トランスミッター&レシーバーを使ってBluetooth非対応のデバイスを無線化させましょう!

【一つ持ってると重宝する】トランスミッターレビュー記事・比較記事

【買って後悔しない】おすすめトランスミッター&レシーバー5選|スマホ・イヤホン・テレビ・車で使える

更新日:

「買って後悔しないトランスミッター&レシーバーが知りたいけど、自分のニーズに合った製品がどれなのか分からない」

そうした悩みを抱えている方って、結構いると思います。

「トランスミッター&レシーバー」って広く知れ渡っていないマイナー製品なのか、あんまり詳しい情報ってネットに無いんですよね。メーカーサイトも貧弱だったり、無かったり・・・。

そんなこんなで僕の場合、納得のいくトランスミッター&レシーバーを見つけるために長い道のりを経て結構な投資をしました。

 

今回はそんな僕の購入経歴を活かして、様々なニーズに応えられるおすすめトランスミッター&レシーバーをご紹介します。

簡潔に分かりやすくお伝えするので、ぜひこの機会にお好みのトランスミッター&レシーバーを購入して、私生活を豊かにしちゃってくださいね。





おすすめトランスミッター&レシーバー|そもそも トランスミッター&レシーバーって?

まずはトランスミッター&レシーバーについて簡単に説明しておきましょう。

 

トランスミッター&レシーバーとは

トランスミッター&レシーバーは送信機と受信機の機能が一つになった製品で、音をBluetoothという無線通信規格によって音を送ったり受けたりする仲介役を担います。

これによってBluetooth非対応のイヤホンやテレビ、カーオーディオなどでも煩わしいケーブルを取り払って、音楽を楽しめるようになるんです。

製品自体は3,000円~4,000円ほどが基本なので、大きな投資をせずに今の生活に無線環境を導入できるのが嬉しいポイント。

例えばトランスミッター&レシーバーをスマホと無線(Bluetooth)でつなぎ、Bluetooth非対応スピーカーとは有線でつなぐことで、スマホの音楽をスピーカーで楽しめるようになりますよ。

 

集合住宅に住んでいる方の騒音対策や、最近はiPhoneを筆頭にイヤホン端子を差し込むイヤホンジャックを廃止する動きがあることから、Bluetoothイヤホンや有線イヤホンなどの無線化が求められるようになっています。後者の有線イヤホンの無線化を担うのが「トランスミッター&レシーバー」ですね。

 

トランスミッター&レシーバーのモードについて

トランスミッター&レシーバーには「TXモード」と「RXモード」という2つのモードが搭載されていて、これを切り替えて使用します。

 

「TXモード」

トランスミッター&レシーバー「TXモード」について

「TXモード」は送信機としてトランスミッター&レシーバーを用いる際に使用します。

例えばテレビの音声を有線でトランスミッター&レシーバーに送り、受け取った音声を無線でBluetoothイヤホンに送って再生させる場合などです。

 

「RXモード」

トランスミッター&レシーバー「RXモード」について

「RXモード」は受信機としてトランスミッター&レシーバーを用いる際に使用します。

例えばスマホの音楽をトランスミッター&レシーバーに飛ばして、受け取った音楽を有線でスピーカーに流す場合などです。

 

対応コーデックについて

コーデックとは簡単に言うと音声の変換技術のようなもので、トランスミッター&レシーバーにおいてはスマホの音楽再生との絡みでかなり重要なポイントです。

細かいことは置いておいて、要するにiPhone・android端末ごとに下記に対応していることをチェックすればOKです。

  • iPhoneの場合
    「AAC」に対応していること
  • androidの場合
    「APT-X」に対応していること
    ※上位形式の「APT-X LL」、さらに上位の「APT-X HD」に対応していればより高音質になります。

コーデックに対応していなければ再生できないわけではありません。

ただ対応していた方がより高音質で音楽を楽しめるので、対応しているトランスミッター&レシーバーを選んだ方が無難ですよ。

「SBC」というコーデックはBluetoothの標準的な形式で「対応していて当たり前」なので、製品を比較する際は気にしなくてOKです。

トランスミッター&レシーバー側だけでなく、受け手側のBluetoothイヤホンなどもコーデックが対応していないと高音質で聴くことができません。

これからBluetoothイヤホンなどを購入する予定の方は、ぜひ対応コーデックにも注目してみてください。

 

