【雑誌読み放題サービスとは?】雑誌一冊分の月額料金で500誌以上が読み放題になるサブスクリプション「雑誌読み放題サービス」について

雑誌読み放題サービス

【雑誌読み放題サービスとは?】雑誌一冊分の月額料金で500誌以上が読み放題になるサブスクリプション「雑誌読み放題サービス」について

超お得&手軽に雑誌を読むなら「雑誌読み放題サービス」が最適!

本記事の想定読者

  • 日ごろから紙媒体の雑誌をいくつか愛読している
  • 最近「雑誌読み放題サービス」というサービスが気になっている
  • 「雑誌読み放題サービス(雑誌サブスク)」とは、いったい何なのか知りたい
  • 月額料金を払ってまで雑誌を読む必要ってあるの?
  • 雑誌読み放題サービスを利用するメリットって?
  • 結局のところ、どのサービスを選んだらいいのか分からない

 

本記事は、上記のようなお悩み・ご要望に応える記事になります。
チャンス

 

紙の雑誌を買っているなら、ぜひ雑誌サブスクに注目してほしい!

店頭で紙の雑誌を毎月1冊でも買っている方は、ぜひとも「雑誌読み放題サービス」のコスパの良さ・使い勝手の良さに注目です!

恐らく大多数の方は「えっ、紙で読むよりサブスクで読んだ方がダンゼンお得じゃん・・・」と気付いてもらえるはず。

詳しくは後ほど解説しますが、疑いの余地無くお得で使い勝手が良いサービス、それが「雑誌読み放題サービス」なんです。

 

僕も2020年になって使い始めたレイトマジョリティなユーザーですが、試しに使ってみて大正解!

雑誌を読むスタイルが一新されて、メチャクチャ有意義に時間を過ごせるようになりましたよ!

チャンス

 

「雑誌読み放題サービス」の価値やメリットなどについて解説します

本記事では、まったく新しい雑誌の読み方を提供してくれるサブスクリプションサービス「雑誌読み放題サービス」の価値やメリットなどについて、サクッと解説していきます。

本記事を読めば「雑誌読み放題サービス」について一通り理解できて、さらに選んで損のないおすすめの「雑誌読み放題サービス」についても知ることができますよ。

ぜひこの機会に「雑誌読み放題サービス」の魅力を知って、その経済的メリットや有用性を感じてほしいと思います。

 

それでは早速、「雑誌読み放題サービス」について詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

雑誌読み放題サービスとは?|「雑誌読み放題サービス」について

ここでは雑誌一冊分の料金で500誌以上の雑誌が読み放題になる「雑誌読み放題サービス」について、解説していきます。

 

もはや、お得でしかないサブスクリプションサービス

「雑誌読み放題サービス」とは、読んで字の如くですが、月額料金を支払うことで数百種類の電子雑誌をスマホ・タブレット・パソコンなどのデバイスで無制限に読めるサービスのことです。

サービスについて分かりやすく端的にまとめると、以上の解説がすべてと言っていいくらいですが・・・。

 

このサービスが注目に値する理由は、紙媒体に比べて雑誌を読むコストパフォーマンスが異常に高いこと、そして紙媒体からは決して得られない利便性の高さにあります。
チャンス

 

雑誌一冊分の料金で、毎月500誌以上が読み放題!!

雑誌読み放題サービスの月額料金は500円が相場ですが、この料金を支払うだけでフルサービスが受けられます。

つまり月額500円を支払うだけで500種類以上の雑誌がすべて読めるということです。

 

ほんの一例に過ぎませんが、例えば下記のような雑誌が読めるようになります。

 

毎月読み放題になる雑誌タイトル(一例)

  • Mart
  • VERY
  • ViVi
  • MEN'S NON-NO
  • Tarzan
  • 日経トレンディ
  • anan
  • 東京カレンダー
  • dancyu
  • クロワッサン
  • オレンジページ
  • SCREEN
  • AERA
  • プレジデントファミリー
  • ディズニーファン
  • ファミ通
  • アニメディア
  • CARトップ
  • サッカーダイジェスト
  • 週刊東洋経済
  • ナショナルジオグラフィック

 

これらがすべて月額500円・・・このコスパの高さ、ハンパないと思いませんか?

