを最小限に留めると同時に音に深みやキレを与える点に特徴があります。

 

MCSync技術で安定した無線接続を実現

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|優れているポイント:MCSync技術で安定した無線接続を実現

Airoha社のMCSync技術を採用することで、音の遅延や音飛びを軽減させています。

この技術によって親機・子機の関係が廃されたことで余計なデータ伝送を行わずに済むことから、Bluetooth接続が安定し、同時に消費電力を抑えることにも成功しています。

 

必要十分なバッテリー容量

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|優れているポイント:必要十分なバッテリー容量

イヤホン単体で最大8時間の連続再生が可能なバッテリーを搭載しています。

これだけ高機能で8時間もバッテリーが持つのは、様々な技術の成せる業と言っていいでしょう。

なお充電ケースを併用することで最大32時間の連続再生が行えますよ。

 

IPX4防水規格に対応

「SoundLiberty 94」は、国際電気標準会議が定める防滴・防水性能を示す規格「IPX4」に対応しています。

完全防水には程遠いレベルではありますが、ちょっとした雨や汗には耐えうる防水性能なので、対応してくれていることの恩恵は間違いなくあります。

 

TaoTronics SoundLiberty 94レビュー|外観・付属品

外観

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観

昨今リリースされた機種とは一線を画す、独特のデザインを有した「SoundLiberty 94」。

素材はこれまでリリースされてきたものと変わらりませんが、デザイン性にリッチな印象を受けます。

ちょいゴツめな感じは、なかなか存在感醸し出してますよ。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:LEDライトはロゴが印字されている真横に搭載されています。

LEDライトはロゴが印字されている真横に搭載されています。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:このLEDがなかなかオシャレで、旧来型のただ「ピカッ・・・ピカッ・・・」と光るタイプではなく、「フワッ・・・フワッ・・・」とシーケンシャルなんです。

このLEDがなかなかオシャレで、旧来型のただ「ピカッ・・・ピカッ・・・」と光るタイプではなく、「フワッ・・・フワッ・・・」とシーケンシャルなんです。

この光り方、すごくリッチ感ありますよね。カッコイイです。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:見た感じに特筆すべき点はありませんが、実際に使用してみると背部の窪みがイヤホンを摘まみやすいので、イヤホン脱着の行いやすさに貢献していますよ。

ハウジング背部は、このような感じ。

見た感じに特筆すべき点はありませんが、実際に使用してみると背部の窪みがイヤホンを摘まみやすいので、イヤホン脱着の行いやすさに貢献しています。

こういう配慮を低価格で実現させてくるあたり、TaoTronic製品のコスパの高さを思い知らされますね。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:小さな点を突いてしまえば、左右を識別するマークの刻印がちょっと分かりにくいですね。 画像越しに見るとそうでもないんですが、肉眼で見ると上の画像よりも分かりにくいです。

小さな点を突いてしまえば、左右を識別するマークの刻印がちょっと分かりにくいですね。

画像越しに見るとそうでもないんですが、肉眼で見ると上の画像よりも分かりにくいです。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:充電ケースは、TaoTronics特有の雰囲気を継承したものになっています。

充電ケースは、TaoTronics特有の雰囲気を継承したものになっています。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:注目したいのは、ケースの周囲を走る光沢感のあるループ部分。 この部分はほんの少しだけ隆起していて指に軽く引っ掛かる感じで、前面の窪み加工と相まってかなり開けやすい印象です。 ちょっとしたことなんですが、手に取ってみるとその効果は一目瞭然! とても使いやすさを感じる充電ケースに仕上がっていると思います。

注目したいのは、ケースの周囲を走る光沢感のあるループ部分。

この部分はほんの少しだけ隆起していて指に軽く引っ掛かる感じで、前面の窪み加工と相まってかなり開けやすい印象です。

ちょっとしたことなんですが、手に取ってみるとその効果は一目瞭然!

とても使いやすさを感じる充電ケースに仕上がっていると思います。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:ケース前面には4点式LEDインジケーターが配されています。

ケース前面には4点式LEDインジケーターが配されています。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:背部にはUSB-C充電ポート。

背部にはUSB-C充電ポート。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|外観:ケース内部は、そつなくシンプルに作られていますね。

ケース内部は、そつなくシンプルに作られていますね。

 

付属品

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|付属品

SoundLiberty 94」の付属品は次の通りです。

 

付属品一覧

  • 充電ケース
  • イヤーチップ(3種類:S/M/L)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • スタートガイド

 

使っていて特に不足は感じません

「SoundLiberty 94」の付属品は充実しているわけではありませんが、不足している感じも受けません。

必要なものはしっかり同梱されているので、特に問題ないでしょう。

 

