【コスパ最強の音楽サブスク「ラインミュージック」】業界最多の楽曲数・LINEとの連携機能・割安な月額料金・3か月無料体験などコスパで選ぶならLINE MUSIC

音楽ストリーミングサービス

【コスパ最強の音楽サブスク「ラインミュージック」】業界最多の楽曲数・LINEとの連携機能・割安な月額料金・3か月無料体験などコスパで選ぶならLINE MUSIC

他社には無い付加価値が豊富なコスパ最強の音楽配信サービス!!

 

本記事の想定読者

  • 音楽の定額配信サービスの利用を検討している
  • そもそも音楽配信サービスを利用する必要性って?
  • 数あるサービスの中でも「LINE MUSIC(ラインミュージック)」が気になっている
  • LINE MUSICのメリット・デメリットは?
  • LINE MUSICが音楽配信サービスで最もコスパが高い理由を知りたい

 

上記のような要望にお応えする有意義な情報を掲載していますよ。
チャンス

 

音楽を買う時代の終焉!これからは楽曲をシェアして聴く時代へ

ここ数年になって急速に音楽配信サービスの存在感が増しています。

音楽配信サービスの先駆者「Spotify(スポティファイ)」が登場したときは「定額で聴き放題だって?夢見てんじゃないよ!!」くらいに思ってましたが、今や音楽を定額料金で聴くというスタイルは、世界のメインストリームになりましたねw

 

2020年に入ってグッと魅力が増した「ラインミュージック」

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

かくいう僕は音楽配信サービスに将来性を感じつつも半信半疑だったので、「まずは無料トライアルでお試し利用してみよう」と思い立ち、Amazonプライム会員だったこともあって「Amazon Music Unlimited」を使い始めました。

その後2020年に入って「ラインミュージック」がサービス内容を刷新したことがきっかけで、AmazonからLINEへ乗り換えを実施。

この乗り換えは、結論から言って大正解でした。

 

「ラインミュージック」の特徴

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 業界最高峰6,500万曲の楽曲配信数
  • ビットレート320kbpsでハイクオリティな音質
  • 人気アーティストに会えるかもしれないスペシャルイベント参加権アリ!
  • 無料トライアル期間は3か月間!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割料金
  • もちろん月額料金は業界最安水準
  • 無料会員でもフル尺再生できる(国内サービスで唯一)

 

昨今では各社サービスごとに大きな差は無くなってきましたが、その中で「ラインミュージック」は他社と一線を画す多くの付加価値を持つ唯一無二の音楽配信サービスなんです。

特にLINEとの連携機能は「ラインミュージック」だけの特権的機能で、コミュニケーションアプリ「LINE」を使っている方にとっては圧倒的な優位性があります。

業界最安クラスの月額料金で320kbpsの高音質で楽曲再生できる点も秀逸ですし、何よりこれらの機能群を3か月間に渡って無料お試しできるのも熱いですよね。

さらに「ラインミュージック」は月額料金を一切支払わずに済む無料会員でも楽曲をフル尺再生できちゃうんです。

だから無料登録するだけでもメチャクチャ価値がある、それが「ラインミュージック」なんですよ。

 

「LINE MUSIC」の利点を話していたらキリがないですね・・・それくらい魅力に溢れたサービスなんですよ!!
チャンス

 

こういった音楽配信サービスが月額980円、年換算でも11,760円とCDアルバム5~6枚分の金額で1年間いつでもどこでも好きなだけ6,500万曲が聴き放題になるんだから、メチャ得ですよね。

年額を一括払いすると9,600円(1か月あたり800円)、学割料金なら月額480円で聴き放題になるので更にお得です。

 

「ラインミュージック」でミュージックライフを充実させましょう!

