【dマガジンの月額料金】月額440円で500誌以上が読み放題ってお得?雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金について

雑誌読み放題サービス

【dマガジンの月額料金】月額440円で500誌以上が読み放題ってお得?雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金について

「dマガジン」の月額料金について徹底考察!!

本記事の想定読者

  • 雑誌読み放題サービス「dマガジン」の利用を検討している
  • dマガジンの月額料金ってお得感はあるの?
  • 月額料金以外に掛かるお金ってある?
  • 他社と比べてdマガジンの月額料金はリーズナブル?
  • そもそもdマガジンを契約すること自体、お得なのか?
  • とりあえず1か月間無料で使ってみて、サービスの有用性を確かめたい

 

本記事は、上記のようなお悩み・ご要望に応える記事になります。
チャンス

 

雑誌サブスクの中でも優れたコスパを誇る「dマガジン」

雑誌読み放題サービス「dマガジン」は、月額440円(税込)で500誌以上の電子雑誌が読み放題になる、業界屈指のコストパフォーマンスを誇るサービスです。

業界で唯一ライバル関係にあると言える「楽天マガジン」と比較しても、dマガジンは多くの方にとって一層魅力的に映る点が多くあるので、当サイトでも「最初に契約するならコレ!」というスタンスでdマガジンの利用をオススメしています。

 

雑誌の種類が豊富で特にバックナンバー・独占雑誌数が充実していること、アプリ機能の充実度や使い勝手が良いこと、そして月額440円(税込)と雑誌一冊分以下の料金で読み放題になる割安さなどから、dマガジンは他のサービスよりも一歩リードしている印象を受けます。
チャンス

関連記事【dマガジン・楽天マガジン比較】読める雑誌・使い勝手の良さ・月額料金・無料お試し期間などガチ比較!dマガジンと楽天マガジンどっちがオススメ?

 

dマガジンの月額料金のお得感をチェックしましょう!

本記事では、雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金440円(税込)のお得感について、解説していきます。

結論から言って「すべてのユーザーにとって最良の選択」と言えるような絶対的な優位性は認められないものの、現状で最もサービス全体のバランスが良く、それゆえコストパフォーマンスが高いことは疑いのない事実なので、最初に契約するには最適な選択肢と言っていいでしょう。

 

今なら31日間に渡ってdマガジンを無料お試し利用できるサービスを実施しているので、ぜひこの機会にdマガジンの便利さを体感してみてくださいね!
チャンス

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

 

では早速、雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金について、詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

dマガジンの月額料金|月額料金について

ここでは雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金とこれに関する事柄について、解説していきます。

 

月額料金は440円(税込)

dマガジンの月額料金は440円(税込)です。

これは業界全体で比べると、下記のような位置づけになります。

 

サービス名 月額料金(税込)
楽天マガジン 418円
auブックパス 418円
dマガジン 440円
タブホ 500円
ブック放題 550円
ひかりTVブック 550円
FODマガジン 976円
Kindle Unlimited 980円
U-NEXT 2,189円

 

上に位置しているほど月額料金が安くなっていて、dマガジンは3番目の安さと純粋な価格競争においても割安な部類に入ることが分かりますね。

 

月額料金以外に掛かる料金は一切無し

dマガジンのサービスは月額料金440円(税込)にすべて含まれているので、その他に追加料金を請求されることは一切ありません。

他社サービスでは、特定のコンテンツを利用する際に別料金を求められることがあるので、この点はdマガジンの良心的サービス内容が輝いて見えますね。

ちなみに雑誌を読むうえで欠かせないデータのダウンロードに対しては、すべての雑誌読み放題サービスでデータ通信量を消費します。

そのため雑誌データは可能な限り自宅や無料で使えるWi-Fi環境下で行うことをおすすめします。

 

純粋な価格勝負でも負けていない「dマガジン」は、サービス内容の充実度を考えると「auブックパス」は相手にならず、「楽天マガジン」に対しても十二分な対抗力を持っているので、実質的に多くの方にとっての最良サービスと言え、事実上の最高コスパを持つ雑誌サブスクサービスと言えます。

その根拠については、次の項目で解説していきましょう。

チャンス

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

>>本記事の目次へ戻る

dマガジンの月額料金|他社サービスとの比較

ここでは雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金440円(税込)を他社サービスとの比較から、その妥当性を見ていきます。