以上の前提知識を踏まえたうえで、下記の5機種についてご自身のニーズに合うかどうかチェックしてみましょう。

 

おすすめトランスミッター&レシーバー|JPRiDE JPT1

JPRiDEのトランスミッター&レシーバー「JPT1」

 

まず下記のスペック表をチェックしましょう。

項目 JPRiDE
「JPT1」
重量 18g
バッテリー
駆動時間
TXモード:13h
RXモード:12h
対応コーデック
(TXモード)
APT-X LL
APT-X
SBC
対応コーデック
(RXモード)
AAC
SBC
2台同時ペアリング
価格 3,480円

 

特に注目したいのは次の項目。

 

iPhone・android端末対応のコーデック

何よりもiPhone・android端末の双方に対応しているコーデックが嬉しいポイントです。

いつどんな機種に変更するか分からない以上、万が一に備えてダブルスタンダードなコーデック対応機種を選ぶのが安心でしょう。

 

冗談のような超軽量ボディ

「何かの冗談か?」と思うほど軽いボディ。18gくらいになると、体感はほぼゼログラムです。

この軽さを活かして有線イヤホンを無線化させて、イヤホンジャックの無いiPhoneで音楽を楽しむ使い方が、個人的には超おすすめ。超軽量で4cm四方のミニマムサイズだから、ポケットに入れても全然かさばらず、歩きながらでも一切気になりません。

この使い方に気が付いたおかげで、お気に入りの有線イヤホンをリバイバルできて、日々のミュージックライフがめちゃくちゃ豊かになりました。

 

音質

「AAC・APT-X LL」対応だから音飛びや遅延は全然気になりません。

有線イヤホン同様とはいきませんが、普通に聴いている分にはまったく問題なしです。

特に「APT-X LL」はAPT-Xの上位形式なので、さらに上質な音を楽しめます

 

まとめ

バッテリーも文句のない12時間連続駆動、しかも3,480円と良心的過ぎる価格設定。

接続方法も30秒でできちゃう簡単設定なので、機械に強くない方も楽々使いこなせます。

デメリットは光デジタルケーブル非対応、「APT-X HD」コーデック非対応なあたりでしょうか。

むしろこれだけのスペックを誇って3,480円って、奇跡的ですらあります。

 

しかもどんな理由でも100%返品できる30日間返品保証付き

(先日、手違いで同じものを2台購入してしまったのですが、そんな理由でもJPRiDE側は快く返金に応じてくれました)

・・・もう購入を恐れる理由は無くなりましたので、とりあえず買いましょう。

気に入らなかったら、速攻でメーカーに送り付ければOK笑

 

高い基本性能と良心的価格を両立させていて、かつ後悔しないための100%返品・返金保証付きトランスミッター&レシーバーを求める方に最適。間違いありません。

 

JPRiDE「JPT1」については別記事で特集を組んでいるので、よかったらチェックしてみてくださいね。

関連記事
JPRiDE「JPT1」の付属品一式
【JPRiDE JPT1レビュー】iPhone&android対応!高音質で100%返金保証のトランスミッター&レシーバー

JPRiDEのトランスミッター&レシーバー「JPT1」が気になってる だけどネット上に「JPT1」に関する情報が少ないから、正直買うのが不安 実際「JPT1」を使用して書かれたレビューが読みたい メリ ...

続きを見る

 

おすすめトランスミッター&レシーバー|Agedate BT-B9

Agedataのトランスミッター&レシーバー。

まずはスペックをチェックしましょう。

項目 Agedate
「BT-B9」
重量 20g
バッテリー
駆動時間
TXモード:10h
RXモード:8h
対応コーデック
(TXモード)
APT-X
SBC
対応コーデック
(RXモード)
AAC
SBC
2台同時ペアリング
価格 2,770円

 

この機種の注目ポイントは次のとおりです。

 

なかなか割安な価格

AAC・APT-Xに対応した機種で2,700円は、かなり頑張った価格設定だと思います。

安価になるとだいたいコーデックが「AAC or APT-X」の構図になるので、Agedate「BT-B9」は大変ありがたいトランスミッター&レシーバーですね。

 

対応コーデックは合格ライン

最低でもAAC・APT-Xには対応している機種を選ぶべきと考えると、両方に対応しているAgedateは合格です。

ただAPT-Xには上位形式もあるので、そこは妥協する必要がありますね。

 