 

しかも電子雑誌という性質から、紙媒体と違って数百種類の雑誌すべてを持ち運ぶことができる点や、雑誌を横断的にキーワード検索して情報を瞬時に見つけ出せる点なども「雑誌読み放題サービス」ならではのメリットとして挙げられますよ。
チャンス

 

毎月500円で雑誌に関係する多くのストレスから解放される!!

「雑誌読み放題サービス」を利用すれば、経済的な恩恵や使い勝手の良さが得られることに加えて、次のようなストレスから解放される点も見逃せません。

 

サービス利用によって解放される煩わしさ

  • 複数の雑誌を買って数千円を失う
  • わざわざ店頭に行く手間をかけて購入する
  • 購入するために貴重な時間を浪費する
  • 複数冊の雑誌を持ち運ぶ場合、とにかくかさばるし重たい
  • 読みたいときに限って雑誌を持ってなくて読めない
  • 読み終わった雑誌を処分する

 

ザッと挙げただけでも、これだけのストレスから「雑誌読み放題サービス」は私たちを解放してくれます。

 

「雑誌って、別に紙じゃなくてもいいんじゃない?」

 

”紙”という媒体にこだわりが無い方で、毎月雑誌を一冊でも買っている方なら、もはや「雑誌読み放題サービス」は契約しない理由が無いくらい価値のあるサービスと言っていいでしょう。

 

次の項目で「雑誌読み放題サービス」を利用するメリットについて、より深掘りしていきましょう!
チャンス

 

>>本記事の目次へ戻る

雑誌読み放題サービスとは?|利用価値・メリットについて

ここでは月額500円で500誌以上が読み放題になる革新的なサービス「雑誌読み放題サービス」を利用する価値やメリットについて、詳しく見ていきます。

 

そもそも月額料金を払って雑誌を読む必要が・・・?

真っ先に思うのは「毎月決まったお金を払ってまで雑誌を読む意義や必要性ってあるの?」ということではないでしょうか。

結論から言ってしまうと、経済的メリットだけを考えても、支払う価値大アリですよ!!

 

月に一冊でも雑誌を買っているなら、契約しない理由がありません!!

例えば「dマガジン」という雑誌読み放題サービスを想定してお話していきますが、dマガジンの月額料金は440円(税込)と雑誌一冊分に収まる料金設定になっています。

つまり月に一冊でも雑誌を定期購入している方なら99.9%お得に雑誌が読めるので、雑誌読み放題サービスを契約しない理由が無いんです。

 

本当に雑誌一冊分の料金に収まる月額料金なのか、実際に代表的な雑誌を引き合いに出して、おおよその販売価格をチェックしてみましょう。

 

雑誌名 販売価格(税込)
Mart 780円
VERY 780円
MEN'S NON-NO 890円
Tarzan 650円
日経トレンディ 690円
anan 700円
オレンジページ 550円
東京カレンダー 815円
SCREEN 920円
Number 640円
ゴルフダイジェスト 480円
ディズニーファン 860円
アニメディア 1,070円

 

あくまで一例に過ぎませんが、上に挙げた雑誌の価格は軒並み「dマガジン」の月額料金440円(税込)を超えています。

この表からも「dマガジン」の月額料金が雑誌一冊分の価格に満たないことは明らかなので、やはり紙の雑誌を買うよりも「雑誌読み放題サービス」で読んだ方が圧倒的にお得と言えそうです。

 

「このバリュー感、サービス提供者は気が触れているのか・・・?」

お得すぎてかえってユーザー側が不安になってしまうほどのバリュー感ですよね、だって紙で買ったら1冊しか買えない金額なのに、電子雑誌になった途端、500誌以上が読み放題になるわけですから。