 

各社のサービス内容を比較

早速、雑誌読み放題サービス各社のサービス内容を比較してみましょう。

 

雑誌の取り扱い数

まずは各社が取り扱っている雑誌数をチェックしてみましょう。

 

サービス名 取り扱い雑誌数
dマガジン 500誌以上
楽天マガジン 500誌以上
ブック放題 350誌
auブックパス 300誌
タブホ 900誌
※700誌以上がムック本※
ひかりTVブック 900誌
※700誌以上がムック本※
FODマガジン 130誌
Kindle Unlimited 190誌
U-NEXT 80誌

 

タブホ・ひかりTVブックの雑誌数には要注意

まずお伝えしておきたいことは、「タブホ」および「ひかりTVブック」が取り扱っている雑誌数900誌のうち700誌以上がムック本や増刊号で、一般誌に限ってはわずか200誌ほどに留まるため、この数字にはそれほど大きな意味が無いということです。

つまり900誌という数字は見掛け倒し以外の何ものでもないので、この点については重々注意すべきです。

 

これについては下の記事が参考になるでしょう。

関連記事【雑誌読み放題サービス別・読める雑誌タイトル一覧】最大500誌以上が読み放題!雑誌読み放題サービス主要5社で読める雑誌タイトルを一覧掲載

 

タブホの取り扱い雑誌数が見掛け倒しとすると、やはり雑誌の豊富さは「dマガジン」と「楽天マガジン」が群を抜いてますね。

ただバックナンバーや独占雑誌数が多い分だけ「dマガジン」の方が魅力的だとは思います。

チャンス

 

雑誌読み放題サービスに欠かせない機能

続いては、雑誌読み放題サービスを快適に利用するうえで不可欠な機能の対応状況をチェックしましょう。

雑誌読み放題サービスとして漏れなく押さえておいてほしい機能は、下記の通りです。

 

サービスに欠かせない機能

  • マルチデバイス機能(同時接続台数)
  • 検索機能
  • ランキング機能
  • バックナンバー閲覧
  • ダウンロード機能
  • お気に入り機能/ブックマーク機能

 

以上の機能のサービスごとの対応状況を、下記の一覧表にまとめました。

 

サービス名 マルチデバイス 検索 ランキング バックナンバー ダウンロード お気に入り/ブクマ
dマガジン 合計6台
スマ・タブ:5台
ブラウザ:1台
記事単位 〇/〇
楽天マガジン 合計7台
スマ・タブ:5台
ブラウザ:2台
雑誌単位 〇/〇
ブック放題 合計6台
スマ・タブ:5台
ブラウザ:1台
雑誌単位 〇/×
auブックパス 合計5台 雑誌単位 〇/〇
タブホ 合計3台 雑誌単位 〇/〇
ひかりTVブック 合計3台 雑誌単位 〇/〇
FODマガジン 合計5台 雑誌単位 × 〇/×
Kindle Unlimited 合計6台 雑誌単位 × 〇/〇
U-NEXT 合計4台 雑誌単位 × × 〇/×

※「スマ・タブ」=スマホ・タブレット

 

マルチデバイスは「楽天マガジン」が優位

一つの契約で同時に利用できるデバイスの数は、「楽天マガジン」が最多7台に対応しています。

ただスマホ・タブレットでの閲覧ではなく、あくまでパソコンによる閲覧台数が1台多いという状況なので、実質的には「dマガジン」「ブック放題」「Kindle Unlimited」の合計6台とそれほど差は無いように思います。

 

検索機能は「dマガジン」が圧倒的に便利

「dマガジン」を最強の雑誌読み放題サービスたらしめている所以でもありますが、検索機能は断トツで「dマガジン」が高性能です。

他社が雑誌を対象とした検索しか行えないのに対して、dマガジンは記事単位で検索結果を表示させることができます。

そのため500誌以上の雑誌の中から特定のキーワードに該当する記事を瞬時にあぶり出すことができて、さらに検索結果を選択するだけで即座に掲載箇所にアクセスできるわけです。

このアドバンテージは電子書籍ならではの利点ですし、dマガジンだけの特権でもあります。

 