TaoTronics SoundLiberty 94レビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使った「SoundLiberty 94」のペアリング登録方法を解説します。

充電ケースに収められた製品の両側には絶縁テープが貼られているので、これを剥がして充電ケースに戻して一定時間充電させましょう。

 

ペアリング登録手順

  1. イヤホン本体を充電ケースから取り出す
  2. スマホの設定画面で「TAOTRONICS SoundLiberty 94」を選択する
  3. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|ペアリング方法(接続方法)

まずは充電されたイヤホン本体を充電ケースから取り出します。

するとイヤホン本体の電源が入って自動的にペアリングモードへ移行してくれます。

左右イヤホンのLEDインジケーターがホワイト・ブルーと交互に点滅しているのがペアリングモード中のサインです。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|ペアリング方法(接続方法)

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「TAOTRONICS SoundLiberty 94」と表示されるので選択しましょう。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|ペアリング方法(接続方法):「connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「TAOTRONICS SoundLiberty 94」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

「connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「TAOTRONICS SoundLiberty 94」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

片耳だけでも使えます!

TaoTronics「SoundLiberty 94」は片耳だけで使うことができます。

やり方は簡単で、ただ片側のイヤホン本体を取り出すだけ。途中で片方のイヤホンだけ使いたくなったら、使わない方のイヤホンをケースに仕舞うだけ。

また両耳で聴きたくなったらイヤホンを取り出して耳に装着するだけでOK。

音を途切れさせることなくシームレスにイヤホン側で自動切替してくれます。

まさに至れり尽くせりな使い心地ですね。

 

一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

ペアリング登録以後は、イヤホン本体が入った充電ケースのフタを開けるだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。

自動接続されるまで6~7秒ほどで接続されるので、実用シーンで接続のもたつきにストレスを感じることはないでしょう。

 

TaoTronics SoundLiberty 94レビュー|使ってみて感じたこと

操作感

SoundLiberty 94」のボタン操作は、下記の通りです。

 

ボタン操作

  • 音楽再生時
    • 右センサーを2回タップ:再生/一時停止
    • 右センサーを3回タップ:曲送り(次の曲へ)
    • 左センサーを3回タップ:曲戻し(前の曲へ)
    • 右センサーを1回タップ:音量を上げる
    • 左センサーを1回タップ:音量を下げる
  • 通話時
    • 左or右センサーを1回タップ:着信応答
    • 左or右センサーを2秒間長押し:通話終了
    • 左or右センサーを2秒間長押し(着信中):通話拒否
  • アクティブノイズキャンセリング機能
    • 左センサーを2秒間長押し:ANC機能のON/OFF
  • アンビエントモード
    • 左センサーを2回タップ:モード切り替え
  • 音声認識システム
    • 左or右ボタンを1秒以上長押し:Siriなどの音声認識システムを呼び出す

 

タッチセンサーの反応がかなり良好

もちろん慣れは必要ですが、かなり思い通りの操作が行える印象を受けました。

一般的なタッチセンサーは、特定の部分をタップしなければ反応しないものですが、本機のタッチセンサーはまるでハウジング前面全体がセンサーになっているような感覚でタッチすることができます。

センサー部分をタップするというより、ハウジング全体をポンポンと押すようなイメージに近いですね。

これだけ抵抗感なく使用できるセンサーは、かなりレアですよ。

 

イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法

知る人ぞ知る方法ですが、念のためイヤホン本体のバッテリー残量の便利な確認方法について、iPhoneを例にご紹介しておきたいと思います。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと※クリックで拡大表示※

まず「SoundLiberty 94」をiPhoneに接続させましょう。

接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:するとウィジェットの編集画面に切り替わるので、画面左上にある「+」マークをタップしましょう。※クリックで拡大表示※

するとウィジェットの編集画面に切り替わるので、画面左上にある「+」マークをタップしましょう。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目をタップします。※クリックで拡大表示※

ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目をタップします。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:「バッテリー」ウィジェットの表示形式が選べるので、適宜選択して「+ウィジェットを追加」をタップしましょう。※クリックで拡大表示※

「バッテリー」ウィジェットの表示形式が選べるので、適宜選択して「+ウィジェットを追加」をタップしましょう。

 

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:これでウィジェット画面に「バッテリー」という項目が追加されて、「TAOTRONICS SoundLiberty 94」のバッテリー残量が表示されます。※クリックで拡大表示※

