【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介

その他製品

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介

ダイソンの羽根なし扇風機で暑い夏を快適に!

 

本記事の想定読者

  • ダイソンの羽根無し扇風機に興味がある
  • Dysonの扇風機はラインナップが複雑でよく分からない・・・。
  • ダイソンの扇風機の選び方が知りたい
  • ダイソン扇風機の使い勝手や電気代ってどうなの?

 

上記のようなお悩み・ご要望にお応えする有意義な情報を掲載していますよ。
チャンス

 

真夏を快適に過ごすための必需品「ダイソン扇風機」

 

年々暑さが増している気がしているのは、僕だけでしょうか・・・。
チャンス

 

うだるような暑さの中、皆さんも扇風機の購入を検討中のこととお察しします。

僕も本格的なサマーシーズン突入に際して扇風機の購入を検討して各メーカーの扇風機を物色。

悩んだ結果ダイソンの羽根無し扇風機「ピュア&クール」シリーズをチョイスするに至りました。

 

ダイソンの扇風機には「空気清浄機能」が標準搭載

「ピュア&クール」シリーズはその名の通り、扇風機としてだけでなく空気清浄機としても使える一石二鳥な製品です。

またヒーター機能を搭載したモデルもあることから、オールシーズン使えることも魅力ですね。

 

ちなみに2020年最新のダイソン扇風機「ピュア&クール」シリーズは、6機種がラインナップされています。

 

「pure」を冠した機種は、空気清浄機能が搭載されている機種になります。

「cool」は扇風機、「humidify」は加湿、「hot」はヒーター機能を指しています。

 

「ピュア&クール」で生活の質を高めましょう!

ダイソン「ピュア&クール」シリーズは、決して安い買物ではありませんが、高いお金を払っただけのリターンは十分得られる代物です。

特に特定の機種が対応している「Dyson Linkアプリ」を使った操作は、生活の質が劇的に向上して一番心に刺さりましたね。

 

それでは早速、暑い夏を快適に過ごす際のお供に最適な羽根無し扇風機、ダイソン「ピュア&クール」シリーズについて見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

2020年最新ダイソン扇風機「ピュア&クール」シリーズ|機種について

ここでは2020年最新のダイソン羽根無し扇風機「ピュア&クール」シリーズのラインナップについて、ご紹介します。

冒頭でもお伝えしましたが、現在「ピュア&クール」シリーズは全6機種が販売されています。

 

 

まずはそれぞれの機種の特徴をチェックしていきましょう。

 

「pure humidify+cool」(型式:PH01)

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure humidify+cool」(型式:PH01)

2019年11月にリリースされた「ピュア&クール」シリーズのフラッグシップモデル「pure humidify+cool (PH01)」です(以下「PH01」と表記)。

現在「PH01」が最新テクノロジーを搭載したダイソン扇風機の最上位モデルになります。

 

潤った風を毎秒320リットル送風して、部屋中に循環

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure humidify+cool」(型式:PH01)

UV-Cライトで除菌した衛生的な水で風に潤いを持たせ、Air Multiplierテクノロジーで毎秒320リットルの空気を部屋全体に循環させて加湿・送風することができます。

「ブリーズモード」を用いれば、そよ風のように自然な涼風を再現できるので、エアコンの風が苦手な方にも最適です。

 

空気中の微細な粒子やニオイを除去

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure humidify+cool」(型式:PH01):空気中の微細な粒子やニオイを除去

密閉性の高い「グラスHEPAフィルター」と「活性炭フィルター」2種類のフィルターの相乗効果でバクテリア・カビ・PM2.5・PM0.1(超微小粒子、ウイルス)などの粒子や、ニオイ・二酸化窒素・ベンゼン・ホルムアルデヒドといった有害なガスをキャッチして空気を浄化させます。

また花粉除去能力の高さを証明する認証を受けていて、花粉を99%以上除去することも可能です。

 

