【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン

イヤホン

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン

大人気モデルにバッテリー機能を追加搭載させた完全無欠なTWS

リモートワークが広く一般に浸透しつつある昨今、知る人ぞ知る高コスパイヤホンメーカー「Mpow(エムパウ)」は輪をかけて認知される存在になってきているように感じます。

そんなMpowが2020年夏にリリースしたコスパモンスターTWS「M30」は、高コスパな完全ワイヤレスイヤホンとして市場に広く受け入れられ、大人気モデルとなりました。

関連記事
【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS
【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS

続きを見る

 

そしてこのほど、この「M30」にモバイルバッテリーとしても使える機能性を付帯させ、「M30 plus」として帰ってきました。

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|製品の公式画像Mpow M30 plus

「M30」から更なる進化を遂げた「M30 plus」の主な特徴は、次の通りです。

 

「M30 plus」の特徴

  • 6mmダイナミックドライバー搭載の迫力サウンド
  • MCSyncで安定したBluetooth接続を実現
  • 独自形状のラバー製フィンで装着感が良好
  • 完全防水IPX7対応
  • 前モデルの5倍に相当する2,600mAhのバッテリー容量を搭載
  • 前モデルと変わらぬ、販売価格4千円台の圧倒的なコスパ感

 

「M30」のコスパ感も大概でしたが、「M30 plus」のコスパ感も相変わらずの”大概”感で、バッテリー機能がプラスされてもなお4千円台というスーパーリーズナブルな販売価格を実現させています。

6mmドライバーの力強いサウンド、最新技術「MCSync」による安定した無線接続、Mpowオリジナルのラバー製フィンによる良好な装着感、IPX7等級の完全防水対応、そして2,600mAhのバッテリー容量。

業界のスタンダードを優に超えてなお高みを目指すという暴挙に打って出た問題作、それが「M30 plus」です。

 

では早速、Mpowが放つ高コスパ感満点の完全ワイヤレスイヤホン「M30 plus」について、詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

Mpow M30 plusレビュー|製品情報

まずはMpow「M30 plus」のスペックについて、ザッと見てみましょう。

 

スペック

サイズ イヤホン(片耳):H14×W13×D13mm
充電ケース:H42×W75×D21mm
重量 イヤホン(片耳):約4.5g
充電ケース:約92g
充電用ポート(入力) USB-C
充電用ポート(出力) USB-A
Bluetooth規格 Ver.5.0
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
ドライバー φ6mmダイナミックドライバー
バッテリー容量 2,600mAh
連続再生時間 約5時間
(+充電ケースで約100時間)
フル充電所要時間 イヤホン本体:約60分
充電ケース:約150分
対応コーデック SBC
AAC
防水性能 IPX7等級
※イヤホン本体のみ※
付属品
  • 充電ケース
  • イヤーチップ(3種類:S/M*2/L)
  • イヤーフィン(2種類:S/M*2)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • クイック操作ガイド
保証 18か月メーカー保証

 

痒いところに手が届くモバイルバッテリー代替性能

最近主流の10,000mAhクラス以上のモバイルバッテリーに比べれば心許ないのは確かですが、「イヤホンとバッテリーを兼ねられる」というメリットはそれなりに大きい気がします。

特にミニマリストと言わないまでも、所持品は最小限にフットワーク軽く出掛けたい方にとっては、結構大きいアドバンテージかと。

 

特にスマホをカバンに入れてるときにケースにつないで充電する”スキマ充電”みたいな使い方なら、かなり重宝しますよ。
チャンス

 

Mpow M30 plusレビュー|優れているポイント

ここでは特に「M30 plus」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

6mmドライバー搭載でパワフルなサウンド

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|優れているポイント:6mmドライバー搭載でパワフルなサウンド

直径6mmのポリウレタン・ダイナミックドライバーによるパワフルサウンドが特徴です。

日本市場を席巻した価格に見合わない「M30」のサウンドは、しっかり「M30 plus」でも健在です!

