【スマホ容量不足を解消】スマホ向けおすすめ外付けハードディスク|スマホ写真データの保存先に最適なHDDの選び方まとめ

デバイスの容量増加に重宝するメディアレビュー記事・比較記事

【スマホ容量不足を解消】スマホ向けおすすめ外付けハードディスク|スマホ写真データの保存先に最適なHDDの選び方まとめ

投稿日:

  • スマホの容量が無くて写真や動画、コンテンツのダウンロードができなくて困ってる
  • 外付けハードディスクにスマホの写真を保存したいけど、それって難しい?
  • 外付けハードディスク選びのポイントは?
  • スマホ向けのおすすめ外付けハードディスクを教えてほしい
  • 外付けハードディスク以外にスマホのデータ容量不足を解消する方法は?

上記のようなお悩みに応える記事になります。

 

スマホのストレージ容量不足を一発解消!!

最近のスマホは写真や動画がカンタン・キレイに撮れるように進化してますよね。その一方で一つのデータあたりの容量も増大化しているので、すぐにスマホのストレージ容量が圧迫されて「これ以上、写真を保存できません」みたいな警告表示がされてしまいます。SNS全盛の昨今、スマホで写真が撮れないなんて死活問題ですよね。

そんなときは外付けハードディスクにスマホの写真データを保存して、スマホのストレージ容量に余裕を持たせましょう!外付けハードディスクなら1台でスマホの写真が何万枚も保存できるので、あっという間にスマホのストレージ容量に余裕が生まれますよ。

 

外付けハードディスクの設定はカンタン

外付けハードディスクの使い方は簡単で、外付けハードディスクを付属のUSBケーブルでパソコンに接続して、パソコン側で認識されるまで待つだけでOK!

あとはスマホをパソコンにつないで、写真データを外付けハードディスクにクリック&ドラッグで保存するだけ。いたってシンプルです。

 

もしスマホの写真データをパソコンや外付けハードディスクに保存する方法が分からない方は、手順を解説した記事を公開しているのでチェックしてみてくださいね。

関連記事
【iPhone写真をパソコン保存】iPhoneで撮った写真をWindowsPCに移動してバックアップを取る方法|動画もコピーOK!
【iPhone写真をパソコン保存】iPhoneで撮った写真をWindowsPCに移動してバックアップを取る方法|動画もコピーOK!

2019年6月12日 情報更新しました。 本記事の想定読者 iPhoneのストレージが写真・動画データでパンパン状態なので困ってる iPhoneに保存されている写真・動画をパソコンに保存したいけど、方 ...

続きを見る

 

では、早速スマートフォンの写真データ保存に適した外付けハードディスクについて見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

スマホ向け外付けハードディスク選びのポイント

ここではスマホに最適な外付けハードディスクを選ぶ際に注目したいポイントについて解説していきます。

おすすめの外付けハードディスクをサクッと知りたい方は「スマホに最適な外付けハードディスク」をクリックして結論をチェック!

 

根本的な部分を最初に説明しておくと、スマホだけに特化した外付けハードディスク製品は存在しないので、基本的に容量を中心に選べばOKです。ただし製品によって良し悪しはあるので、ぜひとも以下で挙げるポイントを踏まえて外付けハードディスク選びを行ってほしいと思います。

 

 

メーカー

外付けハードディスクを選ぶとき、保存できる総量を示す「ハードディスク容量」以上に重要なのが「メーカー」です。大切なデータの保存先になるハードディスク製品なので、不具合や故障が起きにくい信頼性の高いメーカーを選ぶべきです。突如として大切なデータが消失してしまっては取り返しがつきません。仮にメーカーを選ぶことで多少価格が高くなってしまうとしても、ここにお金を出し渋らないようにしましょう。

 

信頼・実績で選ぶなら「バッファロー」製品が最適

外付けハードディスクに関しては、40年以上の実績を持ち、高い信頼性を誇る安心の日本メーカー「バッファロー(BUFFALO)」がおすすめです。日本ではハードディスクなどの外部記憶媒体分野のリーディングカンパニーとして知られ、多くのユーザーに支持されている信頼のブランドです。

僕も複数台のバッファロー製のハードディスクを長年愛用していますが、幸い一度も故障する事態に見舞われたことはありません(寿命で動かなくなったことは、もちろんありますが)。初心者だったころから使っていますが、使い方が難しいこともないので、初めて外付けハードディスクを購入するビギナーの方には一点の曇りなくおすすめできるメーカーです。