空気の状態をLCDディスプレイにリアルタイム表示

ダイソン「ホット&クール」シリーズ|「Pure Hot+Cool Link(HP04)」は空気の状態をリアルタイムにお知らせ

本体前面に配置した液晶ディスプレイに部屋の空気の状態をリアルタイム表示してくれます。

例えば現在の湿度やPM10・2.5・二酸化窒素・揮発性有機化合物のレベル、フィルターの寿命などの通知を表示してくれます。

スマホを介して専用アプリからも確認できる項目ですが、ディスプレイを見るだけでチェックできるのは何かと便利ですよ。

 

タンク内の水を一滴残さず除菌して、衛生的に加湿

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure humidify+cool」(型式:PH01):タンク内の水を一滴残さず除菌して、衛生的に加湿

「ウルトラバイオレットテクノロジー」の強力なUV-Cライトによって水を一滴残らず照射して、水に含まれる微細な細菌を瞬時に除菌。

除菌された水は抗菌作用のある加湿フィルターを通過して、部屋中を衛生的に加湿してくれます。

 

しかも「PH01」には加湿お手入れ機能も搭載されているので、タンクとフィルターをボタン一つで同時に洗浄することができるので、お手入れも簡単。

タンクやフィルターに付着した水垢を除去して、給水システムを隅々まで洗浄。

衛生的に加湿し続けてくれます。

 

ボタン一つで加湿関連のお手入れが済むのは、ホント助かりますね。
チャンス

 

「Dyson Linkアプリ」でリモート操作

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure humidify+cool」(型式:PH01):「Dyson Linkアプリ」でリモート操作

「Dyson Linkアプリ」をスマホにインストールすることで、「PH01」を遠隔操作することができます。

室内や屋外の空気の状況や、温度・湿度、メンテナンス時期などをスマホの画面越しに知ることができ、さらに本体の電源ON/OFFや送風レベル・首振り機能のON/OFF・タイマー設定なども行えます。

 

さすがフラッグシップモデルだけあって、至れり尽くせりな機能が豊富に搭載されていますよ。
チャンス

 

>>ラインナップ一覧へ戻る

 

「pure hot+cool」(型式:HP04/HP00)

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure hot+cool」(型式:HP04)

フラッグシップモデル「PH01」の加湿機能の代わりにヒーター機能を搭載したモデルが「HP04」及び「HP00」です。

1400Wの消費電力でパワフルな温風の送風が可能になっていて、7畳前後の広さを温めるのに適していると言えそうです。

 

「HP00」は「HP04」の廉価モデル

「HP00」は「HP04」の廉価版に当たるモデルなので、より低性能・低機能になります。

特に消費電力は「HP04」よりも200W落ちるので、部屋を暖める力を重視するのであれば、迷わず「HP04」を購入すべきです。

また「HP00」下記の機能が省かれているので、コスパが悪い印象です。

「HP00」非搭載の機能

  • ディフューズドモード
  • オートモード
  • ナイトモード
  • Dyson Linkアプリ
  • LCDディスプレイ

 

ヒーター機能搭載型を買うなら「HP04」がオススメ

「HP00」は公式サイト価格63,800円(税込)と「HP04」77,000円(税込)よりも割安ですが、かなり多くの機能が省かれているのでコストパフォーマンスが低いと言わざるを得ません。

温風の送風力も200W劣るので、ヒーター機能搭載型のダイソン扇風機は「HP04」を選ぶことをおすすめします。

 

>>ラインナップ一覧へ戻る

 

「pure cool」(型式:TP04/DP04)

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure cool」(型式:TP04)TP04

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure cool」(型式:DP04)DP04

先にお伝えした「PH01」や「HP04」に搭載された加湿機能やヒーター機能などを持ち合わせていない、扇風機+空気清浄機のシンプルなモデルが「TP04」及び「DP04」です。

「TP04」が高さのあるタワー型、「DP04」が低めのボディが特徴のテーブル置き型になります。

 

