【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

音楽生活がアガる定額音楽配信サービスのレビュー・比較記事

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

更新日:

2019年6月6日 情報更新しました。

  • 音楽の定額配信サービス(ストリーミングサービス)が気になってる!
  • だけど、サービスの種類がありすぎだし、違いが分かりにくい!
  • 洋楽っていうより、邦楽とかアニソンが聴きたい
  • 詰まるところ、どのサービスを選んだらいいの?
  • 音楽ストリーミングサービスを特徴ごとに解説してほしい

上記のような悩みに応える記事になります。

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

音楽の定額配信サービス、俗にいう音楽ストリーミングサービスは「Spotify」の登場以来、徐々に広まりを見せ、今ではメインストリームになりつつあります。

かく言う僕はつい最近、やっと音楽ストリーミングサービスを使い始めた身で完全後発組ですが、使ってみたらメチャクチャ利便性高くて驚きました。思い立った時に思いついた曲が聴けたり、月額料金だけで買ってもいない楽曲が聴き放題だったりと、これは確実にミュージックライフが豊かになりますよ。

「音楽ストリーミングサービスで得られる音楽の感動体験を多くの方にも実感してもらいたい!」

こんな想いから、今回は群雄割拠の様相を呈している音楽ストリーミングサービスを特徴別にまとめてみました。

それぞれに独自の優位性を持つサービスばかりなので、きっとあなたにとって最良の音楽ストリーミングサービスが見つかること請け合いです。

音楽ストリーミングサービスの選び方

結論から言ってしまうと、自分に最も合った音楽ストリーミングサービスの選び方は、とにかくまずは登録して使ってみることに尽きます。

実は(ほぼ)すべての音楽ストリーミングサービスでは、最低でも1か月間の無料お試しキャンペーンを行っているので、懐を傷めることなくサービスの使い勝手を体験できるんですよ。

そんなわけなので、まずは下記の情報をザッと読んで自身のニーズに適いそうなサービスを見極めましょう。そしたら速攻でアプリをダウンロード→無料トライアル開始の流れで探してみましょう。もちろん同時に複数のサービスを試すのもありですよ。

 

音楽ストリーミングサービス選定時の注目ポイント

音楽ストリーミングサービスの良し悪しを見分けるには、次の項目に注目しましょう。

音楽ジャンル別の楽曲数の豊富さ

実はサービス全体の楽曲数自体はそれほど参考になりません。やれ6,000万曲だ5,000万曲だと競い合っているところがありますが、よほどコアな音楽を好まない限りどちらを選んでも変わりありません。

むしろ音楽ストリーミングサービスを選ぶうえで最も大切なのは、音楽ジャンルごとの充実度です。

邦楽が聴きたいのに洋楽のラインナップに力を入れているサービスを契約しても、ちっとも幸せになれませんよね?

何よりもご自身の趣向に合った楽曲数が豊富なサービスを選びましょう。

 

オフライン再生機能があること

音楽ストリーミングサービスのオフライン再生機能は通信料をかけずに聴けるので重宝する機能です。

音楽ストリーミングサービスは、ネットワーク回線につながってはじめて音楽を聴くことができます。

でもオフライン再生機能があれば、お気に入りの楽曲データをスマホにダウンロードできるので、通信回線につながっていないオフライン環境でも音楽を聴くことができます。

自宅や職場などの無料で使えるWi-Fi環境下であらかじめダウンロードしておけば、通信量を消費せずに済むのでマストな機能といえるでしょう。

 

サービスの無料トライアル期間がある

実際のところ、いくら条件に合致していたからといって使い勝手が良いかは別問題。だから無料で少なくとも1か月間のトライアル期間を設けているサービスを優先的に選ぶとよいでしょう。

無駄な経済的負担を負わずに最適なストリーミングサービスを選別できるので、無料トライアルはおすすめですよ。

ちなみに今回ご紹介するサービスはすべてお試し期間が最低1か月間付いているので、その意味ではどれを選んでもOKです。

 

ビットレートは高い方が幸せ

ビットレートとは単位時間あたりの転送または処理されるビット数のことですが、要するにビットレート数が高いほど高音質ということですね。

イヤホンやヘッドホンで聴くと音質に誤魔化しが通用しなくなります。僕は音楽ストリーミングサービスの契約を機にビットレートの違いに驚いた一人ですが、現在主流のビットレート256kbpsと320kbpsは明らかに後者の方が音の情報量・奥行き感などが違います。もし音質にある程度こだわりたいならビットレートの高いサービスを選ぶと良いでしょう。

 

音楽ストリーミングサービスのメリット・デメリット

契約前に音楽ストリーミングサービスのメリット・デメリットについて把握しておくと後悔せずに済むので、ぜひザッと目を通しておくとよいでしょう。

 

メリット

いつでもどこでも好きな曲を好きなだけ聴ける

「しまった・・・あのアーティストの曲をスマホに入れるの忘れてた・・・」こんな経験ありませんか?

