【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

音楽ストリーミングサービス

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

【2020年版】音楽ストリーミングサービスの選び方を徹底解説

 

本記事の想定読者

  • 音楽の定額配信サービス(音楽ストリーミングサービス)が気になっている
  • だけどサービスの種類がありすぎて、どれを選んだらいいのやら・・・
  • 詰まるところ、何を基準にサービスを選んだらいいの?
  • 音楽ストリーミングサービスごとの特徴を解説してほしい

 

上記のような疑問・要望にお応えする有意義な情報を掲載していますよ。
チャンス

 

2020年に入って一層注目されている音楽配信サービス

月々定額料金で音楽が聴き放題になる音楽配信サービス、いわゆる「音楽ストリーミングサービス」は「Spotify」の登場以来、徐々に広まりを見せ、今や世界ではメインストリームになっています。

 

アメリカでは音楽業界の売上のうち7割以上をストリーミングサービスが占めているそうですよ!
チャンス

 

音楽配信サービスはあなたの音楽ライフを豊かにする

かく言う僕は完全後発組の音楽ストリーミングサービス利用者ですが、使い続ければ続けるほどその高い利便性に感動!

今では格安SIM「UQモバイル」の無料通信機能を組み合わせて音楽聴き放題カーオーディオを愛車に構築したり、自宅でAmazon Echoと組み合わせて音声コントロールで音楽を楽しんだりと、豊かなミュージックライフを満喫しています。もう元には戻れませんw

関連リンク【高コスパ6500万曲聴き放題カーオーディオを自作】音楽ストリーミングと格安SIMフル活用!月額980円・スマホで聴ける車載Bluetoothオーディオの作り方

 

時や場所を選ばず、数千万曲の楽曲を自由自在に聴くことができる音楽ストリーミングサービス。

これは日々の音楽との接し方が劇的に変わるサービスと明言して間違いないでしょう。

 

そもそも音楽配信サービスに不向きな人とは?

突然ですが、本題に入る前に音楽配信サービスに不向きな方について確認しておきたいと思います。

 

大前提として、下記に該当する方は音楽配信サービスとの相性が良くない可能性が高いので、利用することには慎重になった方が良いでしょう。

 

音楽配信サービスに不向きな方の特徴

  • 音楽を頻繁に聴かない
    日常的に聴かない場合はCDレンタルした方が割安です。
  • 特定アーティストの楽曲しか聴かない
    この場合もCDレンタルの方が割安になる可能性が高いです。

 

逆に頻繁にいろんなアーティストの楽曲を聴いている方は、音楽配信サービスとの相性が抜群です。

月額980円で数千万曲が聴き放題、しかも今後リリースされる新曲も聴き放題になるので、音楽を聴きたい気持ちは十分満たされますし、何よりも安上がりなのでコストパフォーマンスが最高です。

 

あなたにとって最良の音楽配信サービスを見つけましょう!

そんなわけで本記事ではお得に数千万曲の音楽が聴き放題になる「音楽配信サービス」の概要や選び方、おすすめの音楽配信サービスについて解説していきます。

自分にとってどんな音楽配信サービスが適しているのか把握すれば、すぐに最良のサービスが見つかることでしょう。

 

本記事を通して、あなたにとってベストな音楽配信サービスを見つけましょう!
チャンス

 

では早速、月額定額で数千万曲が聴き放題になる音楽配信サービスについて、詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

「音楽配信サービス」比較|音楽配信サービスとは?

ここでは音楽視聴のサブスクリプションサービスである「音楽配信サービス(音楽ストリーミングサービス)」の概要について、解説していきます。

 

「音楽配信サービス」とは?