「TP04」の送風力・空気清浄性能

タワー型の「TP04」の送風力・空気清浄性能は、フラッグシップモデルやヒーター機能搭載モデルと比べても、遜色のないスペックを誇っています。

送風力は「PH01」にやや劣る毎秒290リットルですが、それほど気になる差ではありません。

空気清浄性能は「PH01」とほぼ同等で、「HP04」よりも高く設定されていますよ。

 

一方テーブル置き型の「DP04」はサイズが小さくなるので、その分だけやや性能的には劣る印象です。

 

「加湿」「ヒーター」機能に関心が無ければ「TP04/DP04」が最適です。

あとは送風力・空気清浄性能の高さで選ぶなら「TP04」、テーブル置き型というコンパクトさで選ぶなら「DP04」がおすすめです。

チャンス

 

>>ラインナップ一覧へ戻る

 

「pure cool me」(型式:BP01)

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介|機種について:「pure cool」(型式:BP01)

テーブル置き型「DP04」をさらにコンパクトにしたパーソナルな空気清浄に最適な小型モデルが「BP01」です。

非常に小型軽量なので、デスクに置いて使用できる点が特徴的な扇風機です。

 

スペックは他のモデルに劣る

パーソナルな扇風機ということで他の製品に比べると送風力や空気清浄性能などは劣ります。

また下記の機能が非搭載である点も注意すべきでしょう。

 

「BP01」非搭載の機能

  • ディフューズドモード
  • オートモード
  • ナイトモード
  • Dyson Linkアプリ

 

以上の点が気にならない方であれば、小型軽量な点はラインナップ唯一無二なので魅力的に映るでしょう。
チャンス

 

>>ラインナップ一覧へ戻る

>>目次へ戻る

 

2020年最新ダイソン扇風機「ピュア&クール」シリーズ|選び方

ここでは2020年最新のダイソン羽根無し扇風機「ピュア&クール」シリーズの6機種の中から最良のモデルを選び出す方法について、ご紹介します。

 

全6機種のスペック比較表

まずはこれまでご紹介してきた6機種のスペックをまとめました。

一覧表をチェックして、ご自身のニーズに合ったモデルを確認してみましょう。

 

型式 pure humidify+cool
PH01
pure hot+cool
HP04
pure hot+cool
HP00
pure cool
TP04
pure cool
DP04
pure cool me
BP01
冷風機能
空気清浄機能
加湿機能
温風機能
ディフューズドモード
オートモード
ナイトモード
Dyson Linkアプリ
LCDディスプレイ
上下角度調整
サイズ 高さ
923mm

312mm
奥行
312mm
高さ
764mm

248mm
奥行
248mm
高さ
632mm

222mm
奥行
222mm
高さ
1054mm

223mm
奥行
223mm
高さ
691mm

352mm
奥行
223mm
高さ
401mm

245mm
奥行
245mm
重量 8.29kg 5.70kg 3.90kg 5.06kg 4.72kg 2.80kg

 

加湿・ヒーターが必要か否かで考える

まずはダイソン扇風機に「加湿機能」「ヒーター機能」を求めるか否かについて、考えてみましょう。

 

「加湿機能」が必要な場合

「加湿機能」が欲しい場合は、迷わずフラッグシップモデル「PH01」を選びましょう。

2020年最新ラインナップで唯一「加湿機能」を搭載したモデルなので、この点は他に選択肢はありません。

 

「ヒーター機能」が必要な場合

「ヒーター機能」が欲しい場合は、「HP04」または「HP00」が候補として挙がります。

ただ先述したように「HP00」は「HP04」に比べてかなり機能的に劣るので、コスパを考えると「HP04」の方がオススメです。

ちなみに「HP00」は「HP04」よりも1.3万円ほど割安な販売価格に設定されています。

 

ちなみに「加湿機能」「ヒーター機能」両方を備えたモデルは、現時点ではありません。
チャンス

 

「加湿・ヒーター」ともに不要な場合

「加湿機能」「ヒーター機能」ともに要らない方は、扇風機を置く場所で選ぶといいでしょう。

 