音楽ストリーミングサービスは、サービス内にある楽曲ならいつでもどこでも再生できちゃいます。スマホに入ってる・入ってないとか関係ありません。

購入してない曲も聴き放題なので、ちょっと得した気分になりますよ。ホント画期的!

”ストリーミングサービスあるある”ですが、「懐かしいあの曲、聴きたいなぁ」という突発的な要望も叶えてくれるからイイですよね。自分の聴く音楽の幅に厚みが生まれた気がしますよ。

スマホのデータ容量を圧迫せずに済む

インスタ全盛の昨今、写真をたくさん撮ると自ずとスマホのストレージが圧迫されるんですよね。それで泣く泣く画像を削除したりして・・・面倒です。

音楽データの容量も案外バカにならないので、音楽ストリーミングサービスのメリットを活かしてスマホのデータ容量を節約しちゃいましょう。

これ、かなり熱いメリットだと思いますよ。

持っていないアーティストの楽曲が聴ける

先ほども言及しましたが、購入したことのないアーティストの曲が聴けるって素晴らしいと思いませんか?

定額聴き放題だから、今まで聴いたことがなかったアーティストの曲を「ちょっと聴いてみようかな」と興味本位で丸々聴けちゃう機会って新しい音楽体験です。手のひらでこれが起こっちゃうんだから新時代ですよね。

未開の楽曲にアプローチしようという心理的ハードルが低くなるので、自分の音楽世界が広がっていくのを如実に感じます。ミュージックライフをより豊かにするなら最高のメリットだと思います。

歌詞を即チェックできる

音楽ストリーミングサービスでは、楽曲ごとの歌詞をいつでも見ることができます。

曲により浸かるためには歌詞を知ることもまた一手ですから、これは地味に嬉しいメリットでしょう。

 

デメリット

権利のないアーティストの楽曲は一切聴けない

これが音楽ストリーミングサービス最大の難点だと思います。

サービスが権利を持っていないアーティストに関しては、一切配信ができないので聴くことができません。

これは邦楽に顕著なんですが、例えば平成の歌姫・安室奈美恵の楽曲は「dヒッツ」でしか聴けません。

洋楽はそういったことが99%無いように感じていますが、邦楽は各々バラバラ。ユーザーにとっては残念でならないポイントです。

毎月一定額を支払わなければならない

定額の配信サービスなので毎月一定額を支払わなければなりません。

とはいえ月々1,000円弱なので、日常的に音楽を聴いている方にとって損することは考えにくいですが。

仮に1年を通じてほとんどアルバムを購入することがなく、音楽鑑賞はもっぱら既に音源を持っているアーティストの曲ばかりという方にとっては縁遠いサービスかもしれません。

ストリーミング再生には通信量が伴う

音楽ストリーミングサービスを使う際に最も気を付けてほしい部分になりますが、ストリーミング再生は通信量を消費します。ビットレート256kbpsを前提にすると1時間で約100MB、毎日1時間ストリーミング再生すると月3GBほど消費する計算に。軽視できる通信量じゃないですよね。

格安SIMはもちろん大手キャリアでも通信量は無制限というわけではないので、通信の乱用は通信速度制限にかかってしまい危険です。そのため日々確実に聴く楽曲に関しては、通信量を消費せずに済む自宅や職場でダウンロードしておくことをおすすめします。

オフライン再生機能をストリーミングサービスの選定条件にしているのは、このためですね。音楽のヘビーリスナーにオフライン再生機能は必須です!

YouTubeで音楽が聴き放題だから、音楽ストリーミングサービスに興味がないという方がいますが、通信量を考えると賢明ではないかもしれません。

YouTubeはあくまで動画なので音楽データよりも通信量を要し、最低画質(144p)でも1時間で約120MB、毎日1時間視聴すると月3.6GBに相当します。

これが標準画質と呼ばれる360pになると月9.7GB。もはや大容量データ通信プランの30%を超える容量を消費することになるので注意しましょう。

 

ストリーミング再生し放題になる低速通信切り替え機能のある格安SIMサービスを使って、通信量フリー&ストレスフリーで音楽を聴く方法もあります。

通信量にお金を支払わずに音楽聴き放題が可能な格安SIMサービスの特集を別記事で公開中なので、気になる方は下記へ!