 

スマホ・タブレット・パソコンで雑誌を読むことに抵抗が無いのであれば、もはや契約しない理由が無いことは、紛れもない事実ということがお分かりいただけたと思います。

 

”狂気の沙汰”なお得感だけ考慮しても、「雑誌読み放題サービス」を契約する理由は十分ですね。

これまで紙の雑誌に何千円、何万円と支払ってきた過去を恨みましたよ・・・

チャンス

 

【まとめ】サービス利用によって享受できるメリット

ここでは、これまで解説してきた経済面のスーパーアドバンテージを含めた、雑誌読み放題サービスを利用することで得られるメリットについてまとめてみました。

 

雑誌読み放題サービスで得られるメリット

  • 雑誌一冊ほどの月額料金で毎月500誌以上が読み放題になる
  • 店頭に行って買う時間と手間がかからない
  • 何冊でも持ち運べて、いつでもどこでも自由に読める
  • 電子雑誌だから何冊持ち運んでも全然重たくない
  • 雑誌を処分する手間も一切掛からない
  • 必要なときだけ契約して読むこともできるから、さらに経済的!
  • 電子雑誌の特権「検索」機能を使えば、複数雑誌のナナメ読みが楽々できる注目ポイント

 

デジタルならではのメリット:「検索」機能

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」の検索機能でナナメ読み!「dマガジン」の検索機能ならレシピや有名人の名前で記事検索が可能

経済的・物理的メリットの価値は計り知れないものがありますが、それ以上に注目したいのは「検索」機能を駆使して複数雑誌をナナメ読みできることです。

これまで紙の雑誌では到底できなかった恩恵の最たるもので、特に雑誌読み放題サービス「dマガジン」の検索機能は秀逸なことで知られていて、素晴らしい読書体験が得られますよ。

 

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」の検索機能でナナメ読み!「dマガジン」の記事検索がメチャ便利

「検索」機能を駆使すれば、情報収集がスーパーコンピューターの如く捗ります。

入力したキーワードに該当する記事が500誌以上の雑誌の垣根を越えてピックアップされて、瞬時に一覧表示される体験は、もはや快感。

「検索」機能を一度味わったら最後、もうアナログの紙には戻れません。

 

dマガジンの「検索」機能については、後ほど改めてご紹介しましょう。
チャンス

 

>>本記事の目次へ戻る

雑誌読み放題サービスとは?|主なサービスをご紹介

ここでは月々定額料金で数百タイトルの雑誌が読み放題になるサブスクリプションサービス「雑誌読み放題サービス」の中でも、特におすすめのサービスTOP3をご紹介します。

 

雑誌を読むことが目的なら、以下でご紹介する3サービスの中からチョイスすれば、サービス選びに失敗することはありません!!
チャンス

 

第1位:dマガジン

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」がオススメ

最もオススメしたい雑誌読み放題サービスは、すべての雑誌読み放題サービスの中で最も欠点が少なく安定したサービス内容を誇る「dマガジン」です。

 

雑誌ラインナップ数 500誌以上
月額料金(税込) 440円
無料トライアル期間 31日間
デバイスの同時利用可能台数 スマホ・タブレット:5台
ブラウザ:1台
ダウンロード機能
検索機能 記事ごとに検索可能
独占雑誌
  • ニューズウィーク日本版
  • SPRiNG
  • 美人百花
  • FUDGE
  • steady.
  • InRed
  • sweet
  • mini
  • リンネル
  • 素敵なあの人
  • 大人のおしゃれ手帖
  • otona MUSE
  • GLOW
  • ヨガジャーナル日本版
  • & ROSY
  • いぬのきもち
  • ねこのきもち
  • ハルメク
  • 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
  • JUNON
  • 鉄道ファン
  • 歴史人
  • 月刊バスケットボール
  • ラグビーマガジン
  • ランニングマガジン・クリール
  • バドミントン・マガジン
  • footbollista
  • ボクシングマガジン
  • 月刊バレーボール
  • 報知高校野球
  • 陸上競技マガジン
  • CG (CAR GRAPHIC)
  • 相撲
  • LEON
  • men's FUDGE
  • モノ・マガジン