 

MCSyncテクノロジーによる安定した無線接続

左右のイヤホンを独立して再生機器に接続させる「MCSync」機能によって、非常に安定したBluetooth接続を実現させています。

特に人が多く行き交う場所での使用に強く、他デバイスとの混線をモノともしない安定した無線接続が行えるので、音の途切れや遅延は極めてが生じにくい仕様になっていますよ。

 

独自形状のラバー製フィンが装着安定性を向上

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|優れているポイント:独自形状のラバー製フィンが装着安定性を向上

イヤホン本体を耳にしっかり固定させるためのMpowオリジナルのラバー製フィンが搭載されています。

これによってイヤホンの装着安定性がグ~ッと高まって、本体落下の不安を感じさせません。

また長時間使用しても耳にストレスが掛かりにくい恩恵も受けられますよ。

 

IPX7等級の完全防水性能

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|優れているポイント:IPX7等級の完全防水性能

国際電気標準会議で定められた防水保護等級で完全防水性能にあたる「IPX7」に対応しています。

完全防水なので、まず水による故障は生じないと考えていいでしょう。

雨天時や運動時の着用はもちろん、シャワーを浴びながらの使用も無問題です!

 

充電ニーズを十分に満たすバッテリー容量

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|優れているポイント

イヤホン製品としては規格外な2,600mAhのバッテリー容量を搭載しています。

例えばiPhoneが搭載しているバッテリー容量は、下記のような感じなのですが、

 

iPhoneのバッテリー容量

  • iPhone 8:1,821mAh
  • iPhone SE(第二世代):1,821mAh
  • iPhone 12:2,815mAh
  • iPhone 12 Pro Max:3,687mAh

 

「M30 plus」が搭載するバッテリー容量は、大型スマホの代表格iPhone 12 Pro Maxの約70%に相当します。

所有者が多いと想定されるiPhone 8なら1.4回ほどフル充電できるので、なかなか頼れる存在になり得るのではないでしょうか。

 

何気に連続再生100時間っていうのも、スゴイ気がします・・・
チャンス

 

圧倒的に魅力的なコストパフォーマンス

元々最高のコスパを備えていた「M30」をさらにブラッシュアップさせた「M30 plus」が依然として4,000円台で購入できてしまう価格設定は、もはや理解の範疇を超えたリーズナブルさ。

同等のスペックと価格を兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホンを探すのは、無謀と言っても過言ではありません。

もちろんハイエンド機種に比べれば劣る部分はありますが、それでもこのコスパ感は素晴らしいですね。

 

「コスパで選ぶなら有力候補にならないわけがない!」と断言できるコスパの高さを実現させているのは、間違いありませんよ。
チャンス

 

Mpow M30 plusレビュー|外観・付属品

外観

【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS|外観

ベースモデル「M30」からのデザイン変更は見受けられず、相変わらずコロッと小ぶりな印象の完全ワイヤレスイヤホン「M30 plus」。

独自のラバー製フィンが特徴的です。

 

【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS|外観:ハウジング前面の丸い部分がタッチセンサーになっています。

ハウジング前面の円形部分がタッチセンサーになっています。

 

【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS|外観:LEDがタッチセンサーの真後ろに搭載されていて、光ると丸い部分の前側がほんのり輝くんですが、 面白いことにタッチすると光るんですよ。

LEDがタッチセンサーの真後ろに搭載されていて、光ると丸い部分の前側がほんのり輝くんですが、

面白いことにタッチすると光るんですよ。

こういうギミックって、今まで無かったですね。面白いです。

 

【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS|外観:イヤホンの背部には、「R」「L」の刻印があります。 画像で見るとハッキリ見えますが、肉眼で見るとやや薄いです。

イヤホンの背部には、「R」「L」の刻印があります。

画像で見るとハッキリ見えますが、肉眼で見るとやや薄いです。

 

【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS|外観:イヤーチップとイヤーフィンを外すと、このような感じです。 ちなみに取り外しの際は、特に不安を覚えることなく行えますよ。

イヤーチップとイヤーフィンを外すと、このような感じです。

ちなみに取り外しの際は、特に不安を覚えることなく行えますよ。

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|外観:

充電ケースは、「M30」よりも一回り以上大きくなった印象ですね。

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|外観:「M30」と並べるとこんな感じです。 左が「M30」、右が「M30 plus」の充電ケースです。左が「M30」、右が「M30 plus」の充電ケースです。

「M30」と並べるとこんな感じです。

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|外観:フタ開閉部分にさりげなく光沢感のあるラインを採用している点は、デザインにメリハリが生まれて良いですね。

フタ開閉部分にさりげなく光沢感のあるラインを採用している点は、デザインにメリハリが生まれて良いですね。

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|外観:ケース前面の窪み部分には4点式のLEDライトが搭載されています。 バッテリー残量がパッと見で分かるので、案外重宝しますよ。

ケース前面の窪み部分には4点式のLEDライトが搭載されています。

バッテリー残量がパッと見で分かるので、案外重宝しますよ。

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|外観:そしてケース前面下部には充電用入力ポートとして「USB-C」、充電用出力ポートとして「USB-A」が搭載されています。 その隣にある丸いボタンは電源ボタンです。

そしてケース前面下部には充電用入力ポートとして「USB-C」、充電用出力ポートとして「USB-A」が搭載されています。

その隣にある丸いボタンは電源ボタンです。

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|外観:ケース内部はマット&グロスなデザインが採用されています。 イヤホンの収まりが良好で、充電する際もイヤホン本体の端子がズレないので使いやすい印象を受けましたよ。

ケース内部はマット&グロスなデザインが採用されています。

イヤホンの収まりが良好で、充電する際もイヤホン本体の端子がズレないので使いやすい印象を受けましたよ。

 

付属品

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|付属品

「M30 plus」の付属品は次の通りです。

 

付属品一覧

  • 充電ケース
  • イヤーチップ(3種類:S/M*2/L)
  • イヤーフィン(2種類:S/M*2)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • クイック操作ガイド

 

イヤーチップ&イヤーフィンのMサイズは2セット同梱

本機にはあらかじめMサイズのイヤーチップ・イヤーフィンが装着されていますが、これとは別にMサイズの替えが同梱されているのが特徴的です。

一般的には各サイズ1セットしか同梱されていないところをMサイズ限定ですが、2セット同梱しているというのは何気に嬉しいポイントですね。

 

Mpow M30 plusレビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使った「M30 plus」のペアリング登録方法を解説します。

 

ペアリング登録手順

  1. イヤホン本体の入った充電ケースのフタを開ける
  2. スマホの設定画面で「Mpow M30」を選択する
  3. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン|ペアリング方法(接続方法)

まずはイヤホン本体を充電ケースに収めましょう。

そのあとで充電ケースのフタを開けたり、イヤホン本体をケースから取り出すと、イヤホン本体の電源が入って自動的にペアリングモードへ移行してくれます。

右or左イヤホンのLEDインジケーターがホワイト&レッドに点滅しているのがペアリングモード中のサインです。

 

【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS|ペアリング方法(接続方法):ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「Mpow M30」と表示されるので選択しましょう。

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「Mpow M30」と表示されるので選択しましょう。

 

【Mpow M30レビュー】4千円未満の圧倒的コスパ感!!超安定接続・良好な装着安定性・満足な音質・完全防水と必要なスペック揃い踏みの超高コスパTWS|ペアリング方法(接続方法):「connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「Mpow M30」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

「connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「Mpow M30」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

片耳だけでも使えます!

Mpow「M30 plus」には”モノモード"というモードが搭載されていて、片耳だけで使うことも想定されたイヤホンになっています。

やり方は簡単で、ただ片方のイヤホン本体を取り出すだけ。途中で片側イヤホンだけの使用に切り替えたくなったら、使わない方のイヤホンをケースに仕舞うだけ。

また両耳で聴きたくなったらイヤホンを取り出して耳に装着するだけでOK。

 

音をほとんど途切れさせずにシームレスにイヤホン側で自動切替してくれます。

片耳再生→両耳再生の切り替えは体感的に感じることはなく、ハイエンド機顔負けの超速で切り替えてくれる点はナイスですね。

 