「音楽配信サービス」とは、月ごとに定額料金を支払うことで数千万曲に及ぶ音楽コンテンツを際限なく聴くことができるサービスです。

なお再生方法には、ストリーミング再生とダウンロード再生があります。

「ストリーミング再生」とは、動画や音楽のデータをインターネット通信しながら再生させる方法です。

ダウンロード再生の場合と違って、スマホなどの端末にデータをダウンロードせずに再生できるので、ストレージ容量を圧迫せずに済むメリットがあります。

 

音楽配信サービスの魅力(メリット)

音楽配信サービスは数千万曲もの楽曲が無制限に聴き放題になることを含めて、次のような魅力があります。

 

データ通信で数千万曲が聴き放題

ストリーミング再生で数千万曲が聴けるから、スマホのストレージが圧迫されません。

また「あのアーティストの曲をスマホに入れるの忘れてた・・・」なんて残念な思いをすることが無いことも、大きなメリットの一つですね。

 

半永久的に音楽を流し続けてくれる「ラジオ機能」

エンドレスに音楽を再生し続けてくれるので、BGMとして流しておくのに最適です。

 

オフライン再生できる「ダウンロード機能」

ネット通信せずに音楽再生できるので、データ通信量を気にせずに済みます。

 

歌詞を参照することができる「リリック表示機能」

再生中の楽曲の歌詞を見ながら音楽を聴くことができます。

 

趣向性を分析して楽曲を薦めてくれる「レコメンド機能」

サービスに搭載されたAIが再生した楽曲を分析して楽曲を薦めてくれます。

意外とハッとするような楽曲を再生してくれたりするので、リスナーの趣向性を分析する精度は低くない実感がありますね。

新しい音楽と出会うきっかけになって、案外重宝する機能かもしれません。

 

音楽配信サービスのデメリット

一方で音楽配信サービスを利用する上で知っておきたいデメリットは、次のようなことが挙げられます。

 

楽曲提供していないアーティストの曲は聴けない

音楽配信サービスへの楽曲提供を表明していないアーティストの楽曲は一切聴くことができない点は、最大のデメリットでしょう。

これは邦楽アーティストに顕著ですが、2019年ころから邦楽アーティストも続々と音楽配信サービスへの楽曲提供を行うようになってきていて、最近では楽曲提供していないアーティストの方がマイノリティになりつつあります。

音楽業界の売上の7割以上を音楽配信サービスが占めるアメリカの前例を考慮すると、今後ますます邦楽アーティストの楽曲提供は進むはずです。今後に期待しましょう。

 

個人的には、早く米津玄師さんの楽曲提供が始まらないかと期待してます。
チャンス

 

ストリーミング再生にはデータ通信量がかかる

音楽配信サービス提供の楽曲をストリーミング再生する際にデータ通信量がかさむことには、注意が必要です。

ストリーミング再生で消費されるデータ通信量は、1時間で約100MBが目安です。毎日1時間のストリーミング再生で月3GBも消費することになるので、軽視できるものではありません。

 

データ通信量の消費を抑えるには、あらかじめ無料で使えるWi-Fi環境下で楽曲をダウンロードしておく対策が有効です。

 

これでほぼデータ通信量はゼロになるはずなので、安心して音楽配信サービスを利用することができますよ。
チャンス

 

「ダウンロード型」サービスとの違い

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|音楽ストリーミングサービスに対して、これまでメインストリームとして席巻していたのが「ダウンロード型」サービスです。iTunesが典型的なダウンロード型サービスに当たります。

音楽配信サービスが登場する以前に音楽業界でメインストリームとして席巻していたのが「ダウンロード型」サービスです。

 

「ダウンロード型」の特徴

「ダウンロード型」サービスとは、楽曲データを1曲単位で購入できる買い切り形式のサービスで、iTunes Storeがその典型です。

一度購入した楽曲は自分のものになるので、仮にiTunesの会員登録を解除しても、データ通信せずに音楽を聴くことができる点が魅力です。

 

権利関係で聴くことができないアーティストというのが存在しない点は、「ストリーミング型」である音楽配信サービスと決定的に異なる部分ですね。
チャンス

 

「ダウンロード型」の欠点

購入した楽曲はダウンロードする必要があるので、自ずとスマホのストレージ容量が圧迫されることが欠点として挙げられます。

1曲だけなら大したデータ量ではありませんが、それが数百曲・数千曲となると数ギガバイトもの容量が必要になってくるので少々問題です。

また購入した楽曲しか聞けないことも、今となっては欠点に映りますね。

 

これらの欠点を解消したのが「ストリーミング型」である音楽配信サービスというわけです。
チャンス

 

【余談】YouTubeで音楽を聴くデメリット・リスク

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|実際にYouTubeで音楽を楽しんでいる方もいらっしゃるのではないかとお察ししますが、僕個人としてはあまりおすすめしません。