そんなわけで本記事では、これからの時代の新しい音楽視聴の在り方を提供してくれる音楽配信サービス「LINE MUSIC(ラインミュージック)」について、詳しくご紹介していきます。

20年12月現在で最も楽曲数が豊富でリーズナブル、さらにLINEとの連携機能など唯一無二の付加価値が豊富なサービスなので、ぜひこの機会に「ラインミュージック」の3か月無料トライアルを活用してサービスの良さを体験してほしいと思います。


「LINE MUSIC」を無料ダウンロード

 

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

なお「LINE MUSIC(ラインミュージック)」に無料で会員登録する方法については、下記の解説記事が参考になりますよ。

関連記事【ラインミュージック無料会員登録する方法】高コスパ音楽配信サービスLINE MUSICに無料登録する方法|登録して3か月無料体験しましょう!

 

 

本記事の内容

 

音楽配信サービス「ラインミュージック」とは|音楽サブスクを使う意義

ここでは新時代の音楽の聴き方を提供してくれる音楽配信サービスをあえて利用する意義について、簡単に触れておきたいと思います。

 

音楽配信サービスを使う必要はある?

音楽配信サービスが音楽業界のメインストリームになり、現代の音楽の聴き方の新定番になる気配がしてきた昨今ですが、そもそも音楽配信サービスを使う必要はあるのでしょうか?

 

【結論】必要不可欠ではないが、便利で割安

結論から言ってしまうと「必ずしも使う必要はないが、一度使えば病みつきになる利便性の高さとリーズナブルさがある」といったところだと思います。

絶対的な必要性は感じませんが、CDを買いに行ったりレンタルしたりする手間をかけずに最新の楽曲が聴き放題になるのは便利ですし、何よりも経済的負担が軽くなるのは嬉しいポイントでしょう。

 

音楽配信サービスのメリット

とはいえ個々人で感じるところに差があると思うので、音楽配信サービスを利用することで得られるメリットについて、下記にまとめてみました。

ご自身にとってうま味がありそうか、チェックしてみてほしいと思います。

 

 

いつでもどこでも好きな曲が聴き放題

音楽配信サービス最大の利点は、いつでもどこでも好きな楽曲が聴き放題になることでしょう。

 

手間が一切かからない利便性の高さ

CDをパソコンに取り込んだりiTunes Storeからダウンロードしたりして、スマホに同期させる・・・なんて手間は一切ありません。

スマホアプリで楽曲検索をして、聴きたい楽曲をタップするだけで即再生することができる快適さは、音楽配信サービスならでは。

「あのアーティストの楽曲をスマホに入れるの忘れてた!」なんて経験は、音楽配信サービスを利用していればあり得ません。

 

圧倒的な楽曲配信数

音楽配信サービスを使えば、これまででは考えられなかった数の音楽を持ち歩くことができます。

「ラインミュージック」の場合は、業界最多6,500万曲以上の楽曲から選ぶことができます。

もちろん最新の楽曲もリリース当日に即配信されるので、6,500万曲という楽曲数は日を追うごとに増加しています。

これだけのラインナップがあれば、あなたの音楽に対するニーズもほぼ100%満たされるはず。

 

初耳のアーティストの楽曲を即チェックできる

例えば友人に教えてもらった聞き慣れないアーティストの楽曲を、その場で即検索・即再生してチェックできることも、音楽配信サービスの大きなメリットでしょう。

「このアーティスト、ちょっと興味はあるんだけど、わざわざお金を払って聴きたいほどではないんだよなぁ・・・」

そんな欲求をサクッと解消してくれるのが音楽配信サービスです。

試し聴きのハードルが完全に無くなるので、興味・関心のあるアーティストの楽曲は検索してフル尺再生すればOK。

正真正銘、日々の音楽環境が劇的に変わります。

 

これまでに無かったまったく新しい音楽体験、定額配信サービスだからこそ出会える音楽って結構あるんですよ。
チャンス

 

知人・友人と盛り上がるきっかけにも

友人と話していて、ふと一昔前の音楽の話題になることってありませんか?