一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

ペアリング登録以後は、イヤホン本体が入った充電ケースのフタを開けるだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。

自動接続されるまで3~4秒と超速なので、実用シーンで接続のもたつきにイライラすることはないでしょう。

 

Mpow M30 plusレビュー|使ってみて感じたこと

操作感

M30 plus」のボタン操作は、下記の通りです。

 

ボタン操作

  • 音楽再生時
    • 左or右センサーを1回タップ:再生/一時停止
    • 右センサーを2回タップ:曲送り(次の曲へ)
    • 左センサーを2回タップ:曲戻し(前の曲へ)
    • 右センサーを長押し:音量を上げる
    • 左センサーを長押し:音量を下げる
  • 通話時
    • 左or右センサーを2回タップ:着信応答/通話終了
    • 左or右センサーを1秒間長押し:通話拒否
  • 音声認識システム
    • 左orセンサーを3回タップ:Siriなどの音声認識システムを呼び出す

 

音量調節操作が秀逸!

「M30 plus」で感動的なのは、音量調節のタッチ操作が一度の操作で望ましい音量に調節できることです。

一般的な音量調節操作は、一度の操作で1段階しか音量を上下させることしかできません。

一方で「M30 plus」の操作は、センサーの長押し操作を維持し続けている限り音量を調整し続けてくれるんです。

例えば音量を上げたい時は右センサーをタッチし続けていれば、徐々に音量が上がり続けます。

この操作はハイエンド機でもあまり見られないレアな操作なので、かなりポイント高いですよ。

 

センサーの感度が良好

センサー自体の感度も上々で、押し損じがかなり少ない印象を受けました。

Mpow製イヤホンのタッチセンサーは比較的優れていますが、本機のタッチセンサーもその例外ではありません。

センサーの感度が悪いとストレスが溜まるので、この点もタッチセンサー式の完全ワイヤレスイヤホンとしては魅力ですね。

 

装着感

装着感にこだわっていることもあって、完全に価格不相応な優れた装着安定性を実現しているのが印象的ですよ。

 

独自のラバー製フィンが良い仕事してます

「M30 plus」の注目ポイントでもある独自開発のラバー製フィンですが、確かに耳の中でクイッと程よく引っ掛かって装着安定性に貢献してくれます。

ラバーフィン自体も非常に柔らかいので、耳穴に負担がかからず長時間使用していても不快感はゼロ。

イヤホン本体の小ぶりなサイズ感も絶妙で、耳穴に絶妙にフィットするんですよね。

このフィット感は、かなり満足感が得られると思いますよ。

 

密閉性がすごい

アクティブノイキャン機能が付いているわけではありませんが、ノイキャンが頭をよぎるような密閉性の高さが備わっています。

環境音がかなりシャットアウトされて、まるで耳に水が入った時のような感覚に。

それほどに高い密閉性なので、音質の良さにも好影響を与えているのは言うまでもありません。

 

音質

価格帯が価格帯だけに、正直サウンドは期待していませんでしたが・・・良い意味で裏切られました。

 

全体のバランスが良い

低音域から高音域にかけての均整が取れていて、非常に聴きやすいサウンドです。

良い意味でいずれかの音域にも傾倒していないのが功を奏している気がしますね。

それだけに幅広いジャンルに対応できる潜在能力の高さがあります。

音の粒立ちもなかなか良好なので「ホント6mmか・・・?」っていう印象です。

 

音の臨場感がハンパない

言っても6mmドライバーなので仰々しいことは言えませんが、それでも音の均整を保ちつつ、同時にBASSの効いた低音域を発するのがアメージング!