YouTubeで音楽を楽しむ方法もありますが、それなりのデメリットやリスクがあります。

下記に挙げる3点に注意しましょう。

 

広告がうるさい

率直に言って、広告が耳障りです。

「慣れれば大したことない」というのは間違いありませんが、それでも純粋に音楽を聴きたいと思っているところに広告が挟み込まれると、かなり萎えます。

 

データ通信量が大きい

YouTubeはあくまで動画配信サービスなので、音楽データのストリーミング再生よりもデータ通信量は大きくなります。

仮にYouTube動画の最低画質(144P)に抑えても、1日1時間で月3.6GBほどデータ通信量を消費することになり、音楽配信サービスと比較すると約600MBも多くなります。

データ通信量の増大は家計に打撃を与えかねないので、無料でWi-Fi接続できる環境以外では控えた方が無難でしょう。

 

法的な問題は無視できない

YouTubeには違法アップロードされた音楽データが数多く存在しますが、この事実を知っていながら音楽を聴いていると罪に問われる恐れがあります。

これはYouTubeだけでなく「Music Box」や「Music FM」といった違法性が疑われる類の音楽アプリ全般に言えることです。個人情報流出の恐れも否定できないので、疑わしいアプリの使用は即刻控えましょう。何かが起こってしまっても”後の祭り”ですよ。

 

違法性の観点から考えれば、音楽配信サービスで音楽を聴くのが無難でしょう。
チャンス

 

「音楽配信サービス」比較|サービスの選び方

自分にとって最適な音楽配信サービスを選ぶうえで大切なことは「とにかく、まずは実際に使ってみること」です。

やはり実際にサービスを利用してみないと、本当に自分に合ったサービスなのかは分かりません。

とはいえサービスの良し悪しを判断する基準を知ることも大切なので、ここでは音楽配信サービスを選ぶ際にチェックしたいポイントについて解説していきます。

 

音楽ストリーミングサービスを選ぶときのポイント

音楽ストリーミングサービスの良し悪しを見分けるには、次の項目に注目しましょう。

 

 

聴きたい音楽ジャンルに強いサービスか?

音楽ストリーミングサービスは楽曲数で選ぶべからず。

実は音楽ストリーミングサービス全体の楽曲数自体はそれほど参考になりません。やれ6000万曲だ5000万曲だと競い合っていますが、よほどコアな音楽を好まない限りどちらを選んでも変わりません。どのサービスにも「Taylor Swift」はありますし、「いきものがかり」や「Mr.Children」、「乃木坂46」もあります。

むしろ音楽ストリーミングサービスを選ぶうえで最も大切なのは、音楽ジャンルの充実度です。邦楽が聴きたいのに洋楽のラインナップに力を入れているサービスを契約しても、ちっとも幸せになれませんよね?

何よりもご自身の趣向に合った楽曲数が豊富なサービスを選びましょう。この点については後ほど適宜記載しておくので、参考にしてみてくださいね。

 

クラウド機能がある

「クラウド機能」とは、自分が持っている音楽データを音楽ストリーミングサービスが提供するストレージ上にアップロードすることで、音楽ストリーミングサービスにある音楽コンテンツ同様にストリーミング再生ができるようになる機能です。

これはまだ一部の音楽ストリーミングサービスでしか提供されていませんが、音楽ストリーミングサービスの欠点である「権利問題」をカバーするうえで欠かせない機能です。

例えば米津玄師はいずれの音楽ストリーミングサービスでも楽曲配信がされていませんが、CDを購入・レンタルしてパソコンに取り込み、そのデータを音楽ストリーミングサービスのストレージにアップロードすれば、スマホに米津玄師の音楽データが無くてもサービス経由でいつでもどこでも聴けるようになります。クラウド機能があれば音楽ストリーミングサービスの欠点を補えるので、せっかく契約するならこの機能があるサービスを契約したいものです。

 

オフライン再生機能がある

音楽ストリーミングサービスのオフライン再生機能は通信料をかけずに聴けるので重宝する機能です。

音楽ストリーミングサービスは、基本的にデータ通信が欠かせませんが、オフライン再生機能があれば、楽曲データをスマホにダウンロードできるので、通信回線につながっていないオフライン環境下でも音楽を聴くことができます。