バックナンバーも「dマガジン」が豊富

上の表では分かりかねますが、「dマガジン」のバックナンバー提供数は業界トップの品揃えを誇っています。

せっかくそれ相応の月額料金を支払うならバックナンバーも豊富に揃っていた方がいいですよね。

これについての詳細は別記事で公開しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

関連記事【dマガジンで読めるバックナンバーまとめ】最大1年分2,500冊以上のバックナンバーが読み放題!dマガジンで配信中の既刊号ラインナップを一挙ご紹介

 

お気に入り/ブックマーク機能は、地味に欠かせない機能

好きな雑誌を指定する「お気に入り機能」と雑誌内の気になる箇所をチェックしておく「ブックマーク機能」は、いずれも電子雑誌を快適に読むうえで欠かせない機能です。

もちろんdマガジンは両方を備えていますが、逆に「ブック放題」「FODマガジン」「U-NEXT」には備わっていないので、この点は十分注意すべきでしょう。

 

以上のことから「dマガジン」のサービス内容は、他社に比べて劣る点は少なく、むしろサービス内容全体が高い水準でバランスが取られていることが分かります。

それゆえdマガジンの月額料金は、一層リーズナブルでコスパが良いという実感がわいてきますよね。

チャンス

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

>>本記事の目次へ戻る

dマガジンの月額料金|雑誌の販売価格と比較

ここでは雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金を払ってまで雑誌を読む必要があるのか、その経済的メリットについて解説していきます。

 

dマガジンの月額料金は、雑誌一冊分に満たない

他社サービスと比較してもコスパの高さが窺えるdマガジンですが、実際に販売されている雑誌の価格と比較しても、いかにdマガジンがお得であるかを垣間見ることができます。

 

実のところdマガジンの月額料金は、ほとんどの雑誌一冊分の価格を下回っています。

参考として一部雑誌の価格を見てみましょう。

 

雑誌名 販売価格(税込)
Mart 780円
VERY 780円
MEN'S NON-NO 890円
Tarzan 650円
日経トレンディ 690円
anan 700円
オレンジページ 550円
東京カレンダー 815円
SCREEN 920円
Number 640円
ゴルフダイジェスト 480円
ディズニーファン 860円
アニメディア 1,070円

 

書店で販売されているほんの一部でしかありませんが、そのすべてがdマガジンの月額料金440円(税込)を超えているのがお分かりいただけると思います。

つまりdマガジンを使えば、わずか一冊に満たないお金を支払うだけで上記すべてを含む500誌以上の雑誌が読み放題になるわけです。

ここまで安すぎると、もはやディスプレイ越しに雑誌を読むことを許せる雑誌読者の方であれば、確実にお得になると断言できるほどコスパの良いサービスと言っていいでしょう。

 

従来では考えられないようなお得感満点のサービス、それが雑誌読み放題サービス「dマガジン」です!
チャンス

 

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

>>本記事の目次へ戻る

dマガジンの月額料金|まとめ

【dマガジンの月額料金】月額440円で500誌以上が読み放題ってお得?雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金について

「【dマガジンの月額料金】月額440円で500誌以上が読み放題ってお得?雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金について」と題して、雑誌読み放題サービス「dマガジン」の月額料金の概要をはじめ、dマガジンの月額料金が妥当であるかについて、詳しく解説してきました。

 

最強コスパを誇る「dマガジン」で雑誌サブスクの便利さを体験!

雑誌読み放題サービス「dマガジン」は、その月額料金に見合う以上のサービス内容を有する高コスパサービスであることが、本記事を通じてお分かりいただけたと思います。

もし雑誌読み放題サービスの利用を検討しているのであれば、まずは「dマガジン」を無料お試し利用してみて、その価値を判断してみてはいかがでしょうか。

サービス内容と価格がベストなバランスで保たれている「dマガジン」なら、きっと良い雑誌閲覧体験が得られるはずです。

 

ぜひこの機会に「dマガジン」の利便性の高さを体験してみましょう!
チャンス

 

雑誌読み放題サービスは「dマガジン」が最適解

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」がオススメ

僕が今ある「雑誌読み放題サービス」すべてを使い倒して辿り着いた結論は、間違いなくdマガジン」が最強・最良の雑誌読み放題サービスということです。

これから初めて「雑誌読み放題サービス」を契約する方はもちろん、既に他のサービスを利用中の方にも「dマガジン」はオススメです。

 

 

ちなみにドコモユーザーじゃなくても利用できますよ。
チャンス

 

「dマガジン」が雑誌サブスクサービス最強の理由

迷わず「dマガジン」をオススメすることには、もちろん理由があります。

 