 

【おすすめポイント1】圧倒的な利便性を誇る「検索機能」

「dマガジン」最大の利点は、電子雑誌だからこそ実現できる、他社を圧倒する利便性MAXの「検索機能」にあります。

読みたい雑誌や記事に関連するキーワードを入力して検索すると、検索キーワードと関連性の高い”記事”を取り扱っている500誌以上の雑誌全体から網羅的に検索して抽出してくれます。

他社の検索機能では”記事”ごとの検索結果は表示されず、あくまで”雑誌”単位に留まります。

 

例えばカレーライスのレシピを検索したい場合は「カレーライス レシピ」と検索すれば、500誌の中から関連する記事をピックアップ表示してくれます。

このキーワードは有名人の名前や商品名でも検索可能なので、あらゆる情報収集を効率的にこなすことに貢献してくれますよ。

 

【おすすめポイント2】一般的な雑誌を網羅的に取り扱っているラインナップの豊富さ

雑誌読み放題サービスの肝と言える雑誌の取扱数が断トツに多いのも特徴です。

他社に比べて圧倒的に豊富な500誌以上をラインナップしていて、バックナンバーも最大1年分(約2,500冊)を遡ってチェックできます。

「いろんな雑誌をたくさん読みたい!」というニーズを最も叶えてくれるサービスと言っていいでしょう。

その割に月額料金が440円(税込)とリーズナブルな点もポイント高いですね、雑誌一冊分の料金で毎月500冊が読み放題になるわけなのでお得以外の何ものでもありません。

 

独占配信している雑誌の種類が豊富なのも「dマガジン」の特徴です。
チャンス

 

【おすすめポイント3】最も雑誌が読みやすい操作画面

私見で恐縮ですが、すべての雑誌読み放題サービスを体験した僕の独断・偏見では「dマガジン」は全サービスで一番使いやすいと感じました。

「ここにこのボタンがあったら便利なのに」という気持ちに応えてくれている操作画面なんですよね。

 

使いやすさの良し悪しはつまるところ個々人の感じ方によりますが、少なくとも「dマガジン」が”雑誌読み放題”に特化したサービスだからこそ使い勝手が良いのだと思います。

他社は雑誌の他にマンガや動画などを一つのアプリで提供しているので、どうしても雑誌に特化した操作画面を提供できていません。

 

いずれにしても「dマガジン」の便利すぎる検索機能付きで500誌が読み放題っていうアドバンテージは、他社の追随を許さない魅力ですね。

まず最初に雑誌読み放題サービスを試しに使ってみるなら「dマガジン」が最良の選択と言って間違いありません。

チャンス

 

>>とりあえず無料で「dマガジン」を31日間使ってみる

 

第2位:楽天マガジン

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|おすすめのサービス3選:第2位「楽天マガジン」

「dマガジン」に次いでオススメの雑誌読み放題サービスは「楽天マガジン」です。

 

雑誌ラインナップ数 500誌以上
月額料金(税込) 418円
(年間プランで月々330円)
無料トライアル期間 31日間
デバイスの同時利用可能台数 スマホ・タブレット:5台
ブラウザ:2台
ダウンロード機能
検索機能 雑誌ごとに検索可能
独占雑誌
  • 美しいキモノ
  • ELLE mariage
  • 25ans ウェディング
  • Tokyo graffiti
  • HugMUG
  • Richesse
  • +1 Living
  • 大人の名古屋
  • Cinema ★ Cinema
  • メガミマガジン
  • オトメディアステミュ
  • コスプレイモード
  • カメラマン
  • SOCCER KING
  • イーグルス・マガジン
  • Motor Magazine
  • オートバイ
  • ホリデーオート
  • FINEBOYS plus SUIT
  • Esquire The Big Black Book