自宅や職場などの無料で使えるWi-Fi環境下であらかじめダウンロードしておけば、通信量を消費せずに済むのでマストな機能といえるでしょう。

 

無料トライアル期間がある

いくら条件に合致していたからといってもサービスの使い勝手は別問題なので、少なくとも1か月間の無料トライアル期間を設けているサービスを選んでサービスの良し悪しを確認しましょう。

ちなみに今回紹介するサービスはすべて無料トライアル期間が最低30日間ついてきますよ。

 

ビットレートは高い方が高音質だけど、こだわる必要なし

ビットレートとは単位時間あたりに転送・処理されるビット数を差しますが、要するにビットレート数が高いほど高音質ということになります。

ただ音楽ストリーミングサービス選びにおいては、ビットレートについてはほぼ無視しても問題ないでしょう。

さすがに128kbpsを下回るような音質は聴き分けられますが、256kbpsと320kbpsの違いを聴き分けるのは至難の業と言わざるを得ません。一般の方が普通にイヤホンやスピーカーを介して音楽鑑賞するくらいであれば、その差はまず感じられません。

違いが分からない音質差でもビットレートが高いとその分データ通信量は増えるので、あえて256kbpsに抑えた音楽ストリーミングサービスを選ぶという選択肢も考えられますね。

 

まずは「無料お試しサービス」でサービスの良し悪しをチェック!

百聞は一見に如かずということで、まずは気になるサービスを使ってみましょう。

実のところ、実際にサービスを利用してみないと分からないことは多くあります。

ほぼ全ての音楽配信サービスでは30日間の無料トライアル期間を設けられているので、ぜひお試しサービスを利用して自分にとって最良の音楽配信サービスを探してほしいと思います。

 

以上を踏まえて、早速おすすめの音楽配信サービスを見ていくことにしましょう。
チャンス

 

「音楽配信サービス」比較|おすすめの音楽配信サービス

ここからはそれぞれに独自の優位性を持つ、おすすめ音楽配信サービスをご紹介していきます。

 

厳選した音楽配信サービスをご紹介!!

現在10を優に超えるサービスが提供されていますが、多くて比べるには煩雑です。

そこで本記事では「サービスが得意とするジャンル」をはじめ「独自性」「使い勝手の良さ」「機能性」などを基準に7つのサービスを厳選しました。これらの中でピンとくるサービスを選ぶことで、概ね後悔のない音楽配信サービス選びができるはずです。

目星がついたら、あとは実際に無料お試しサービスを使って1か月、サービスを使い倒して良し悪しを判断しましょう!

 

おすすめの音楽配信サービス

  • Apple Music
    聴きたい楽曲が全部聴ける唯一無二の音楽ストリーミングサービス!
  • Amazon Music Unlimited
    Amazonプライム会員なら迷わずチョイス!
  • LINE MUSIC
    LINE連携に魅力を感じる方におすすめ
  • dヒッツ
    J-POP(邦楽)の豊富な独占配信コンテンツが魅力
  • KKBOX
    K-POPなどのアジア系音楽の豊富さで選ぶなら一択!
  • ANiUTa
    アニソンやゲームソングなどを聴くならベスト!
  • Spotify
    シャッフル再生だけで十分な方、J-POP(邦楽)を特に重視していない方におすすめ

 

Apple Music

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Apple Music」

世界の音楽配信サービス利用者数ナンバー1!iPhoneでお馴染みのアップルが提供する「Apple Music」こそ、最もおすすめしたい音楽配信サービスです。

 

サービスの強み

  • iPhoneと相性抜群
  • クラウド機能が使える!
  • すべての楽曲を「ミュージック」アプリで管理できる
  • AIが好みの曲を選曲してくれる「For You」機能が秀逸
  • ブラウザを介しても楽曲再生ができる
  • 無料トライアル期間が3か月間もある!
  • 学割料金があるから学生にもおすすめ(大学生・専門学生のみ)
  • 【独占配信】安室奈美恵が聴ける唯一の音楽配信サービス
    ※2019年9月からAmazon Music Unlimitedでも配信が始まりました※

 