他社製品では3か月もしないうちに壊れたなどと聞くこともあるので、メーカー選びは本当に重要だと思います。

株式会社バッファロー

 

ハードディスク容量

次いで重要なポイントが保存できる総量を示す「ハードディスク容量」です。外付けハードディスク選びを前に、自分にとって必要なハードディスク容量に目処をつけておくとよいでしょう。

 

自分に適したハードディスク容量の導き方

今回はスマホの写真データを保存することを念頭においているので、スマホの写真データに基づいて考えましょう。

スマホで撮影した写真データは概ね1枚あたり約3.5MB(メガバイト)なので、ハードディスク容量1TB(テラバイト)あたり約28万枚の写真データが保存できる計算になります。

この「1TB=写真データ約28万枚分」を基準にして必要な容量に目処をつけるといいと思います。

1TB(テラバイト)は1,000GBに相当し、1GBは1,000MBに相当します。

 

容量と製品価格の関係

容量は製品価格と相関関係にあって、容量が大きくなるほど価格も高くなるのが基本です。ちなみに外付けハードディスク1083製品を比較したところによると、最も容量と価格のバランスが良いハードディスク容量は4TBで、1GBあたり約2.5円になります。

ただ4TBは写真データに換算すると114.2万枚を保存できる膨大なデータ容量なので、必要以上と感じる方が大半でしょう。そんなときは多少コスパは落ちますが、1TBや2TBのモデルを選んだ方が支払額が抑えられるので経済的です(バッファロー製の1TBモデルで1GBあたり約6.9円)。

外付けハードディスクには、動画データなどあらゆるデータを保存することができるので、それらも併せて保存することを想定してハードディスク容量を決めてもいいと思います。

 

据え置き型 or ポータブル型

外付けハードディスクは「据え置き型」と「ポータブル型」の2種類に大別されます。それぞれの特長を踏まえて、自分のニーズに合致するタイプを選びましょう。

 

据え置き型

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:据え置き型外付けハードディスク

「据え置き型」は、パソコンの周辺など特定の場所に設置して使うタイプの外付けハードディスクです。

特徴は下記の通りです。

据え置き型外付けハードディスクの特徴

  • 長所
    • 価格が割安
    • 大容量(選べる容量に幅がある)
  • 短所
    • 電源が必要(コンセントにコードを差す必要がある)
    • 持ち運びに不向き(大きくて重たい)
    • 耐衝撃性が高くない(ポータブル型に比べて衝撃に弱い)

少しでも安く大容量のハードディスクが欲しい方、持ち運ぶ機会がなく基本的に自宅の決まった場所でしか使わない方などにおすすめです。

 

ポータブル型

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:ポータブル型外付けハードディスク

「ポータブル型」は、本体が小型軽量で持ち運びに優れたタイプの外付けハードディスクです。

特徴は下記の通りです。

ポータブル型外付けハードディスクの特徴

  • 長所
    • 持ち運びやすい(小さくて軽い)
    • 電源が不要(USBケーブルでパソコンに差すだけで使える)
    • 耐衝撃性が比較的高い(据え置き型よりは衝撃に強い傾向にあります)
  • 短所
    • 価格が割高
    • 容量が限定的(据え置き型のような大容量モデルがない)

持ち運んで様々なシーンで使う機会が多い方をはじめ、自宅での使用がメインでも屋内外問わず持ち運んで使う可能性がある方におすすめです。

ハードディスク容量が限定的とはいえ、最近はポータブル型においても4TBの大容量モデルも一般的になってきました。据え置き型に比べて価格は割高ですが、「大容量+高い携帯性」の両取りが望ましい方にはポータブル型の4TBモデルという選択肢もありますよ(後ほど「【結論】スマホに最適な外付けハードディスク」の項目で改めてご紹介します)

 

その他のポイント

他にもUSBの規格が3.0の方がデータの転送速度が速いとか、書き込み速度は7,200rpmが高速だとかいろいろありますが、現在売られている主な製品は使用に不自由を感じないレベルのものばかりなので、基本的に気にする必要はないでしょう。

特にスマホの写真データの保存を主な目的にしているのであれば、下手に性能にこだわると高価格帯の製品を購入しなければならなくなる恐れもあるのでおすすめしません。

 