音質

最低限必要なコーデックには対応しているので、聞き心地は良好です。

ただやっぱり「APT-X LL」くらいに対応していると、もうワンランク上の音質が楽しめるのかなぁ・・・といった印象。

 

まとめ

今回ご紹介する機種はどれも購入する価値のあるものばかりですが、その中でも価格の安さで群を抜いています。

にもかかわらずコーデックはAAC・APT-X対応で小型軽量であることもポイント高いです。

良質トランスミッター&レシーバーのエントリーモデル決定版ですね、これは。

 

Agedate「BT-B9」は必要最低限の機能はしっかり盛り込みつつ、底値的に安価な価格で購入できるトランスミッター&レシーバーを求める方に最適です。

 

Agedate「BT-B9」については別記事で使用感レビューを公開しているので、ご興味のある方はぜひ覗いてみてください。

関連記事
【agedate BT-B9レビュー】激安で高音質!おすすめBluetoothトランスミッター&レシーバー|iPhoneを使ってブルートゥースペアリングなど使い方も解説
【agedate BT-B9レビュー】激安で高音質!おすすめBluetoothトランスミッター&レシーバー|iPhoneを使ってブルートゥースペアリングなど使い方も解説

想定する読者イメージ agedateのトランスミッター&レシーバー「BT-B9」に興味がある だけど安いがゆえに、正直買うのが不安 実際に「BT-B9」を使った感想やレビューを読みたい 「BT-B9」 ...

続きを見る

 

おすすめトランスミッター&レシーバー|Tao Tronics TT-BA09

Tao Tronicsのトランスミッター&レシーバー「TT-BA09」

早速スペックから確認です。

項目 Tao Tronics
「TT-BA09」
重量 38g
バッテリー
駆動時間
15h
対応コーデック
(TXモード)
APT-X LL
APT-X
SBC
対応コーデック
(RXモード)
SBC
2台同時ペアリング
価格 3,599円

 

この機種の注目ポイントは次のとおりです。

 

 入出力に光デジタルケーブルが対応

光デジタルケーブル(SPDIF)に対応しているので、ケーブル間で生じる音質の劣化を避けることができます。

イヤホンジャックに差し込むアナログケーブルを使う場合と違って、磁気ノイズの影響を受けずに済むためですね。

より高音質を求める場合には欠かせない接続タイプです。

 

AAC非対応が気がかり

AACコーデックに対応していないため、iPhoneを使っている方にとっては考えものです。

android端末ユーザーの場合は、APT-X LL対応なので問題ありませんが・・・。

 

音質

「APT-X LL」対応のTXモードは無線通信とは思えない秀逸さがあります。

ただしRXモードの対応コーデックが貧弱なので、有線イヤホンでスマホの音楽を聴くような場合は若干音質に陰りがあるように思いますね。

テレビの音をBluetooth対応イヤホンなどで聴く分には良好です。

 

まとめ

Tao Tronics「TT-BA09」はAmazon「無線・トランシーバーの受信機」カテゴリでベストセラー1位に輝いた製品なので、定評がある分だけ信頼性があります。

メーカー保証が1年~1年半付くのも見逃せません。

また3,599円という価格で「APT-X LL」コーデック対応&光デジタルケーブル対応のトランスミッター&レシーバーは希少価値あり。

 

総じてandroid端末にとって優位なスペックなので、androidユーザーで高性能なトランスミッター&レシーバーをなるだけ安く購入したい方におすすめですよ。

 

おすすめトランスミッター&レシーバー|Anker Soundsync

Ankerのトランスミッター&レシーバー「Soundsync」

まずはスペック表から見てみましょう。

項目 Anker
Soundsync
重量 51.5g
バッテリー
駆動時間
TXモード:20h
RXモード:17h
対応コーデック
(TXモード)
APT-X HD
APT-X LL
APT-X
SBC
対応コーデック
(RXモード)
AAC
SBC
2台同時ペアリング
価格 3,999円

 

この機種で特に押さえておきたいポイントは次のとおりです。

 

TXモードの対応コーデックが秀逸

TXモードの場合、最高音質が楽しめる「APT-X HD」に対応しているのが嬉しいポイントです。さすがAnker、攻めてます。

無線通信とはいえ音質にはこだわりたい!という方には、もってこいなスペックでしょう。

 