これでウィジェット画面に「バッテリー」という項目が追加されて、「TAOTRONICS SoundLiberty 94」のバッテリー残量が表示されます。

イヤホン本体のバッテリー残量を確認するなら、このウィジェット表示が一番分かりやすいのでおすすめですよ。

 

装着感

ノイズキャンセリング機能を搭載するのであれば、密閉性を高めることが必須条件になりますが、やはり一定の装着感を実現させてきています。

ハウジングから伸びるノズルの取り付け角度やイヤーピース、ハウジング背部の形状など様々な要素が相まって、適度な密閉性が得られます。

またソフトに耳穴にグリップする感じなので、長時間の使用にもストレスを感じにくいのがいいですね。

 

音質

率直に感じたのは、音全体のバランスの良好さです。

 

全体的な音のバランスが良い

低音から高音にかけて、全体的に落ち着きを感じさせる安定したサウンドを体感することができます。

それだけに聴きやすい音なので、あらゆる音楽ジャンルに適していると思います。

悪く言えば個性が無いのかもしれませんが、バランス重視のサウンド品質を好む方にとっては、かなり魅力的な音質ですよ。

 

音の粒立ちの良さも際立ちます

音そのものもとてもクリアで芯のある印象を受けます。

粒立ちがとても良好で、このサウンドクオリティが音域全体のバランスの良さに寄与しているのは言うまでもありませんね。

また空気感の描写力にも優れていて、音が遠くの方に向かって消失していく感覚は素晴らしいです。

 

ノイズキャンセリング性能

本機に搭載されたアクティブノイズキャンセリング機能は、なかなか精度が高い印象でかなり実用的だと感じました。

印象的には周囲のノイズが三分の一程度に抑えられるかなぁといった感じでしょうか。

公式情報によれば35dBまでのノイズ低減効果があるということですが、確かに周囲のノイズはかなり除去できますよ。

 

さすがにハイエンド機のノイキャン性能には劣る

ただし本機のノイキャン性能は、Apple「AirPods Pro」と比較すると荒削り感は否めません。

「AirPods Pro」ほど自然な形で音を打ち消せていないですし、「AirPods Pro」ほど自然な着け心地でもありません。

 

とはいえアクティブノイキャン機能とアンビエントモードの切り替えスピードはかなり速く、「AirPods Pro」にも劣りません。

正直モード切り替えにおいてはSONY「WF-1000XM3」を優に凌駕しています。

(ソニーはモード切り替えのとき、アナウンスを流して時間稼ぎしてるのが見え見えなんですよね)

 

ノイキャン性能の総合評価としては、1万円弱でこれだけのノイズキャンセリング機能が得られると考えれば万々歳でしょう。

価格以上の価値があることは間違いありません。

 

TaoTronics SoundLiberty 94レビュー|まとめ

【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン

「【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】ノイズキャンセリング機能搭載!外音取り込み機能・MCSync技術の安定無線接続も秀逸な高コスパBluetoothイヤホン」と題して、1万円弱で実用性十分なアクティブノイズキャンセリング機能を享受できるハイスペック完全ワイヤレスイヤホン、TaoTronics「SoundLiberty 94」についてご紹介してきました。

 

高コスパ・アクティブノイキャン搭載TWSの決定版!!

「SoundLiberty 94」は、1万円弱の価格設定で得られるANC機能としては極上と言っても良いクオリティを有していると断言して間違いありません。

さらにイヤホンを取り外さずに周囲の音に耳を傾けられるアンビエントモードを搭載し、9.2mm大口径ドライバー・MCSync技術による安定したBluetooth接続・必要十分なバッテリー性能などなど、価格不相応なハイスペックぶりを発揮しているのは、ユーザーとしては”ありがたい”以外に言葉が見つかりません。

防水性能にやや不満はありますが、それでも十二分にお釣りが来る完全ワイヤレスイヤホンなので、ご興味を抱いた方はぜひ一度製品を手に取ってみてほしいと思います。

 

この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。
チャンス

 

CDを購入・レンタルして、お金と時間を無駄にしてませんか?

CDを買ったりレンタルしたりするのは割に合わないし、何より面倒臭い!

たった1枚のCDに2,000円も払うとか、経済的に痛すぎると思いませんか?

レンタルする場合も。店に行ったものの借りたいCDが全部借りられていて時間を無駄にしたり、借りられたとしても返却するために店頭に行かなきゃならないのはダルいですよね。

 

良心価格で手軽に利用できる音楽配信サービス

音楽配信サービスなら月額980円で数千万曲が聴き放題!