重厚感のある低音がしっかり発せられていて、ズンズンという低音の衝撃波を感じます。

空間の奥行き感を描ける表現力の高さは、もはや価格帯を考慮するなら”規格外”。

重低音に定評のあるBeats by Dr.Dre製品には及ばないまでも、このクオリティの高さは良い意味で裏切られた気分ですね。

 

いずれにしても完全に価格不相応なサウンドを堪能できることは、確かです。

 

Mpow M30 plusレビュー|まとめ

【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン

「【Mpow M30 plusレビュー】ベストセラーモデルにバッテリー機能を追加!良好な装着感・音質をそのままにバッテリーとしても使える完全ワイヤレスイヤホン」と題して、「M30」のコスパ感を継承しつつバッテリー性能を強化させた新コスパモンスターイヤホンMpow「M30 plus」について、詳しく解説してきました。

 

イヤホン・携帯用バッテリーを両取りするなら、コレが最適解!!

必要十分なサウンドクオリティ、ラバー製フィンによる高い装着安定性、最新技術MCSyncによる安定した無線接続、水中で使用できるほどの防水性能など、完全ワイヤレスイヤホンとして必要な機能は一通り揃っている本機。

そして今回新たに搭載されたバッテリー機能も魅力的で、モバイルバッテリーの代替品として十分実用性を伴うものです。

イヤホンの高い性能はもちろん、バッテリー機能という付加価値にも目を向けられた製品に魅力を感じる方にはベストチョイスな製品と言っても過言ではありません!

 

この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。
チャンス

 

CDを購入・レンタルして、お金と時間を無駄にしてませんか?

CDを買ったりレンタルしたりするのは割に合わないし、何より面倒臭い!

たった1枚のCDに2,000円も払うとか、経済的に痛すぎると思いませんか?

レンタルする場合も。店に行ったものの借りたいCDが全部借りられていて時間を無駄にしたり、借りられたとしても返却するために店頭に行かなきゃならないのはダルいですよね。

 

良心価格で手軽に利用できる音楽配信サービス

音楽配信サービスなら月額980円で数千万曲が聴き放題!

もちろん最新作もリリース当日に聴けちゃいます。

1枚2,000円も支払わなくていいし、わざわざお店に足を運ぶ手間もありません。

 

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

そして数ある音楽配信サービスの中で特におすすめなのが、業界最多の楽曲配信数・業界最安値・他社サービスに無い豊富な付加価値の三拍子が揃った「LINE MUSIC(ラインミュージック)です。

 

コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が提供する「ラインミュージック」は、LINEと強力な連携が行えるただ一つの音楽配信サービスになります。

 

【21年10月現在】「ラインミュージック」で聴けるアーティスト

21年10月現在、「ラインミュージック」で聴ける代表的な音楽アーティストをほんの一部ですが掲載してみました。

洋楽アーティストに関しては、ほとんど網羅されていると言ってよいので、下記は邦楽アーティストに限定して掲載しています。

 

楽曲聴き放題のアーティストの例示

  • 米津玄師
  • BTS
  • BLACKPINK
  • LiSA
  • 安室奈美恵
  • [ALEXANDROS]
  • いきものがかり
  • 宇多田ヒカル
  • AKB48
  • Aimer
  • 欅坂46
  • コブクロ
  • サザンオールスターズ
  • スピッツ
  • TWICE
  • DREAMS COME TRUE
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 浜崎あゆみ
  • BUMP OF CHICKEN
  • 星野源
  • Mr.Children
  • ももいろクローバーZ
  • ゆず
  • L'Arc~en~Ciel

 

音楽配信サービス全体で権利が解禁されていないジャニーズ系アーティストなどは流石に聴けませんが、これだけ押さえておきたいアーティストが数多く名を連ねているので、ラインナップに不満を感じることはありません。

最近はアーティスト側で音楽配信サービスへの意識が変化していて、続々と音楽配信サービスへの楽曲提供が発表されています。なので現状聴くことのできないアーティストが聴けるようになる日もそう遠くないでしょう!