月額料金 通常 月額980円
ファミリー 月額1,480円
学生
※対象:大学生・専門学生※
月額480円
楽曲数 5,000万曲以上
音質(ビットレート) 最大256kbps
強いジャンル 洋楽・邦楽
クラウド機能
オフライン再生
無料トライアル期間 3か月間

 

楽曲のラインナップでは事実上、最強

「Apple Music」最大の特徴は、音楽配信サービスの欠点を補う「クラウド機能」を提供している点です。ストリーミングサービス提供の音源に加えて、自分自身が所有している音楽データをApple Musicのクラウド上にアップロードすることで、他のストリーミングサービスでは実現不可能な最強の音楽ラインナップを実現させることができます。

ちなみに安室奈美恵の楽曲が音楽定額サービスで聴けるのは「Apple Music」だけです。

2019年9月からAmazon Music Unlimitedでも配信が始まりました。

 

すべての楽曲を一つのアプリで一元管理

また音楽再生に専用アプリを必要としないこともポイント。iPhoneユーザーなら慣れ親しんでいる「ミュージック」アプリを介してストリーミングサービスが使えるので、既存のiTunes経由で同期した音楽と一緒に管理できます。先に述べた「クラウド機能」と同様ですが、従来型のiTunes経由による音楽データの同期によっても音楽ストリーミングサービスの欠点を補えるので鬼に金棒。楽曲の充実度で「Apple Music」を超えることは他社サービスには不可能でしょう。

 

たっぷり試せる3か月間の無料トライアル

「Apple Music」の無料お試し期間は3か月間もあるので、心行くまで試すことができます。

経験上、これだけ長い間トライアルしてると便利さが当たり前になって抜け出せなくなるので、ご注意をw

 

正直なところ、音楽ストリーミングサービスで最もスキがないサービスです。iPhoneユーザーはもちろん、androidユーザーにも自信を持っておすすめしたいと思います。

 

「Apple Music」を無料トライアルしてみる

「Apple Music」無料トライアルへ

 

Amazon Music Unlimited

洋楽・邦楽のバランスが良く、Amazonプライム会員ならかなりお得に使えるのが「Amazon Music Unlimited」です。

 

サービスの強み

 

月額料金 通常 月額980円
ファミリー
(年額はプライム会員限定)
月額1,480円
(年額14,800円)
学生 提供なし
Amazonプライム会員 月額780円
(年額7,800円)
楽曲数 6,500万曲以上
音質(ビットレート) 最大256kbps
強いジャンル 洋楽・邦楽
クラウド機能 ×
オフライン再生
無料トライアル期間 1か月間

 

圧倒的にリーズナブルな価格が魅力!

通常は月額980円で利用できる「Amazon Music Unlimited」ですが、Amazonプライム会員なら月額780円と他社より200円も割安年額払いなら業界最安の1か月あたり650円で利用できる点が魅力です。家族で利用するなら6アカウント分が付与されるファミリープランも年額払いなら業界最安。既にAmazonプライム会員なら迷わず「Amazon Music Unlimited」でOKでしょう。

1か月間の無料トライアル期間が用意されているので、とりあえず利用してみる価値はあります。

 

アーティストの制作秘話が聴けちゃう独自サービス

また「Amazon Music Unlimited」では、アーティストが自身の楽曲について語るプレイリスト「Side by Side」という独自サービスがあります。他では聞けない楽曲の裏話などがアーティストの口から聞けたりするので、なかなか面白いですよ。多くのアーティストが参加しているので、無料トライアルを試された暁には、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Amazon Echoとの連携が革新的!

AmazonのAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」との連携による音楽再生機能は、まさに近未来の感動を覚えます。

「アレクサ、宇多田ヒカルの”ファーストラブ”流して」で流れちゃうんだから、すごい時代がやってきましたよね。慣れると何でもなくなっちゃいますけど、最初はホント感動しますよ。

 

>>「Amazon Music Unlimited」を30日間無料でお試し利用してみる

「Amazon Music Unlimited」30日間無料で使ってみる

 

Amazon Music Unlimitedの個別記事も公開しているので、より詳しく知りたい方はチェックしてみてくださいね。

関連リンク【最強の音楽ストリーミングはAmazon】楽曲数・安さで比較すれば断トツおすすめの音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