スマホに入れてない楽曲も即再生できるメリットは、こういったシーンでも重宝することがあります。

 

「高校生のときはミスチルばっかり聴いてたなぁ」

「ミスチル僕も聞いてましたよ!『DISCOVERY』とか懐かしいなぁ~」

「ちょっとラインミュージックで検索してみようか・・・あ、あった!」

「『終わりなき旅』とか、ヘビロテで聴いてたっけなぁ・・・」

 

こんなやり取りがちょくちょくあったりします。

歌詞もワンタップで表示させられるんですが、これもまた記憶を掘り起こしてくれるんですよね。

「そうそう!こんな歌詞だった!!」って。

音楽配信サービスは何気にコミュニケーションツールとしても使えますし、純粋に昔懐かしい楽曲に思いを馳せるときには最適なツールだと思います。

 

スマホのデータ容量が圧迫されない

音楽配信サービスを利用する大きなメリットの一つとして、スマホのストレージ容量を圧迫せずに済むことも挙げられます。

 

音楽データは思いのほか重たい

音楽データの容量は一曲では大したことがありませんが、数百曲・数千曲になるとギガが吹っ飛ぶほどの容量に膨れ上がります。

これがスマホのストレージに保存されることでストレージ容量不足になることもよくある話ですよね。

写真撮影が肝のインスタグラムが盛り上がっている昨今では特に深刻です。

そうした事態を避ける意味でも、音楽配信サービスを利用することにはメリットがあると言えます。

 

ちなみに僕は「ラインミュージック」を使ったことで、スマホのストレージが10GBくらい浮きました!!
チャンス

 

コスパがいい(お金が掛からない)

「ラインミュージック」は業界最安値の月額980円、年額一括払いなら月額800円で利用できます。

年間5枚前後のCDアルバムを買っている方なら、音楽配信サービスに乗り換えた方が考えるまでもなく断然お得です。

同じ金額を支払って買う予定だったアルバムが全部聴き放題、しかも他にも6,500万曲が常に聴き放題。

さらに今後発売される最新曲もすべて聴き放題とすると、もはやお得以外の何ものでもないと思いませんか?

 

よく考えてみると、メチャクチャお得

音楽配信サービスという姿形の無いものに毎月お金を支払うことに得体の知れない抵抗を感じるかもしれません。

でも理性的に考えてみると、CDを買うよりも圧倒的に割安なことに気が付くはず。

だからこそこれまでの既成概念を取り払って、音楽配信サービスの素晴らしさに目を向けてみてほしいと思います。

 

音楽好きな方なら、音楽配信サービスを使って損はありません!
チャンス

 

逆にデメリットは?

ここまで音楽配信サービスを推しに推してきましたが、もちろん欠点は存在します。

特に下記に挙げる2点は、音楽配信サービスの大きなデメリットなので要チェックです。

 

権利のないアーティストの楽曲は聴けない

音楽配信サービスに対して楽曲提供を行っていないアーティストの楽曲は、一切聴くことができません。

最近は音楽配信サービスへの楽曲提供が積極的に行われるようになっているので、今後こうした問題は徐々に気にならなくなると思いますが、それでも全ての楽曲がラインナップされるわけではないと思うので、気になる部分ではあります。

 

【対処法】無料お試し期間を使って、楽曲の有無を確かめる

このデメリットに対処すべく、どうしても聴きたいアーティストがいる場合は、事前にサービス側で配信されているか確認することをおすすめします。

「ラインミュージック」では3か月間に渡って無料でお試し利用できるので、その期間中に楽曲の有無をチェックしておくと、後になって契約したことを後悔せずに済みますよ。

 

楽曲の再生にはデータ通信が不可欠

音楽配信サービスで楽曲再生をするには、基本的にストリーミング再生をする必要があるのでデータ通信が欠かせません。

音質を表すビットレートが256kbpsとすると、1時間で約100MBを消費します。

毎日1時間のストリーミング再生をすれば、月3GBほどの消費量になる計算なので、決して看過できるデータ通信量ではありません。

 