関連記事
【音楽ストリーミングし放題】通信速度の切替機能がある格安SIMサービス比較厳選|低速通信デメリットを逆手に取って通信量フリー化
【音楽ストリーミングし放題】通信速度の切替機能がある格安SIMサービス比較厳選|低速通信デメリットを逆手に取って通信量フリー化

現在、音楽ストリーミングサービスを契約しようと検討中 ただストリーミング再生で通信量が増えてしまうことが心配・・・ なるべく音楽ストリーミングにデータ通信量をかけたくない 通信量カウントフリー(使い放 ...

続きを見る

 

おすすめの音楽ストリーミングサービス

ここからはそれぞれに独自の優位性を持つ、おすすめ音楽ストリーミングサービスをご紹介していきます。

  • Amazon Music Unlimited
    幅広い層の方におすすめ。Amazonプライム会員なら迷わずチョイス!
  • Apple Music
    持っている音源とストリーミングサービスの音源を、一つのアプリで一括管理したい方におすすめ。
  • LINE MUSIC
    LINE連携に魅力を感じる方と学生におすすめ。
  • dヒッツ
    J-POP(邦楽)の豊富さで選びたい方におすすめ。
  • KKBOX
    K-POPなどのアジア系音楽の豊富さで選びたい方におすすめ。
  • ANiUTa
    アニソンやゲームソングなどのジャンルに特化して聴きたい方におすすめ。
  • Spotify
    シャッフル再生だけで十分という方、J-POP(邦楽)を特に重視していない方におすすめ。

Amazon Music Unlimited

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

幅広い層の方々に一番おすすめしたいのが「Amazon Music Unlimited」です。下記がその理由になります。

 

サービスの強み

  • 6,500万曲の楽曲数は業界最多!
  • Amazonプライム会員なら迷わず即決!な割安さ
  • ファミリープランも業界最安値で利用できる
  • 独自サービス「Side by Side」が面白い
  • アレクサ(Amazon Echo)との連携機能も可能
  • プライム会員なら無料で使えるPrime Music
月額料金 通常 月額980円
ファミリー
(年額はプライム会員限定)
月額1,480円
(年額14,800円)
学生 提供なし
Amazonプライム会員 月額780円
(年額7,800円)
楽曲数 6,500万曲以上
ビットレート 最大256kbps
オフライン再生機能
無料トライアル期間 1か月間

 

音楽ストリーミングサービスの相場は月額980円ほどで、これは非Amazonプライム会員であれば「Amazon Music Unlimited」でも同様です。ただしAmazonプライム会員は月額780円と他社に比べて200円も割安年額払いなら業界最安の1か月あたり650円!6アカウント分が付与されるファミリープランも年額払いなら業界最安なのも、家族ぐるみで利用する方にとっては見逃せないポイント。既にAmazonプライム会員なら迷わず「Amazon Music Unlimited」にしてもよいと思います。1か月間の無料トライアル期間が用意されているので、いずれにしてもとりあえず利用してみる価値はありますよ。

また「Amazon Music Unlimited」では、アーティストが自身の楽曲について語るプレイリスト「Side by Side」という独自サービスがあります。他では聞けない楽曲の裏話などがアーティストの口から聞けたりするので、なかなか面白いですよ。多くのアーティストが参加しているので、無料トライアルを試された暁には、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazon Music Unlimited|Amazon.co.jp

「Amazon Music Unlimited」公式サイトへ

 

ちなみにAmazonでは「Amazon Prime Music」というプライム会員向けのサービスも提供しています。これは2018年時点で最も利用者数が多い音楽ストリーミングサービスで、Amazonプライム会員の無料特典として利用できるものです。楽曲数は100万曲と「Amazon Music Unlimited」などの有料サービスには遥かに劣るラインナップですが、これくらいの曲数で満足する方もいるようです。

Amazonプライム会員に登録すれば即日利用できるようになるので、気になる方は「Amazonプライム会員の特典一覧」をチェックしてみてくださいね。

Amazonプライム会員の特典一覧|Amazon.co.jp

 

Amazon Music Unlimitedの個別記事も公開しているので、より詳しく知りたい方はチェックしてみてくださいね。

関連記事
【最強の音楽ストリーミングはAmazon】楽曲数・安さで比較すれば断トツおすすめの音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」
【最強の音楽ストリーミングはAmazon】楽曲数・安さで比較すれば断トツおすすめの音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

本記事の想定読者 音楽の定額配信サービス(ストリーミングサービス)が気になっている。 数あるストリーミングサービスの中で最強は? 楽曲数は豊富なことに越したことはない 月額料金はできるだけ安い方がいい ...