次の項目では、現在販売されているバッファロー製品の中から選りすぐった安心して使える高コスパな外付けハードディスクを容量別にご紹介しています。

いずれも確かな品質を誇るバッファロー製品なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【結論】スマホに最適な外付けハードディスク

ここからは声を大にしておすすめしたい安心ブランド「バッファロー」の外付けハードディスクを容量ごとにカテゴリ分けして、ご紹介していきますよ。

おすすめ外付けハードディスクのカテゴリ

 

1TBモデル

据え置き型:HD-LDS1.0U3-BA

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:BUFFALO「HD-LDS1.0U3-BA」

据え置き型の1TBモデルのおすすめは「HD-LDS1.0U3-BA」で、今回ご紹介する中で最安モデルです(1GBあたり約6.1円)。

必要な性能を十分に備えていて、スマホの写真データなら約28万枚も保存できる容量を有するので、とりあえずハードディスクを買ってみて保存してみようというビギナーの方におすすめ。また多くの方にとっても必要十分なスペックなので、幅広い層の方におすすめできる外付けハードディスクです。

 

ポータブル型:ミニステーション HD-PCFS1.0U3-BBA

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:BUFFALO「ミニステーションHD-PCFS1.0U3-BBA」

ポータブル型の1TBモデルをお望みの方には「ミニステーション HD-PCFS1.0U3-BBA」をおすすめします。この製品は今回ご紹介するポータブル型としては最安モデルになります(1GBあたり約6.9円)。

約150gの本体重量、11.5cm×7.6cm×1.4cmのコンパクトボディで持ち運びが楽々。携帯性に優れた1TBモデルなら、この製品が最適です。

 

2TBモデル

据え置き型:HD-AD2U3

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:BUFFALO「HD-AD2U3」

据え置き型の2TBモデルは「HD-AD2U3」がおすすめです(1GBあたり約4.2円)。

こちらはAmazon限定の製品で、先にご紹介した1TBモデル「HD-LDS1.0U3-BA」と同等の性能で割安なのが特長です。2TBの容量を備えていて、スマホの写真データで約57.1万枚を保存可能です。

 

ポータブル型:ミニステーション HD-PCFS2.0U3-BBA

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:BUFFALO「ミニステーションHD-PCFS1.0U3-BBA」

ポータブル型の2TBモデルは先にご紹介した1TBモデルの2TB版「HD-PCFS2.0U3-BBA」がリーズナブルです(1GBあたり約4.4円)。

スマホの写真データを約57.1万枚を保存することができます。

2TBくらいの容量であれば据え置き型と大差がないので、ポータブル型の方が使い勝手がよいのでおすすめですよ。

 

4TBモデル

据え置き型:HD-AD4U3

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:BUFFALO「HD-AD2U3」

据え置き型の4TBは、こちらもAmazon限定の商品「HD-AD4U3」が割安価格でおすすめです(1GBあたり約2.4円)。この製品が今回ご紹介する中で最もコスパが高い外付けハードディスクになります。

スマホの写真データは約114.2万枚も保存可能です。これだけ保存できればもうストレージ容量で悩むことはなくなりそうです。

なお4TBクラスの容量になるとポータブル型との間に価格差が生じているので、コスパで選ぶなら断然「据え置き型」ですね。

 

ポータブル型:ミニステーション HD-PCFS4.0U3-GBA

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:BUFFALO「ミニステーションHD-PCFS1.0U3-BBA」

ポータブル型の4TBモデルも先にご紹介した1TBモデルの4TB版「ミニステーション HD-PCFS4.0U3-GBA」がおすすめです(1GBあたり約3.6円)。

スマホの写真データは約114.2万枚の保存が可能になります。

据え置き型に比べて割高になので、携帯性や耐衝撃性などを重視する場合に最適な製品ですよ。

 

SSDモデル

スマホ向けおすすめ外付けハードディスク:BUFFALO「SSD-PG1.0U3-B/NL」

外部記憶媒体には「SSD」というポータブル型ハードディスクよりも耐衝撃・耐振動性が高く、高速データ転送が可能で寿命も比較的長いメディアもあります。これらの特長のためなら多少お金を上乗せしても構わないと思える方ならSSDが断トツでおすすめです。

ハードディスクの寿命は3~5年と言われている一方、SSDは使用頻度によって変わりますが少なくとも50年間使い続けても壊れないと言われています。

 

SSD-PG1.0U3-B/NL」は、これまで紹介してきた製品よりも高額になりますが、確かな性能を備えた製品なので検討の価値はあると思いますよ。

 

スマホ向けのおすすめ外付けハードディスク|まとめ

【スマホ容量不足を解消】スマホ向けおすすめ外付けハードディスク|スマホ写真データの保存先に最適なHDDの選び方まとめ

「【スマホ容量不足を解消】スマホ向けおすすめ外付けハードディスク|スマホ写真データの保存先に最適なHDDの選び方まとめ」と題して、スマホの写真データを保存するために選びたいおすすめ外付けハードディスクについてご紹介してきました。

 

ハードディスク製品は信頼性抜群のバッファローで決まり!