【対策】無料で使えるWi-Fi環境をフル活用する

このデメリットに対処するには、自宅・職場・公共施設などで利用できる無料のWi-Fiスポットを活用して、楽曲データをスマホに保存しておく方法が有効です。

よく聴くアルバムやアーティストの楽曲だけを事前ダウンロードしておけば、それらの再生でデータ通信量を消費することは無くなります。

必要に応じて楽曲データは自由に削除・再ダウンロードすることができるので、スマホのストレージを圧迫する心配もありません。

「ラインミュージック」は事前にダウンロードして楽曲再生するオフライン再生機能に対応しているので安心ですよ。

 

以上のようなデメリットは不可避ですが、同時に対処法もあるので、音楽配信サービスを利用して損をすることは考えにくいと思いますよ。
チャンス

 

音楽配信サービス「ラインミュージック」とは|LINE MUSICのメリット

ここでは音楽配信サービス「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を利用することで得られるメリットについて、解説していきます。

 

「ラインミュージック」をコスパ最強の音楽配信サービスとしておすすめする理由は、下記のような優位点にあります。

 

業界最多6,500万曲の楽曲数

「ラインミュージック」の楽曲配信数は業界最多6,500万曲を誇っています。

これは他社サービスを圧倒する楽曲数でApple Musicは5,000万曲、Spotifyは4,000万曲、dヒッツは500万曲と、いずれも「ラインミュージック」には及びません。

「Amazon Music Unlimited」は同じく6,500万曲を配信していますが、「ラインミュージック」は日本発のサービスという性格から邦楽にやや強い楽曲ラインナップになっているので、多くの日本人にとっては「ラインミュージック」の方がより適していると感じられると思います。

さらに「ラインミュージック」は「Amazon Music Unlimited」よりも高いビットレートなので高音質という利点もあります。

 

いずれにしても圧倒的な楽曲数を誇る「ラインミュージック」を選んでおけば、まず失敗することはないでしょう。

 

LINEと連携できる唯一無二の音楽配信サービス

【コスパ最強の音楽サブスク「ラインミュージック」】業界最多の楽曲数・LINEとの連携機能・割安な月額料金・3か月無料体験などコスパで選ぶならLINE MUSIC|LINE MUSICのメリット

コミュニケーションアプリ「LINE」との強力な連携機能が「ラインミュージック」最大のユニークポイントであり、強みでしょう。

「ラインミュージック」だからこそ提供できるサービスで、この点においては他社は太刀打ちできない圧倒的優位性があります。

 

LINEとの連携機能

  • LINEのプロフィールに好きな楽曲を設定できる
  • LINEのトークルームに好きな楽曲を設定できる
  • 無料通話がかかってきたときの着信音を設定できる
  • 無料通話をかけた友達が聴ける呼出音を設定できる

 

LINEとの連携機能に魅力を感じる方は、迷わず「ラインミュージック」を選ぶのが正解です!

 

人気アーティストに会えるスペシャルイベント参加権付き!

【コスパ最強の音楽サブスク「ラインミュージック」】業界最多の楽曲数・LINEとの連携機能・割安な月額料金・3か月無料体験などコスパで選ぶならLINE MUSIC|LINE MUSICのメリット:人気アーティストに会えるスペシャルイベント参加権付き!

「ラインミュージック」では、会員だけが参加権を持つ人気アーティストのスペシャルイベントを定期的に開催しています。

EXILE、Taylor Swift、IZ*ONE、TWICE、E-girls、THE Chain Smokers、SEKAI NO OWARIなどなど、豪華アーティストが勢ぞろい。

音楽配信サービスを契約するだけで、これだけ多くの豪華アーティストのイベントに参加できるのは「ラインミュージック」だけです。

 

3か月間の無料トライアル期間が付いてくる

ラインミュージックでは、3か月間に渡ってサービスを無料体験できる期間がもれなく付いてきます。

他社サービスの多くが1か月間の留まる中、「ラインミュージック」は3倍の3か月間も無料お試しできるので、じっくりとサービスの良し悪しをチェックすることができますね。

 

無料会員でも楽曲をフル尺再生できる!?