続きを見る

 

Apple Music

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Apple Music」

続いては、iPhoneでお馴染みのアップルが提供する音楽ストリーミングサービス「Apple Music」です。

 

サービスの強み

  • iPhoneと相性抜群
  • AIが好みの曲を選曲してくれる「For You」機能が秀逸
  • 無料トライアル期間が3か月間もある!
  • 学割料金があるから学生におすすめ(大学生・専門学生のみ)
月額料金 通常 月額980円
ファミリー 月額1,480円
学生
※対象:大学生・専門学生※
月額480円
楽曲数 5,000万曲以上
ビットレート 最大256kbps
オフライン再生機能
無料トライアル期間 3か月間

 

「Apple Music」最大の特徴は、専用アプリを必要としないこと。つまり「ミュージック」アプリを介してストリーミングサービスを使えるので、既存のiTunes経由で同期した音楽と一緒に管理できます。実際のところ一つの音楽ストリーミングサービスで音楽的欲求がすべて満たされることは稀で、どうしてもいくつかのアーティストの楽曲が聴けません。そんな時に「ミュージック」アプリでの一括管理が真価を発揮するので、これは他社との大きな差別化ポイントになりますよ。二つのアプリを行ったり来たりするのは面倒過ぎます。既存のラインナップを音楽ストリーミングサービスの楽曲で補強したい方には最適なスタイルのサービスだと思いますね。

「For You」というAIがあなた好みの音楽を選りすぐって紹介してくれる機能も、日ごろ聴いている楽曲を参考に分析してくれているので精度が良くなかなか面白いです。音楽とのセレンディピティを求める方には、かなりおすすめ!

学割で月額料金が半額になるのはありがたいところですが、「Apple Music」の場合は対象が大学生・専門学生と狭いのが難点ですね。

Apple Music|Apple

「Apple Music」公式サイトへ

 

LINE MUSIC

おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

次の音楽ストリーミングサービスは、SNSとして知らぬ人はいないLINEが提供している「LINE MUSIC」です。

 

サービスの強み

  • LINEと連携できる唯一の音楽ストリーミングサービス
  • 無料トライアル期間が3か月間もある!
  • 学割の対象範囲が最も広いから良心的!
月額料金 通常 月額960円
学生
※対象:中学生~※
月額480円
楽曲数 5,200万曲以上
ビットレート 最大320kbps
オフライン再生機能
無料トライアル期間 3か月間

 

「LINE MUSIC」最大の特徴はSNSサービスとの連携機能にあります。「LINE着うた」で無料通話の際の着信音に設定できたり、LINEの「プロフィール」や「トーク画面」にBGMとして楽曲を設定できるなど、SNSならではの面白いサービスが特徴ですね。友人・知人と音楽の楽しさをシェアしたい方には打ってつけ!

学割も提供されています。こちらは「Apple Music」と違って中学生以上が学割対象で広くカバーされているのが嬉しいポイント。

また後発組にもかかわらず5,000万曲以上の楽曲数を誇っているのは、さすが天下のLINEといったところでしょうか。

LINE MUSIC|LINE MUSIC公式サイト

「LINE MUSIC」公式サイトへ

 

dヒッツ

おすすめ音楽ストリーミングサービス「dヒッツ」

続いてご紹介するのは、圧倒的なJ-POP(邦楽)アーティスト数を誇る音楽ストリーミングサービス「dヒッツ」です。

 

サービスの強み

  • J-POP(邦楽)の楽曲数は業界で断トツ!
  • 学生問わず、月額料金が割安な500円
月額料金 月額500円
楽曲数 約500万曲
ビットレート 最大320kbps
オフライン再生機能
無料トライアル期間 1か月間

 

「dヒッツ」の魅力はJ-POP(邦楽)アーティストのラインナップの豊富さです。他社では聴けないアーティストが数多く提供されているのが特徴ですよ。例えば「安室奈美恵」「サザンオールスターズ」「コブクロ」「平井堅」「Perfume」「レミオロメン」「星野源」などは「dヒッツ」でしか聴けません。楽曲数自体は少ないですが、流行のJ-POP(邦楽)を中心に聴きたい方には断然オススメです!

