【ジョンメイヤーを聴く】グラミー賞7冠の天才ギタリスト!John Mayerおすすめの名曲まとめ|代表曲やアルバムを音楽ストリーミングで聴き放題

音楽ストリーミングサービス

【ジョンメイヤーを聴く】グラミー賞7冠の天才ギタリスト!John Mayerおすすめの名曲まとめ|代表曲やアルバムを音楽ストリーミングで聴き放題

グラミー賞7冠を果たした現代の三大ギタリストの一角

ジョン・フルシアンテ、デレク・トラックスとともに「現代の三大ギタリスト」と評されるなど、メジャーデビュー以来、世界中の人々をメロディアスな楽曲で魅力し続けている稀代のギタリスト「John Mayer(ジョンメイヤー)」。

2001年のメジャーデビューでいきなりの全世界400万枚をこえるセールスを記録。2003年のグラミー賞では”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス”を受賞しました。その後もセカンドアルバム『Heavier Things』収録の『Daughters』でグラミー賞”最優秀楽曲”と”最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス”をダブル受賞・・・などなど計7度もグラミー賞を受賞するという輝かし過ぎる経歴を持つジョンメイヤーは、疑う余地のまったくない正真正銘の世界的トップアーティストといっていいでしょう。

先日行われた5年ぶりに来日しての武道館ライブも大盛況でしたね。僕も行きたかった・・・。

 

ジョンの楽曲は心を震わせ、涙腺を刺激する

僕だけでしょうか、ジョンメイヤーのギターサウンドや彼のスモーキーな歌声は、どうにも涙腺を刺激されます。本記事で追ってご紹介しますが『Daughters』の美しさは感動せずにはいられないドラマチックさがあります。泣かせるメロディなら『Neon』や『Edge of Desire』あたりも秀逸!彼の豊かな音楽的表現には毎アルバムごとに感動があります。

ギター良し、ソングライティングセンス良し、ボーカル良し。こんなパーフェクトなアーティストって存在するんですよ。彼はまさにそう。

今回はそんな才能あふれるジョンメイヤーの魅力的な楽曲・アルバムをご紹介します。

 

本記事の内容

 

ジョンメイヤーおすすめの名曲|アルバム編

まずはジョンメイヤーがこれまでリリースしたアルバム全7枚の中で、特に名盤と呼ばれるアルバム3枚をご紹介しましょう。

 

『Room For Squares』(2001年)

ジョンメイヤーおすすめの名曲|アルバム編:『Room For Squares』

ジョンメイヤーの作曲家としての才能がいかんなく発揮されたデビューアルバム『Room For Squares』。

「これがデビューのクオリティかよ!?」と突っ込みたくなるレベルの高さが窺える、間違いなくジョンメイヤー好きなら挙げる1枚でしょう。

 

『Room For Squares』トラックリスト

  1. No Such Thing
  2. Why Georgia
  3. My Stupid Mouth
  4. Your Body Is a Wonderland
  5. Neon
  6. City Love
  7. 83
  8. 3X5
  9. Love Song for No One
  10. Back to You
  11. Great Indoors
  12. Not Myself
  13. St. Patrick's Day

 

『Battle Studies』(2009年)

ジョンメイヤーおすすめの名曲|アルバム編:『Battle Studies』

ジョンメイヤーのアルバムの中で特に目立った曲が収録されているわけではありませんが、非常に人気が高いアルバムがフォースアルバム『Battel Studies』。

正直アルバム全体の印象はダークで気が滅入るような感じですが、「これぞジョンメイヤー!」という彼らしさに満ちた楽曲が名を連ねています。「人生-ライフ-」を感じられるアルバムに仕上がっていますよ。スモーキーな雰囲気がたまりません。

 

『Battle Studies』トラックリスト

  1. Heartbreak Warfare
  2. All We Ever Do Is Say Goodbye
  3. Half of My Heart
  4. Who Says
  5. Perfectly Lonely
  6. Assassin
  7. Crossroads
  8. War of My Life
  9. Edge of Desire
  10. Do You Know Me
  11. Friends, Lovers or Nothing

 

『Continuum』(2006年)

ジョンメイヤーおすすめの名曲|アルバム編:『Continuum』

ジョンメイヤー史上最高傑作と評されることの多いのが3作目となるアルバム『Continuum』。

セカンドアルバム『Heavier Things』も秀逸なアルバムですが、これを経て『Continuum』で一流アーティストとしての地位を確固たるものにしたといっていいでしょう。アルバムの出だしから最後まで酔いしれていられるプラチナディスク、たまりません。