ハードディスク製品においても様々な機能や性能がありますが、一番大切なのは「安心して大切なデータを長期保存できること」に他なりません。そうであるなら何を差し置いても信頼の置けるメーカーでハードディスク製品は選ぶべきです。

いくら安かったとしても、購入後すぐに使い物にならなくなってしまったり、大切なデータが消失してしまっては本末転倒ですよね。そんな事態にならないためにも、まずは信頼性の高いメーカーを選ぶことを強くおすすめします。

本記事では長い営業実績があって多くのユーザーに支持されている日本メーカー「バッファロー」の製品をおすすめしてきました。僕の10年以上の外付けハードディスク使用経験も踏まえて、バッファロー製品なら安定した品質を備えた製品を提供してくれていると感じています。必ずしもバッファローにこだわることはありませんが、一つの有力なメーカーとして知っておいてもらえれば、僕として万々歳、嬉しく思います。

 

スマホのストレージ容量不足を解消する方法は他にも!

スマホのストレージを最も圧迫するデータは音楽や動画・写真が最たるものだと思います。特にSNS映えなどが脚光を浴びる昨今、皆さん共通して写真データが膨れ上がってスマホ容量を圧迫しているのでは?

そんな膨大化する写真データをスマホから取り出して別保存することでスマホのストレージ容量に余裕を持たせるための製品・サービスをまとめた記事を公開しています。

多少本記事と情報が重なる部分がありますが、よかったら覗いてみてください。

関連記事
【スマホ容量不足を解消】写真データを削減!いっぱいになったストレージに余裕を持たせるおすすめ整理術|iPhone・android対応
【スマホ容量不足を解消】写真データを削減!いっぱいになったストレージに余裕を持たせるおすすめ整理術|iPhone・android対応

スマホで写真をいっぱい撮るから、スマホの容量はフォトデータでパンパン! スマホのストレージ容量が無いから写真撮影などができず困っている 写真データを消さずに、どうにかしてスマホのストレージ容量を増やし ...

続きを見る

 

よく読まれている記事

AirPods落下防止アイテムさえ装着すれば、もうAirPodsを落とさずに済みます! 1

2019年5月2日 情報更新しました。 本記事の想定読者 AirPodsを購入しようと検討中だが、落下しやすいと聞くので不安。 AirPodsが耳から落下して仕方がないから何か対策したい 落下を防ぐア ...

今回取り上げた厳選Bluetoothイヤホン10選 2

2019年5月18日 情報更新しました。 自分の音楽的趣向にドンピシャな楽曲を聴くたび、泣けてくるジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。   いい曲を聴くと、日々が彩られていくよ ...

【iPhone充電速度が2倍以上早くなる!!】遅い原因は充電器・ケーブル!iPhoneを高速充電させて時間を節約する方法 3

2019年5月23日 情報更新しました。 iPhoneは既に高速充電に対応している・・・!! android端末では「Quick Charge」という規格をもって高速充電に対応していることは公言されて ...

「【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを長持ちさせる充電方法」のアイキャッチ画像 4

2019年5月22日 情報更新しました。 スマホのバッテリーは充電方法を誤ると寿命が縮まる! どうも、現在iPhone Xを使っていますが、先日発表されたiPhone XSに乗り換えなかったことを未だ ...

トランスミッター&レシーバーを使ってBluetooth非対応のデバイスを無線化させましょう! 5

どうも、ジョド@バリューブロガー(@jdkachi)です。   「買って後悔しないトランスミッター&レシーバーが知りたいけど、自分のニーズに合った製品がどれなのか分からない」 そうした悩みを ...

-デバイスの容量増加に重宝するメディアレビュー記事・比較記事
-,

Copyright© カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ , 2019 All Rights Reserved.