超長持ちなバッテリー

Ankerはモバイルバッテリーで有名なメーカーですが、さすがバッテリーにはこだわってます。

送信モードで20時間、受信モードで17時間の駆動時間は、トランスミッター&レシーバーとしては最長クラス。

長時間チャージ不要で使い続けられることにメリットを感じる方には、かなり魅力的な機種ですよ。

 

光デジタルケーブルにも対応

アナログ方式による音質の劣化を極力避けたい方には必須の接続タイプ。

光デジタルケーブル(SPDIF)対応のトランスミッター&レシーバーは少数派なので、貴重な存在です。

 

アールの効いたフォルムがカッコイイ

完全に趣向の問題ですが、Anker Soundsyncのデザインは他の機種とは一線を画す美しさがあります。

面食いなガジェット好きには溜まらないポイントかもしれません。少なくとも差別化されたボディだと思いますよ。

 

音質

「APT-X HD」さまさまな、高音質が楽しめます。やっぱり上位形式ってたまりません。

このレベルになると「聞けば分かる確かな違い」がありますよ。

 

ちょっと重たい・・・?

51.5gという重さは今回ご紹介する中で最重量になります。

機能重視の代償なのか、いずれにせよ持ち運んで使うことを検討している方にとっては、考慮すべきポイントになりそうです。

 

まとめ

Ankerは知る人ぞ知るメーカーであることに加えて18か月の長期保証もあるので、安心感はピカイチ。

バッテリーの持ちにも魅力を感じますが、4,000円の大台ギリギリの価格で割安感はありませんがそれに見合った価値を感じます。

 

そんなわけでAnker Soundsyncは、ハイスペックなTXモードのコーデック、安心のブランド価値と長期保証、長持ちバッテリー、それと曲線が美しいデザインに魅力を感じる方におすすめです。

 

おすすめトランスミッター&レシーバー|WSKY BT-B19

WSKYのトランスミッター&レシーバー。

まずはスペックからチェックです。

項目 WSKY
BT-B19
重量 40g
バッテリー
駆動時間
TXモード:26h
RXモード:22h
対応コーデック
(TXモード)
APT-X HD
APT-X LL
APT-X
SBC
対応コーデック
(RXモード)
APT-X HD
APT-X LL
APT-X
AAC
SBC
2台同時ペアリング
価格 4,299円

 

この機種の注目ポイントは次のとおりです。

 

フルカバーな対応コーデック

WSKY「BT-B19」はあらゆるコーデックに対応しているので、スマホ端末を選ばず高音質が楽しめます。

しかも「APT-X HD」というBluetoothによる音声伝達で最高クラスの形式に対応しているので、とにかく音質が極上。

Bluetoothでも最高の音を求めるならAPT-X HDは必須、android端末ユーザーには間違いなくおすすめです。

 

バッテリー駆動時間がTX・RXともに20時間超え

バッテリーの駆動時間もかなり魅力的なんです。

TXモードで26時間、RXモードでも22時間と1日中使えるレベル。

フルスペック系トランスミッター&レシーバー故か、ボディは決して軽い部類ではありませんが、充電する手間から解放される意味では十分メリットになりますよね。

 

音質

TX・RXモード双方で「APT-X HD」対応なので、音質に関しては他の追随を許さない圧倒的高音質。

さすがのAnkerもRXモードまで「APT-X HD」に対応しているWSKYの前には霞みます。

どんな状況でも最高の音質で聴きたい方はWSKY「BT-B19」で決まりじゃないでしょうか。

 

まとめ

「機能全部入り」と表現するのが適切かつ妥当なトランスミッター&レシーバーといえます。

豊富な対応コーデックでBluetoothでできる最高音質を確保、バッテリー駆動時間もスーパーロングなTX26時間・RX22時間と十分すぎなスペック。

 

他の機種より値は張りますがお金に糸目をつけないのであれば、良いとこ全部取りなWSKY「BT-B19」は最良の選択です。

APT-X HDを一度体感すると、もう後戻りできなくなるのでご注意ください。

 

WSKY「BT-B19」については別記事で使用感レビューを公開しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事
【WSKY BT-B19レビュー】ハイレゾ級音質で遅延・ノイズ無し!おすすめBluetoothトランスミッター&レシーバー|iPhoneでブルートゥースペアリングなど使い方も解説
【WSKY BT-B19レビュー】ハイレゾ級音質で遅延・ノイズ無し!おすすめBluetoothトランスミッター&レシーバー|iPhoneでブルートゥースペアリングなど使い方も解説

想定する読者イメージ WSKYのトランスミッター&レシーバー「BT-B19」に興味がある だけど聞いたことがないメーカー製品だから、正直買うのが不安 実際に「BT-B19」を使った感想やレビューを読み ...