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|無料会員でも楽曲を全編通して再生できる

ここが「ラインミュージック」最大の特徴ですが、なんと月額料金を支払わない無料会員でも配信中の全楽曲のフル尺再生ができてしまいます。

 

無料でフル尺再生できる唯一の音楽配信サービス

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|無料会員でも楽曲を全編通して再生できる※クリックして拡大表示※

無料会員にもかかわらず配信中の全楽曲がフル尺再生できる音楽サブスクサービスは「LINE MUSIC」だけです。

 

楽曲ごと月に一度だけのフル尺再生ですが、完全無料で話題の曲をいち早くチェックできるだけでも、かなり嬉しいですよね!

他社サービスではフル尺再生が不可能なことを考えると、「ラインミュージック」の優位性ハンパないです・・・。

翌月になれば再生履歴がリセットされて、また聞いたことのある楽曲のフル尺再生ができるようになる点も見逃せません。

しかも宣伝広告が一切入らないというオマケ付き。

 

無料登録して使うだけでも価値のある音楽配信サービス

もはや無料会員でも「ラインミュージック」を使う価値は十分にあると言っても過言ではありません。

無料登録するだけでもフル尺再生できるので、登録しておいて損は一切ないと思います。

 

3か月無料体験期間もありますし、ぜひこの機会に「ラインミュージック」を使ってみてはいかがでしょうか。
チャンス

 


「LINE MUSIC」を無料ダウンロード

 

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

音楽配信サービス「ラインミュージック」とは|LINE MUSICのデメリット

ここでは音楽配信サービス「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を利用することのデメリットについて、解説していきます。

 

とは言ったものの正直なところ「ラインミュージック」には特に取り上げるようなデメリットはなく、先にお伝えした音楽配信サービス全般のデメリット「権利の無いアーティストの楽曲が聴けない」「楽曲の再生にはデータ通信が不可欠」という2点が気になるくらいです。

強いて特有のデメリットを捻り出すのであれば「ビットレート」が問題になるかもしれないので、念のため触れておきたいと思います。

 

高ビットレート320kbpsがデータ量増大につながる・・・?

「ラインミュージック」の高いビットレートによる高音質はサービスの売りの一つですが、このビットレートが高い分だけデータ通信量が多くなったり、音楽データが大きくなったりすることが逆にデメリットとして捉えられるのも確かです。

 

高音質な分だけデータ容量は大きくなる

「ビットレート」とは、単位時間あたりに転送・処理されるデータ量のことで、要するにビットレート数が高いほど高音質になります。

 

「ラインミュージック」のビットレートは320kbpsで、Apple MusicやAmazon Music Unlimitedなどの256kbpsよりも高音質ですが、その分だけデータ通信量も多いのが特徴です。

単純計算で320kbpsは256kbpsの1.25倍に相当するので、1時間の再生あたり約125MBを消費することになります。

 

あらかじめ楽曲をダウンロードすることでデータ通信量の問題はクリアできますが、音楽データそのものが大きくのでスマホのストレージ容量を圧迫する問題も出てきます。

 

この辺りは、考え方によって「高いビットレート=デメリット」とも捉えられるので、注意が必要でしょう。
チャンス

 

音楽配信サービス「ラインミュージック」とは|まずは3か月間無料トライアル!