サービスの難点としては、楽曲ごとに聴けないことが挙げられます。プレイリスト単位でしか再生できないんですね、不便です。楽曲ごとにお気に入り登録してオフライン再生できる「myヒッツ」機能はありますが、これも上限月10曲と謎の制約が課せられています。この点が何とも不便でなりませんが、J-POP(邦楽)が好きでシャッフル再生で流し聴きできればOKという方にはおすすめです。

dヒッツ 初回31日間無料トライアル実施中|dヒッツ

「dヒッツ」公式サイトへ

 

KKBOX

おすすめ音楽ストリーミングサービス「KKBOX」

続いては、台湾発のサービスで現在はauの子会社が提供している音楽ストリーミングサービス「KKBOX」です。

 

サービスの強み

  • K-POPなどのアジア系楽曲数ナンバーワン!
  • 海外のライブが楽しめる「KKBOX LIVE」が人気
  • イコライザー付き音質調整機能で音質を自由自在に変えられる
月額料金 月額980円
楽曲数 4,000万曲以上
ビットレート 最大320kbps
オフライン再生機能
無料トライアル期間 1か月間

 

台湾・香港・東南アジアでもサービス展開されていることもあって、アジアンミュージックの楽曲数がかなり豊富です。アジア系アーティスト数も最多!今流行りのK-POPを中心にアジア系アーティストの楽曲を中心に聴きたい方には唯一無二の音楽ストリーミングサービスといえます。もちろん流行の邦楽・洋楽などもしっかりフォローされています。

「KKBOX」のもう一つの特徴がイコライザー機能が付いた音質調整機能です。音質は128kbpsまたは320kbpsにセッティング可能で、サウンドエフェクトは多くのプリセットから選択できます。さらに音響設定の変更も可能で音の奥行や響きなどを調整できます。ここまで細かくエフェクトをかけられる音楽ストリーミングサービスは稀です。

また「KKBOXライブ」というサービスが人気で、アジア系アーティストを中心にライブ中継がリアルタイムで視聴できたり、過去のライブ映像が楽しめますよ。

KKBOXを無料で1か月間体験|KKBOX公式サイト

「KKBOX」公式サイトへ

 

ANiUTa

おすすめ音楽ストリーミングサービス「ANiUTa」

アニソンにとことん特化した音楽ストリーミングサービスが「ANiUTa」です。

 

サービスの強み

  • アニソン楽曲数最多!
  • ANiUTaだけの専門ラジオや独占配信曲も豊富!
月額料金 月額600円
楽曲数 8万曲以上
ビットレート 最大320kbps
オフライン再生機能 ×
無料トライアル期間 1か月間

 

アニソン(アニメソング)、ゲームソング、ボカロ曲、特撮ソングなどが豊富に揃うのが「ANiUTa」最大の特徴です。楽曲数が少ないのは徹底してアニソンというジャンルに的を絞っているから。「純度100%アニソン専門店」と謳っているだけあって、この手のジャンルにおいて右に出るサービスは他にありません。アニソンなどに特化して聴きたい方には、最良の音楽ストリーミングサービスです。

ANiUTa|ANiUTa公式サイト

「ANiUTa」公式サイトへ

 

Spotify

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Spotify」

最後にご紹介するのは音楽ストリーミングサービスのパイオニア「Spotify」です。

サービスの強み

  • シャッフル再生だけなら無料でも使える
月額料金 通常 月額980円
ファミリー 月額1,480円
学生
※対象:大学生・専門学生※
月額480円
楽曲数 4,000万曲以上
ビットレート 最大320kbps
オフライン再生機能
無料トライアル期間 1か月間

 

音楽ストリーミングサービスのパイオニアとして知られる「Spotify」は、音楽ストリーミングサービスを語るうえでは欠かせない存在ではありますが、定額音楽配信サービス勃興期の今では特徴が今一つ見えなくなってしまいました。楽曲数も他社に特別秀でているわけではありませんし、機能も他社と変わり映えしません。

その一方で気になるのはJ-POP(邦楽)のラインナップ数の少なさです。極端に「Spotify」だけ聴くことのできない邦楽アーティストが多く、例えば「いきものがかり」「清水翔太」「西野カナ」などのビッグタイトルが大手音楽ストリーミングサービスとしては唯一配信されていません。他にも抜けが多くあることを考えると、あえてお金を払ってまでチョイスする理由の少ないサービスといえます。特にJ-POP(邦楽)が聴きたい方は他のサービスを検討した方が賢明です。

とはいえ、シャッフル再生であれば無料で使うことができるので、流し聴きできればOKという方なら最適なサービスかもしれません。

Spotifyで1か月無料トライアル|Spotify公式サイト

「Spotify」公式サイトへ

 

おすすめの音楽ストリーミングサービス|まとめ

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

「【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別」と題して、おすすめの音楽ストリーミングサービスを特徴ごとに分けてご紹介しました。

 

音楽ストリーミングサービスでミュージックライフを華やかに!