続きを見る

 

おすすめトランスミッター&レシーバー|まとめ

トランスミッター&レシーバーを使ってBluetooth非対応のデバイスを無線化させましょう!

「【買って後悔しない】おすすめトランスミッター&レシーバー5選|スマホ・イヤホン・テレビ・車で使える」と題して、どれを買っても損せずに済むおすすめトランスミッター&レシーバーについてご紹介しました。

 

粒ぞろいなトランスミッター&レシーバー

気になるトランスミッター&レシーバーはありましたか?

テレビにつないでBluetoothヘッドホンで映画を楽しむも良し、車のオーディオにつないでスマホの音楽を聴くも良し、有線イヤホンにつないでイヤホンジャックの無いスマホに入ってる音楽を聴くも良し。

アイデア次第で音楽ライフスタイルが格段に豊かになるトランスミッター&レシーバー、一つ持っていて損はないと思います。

 

最後に今一度、それぞれの製品がどんな方におすすめかまとめておきます。

  • JPRiDE JPT1
    十分な高スペックを割安価格で購入でき、後悔せずに済む100%返品・返金保証まで付いたトランスミッター&レシーバーを求める方におすすめ。
  • Agedate BT-B9
    必要最低限の機能はしっかり盛り込みつつ、安価な価格で購入できるトランスミッター&レシーバーを求める方におすすめ。
  • Tao Tronics TT-BA09
    androidユーザーで高性能なトランスミッター&レシーバーをなるだけ安く購入したい方におすすめ。
  • Anker Soundsync
    ハイスペックなTXモードの対応コーデック、安心のブランド価値と長期保証、長持ちバッテリー、曲線が美しいデザインに魅力を感じる方におすすめ。
  • WSKY BT-B19
    価格はあまり気にせず、とにかく最高のスペックを求めたい方におすすめ。

 

あなたにとって最良のトランスミッター&レシーバーが見つかれば幸いです。

 

したっけ、ジョド@バリューブロガー(@jdkachi)でした。

 

この記事で紹介したアイテム

よく読まれている記事

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 1

音楽の定額配信サービス(ストリーミングサービス)が気になってる! だけどサービスの種類がありすぎて、どれを選んだらいいのやら・・・ 詰まるところ、何を基準にサービスを選んだらいいの? 音楽ストリーミン ...

【家族向け格安SIMサービスまとめ】最安月額3,740円!家族割でお得かつ安心して使えるファミリー向けおすすめMVNOの選び方 2

家族向けの格安SIMサービスを総まとめ! 携帯電話の月額料金って家計全体で考えると結構なシェアを占めてませんか?なかなか侮れない料金を毎月支払っている方が多いのではないかとお察しします。   ...

【日用品を安く買う方法 決定版】日用品はネット通販が安い!年間数万円は得するAmazon定期便なら常に15%割引&配送料無料|消耗品代を節約して増税対策 3

日用品はネットがお得&便利!増税対策としても有効です! 安くて便利!これからはネット通販を活用して節約 皆さんは生活に欠かせない日用品をどこで買っていますか? 一般的にはスーパーやドラッグストア、ホー ...

【動画配信サービス(VOD)の録画方法】公式アプリのダウンロードと違って解約後も視聴できる!VOD配信動画を録画する方法|無料トライアル中でも録画し放題 4

動画配信サービス(VOD)の動画を録画する方法が知りたい! 月額1.000円前後を支払って最新映画やドラマ作品などを視聴できる動画配信サービス(VOD)は、レンタル店を使うよりも格段に使い勝手が良く、 ...

【ゲーム・オブ・スローンズ無料視聴】衛星放送の契約不要!動画配信サービスでゲーム・オブ・スローンズのシーズン1からシーズン8まで全部無料で見る方法 5

『ゲーム・オブ・スローンズ』は全話無料で視聴できます! 超大作『ゲーム・オブ・スローンズ』が2019年5月に完結 『ゲーム・オブ・スローンズ』は2019年5月にその幕を下ろしました。 いやぁ~・・・  ...

-【一つ持ってると重宝する】トランスミッターレビュー記事・比較記事
-, ,

Copyright© カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ , 2019 All Rights Reserved.