床に置いて使用する場合

基本的に床に設置して使用するならタワー型でパワフルな「TP04」が最適です。

送風力・空気清浄性能ともに高いので、部屋全体に空気を効率よく循環させることができますよ。

 

テーブルに置く需要がある場合

床だけでなくテーブルに置いて使用することが想定される場合は、テーブル置き型の「DP04」がおすすめです。

「TP04」よりも一回りコンパクトなサイズ感なので、床・テーブルを選ばず自由に設置することができますよ。

 

デスク上でのみ使う場合

基本的にデスクの上に置いて個人的に使いたい場合は、パーソナルな使用を想定された「BP01」が最適でしょう。

テーブル置き型の「DP04」よりもさらにコンパクトなので、良質な卓上扇風機として重宝すること請け合いです。

 

ダイソン扇風機は公式サイトでの購入がお得&安心!

安心して利用できる通販サイトといえばAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングが挙げられますが、ことダイソン製品に関しては「Dyson公式サイト」で購入することをおすすめします。

 

Dyson公式サイトを推す理由

  • 2年間のメーカー保証が付いてくる
  • 30日間の返金保証が付いてくる
  • 日本のダイソンエキスパートによる電話サポートが受けられる
  • 全国どこでも配送料無料になる(購入金額3,000円(税込)で適用)
  • 分割払い手数料が無料
  • 最大10倍の楽天ポイントがもらえる(楽天ペイ利用の場合)

 

特に「2年間のメーカー保証」「30日間の返金保証」は購入時の不安をかなり軽減してくれるので安心です。かくいう僕もダイソン公式サイトから購入しました。

一度電話サポートも受けましたが、非常に懇切丁寧に対応していただきました。問題もスピーディーに解消できたので、アフターサポートも公式サイト経由なら万全です!

さらにタイミングが良ければ交換用フィルター(7,700円相当)がもらえる場合があるので、ダイソンの扇風機を検討中であれば一度公式サイトを覗いておいて損はありませんよ!

 

ダイソン公式サイトへ


 

>>目次へ戻る

 

2020年最新ダイソン扇風機「ピュア&クール」シリーズ|「Pure Hot+Cool Link(HP03)」使用感レビュー

ここでは2020年最新モデルではありませんが、僕が実際に羽根無し扇風機「Pure Hot+Cool Link(HP03)」を使い続けて思ったこと、感じたことをご紹介したいと思います。

僕は自宅にサブの扇風機として「Pure Hot+Cool Link(HP03)」を購入しましたが、非常に多くのメリットを感じることができ、結果として非常に良い買物をしたと感じています。

 

使い方はいたってシンプル

ダイソン「Pure Hot+Cool Link(HP03)」|リモコンの使い方は非常にシンプルです。

付属のリモコンを使った操作が基本で特に難しいことはなく非常にシンプル。

使い方に迷うことは基本的にないと思います。

 

左上の電源ボタンを押せば電源ONになりますし、青丸印のボタンは涼風、赤丸印のボタンを押せば温風に切り替わります。首振り機能をONにするなら三角形が2つ描かれたボタンを押せばOKですし、送風の幅も下から2列目のボタンでフォーカス・ワイドモードを切り替えられます。

極めて直感的で使えるユーザーインターフェースは、素晴らしいの一言。

 

ダイソン「Pure Hot+Cool Link(HP03)」|リモコンは本体円形ループの上部にマグネット吸着させておけます。

ちなみにリモコンは本体円形ループの上部にマグネットで吸着させておくことができますよ。

こういうものは置き場に困るのが相場ですが、これなら安心です。

 

専用アプリによるリモート操作が最高に快適!