もちろん最新作もリリース当日に聴けちゃいます。

1枚2,000円も支払わなくていいし、わざわざお店に足を運ぶ手間もありません。

 

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

そして数ある音楽配信サービスの中で特におすすめなのが、業界最多の楽曲配信数・業界最安値・他社サービスに無い豊富な付加価値の三拍子が揃った「LINE MUSIC(ラインミュージック)です。

 

コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が提供する「ラインミュージック」は、LINEと強力な連携が行えるただ一つの音楽配信サービスになります。

 

【20年10月現在】「ラインミュージック」で聴けるアーティスト

20年10月現在、「ラインミュージック」で聴ける代表的な音楽アーティストをほんの一部ですが掲載してみました。

洋楽アーティストに関しては、ほとんど網羅されていると言ってよいので、下記は邦楽アーティストに限定して掲載しています。

 

楽曲聴き放題のアーティストの例示

  • 米津玄師
  • 安室奈美恵
  • [ALEXANDROS]
  • いきものがかり
  • 宇多田ヒカル
  • AKB48
  • Aimer
  • 欅坂46
  • コブクロ
  • サザンオールスターズ
  • スピッツ
  • TWICE
  • DREAMS COME TRUE
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 浜崎あゆみ
  • BUMP OF CHICKEN
  • 星野源
  • 中島みゆき
  • Mr.Children
  • ももいろクローバーZ
  • ゆず
  • L'Arc~en~Ciel
  • LiSA

 

音楽配信サービス全体で権利が解禁されていないジャニーズ系アーティストなどは流石に聴けませんが、これだけ押さえておきたいアーティストが数多く名を連ねているので、ラインナップに不満を感じることはありません。

最近はアーティスト側で音楽配信サービスへの意識が変化していて、続々と音楽配信サービスへの楽曲提供が発表されています。なので現状聴くことのできないアーティストが聴けるようになる日もそう遠くないでしょう!

 

「ラインミュージック」の特長

「ラインミュージック」が優れている点をまとめると、次のような感じです。

 

「ラインミュージック」の特長

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 業界最高峰6,500万曲の楽曲配信数(他社で聴ける曲はほとんど聴けます)
  • ビットレート320kbpsでハイクオリティな音質
  • 楽曲の歌詞が見れる「リリック表示機能」搭載
  • 人気アーティストに会えるかもしれないスペシャルイベント参加権アリ!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割料金・月額480円!!
  • もちろん月額料金は業界最安水準
  • 最大6人で利用できるファミリープランも業界最安(月額1,480円 / 年払いで月額1,166円)
  • 無料会員でもフル尺再生できる(国内サービスで唯一)
  • 無料トライアル期間は3か月間!

 

CDアルバムはたった1枚買うだけで2,000円も払わなければなりませんが、「ラインミュージック」は月額980円で6500万曲+今後リリースされる最新楽曲がすべて聴き放題!

比較するまでもなく、「ラインミュージック」の方がお得だと思いませんか?

 

無料会員でも利用価値がある高コスパな音楽配信サービスなので、まずは3か月間無料お試し利用してみて、「ラインミュージック」の良し悪しをチェックしてみましょう!

>>【無料登録】「LINE MUSIC(ラインミュージック)」をとりあえず3か月間だけ使ってみる

 

【完全無料】3か月間無料お試しキャンペーン実施中!!

LINE MUSIC(ラインミュージック):3か月間間無料トライアル期間が付いてくるキャンペーン実施中!!

【完全無料】3か月間無料トライアルキャンペーン

今なら初回登録で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間に渡って無料お試しできるキャンペーン実施中!!

いつ終わるか分からないキャンペーンなので、音楽配信サービスが気になっている方は、この機会をお見逃しなく!

>>無料で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間使ってみる

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

Amazonプライム会員の方なら「Amazon Music Unlimited」もおすすめ

Amazonプライム会員なら「Amazon Music Unlimited」が特別料金・月額650円で契約できますよ。

LINEとの連携機能や320kbpsのビットレートも非対応ですが、圧倒的な月額料金の安さは魅力的です。

>>無料で「Amazon Music Unlimited」を30日間使ってみる

 

【2020年】音楽配信サービスを徹底比較

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

CD1枚2,000円で買う時代が終わり、今や定額料金で好きな曲を好きなだけストリーミング再生で聴く「音楽配信サービス」の時代がやってきました。

そんな高コスパな音楽配信サービスは数多く存在していて、その良し悪しは非常に分かりにくくなっています。

 

そこで当サイトでは、サービスごとの特徴をまとめた比較記事を公開しています。

自分にとって最良の音楽配信サービスが知りたい方は、下記の記事をチェック!

関連リンク【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連リンク【Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-イヤホン
-,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