関連リンク【アマゾンミュージックの使い方】コスパ最強の音楽配信サービス「アマゾンミュージック」の楽曲再生・ダウンロード・オフライン再生など使い方を解説

 

Amazonプライム会員の無料特典「Amazon Music」

ちなみにAmazonでは「Amazon Music」というプライム会員向けのサービスも提供しています。これは2018年時点で最も利用者数が多い音楽配信サービスで、Amazonプライム会員の無料特典として利用できるものです。

楽曲数は100万曲で「Amazon Music Unlimited」などの有料サービスには遥かに劣りますが、とりあえず音楽配信サービスを体験するにはちょうどよいかもしれません。

Amazonプライム会員に登録すれば即日利用できるようになるので、気になる方は「Amazonプライム会員の特典一覧」をチェックしてみてくださいね。

>>Amazonプライム会員の特典一覧を見てみる

 

LINE MUSIC

おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

代表的SNSサービス「LINE」との連携機能に注目するならLINEが提供している音楽配信サービス「LINE MUSIC」がおすすめです。

 

サービスの強み

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 無料トライアル期間は3か月間!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割価格

 

月額料金 通常 月額960円
学生
※対象:中学生~※
月額480円
月20時間再生プラン
(学生)
月額500円
(月額300円)
楽曲数 5,200万曲以上
音質(ビットレート) 最大320kbps
強いジャンル 邦楽・洋楽
(若者向け)
クラウド機能 ×
オフライン再生
無料トライアル期間 3か月間

 

LINEとの連携機能が面白い

「LINE MUSIC」最大の特徴はSNSサービスとの連携機能にあります。「LINE着うた」で無料通話の際の着信音に設定できたり、LINEの「プロフィール」や「トーク画面」にBGMとして楽曲を設定できるなど、SNSならではの面白いサービスが特徴ですね。友人・知人と音楽の楽しさをシェアしたい方には打ってつけでしょう。

 

学生にやさしい料金体系

学割も提供されていて、中学生以上が学割対象と広くカバーされているのが嬉しいポイント。

また月20時間まで音楽ストリーミング再生が楽しめるプランが提供されているのは面白いですね。

 

LINE MUSIC|LINE MUSIC公式サイト

「LINE MUSIC」無料トライアルへ

 

dヒッツ

おすすめ音楽ストリーミングサービス「dヒッツ」

国内アーティストの独占配信多数!J-POP(邦楽)を重視した音楽配信サービスなら「dヒッツ」がおすすめです。

 

サービスの強み

  • J-POP(邦楽)の楽曲数は業界トップクラス!
  • J-POP(邦楽)の独占配信アーティスト多数!
  • 一般も学生も月額料金がワンコインたった500円

 

月額料金 月額500円
楽曲数 約500万曲
音質(ビットレート) 最大320kbps
強いジャンル 邦楽
クラウド機能 ×
オフライン再生
無料トライアル期間 31日間

 

国内アーティストの独占配信数が多い!

「dヒッツ」の魅力はJ-POP(邦楽)アーティストのラインナップの豊富さです。他社では聴けないアーティストが数多く提供されているのが特徴ですよ。

例えば「サザンオールスターズ」「Perfume」「ラルクアンシエル」などは「dヒッツ」でしか聴けません。

楽曲数は少ないですが、流行のJ-POP(邦楽)を中心に聴きたい方には断然オススメです!

2019年以降、邦楽アーティストも続々と音楽配信サービスに楽曲提供を行うようになってきていて、今ではアマゾンミュージックなどでも「サザンオールスターズ」「Perfume」「ラルクアンシエル」などが聴けるようになっています。

 

dヒッツ 初回31日間無料トライアル実施中|dヒッツ

「dヒッツ」無料トライアルへ

 

KKBOX

おすすめ音楽ストリーミングサービス「KKBOX」

台湾発のサービスで現在はauの子会社が提供しているアジア圏の楽曲に強みを持つ音楽配信サービスが「KKBOX」です。

 

サービスの強み

  • K-POPなどのアジア系楽曲数ナンバーワン!
  • 海外のライブが楽しめる「KKBOX LIVE」が人気
  • イコライザー付き音質調整機能で音質を自由自在に変えられる

 