ここで改めてザックリとおすすめ音楽ストリーミングサービスをまとめておきましょう。

  • Amazon Music Unlimited
    幅広い層の方におすすめ。Amazonプライム会員なら迷わずチョイス!
  • Apple Music
    持っている音源とストリーミングサービスの音源を、一つのアプリで一括管理したい方におすすめ。
  • LINE MUSIC
    LINE連携に魅力を感じる方と学生におすすめ。
  • dヒッツ
    J-POP(邦楽)の豊富さで選びたい方におすすめ。
  • KKBOX
    K-POPなどのアジア系音楽の豊富さで選びたい方におすすめ。
  • ANiUTa
    アニソンやゲームソングなどのジャンルに特化して聴きたい方におすすめ。
  • Spotify
    シャッフル再生だけで十分という方、J-POP(邦楽)を特に重視していない方におすすめ。

音楽ストリーミングサービスは、音楽好きの私生活をより一層華やかなものにしてくれる魅力あふれるサービスです。

今後さらなるサービス内容の向上も見込める音楽ストリーミングサービスの発展も楽しみなところ。

いずれのサービスも無料トライアル期間があるので、ぜひこの機会に一度、音楽ストリーミングサービスを試してみましょう!きっと新しい音楽体験に感動の念を抱くはず・・・!

 

音楽ストリーミングが使い放題になる格安SIMサービスを選ぶともっと幸せに!

音楽ストリーミングサービスは、一部の格安SIMサービスが提供している低速通信サービスで十分聴けるのをご存知でしょうか。

低速通信サービスはストリーミングのデータ通信量をデータ消費量としてカウントしないので、何時間聴いてもデータ通信料がかからないんですよ。

音楽ストリーミングサービスに適した格安SIMサービスについて詳しく知りたい方は、下記の特集記事をチェック!!

関連記事
【音楽ストリーミングし放題】通信速度の切替機能がある格安SIMサービス比較厳選|低速通信デメリットを逆手に取って通信量フリー化
【音楽ストリーミングし放題】通信速度の切替機能がある格安SIMサービス比較厳選|低速通信デメリットを逆手に取って通信量フリー化

現在、音楽ストリーミングサービスを契約しようと検討中 ただストリーミング再生で通信量が増えてしまうことが心配・・・ なるべく音楽ストリーミングにデータ通信量をかけたくない 通信量カウントフリー(使い放 ...

続きを見る

 

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

よく読まれている記事

AirPods落下防止アイテムさえ装着すれば、もうAirPodsを落とさずに済みます! 1

2019年5月2日 情報更新しました。 本記事の想定読者 AirPodsを購入しようと検討中だが、落下しやすいと聞くので不安。 AirPodsが耳から落下して仕方がないから何か対策したい 落下を防ぐア ...

今回取り上げた厳選Bluetoothイヤホン10選 2

2019年5月18日 情報更新しました。 自分の音楽的趣向にドンピシャな楽曲を聴くたび、泣けてくるジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。   いい曲を聴くと、日々が彩られていくよ ...

【iPhone充電速度が2倍以上早くなる!!】遅い原因は充電器・ケーブル!iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法 3

2019年5月23日 情報更新しました。 iPhoneは既に高速充電に対応している・・・!! android端末では「Quick Charge」という規格をもって高速充電に対応していることは公言されて ...

「【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを長持ちさせる充電方法」のアイキャッチ画像 4

2019年5月22日 情報更新しました。 スマホのバッテリーは充電方法を誤ると寿命が縮まる! どうも、現在iPhone Xを使っていますが、先日発表されたiPhone XSに乗り換えなかったことを未だ ...

トランスミッター&レシーバーを使ってBluetooth非対応のデバイスを無線化させましょう! 5

どうも、ジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。   「買って後悔しないトランスミッター&レシーバーが知りたいけど、自分のニーズに合った製品がどれなのか分からない」 そうした悩みを ...

-音楽生活がアガる定額音楽配信サービスのレビュー・比較記事
-,

Copyright© カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ , 2019 All Rights Reserved.