 

『Continuum』トラックリスト

  1. Waiting On the World to Change
  2. I Don't Trust Myself (With Loving You)
  3. Belief
  4. Gravity
  5. The Heart of Life
  6. Vultures
  7. Stop This Train
  8. Slow Dancing in a Burning Room
  9. Bold As Love
  10. Dreaming With a Broken Heart
  11. In Repair
  12. I'm Gonna Find Another You

 

ジョンメイヤーおすすめの名曲|シングル・人気曲編

ここではジョンメイヤーの楽曲の中でも、一般的に人気の高いシングル曲をご紹介します。

それにしてもどの曲もグラミー賞クラスの名曲揃い・・・ジョンメイヤーサウンド恐るべし。

 

『Daughters』(『Heavier Things』収録)

ジョンメイヤーの代名詞と言える、間違いなく彼の曲トップ3には入る名曲中の名曲『Daughters』。

グラミー賞「最優秀楽曲」と「最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス」のダブル受賞を果たした、名実ともに最高の曲です。

 

『Gravity』(『Continuum』収録)

『Gravity』も『Daughters』に並ぶジョンメイヤーファンにとっては無くてはならない楽曲といって間違いありません。ジョンメイヤーサウンドの集大成といってもいいでしょう。

「ジョンメイヤーを知りたければ、この曲を聴け!」的な楽曲です。

ちなみに『Gravity』は2008年発表のLiveアルバム『Where the Light Is』でグラミー賞「最優秀ソロ・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス」を受賞しています。圧巻のギタープレイは必聴ですよ。

 

『No Such Thing』(『Room For Squares』収録)

『No Such Thing』は、ジョンメイヤーの作曲家としてのタレント性を世界に知らしめた楽曲。

今となってはフレッシュさゆえの青臭さはあるかもしれませんが、ジョンメイヤーの原点であり剥き出しの才能を肌で感じるには最良の曲でしょう。

 

『Waiting on the World to Change』(『Continuum』収録)

男の色気プンプンのスモーキーなナンバー。こういう雰囲気は今じゃジョンメイヤーしか醸し出せないんじゃないでしょうか。唯一無二の存在感。

グラミー賞「ベスト・ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞」を獲得しただけのことはあります。

 

『Neon』(『Room For Squares』収録)

これがメジャーデビュー前の自主製作盤EPに入ってたっていうんだから、恐れ入ります。

ジョンメイヤーの演奏に魅力を感じて声をかけたアウェア・レコードのスカウトマンは、当時から彼の何らかのタレント性を感じていたかもしれませんね。

 

ジョンメイヤーおすすめの名曲|シングル・僕的チョイス編

ここでは人気曲の筆頭に挙げられることはないけど、ぜひジョンメイヤーの名曲として知ってほしい!と思うタイトルを、僕の独断と偏見に基づいてご紹介したいと思います。

ジョンメイヤーの曲は、一曲一曲にドラマを感じる珠玉のメロディばかりなので、正直全楽曲を紹介したいほどですが、ここでは特に僕が好きな楽曲に厳選に厳選を重ねてご紹介していきますよ。

 

『Back to You』(『Room For Squares』収録)

僕の中では断トツで一番好きな曲『Back to You』。愛する人を忘れるべきだけど忘れられない、そんな切なさが上手く歌い上げられた名作。泣けます。

 

『Who Says』(『Battle Studies』収録)

「とにかく音を鳴らして、それっぽい音楽やりましょう」みたいな考え方に真っ向から対立する、ギター一本だけで勝負するジョンメイヤーが異様なまでにかっこよく感じる楽曲。

「才能がありゃギターサウンドだけで人を魅了できるさ」ってことを明確に証明してみせてます。カッコイイ・・・。

 

『Love on the Weekend』(『The Search for Everything』収録)

洗練されたアーバンポップな感じが心地よい7枚目のアルバム『The Search for Everything』に収録されている『Love on the Weekend』は、相変わらずのジョンメイヤー節と彼の目指す新たな地平を目の当たりにできるスイートな楽曲。

さすがジョンメイヤー、相変わらず聴かせます。8枚目のアルバムも楽しみでなりません。

 