月額料金 月額980円
楽曲数 4,000万曲以上
音質(ビットレート) 最大320kbps
強いジャンル アジア圏の楽曲
クラウド機能 ×
オフライン再生
無料トライアル期間 1か月間

 

圧倒的なアジア圏アーティストの楽曲数

台湾・香港・東南アジアでもサービス展開されていることもあって、アジア圏アーティストの楽曲数がかなり豊富です。K-POPやC-POPをはじめアジア系アーティストの楽曲を中心に聴きたい方には唯一無二の音楽配信サービスといえます。もちろん流行の邦楽・洋楽などもしっかりフォローされていますよ。

 

異彩を放つイコライザー機能が秀逸

「KKBOX」のもう一つの特徴がイコライザー機能が付いた音質調整機能です。音質は128kbpsまたは320kbpsにセッティング可能で、サウンドエフェクトは多くのプリセットから選択できます。さらに音響設定の変更も可能で音の奥行や響きなどを調整できます。ここまで細かくエフェクトをかけられる音楽配信サービスは稀です。

 

アジア圏アーティストのライブ配信映像も堪能できる!

また「KKBOXライブ」というサービスが人気で、アジア系アーティストを中心にライブ中継がリアルタイムで視聴できたり、過去のライブ映像が楽しめますよ。

 

KKBOXを無料で1か月間体験|KKBOX公式サイト

「KKBOX」無料トライアルへ

 

ANiUTa

おすすめ音楽ストリーミングサービス「ANiUTa」

アニソンにとことん特化!アニメソングやゲームソングにまみれるなら音楽配信サービス「ANiUTa」一択でしょう。

 

サービスの強み

  • アニソン楽曲数は業界最多!
  • ANiUTaだけの専門ラジオや独占配信曲も豊富!
  • ライブチケットの先行予約特典あり

 

月額料金 月額600円
楽曲数 8万曲以上
音質(ビットレート) 最大320kbps
強いジャンル アニソン
クラウド機能 ×
オフライン再生 ×
無料トライアル期間 1か月間

 

アニソンの楽曲ラインナップは最強

アニソン(アニメソング)、ゲームソング、ボカロ曲、特撮ソングなどが豊富に揃うのが「ANiUTa」最大の特徴です。約8万曲と楽曲数が少ないのは徹底してアニソンというジャンルに的を絞っているためですね。

「純度100%アニソン専門店」と謳っているだけあって、この手のジャンルにおいて右に出るサービスは他にありません。

「アニソンにまみれたい!」という方には、最良の音楽配信サービスです。

 

ANiUTa|ANiUTa公式サイト

「ANiUTa」無料トライアルへ

 

Spotify

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Spotify」

最後にご紹介するのは音楽配信サービスの世界的パイオニア「Spotify」です。

 

サービスの強み

  • 洋楽のラインナップが豊富
  • 30億種類の豊富過ぎるプレイリスト
  • シャッフル再生だけなら無料でも使える

 

月額料金 通常 月額980円
ファミリー 月額1,480円
学生
※対象:大学生・専門学生※
月額480円
楽曲数 4,000万曲以上
音質(ビットレート) 最大320kbps
強いジャンル 洋楽
クラウド機能 ×
オフライン再生
無料トライアル期間 3か月間
※キャンペーン中につき※

 

洋楽ラインナップが非常に豊富

音楽配信サービスのパイオニアとして知られる「Spotify」は、洋楽の圧倒的ラインナップと30億以上のプレイリストが最大の武器です。

たいてい頭に浮かぶプレイリストはラインナップされていますね。なんといっても30億種類もありますからw

 

シャッフル再生なら無料で全楽曲フル尺再生可能!