【理由1】「dマガジン」は、サービス内容に死角が無い

まず「dマガジン」は、「雑誌読み放題サービス」が備えておくべきサービスの基本事項・契約するうえでの前提条件をすべて押さえていることが挙げられます。

つまりサービスとして致命的な欠点が存在しないということです。

 

「dマガジン」はサービスの基本スペックに死角なし

  • 月額料金440円(税込)は、業界トップクラスの割安さ
  • 雑誌の取り扱い数が業界最多(独占配信している雑誌数も最多)
  • アプリ操作がシンプルで使いやすい
  • 雑誌に特化したサービスだから、雑誌が読みやすい
  • 「ダウンロード機能」対応だからオフライン環境でも読める
  • マルチデバイス対応で最大6台同時利用できる
  • お気に入り機能・ブックマーク機能で読みたい雑誌に即アクセスできる
  • バックナンバーも最大1年分遡って読める
  • 無料お試し期間が31日間あるから安心

 

以上のポイントはサービス選びの際にチェックしてほしい項目ですが、「dマガジン」はこれらを網羅的に押さえているので、まずサービスを使っていて不満に感じることはないでしょう。

「dマガジンで不満に思うことは、他のサービスでも同様に不満に思う」と言っても過言ではないくらい、「dマガジン」の基本サービスは充実しています。

 

【理由2】「dマガジン」を選ぶ最大の理由は、最強の検索機能

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」の検索機能でナナメ読み!「dマガジン」の検索機能ならレシピや有名人の名前で記事検索が可能

そして「dマガジン」を”最強の雑誌サブスク”たらしめている根拠であり、「dマガジン」を選ぶべき最大の理由は、業界最強の検索機能を持っているためです。

 

他社サービスの検索機能は、検索キーワードを含む「雑誌」を単純に表示するだけに留まります。

一方で「dマガジン」の検索機能は、500誌以上の雑誌の中から検索キーワードを含む「記事ページ」を明確に提示してくれるんです。

 

例えば「鬼滅の刃」と入力して検索をかけた場合、他社サービスでは鬼滅の刃について書かれた内容が掲載されている雑誌名が表示されます。

これが「dマガジン」の場合、鬼滅の刃について書かれた特集ページ一つひとつをピックアップして表示してくれて、その検索結果をタップするだけで瞬時に読みたいページにアクセスすることができるんです。

これなら調べたいこと・知りたいことだけにフォーカスして次々と雑誌を斜め読みできますよね。

超画期的。

 

デジタルな電子雑誌だからこそ実現できた素晴らしい検索機能、これを唯一提供しているのが「dマガジン」!!
チャンス

 

無料お試しで実感してほしい「dマガジン」の利用価値

これまでお伝えしてきたように「dマガジン」は、最初にとりあえず使ってみるサービスとしては最良の選択です。

ただ「dマガジン」が本当に価値あるサービスかどうかを判断するのは、あなた自身です。

あなたが実際にサービスを利用してみて、どう感じるか。その印象で良し悪しは明らかになります。

だからこそ僕は、とりあえず騙されたと思って、一度「雑誌読み放題サービス」を使ってみてほしいと思っています。

 

僕自身、これまでずっと「雑誌読み放題サービス」の価値を知らずに過ごしていましたが、ふとしたきかっけで利用したところ、その便利さにカルチャーショックを受けました。

一見するとまったく斬新さの無い平凡なサービスに見えるので、その存在をスルーしてしまいがちですが、この機会をターニングポイントとして、サービスをお試し利用してみませんか?きっとあなたも気に入るはずです。

チャンス

 

今なら無料で31日間お試し体験できますよ。

>>「dマガジン」を31日間無料で使ってみる

 

 

雑誌読み放題サービス9社の比較記事も公開中

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!

圧倒的な価値を提供している「dマガジン」ですが、「楽天マガジン」「ブック放題」など他にも魅力的なサービスは存在します。

「dマガジン」を含めた雑誌読み放題サービス9社を徹底比較したまとめ記事を公開しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

関連記事【雑誌サブスク比較】選んで損なしのサービスを厳選!!毎月500誌以上が読み放題になるオススメ雑誌読み放題サービス|雑誌サブスクは「dマガジン」が神サービス

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-雑誌読み放題サービス
-, ,

© 2021 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