音楽配信サービス「ラインミュージック」では、3か月間に渡ってサービスを無料体験できるトライアル期間の提供を行っています。

 

完全無料だから、気兼ねなくお試し体験できます

ラインミュージックなら3か月間、有料会員と同じく機能制限一切無しでサービスをお試し利用することができます。

3か月もあれば音楽配信サービスがどんなものなのか、「ラインミュージック」の利便性の高さなどをじっくり確かめることができるので、非常に助かります。

やはり生活の一部になるようなこの手のサービスは長期間使ってみてその価値が分かってきます。

その意味で3か月間のトライアル期間は、サービスが自分にとって必要なのかを知るにはちょうど良い長さだと思うので、良心的に感じます。

 

何だかんだ言って「百聞は一見に如かず」なので、まずは無料トライアル期間を使ってサービスの良し悪しをチェックしたいところですね。

 

登録にクレジットカード情報は不要

「ラインミュージック」は、無料会員登録の際にクレジットカード情報が要りません。

「LINE ID」があればサクッと登録できるので、登録手続きがとってもストレスフリー!

手続後は、「ラインミュージック」アプリをダウンロードすれば、即音楽を聴くことができるので手間要らず。

 

気楽に始められて、長期間に渡ってお試し利用できて、無料でも十分音楽を楽しめる「ラインミュージック」。

ぜひこの機会にそのサービスの良さを体験してみてくださいね!

チャンス

 

>>【無料登録】「LINE MUSIC」をとりあえず3か月間だけ使ってみる

「LINE MUSIC」を無料ダウンロード

 

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

音楽配信サービス「ラインミュージック」とは|まとめ

【コスパ最強の音楽サブスク「ラインミュージック」】業界最多の楽曲数・LINEとの連携機能・割安な月額料金・3か月無料体験などコスパで選ぶならLINE MUSIC

「【コスパ最強の音楽サブスク「ラインミュージック」】業界最多の楽曲数・LINEとの連携機能・割安な月額料金・3か月無料体験などコスパで選ぶならLINE MUSIC」と題して、国内最多の楽曲配信数と充実の機能群、そして他社サービスには無い付加価値が豊富なコスパ最強の音楽配信サービス「LINE MUSIC(ラインミュージック)」について、詳しくご紹介してきました。

 

まずは3か月間の無料体験で、サービスを体感しましょう!

「ラインミュージック」は他社と比べてもあらゆる面で優れた音楽配信サービスです。

業界最多6,500万曲の楽曲配信数、業界最安値の月額料金、大満足の3か月無料トライアル期間の提供などに加えて、LINEとの強力な連携機能や人気アーティストに会えるスペシャルイベント参加権の付与、そして無料会員でもフル尺再生ができる唯一無二のサービスと、死角の無い優れた音楽サブスク。

 

「百聞は一見に如かず」まずは3か月無料トライアル!

とは言っても、やはり自分で実際にサービスに無料登録して体験してみるのが一番でしょう。

「ラインミュージック」のサービスの良し悪しをチェックするためにも、まずはとりあえず3か月間のトライアル期間を有効活用してほしいと思います。

 

重ねてお伝えすると「ラインミュージック」は、無料会員でも十分に音楽を楽しめる音楽配信サービスなので、無料会員登録しておいて損の無い音楽配信サービスです。

有料サービスに興味の無い方でも満足できるサービス内容になっているので、ぜひこの機会に無料会員登録をして音楽を思う存分堪能してほしいと思います。

 

>>【無料登録】「LINE MUSIC」をとりあえず3か月間だけ使ってみる

「LINE MUSIC」を無料ダウンロード

 

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

【2020年】音楽配信サービスを徹底比較

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

CD1枚2,000円で買う時代が終わり、今や定額料金で好きな曲を好きなだけストリーミング再生で聴く「音楽配信サービス」の時代がやってきました。

そんな高コスパな音楽配信サービスは数多く存在していて、その良し悪しは非常に分かりにくくなっています。

 

そこで当サイトでは、サービスごとの特徴をまとめた比較記事を公開しています。

自分にとって最良の音楽配信サービスが知りたい方は、下記の記事をチェック!

関連リンク【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-音楽ストリーミングサービス
-, ,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