 

【おすすめポイント1】最強のコストパフォーマンス

雑誌読み放題サービス最強のコスパを発揮しているのが「楽天マガジン」と言って間違いありません。

唯一「dマガジン」に対抗できる500誌以上のラインナップを誇りながら月額418円(年間プランで月々330円)はかなりお得です。

月額料金の割安さで選ぶなら、断トツで「楽天マガジン」でしょう。

 

【おすすめポイント2】楽天ポイントが貯まる・使える

「楽天マガジン」の月額料金を支払うと楽天ポイントが貯まる点は、何気に見逃せないアドバンテージでしょう。

楽天関連サービスを利用している方、楽天経済圏に身を置いている方なら迷わず「楽天マガジン」がお得です。

 

「dマガジン」には無いコスパの良さ、楽天経済圏の魅力に惹かれるのであれば「楽天マガジン」がオススメです!
チャンス

 

>>とりあえず無料で「楽天マガジン」を31日間使ってみる

 

第3位:ブック放題

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|おすすめのサービス3選:第3位「ブック放題」

「dマガジン」「楽天マガジン」とは一線を画したアドバンテージに価値を見出せる方には「ブック放題」がオススメです。

 

雑誌ラインナップ数 350誌
月額料金(税込) 550円
無料トライアル期間 31日間
デバイスの同時利用可能台数 スマホ・タブレット:5台
ブラウザ:1台
ダウンロード機能
検索機能 雑誌ごとに検索可能
独占雑誌
  • 週刊実話
  • 実話ナックルズ
  • パチンコオリジナル必勝法
  • 馬サブロー
  • 風まかせ
  • Octane

 

【おすすめポイント】マンガも読み放題

「ブック放題」最大の特徴は、350誌以上の雑誌に加えてマンガ3万冊が読み放題になることです。

雑誌の取り扱い数は「dマガジン」「楽天マガジン」に劣りますが、マンガも読み放題対象になる点においては圧倒的なアドバンテージを持っています。

最新のマンガは読めず旧作が基本ですが、それでも雑誌とマンガを両方とも高い次元で読み放題になるサービスは唯一無二。

この点に魅力を感じる方は、まず「ブック放題」を試してみるといいでしょう。

 

雑誌とマンガのハイブリッドサービスに魅力を感じるなら、迷わず「ブック放題」をチョイスしましょう。

ただし雑誌コンテンツを重視するなら、やはり「dマガジン」または「楽天マガジン」を選んだ方が賢明でしょう。

チャンス

 

>>とりあえず無料で「ブック放題」を31日間使ってみる

 

>>本記事の目次へ戻る

雑誌読み放題サービスとは?|まとめ

【雑誌読み放題サービスとは?】雑誌一冊分の月額料金で500誌以上が読み放題になるサブスクリプション「雑誌読み放題サービス」について

「【雑誌読み放題サービスとは?】雑誌一冊分の月額料金で500誌以上が読み放題になるサブスクリプション「雑誌読み放題サービス」について」と題して、雑誌一冊分の料金で500誌以上の雑誌タイトルが読み放題になるサブスクリプションサービス「雑誌読み放題サービス」について、詳しく解説してきました。

 

サービス選びに迷っているなら「dマガジン」で始めてみませんか?

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」がオススメ

dマガジン」は、僕が今ある「雑誌読み放題サービス」すべてを使い倒して辿り着いた雑誌サブスクの最適解です。

これから初めて「雑誌読み放題サービス」を契約する方はもちろん、既に他のサービスを利用中の方にも「dマガジン」はオススメです。

 

 

ちなみにドコモユーザーじゃなくても利用できますよ。
チャンス

 

「dマガジン」が雑誌サブスクサービス最強の理由

迷わず「dマガジン」をオススメすることには、もちろん理由があります。

 