ダイソン「Pure Hot+Cool Link(HP03)」|「Dyson Linkアプリ」の操作は非常に直感的でシンプルです。

「Dyson Linkアプリ」対応の「PH01」「HP04」「TP04」「DP04」は、スマートフォンで操作することが可能です。

この機能こそ僕があえて「Dyson Linkアプリ」対応モデルを選んだ最大の理由です。

実際に使ってみても、やっぱり使い勝手は最高で、「非対応モデルにしなくて良かった」と心から思える利便性の高さを実感できています。

例えば操作画面の「オン/オフ」ボタンをタップすれば、外出先からでも扇風機を動かすことができてしまいます。しかもご覧のように風量や首振り、切タイマーなどの設定も可能。夏の時期に限らずオールシーズン役に立つ秀逸機能ですよ。僕はこの機能に幾度となく快適さを与えられました。

 

タイマー機能が使い勝手を高めます

ダイソン「Pure Hot+Cool Link(HP03)」|「Dyson Linkアプリ」なら5分刻みのON/OFFタイマーを細かな動作付きで設定できます。

さらに便利なのが細かい設定ができるスケジューリング機能です。

入タイマー・切タイマーともに5分刻みで設定が可能!しかも曜日指定もできるんです。

機能に関する設定も柔軟で、涼風/温風の選択、オートモードのON/OFF、風量調整、首振り・ナイトモードのON/OFF、ワイド送風・フォーカス送風の指定などが可能になっていますよ。

僕は早朝に起きて書斎で仕事をするので、季節に合わせて涼風・温風を送風するように設定しています。一方で日曜日は家族と過ごすと決めているのでいつもより少し遅く起きるのでタイマーもずらして設定しています。こういう柔軟性のあるタイマーがかけられるのはメチャクチャ大きなメリットだと思います。

 

手入れがしやすい

ダイソン「Pure Hot+Cool Link(HP03)」|ハンディモップでサッとひと拭きすればOK!手入れはカンタン手間要らずです。

「ピュア&クール」シリーズの全機種に通じることですが、お手入れが簡単なのも見逃せないポイントですね。

僕は気が付いたらハンディモップでホコリを絡め取って、週に1回程度アルコールタイプのウェットシートでササッと拭いてます。

日々のお手入れに手間がかからないことは、末永く使い続けるうえで結構重要ですよ。

 

空気清浄フィルターは年1回の交換が目安

なお空気清浄機能付きの扇風機の場合は年1回のフィルター交換が必要です。

 

羽根が無いから危険性ゼロ!

お子さんがいるご家庭は気になるところだと思いますが、ダイソン「ピュア&クール」シリーズは羽根のない扇風機なので指などを怪我する恐れが全くありません。

さらにヒーター機能を使った場合も火傷するような熱さまで本体が熱されないので、火傷の心配も皆無!

 

小さいお子さんがいても安心

うちにも小さい子どもがいますが、動作中によくダイソン扇風機を触っていました。子どもは動くものに興味を持つので、ダイソンが動いてるとやっぱり気になるんですよね。それでも怪我や火傷の心配がなかったので気にせず動かしっぱなしにすることができましたよ。お子さんのいるご家庭には、安全面でもかなりおすすめです。

 

他にもメリットはたくさん!

他にもさほど重たくなくてループ部分に手をかければ持ちやすいので家中どこでも気軽に持ち運べる携帯性の高さや、冷風だけでなく温風も出るからオールシーズン使えること、室内の空気がキレイになる、外観がおしゃれだから見た目に嫌な感じがしないなどなど実に多くのメリットがあります。

扇風機一つでこれだけ豊富なメリットを享受できる機種もなかなか無いんじゃないでしょうか。

 

電気代について

「ピュア&クール」シリーズで気にあるところとしては「電気代」が挙げられるのではないでしょうか。

ここでは念のため、実際に涼風・温風モードそれぞれの電力消費量を調べてみました。

 

ダイソン「ピュア&クール」シリーズの電力消費量

「HP03」を使って実際の電力消費量を計測してみた結果は下記の通りです。

 