 

「ラインミュージック」の特長

「ラインミュージック」が優れている点をまとめると、次のような感じです。

 

「ラインミュージック」の特長

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 業界最高峰8,000万曲の楽曲配信数(他社で聴ける曲はほとんど聴けます)
  • ビットレート320kbpsでハイクオリティな音質
  • 楽曲の歌詞が見れる「リリック表示機能」搭載
  • 人気アーティストに会えるかもしれないスペシャルイベント参加権アリ!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割料金・月額480円!!
  • もちろん月額料金は業界最安水準
  • 最大6人で利用できるファミリープランも業界最安(月額1,480円 / 年払いで月額1,166円)
  • 無料会員でもフル尺再生できる(国内サービスで唯一)
  • 1か月間の無料トライアル期間が付いてくる

 

CDアルバムはたった1枚買うだけで2,000円も払わなければなりませんが、「ラインミュージック」は月額980円で8000万曲+今後リリースされる最新楽曲がすべて聴き放題!

比較するまでもなく、「ラインミュージック」の方がお得だと思いませんか?

 

無料会員でも利用価値がある高コスパな音楽配信サービスなので、まずは1か月間無料お試し利用してみて、「ラインミュージック」の良し悪しをチェックしてみましょう!

>>【無料登録】「LINE MUSIC(ラインミュージック)」をとりあえず1か月間だけ使ってみる

 

【完全無料】1か月間無料お試しキャンペーン実施中!!

LINE MUSIC(ラインミュージック):1か月間間無料トライアル期間が付いてくるキャンペーン実施中!!

1か月間無料お試しキャンペーン

今なら初回登録で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を1か月間に渡って無料お試しできるキャンペーン実施中!!

いつ終わるか分からないキャンペーンなので、音楽配信サービスが気になっている方は、この機会をお見逃しなく!

>>無料で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を1か月間使ってみる

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

Amazonプライム会員の方なら「Amazon Music Unlimited」もおすすめ

Amazonプライム会員なら「Amazon Music Unlimited」が特別料金・月額650円で契約できますよ。

LINEとの連携機能や320kbpsのビットレートも非対応ですが、圧倒的な月額料金の安さは魅力的です。

>>無料で「Amazon Music Unlimited」を30日間使ってみる

 

【2020年】音楽配信サービスを徹底比較

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

CD1枚2,000円で買う時代が終わり、今や定額料金で好きな曲を好きなだけストリーミング再生で聴く「音楽配信サービス」の時代がやってきました。

そんな高コスパな音楽配信サービスは数多く存在していて、その良し悪しは非常に分かりにくくなっています。

 

そこで当サイトでは、サービスごとの特徴をまとめた比較記事を公開しています。

自分にとって最良の音楽配信サービスが知りたい方は、下記の記事をチェック!

関連リンク【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連リンク【Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

 

よく読まれている記事

【漫画を無料で読み放題する】漫画村の代わりになる?トレントサイト経由でマンガを無料読み放題する方法|安心安全重視ならサブスク契約がおすすめ 1
【個人情報・プライバシーを守るVPNとは】インターネット接続のセキュリティ強化で個人情報・重要データ保護!データ通信に不可欠なVPN接続とは? 2
【アマゾンプライムビデオを録画する】Amazonプライムビデオ動画は録画できる!!アマゾンプライムビデオを録画する裏ワザ|スマホで視聴する方法も解説 3
【DVDコピー・ダビング方法】レンタルDVDを無料コピーしてパソコンに永久保存する方法|無料ソフトDVD Shrinkのダビング・リッピング機能の限界とは? 4
【Netflix録画方法】Netflix動画は録画できる!!ネットフリックスを画面録画する裏ワザ|ダウンロードできない作品もスマホ・タブレットでオフライン再生! 5
【21年版FANZAのDRM解除方法】ストリーミング動画を画面録画!FANZAのDRM解除方法|録画保存した動画はスマホでオフライン再生可能! 6
【決定版】充電タイミングでスマホのバッテリー寿命が決まる!?バッテリーを劣化させない充電方法 7
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 8
【アニメ呪術廻戦・全話無料】人気アニメ『呪術廻戦』全エピソードをVOD月額料金無料で録画して自由に視聴する裏ワザ 9
【Hulu(フールー)録画方法】Hulu動画は録画できる!!フールーを画面録画する裏ワザ|ダウンロードできない作品もスマホ・タブレットでオフライン再生! 10

-イヤホン
-, ,

© 2021 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