あくまでシャッフル再生に限られますが、「Spotify」ならサービス内の楽曲すべてが無料でフル再生できます。特定の曲にはこだわらず、流し聴きしたい方には持って来いの音楽配信サービスですね。

また視聴履歴などを分析して提供してくれるレコメンド機能も秀逸。新しい音楽との出会いも期待できますよ。

 

邦楽ラインナップが乏しいのが難点

J-POP(邦楽)のラインナップ数の少ないのが難点でしょうか。

極端に「Spotify」だけ聴くことのできない邦楽アーティストが多く、例えば「いきものがかり」「清水翔太」「西野カナ」などのビッグタイトルが大手音楽配信サービスとしては唯一配信されていません。他にも抜けが多くあることを考えると、特にJ-POP(邦楽)が聴きたい方は他のサービスを検討した方が賢明です。

とはいえ、シャッフル再生であれば無料で使うことができるので、流し聴きできればOKという方にはおすすめの音楽ストリーミングサービスですよ。

 

Spotifyで3か月無料トライアル|Spotify公式サイト

「Spotify」無料トライアルへ

 

「音楽配信サービス」比較|まとめ

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

「【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ」と題して、月額定額料金で数千万曲が聴き放題になる音楽配信サービスの概要や選び方などについて、詳しく解説してきました。

 

今回紹介した音楽配信サービスを一覧表にまとめたので、改めて振り返ってみましょう。

月額料金
(学生料金)
楽曲数 強いジャンル クラウド
機能
オフライン
再生
無料期間
Apple Music 980円
(480円)
5000万曲 洋楽・邦楽 3か月
Amazon
Music Unlimited
650円~ 6500万曲 洋楽・邦楽 × 1か月
LINE MUSIC 960円
(480円)
5200万曲 邦楽・洋楽
(若者向け)
× 3か月
dヒッツ 500円 500万曲 邦楽 × 31日間
KKBOX 980円 4000万曲 アジア圏 × 1か月
ANiUTa 600円 8万曲 アニソン × × 1か月
Spotify 980円
(480円)
4000万曲 洋楽 × 3か月

 

僕は「Apple Music」+「CDレンタル」の体制を敷いています

現在僕は「Apple Music」をメインのストリーミングサービスとして使っている傍ら、ラインナップされていない楽曲はCDレンタルしたり、以前から持っていた音楽データをクラウドにアップロードして、iPhoneの「ミュージック」アプリで一元管理しています。

自分にとって不足のない楽曲ラインナップを整えるには、このアップル+円盤がベストだと思います。月額料金も980円を基本に不足分を補うCDレンタル代がかかるくらいでしょうか。

 

CDレンタルなら「ツタヤディスカス」がおすすめ!

楽曲ラインナップ(特に邦楽!)を補う対策として、僕は「ツタヤディスカス」を活用しています。

ポイントは月額2,400円でCD・DVD新作8本レンタル可能(+動画見放題)ということ。新作CDが1枚300円で仕入れられる安さです。借りたい新作CDが無い場合は新作DVDで映像を堪能するも良し、旧作CDをドカ借りしても良し。映画やドラマ見放題サービスも付いてくるから、ツタヤディスカスって実はかなりお得なサービスなんですよ。

新作CDが発売日と同時レンタル開始にならず若干タイムラグがあるのが難点ですが、それでも余りある恩恵が受けられるんじゃないかと思って利用させてもらっています。

初回入会なら30日間の無料トライアル期間も付いてきますよ!

 

音楽配信サービスでミュージックライフを華やかに!

音楽配信サービスは、音楽のある生活をより一層華やかにしてくれる魅力あふれるサービスです。

いずれのサービスも無料トライアル期間があるので、ぜひこの機会に音楽配信サービスの良さを体感してみてくださいね!

 

この記事があなたの音楽環境をより良いものにする一助になれば、嬉しく思います。

 

音楽ストリーミングが使い放題になる格安SIMサービスを選ぶともっと幸せに!

音楽ストリーミングサービスは、一部の格安SIMサービスが提供している無料の低速通信で十分聴けるのをご存知でしょうか。

低速通信サービスはストリーミングのデータ通信量をデータ消費量としてカウントしないので、何時間聴いても通信料が掛かりません。

音楽ストリーミングサービスに最適な低速通信機能付き格安SIMサービスについて詳しく知りたい方は、下記の特集記事をチェックです!

関連記事
【音楽ストリーミングし放題】通信速度の切替機能がある格安SIMサービス比較厳選|低速通信デメリットを逆手に取って通信量フリー化
【音楽ストリーミングし放題】通信速度の切替機能がある格安SIMサービス比較厳選|低速通信デメリットを逆手に取って通信量フリー化

続きを見る

 

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Apple Music」


							

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-音楽ストリーミングサービス
-,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