風量 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
涼風モード
(Cool)
5.6 6.6 8.6 11.2 14.2 17.9 22.8 28.1 35.3 43.5
温風モード
(Hot)
1019 1041 1070 1099 1115 1140 1157 1182 1196 1216

 

電気料金単価を27円として、1日8時間使用した場合の1か月の電気代は、涼風の場合は最大282円。温風の場合は7,880円が目安になります。

温風モードは電気代がかなり高くつくので使い過ぎに注意が必要ですが、涼風モードなら一般的な扇風機の域を出ないので特に気にしなくても大丈夫でしょう。

 

>>目次へ戻る

 

2020年最新ダイソン扇風機「ピュア&クール」シリーズ|まとめ

【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介

「【2020最新・ダイソン扇風機】羽根無し扇風機の代表格!空気清浄・加湿・ヒーター機能が搭載されたDysonピュアクールシリーズ比較|使い方・電気代もご紹介」と題して、2020年最新のダイソン羽根無し扇風機「ピュア&クール」シリーズのラインナップについて、詳しくご紹介してきました。

 

ダイソン扇風機を導入して生活の質を高めましょう!

ここで今一度、ダイソン「ピュア&クール」全6機種のスペックについておさらいしておきましょう。

 

型式 pure humidify+cool
PH01
pure hot+cool
HP04
pure hot+cool
HP00
pure cool
TP04
pure cool
DP04
pure cool me
BP01
冷風機能
空気清浄機能
加湿機能
温風機能
ディフューズドモード
オートモード
ナイトモード
Dyson Linkアプリ
LCDディスプレイ
上下角度調整
サイズ 高さ
923mm

312mm
奥行
312mm
高さ
764mm

248mm
奥行
248mm
高さ
632mm

222mm
奥行
222mm
高さ
1054mm

223mm
奥行
223mm
高さ
691mm

352mm
奥行
223mm
高さ
401mm

245mm
奥行
245mm
重量 8.29kg 5.70kg 3.90kg 5.06kg 4.72kg 2.80kg

 

僕的には「ヒーター機能」に興味が無ければ、ちょっと高いお金を支払ってでも最高スペックを誇る「PH01」を買うのが最も満足度が高いんじゃないか思いますね。

一方でなるべくコストを抑えたいのであれば、最低限の機能「扇風機+空気清浄機」が備わった「TP04」が最適でしょう。

とはいえ「PH01」が公式サイト価格88,000円(税込)、「TP04」が77,000円(税込)とわずか11,000円しか変わらないので、「PH01」を買った方がコスパが良い気がします。

 

ダイソン公式サイトなら分割手数料無料で購入することも可能なので、やはり「PH01」が最もオススメです!
チャンス

 

 

この記事があなたにとって最良の扇風機を見つけるお役に立てれば、嬉しく思います。

 

ダイソン扇風機は公式サイトでの購入がお得&安心!

安心して利用できる通販サイトといえばAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングが挙げられますが、ことダイソン製品に関しては「Dyson公式サイト」で購入することをおすすめします。

 

Dyson公式サイトを推す理由

  • 2年間のメーカー保証が付いてくる
  • 30日間の返金保証が付いてくる
  • 日本のダイソンエキスパートによる電話サポートが受けられる
  • 全国どこでも配送料無料になる(購入金額3,000円(税込)で適用)
  • 分割払い手数料が無料
  • 最大10倍の楽天ポイントがもらえる(楽天ペイ利用の場合)

 

特に「2年間のメーカー保証」「30日間の返金保証」は購入時の不安をかなり軽減してくれるので安心です。かくいう僕もダイソン公式サイトから購入しました。

一度電話サポートも受けましたが、非常に懇切丁寧に対応していただきました。問題もスピーディーに解消できたので、アフターサポートも公式サイト経由なら万全です!

さらにタイミングが良ければ交換用フィルター(7,700円相当)がもらえる場合があるので、ダイソンの扇風機を検討中であれば一度公式サイトを覗いておいて損はありませんよ!

 

ダイソン公式サイトへ


よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-その他製品
-, ,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