ジョンメイヤーおすすめの名曲|まとめ

【ジョンメイヤーを聴く】グラミー賞7冠の天才ギタリスト!John Mayerおすすめの名曲まとめ|代表曲やアルバムを音楽ストリーミングで聴き放題

「【ジョンメイヤーを聴く】グラミー賞7冠の天才ギタリスト!John Mayerおすすめの名曲まとめ|代表曲やアルバムを音楽ストリーミングで聴き放題」と題して、グラミー賞7冠に輝く稀代の天才ギタリスト「ジョンメイヤー」についてご紹介してきました。

 

ジョンメイヤーの真骨頂はライブでのプレイにあり

ジョンメイヤーは稀代のギタリストであり「現代の三大ギタリスト」の一角と評されています。これはRolling Stone誌が独断と偏見で言い始めたことでは決してなく、ジョンメイヤーのギタープレイを正当に評価した結果なのでしょう。そう思えるほど彼のライブでのパフォーマンスは最高です。

ロサンゼルスでのパフォーマンスを収めた『Where the Light Is』はグラミー賞を獲得した『Gravity』も収録されていますが、そのクオリティの高さは半端じゃないです。こういうプレイができる稀有なアーティスト・ジョンメイヤーは存在自体に価値を感じるほど優れたアーティストだと思います。

現代最高のパフォーマーであるスティーブ・ジョーダン(ドラム)とピノ・パラディーノ(ベース)と結成したジョン・メイヤー・トリオのライブアルバム『Try! Live In Concert』も彼のまったく別の音楽性を堪能できる名盤。ジョンメイヤーが最高のギタリストである所以は、このアルバムを聴けば分かります。

ぜひあなた自身の耳でジョンメイヤーの素晴らしい音楽の世界を感じてほしいと思います。

 

ジョンメイヤーを聴くならAmazon Music Unlimited

ジョンメイヤーを聴くにはCDを買ったりレンタルしたりする方法がありますが、コスパや手軽さを考えるなら定額料金で聴き放題の音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」がおすすめです。

「Amaozn Music Unlimited」の魅力をザックリお伝えすると、下記のようなことが挙げられます。

Amazon Music Unlimitedがおすすめな理由

  • 業界最多6,500万曲の楽曲数(2019年6月現在)
  • 業界最安の月額650円~(ファミリー向けプランも業界最安)※他社は月額980円
  • データ通信量がかさまないオフライン再生機能あり
  • 30日間の無料体験期間あり

特に料金は最安650円(Amazonプライム会員料金)、年間7,800円とわずかCDアルバム4~5枚分なので、トータルで考えれば音楽ストリーミングサービスを使った方がお得!またレンタルサービスのように返却する手間もないので、ストレスなく気軽に聴くことができるのもいいですね。

今なら30日間の無料体験期間も付いてきて、ジョンメイヤーの曲も全部聴き放題なので、これを機会に無料トライアルで音楽ストリーミングサービスの便利さを体験してみては??

Amazon Music Unlimitedを30日間お試し利用してみる

 

おすすめ音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

 

Amazon Music Unlimitedが音楽ストリーミングサービス最強の理由

僕はこれまで「Amazon Music Unlimited」に始まり、APPLE MUSIC、LINE MUSIC、Spotify、dヒッツなど多くの音楽ストリーミングサービスを使ってきましたが、結局Amazonに舞い戻って落ち着くことに。その理由は「業界最多の楽曲数(6500万曲)」と「料金が安い」ためです。

「Amazon Music Unlimited」が最強の音楽ストリーミングサービスである理由をまとめた記事を公開しているので、興味のある方は要チェックです!

関連記事
【最強の音楽ストリーミングはAmazon】楽曲数・安さで比較すれば断トツおすすめの音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」
【最強の音楽ストリーミングはAmazon】楽曲数・安さで比較すれば断トツおすすめの音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」

続きを見る

 

あなたに最適な音楽ストリーミングサービスを見つけましょう!

定額料金で何千万曲もの音楽が聴き放題の音楽ストリーミングサービスは、近ごろ多様なサービスが登場していてどのサービスが自分にとって良いのか分かりにくくなってきました。

そこで当ブログでは契約して後悔しない代表的な音楽ストリーミングサービスを実際に使って比較したまとめ記事を公開しています。これさえ読めばどのサービスを使えばいいかがクリアに分かるはず!ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別
【🎵音楽ストリーミングサービス比較】2019年おすすめ定額音楽配信サービスまとめ|音楽聴き放題サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

続きを見る

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-音楽ストリーミングサービス
-, ,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