【理由1】「dマガジン」は、サービス内容に死角が無い

まず「dマガジン」は、「雑誌読み放題サービス」が備えておくべきサービスの基本事項・契約するうえでの前提条件をすべて押さえていることが挙げられます。

つまりサービスとして致命的な欠点が存在しないということです。

 

「dマガジン」はサービスの基本スペックに死角なし

  • 月額料金440円(税込)は、業界トップクラスの割安さ
  • 雑誌の取り扱い数が業界最多(独占配信している雑誌数も最多)
  • アプリ操作がシンプルで使いやすい
  • 雑誌に特化したサービスだから雑誌が読みやすい
  • ダウンロード機能でオフライン環境でも読める
  • マルチデバイス対応で最大6台同時利用できる
  • お気に入り機能・ブックマーク機能で読みたい雑誌に即アクセス可能
  • バックナンバーも最大1年分遡って読める
  • 無料お試し期間も31日間あるから安心

 

以上のポイントはサービス選びの際にチェックしてほしい項目ですが、「dマガジン」はこれらを網羅的に押さえているので、まずサービスを使っていて不満に感じることはないでしょう。

 

【理由2】「dマガジン」を選ぶ最大の理由は、最強の検索機能

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!|「dマガジン」の検索機能でナナメ読み!「dマガジン」の検索機能ならレシピや有名人の名前で記事検索が可能

そして「dマガジン」を最強の雑誌読み放題サービスたらしめている根拠であり、「dマガジン」を選ぶべき最大の理由は、業界最強の検索機能を持っているためです。

 

他社サービスの検索機能は、検索キーワードを含む雑誌を単純に表示するだけに留まります。

一方で「dマガジン」の検索機能は、500誌以上の雑誌の中から検索キーワードを含む記事ページを明確に提示してくれるんです。

 

例えば「鬼滅の刃」と入力して検索をかけた場合、他社サービスでは鬼滅の刃について書かれた内容が掲載されている雑誌名が表示されます。

これが「dマガジン」の場合、鬼滅の刃について書かれた特集ページ一つひとつをピックアップして表示してくれて、その検索結果をタップするだけで瞬時に読みたいページにアクセスすることができるんです。

これなら調べたいこと・知りたいことだけにフォーカスして次々と雑誌を斜め読みできますよね。

超画期的。

 

デジタルな電子雑誌だからこそ実現できた素晴らしい検索機能、これを唯一提供しているのが「dマガジン」!!
チャンス

 

今なら無料で31日間お試しキャンペーン実施中です。

この機会をお見逃しなく!!

>>とりあえず無料で「dマガジン」を31日間で使ってみる

 

 

関連記事【dマガジンの会員登録方法】雑誌サブスク「dマガジン」に無料で新規会員登録する手順|お試し利用期間中だけ使いたいなら、退会は登録直後がオススメ

 

「dマガジン」は直感的かつ分かりやすい操作で雑誌を読めますが、当サイトでは「dマガジン」の使い方を解説した記事も用意しているので、初心者の方も安心して利用できますよ。

関連記事【dマガジンの使い方】雑誌の探し方や雑誌閲覧ビューワの操作方法、各種機能などdマガジン公式アプリの使い方を網羅的に解説

 

雑誌読み放題サービス9社の比較記事も公開中

【雑誌サブスク】月額定額で500誌以上が読み放題!おすすめの雑誌読み放題サービス|結論「dマガジン」の使い勝手が神&コスパ最強!

業界トップクラスの価値を提供している「楽天マガジン」ですが、「dマガジン」「ブック放題」など他にも魅力的なサービスは存在します。

「楽天マガジン」を含めた雑誌読み放題サービス9社を徹底比較したまとめ記事を公開しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

関連記事【雑誌サブスク比較】選んで損なしのサービスを厳選!!毎月500誌以上が読み放題になるオススメ雑誌読み放題サービス|雑誌サブスクは「dマガジン」が神サービス

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-雑誌読み放題サービス
-, , ,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