【AVIOT TE-D01gレビュー】最大50時間再生・完全防水・iPhone&android高音質対応!VGP2019金賞で評判のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超簡単!

イヤホン

【🎵AVIOT TE-D01gレビュー】最大50時間再生・完全防水・iPhone&android高音質対応!VGP2019金賞で評判のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超簡単!

日本人の日本人による日本人のための完全ワイヤレス

過去にはAVIOT(アビオット)「TE-D01b」のコストパフォーマンスの高さに一人熱狂した経緯を持つ僕ですが、今回は同じくAVIOTが自信を持って世に送り出した新作完全ワイヤレスイヤホンを試してみました。それが巷での評価も上々な「TE-D01g」です。

 

国内最大級のオーディオビジュアルアワードで2冠達成!

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|製品の外観(公式画像)AVIOT TE-D01g(ネイビー)

日本発のオーディオメーカーAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01g」は、高い品質とサウンドクオリティを両立させた製品に定評のある新進気鋭のオーディオメーカーが放つ新作Bluetoothイヤホン。国内最大級のオーディオビジュアルアワード"VGP2019 SUMMER"ではBluetooth完全ワイヤレスイヤホン(1万円未満)部門で唯一「金賞」、さらにコスパ賞にも輝くなどその性能とリーズナブルな価格が大いに評価されている魅力あふれる製品です。

 

見どころ満載なスペック

イヤホン単独最大10時間再生充電ケース併用で最大50時間再生の超ロングライフバッテリー。

着けていることを忘れてしまいそうな片耳約5gの軽量ボディ標準で付属されるシリコン・ウレタン製イヤーピース(全5種)で落ちる心配のない良質な装着感が得られます。

水深1mに30分ほど浸けていても壊れない高い防水性能(IPX7等級)を備えているので、スポーツシーンはもちろんお風呂に入りながらでも使える利便性の高さも。

そして最大の特長は"Japan Tuned"と銘打った日本人向けに最適化された聴きやすい音質iPhone・android両方の高音質コーデックAAC・APT-Xに対応しているのも嬉しいポイント。

ペアリングも簡単手間要らずな操作で、一度ペアリング登録してしまえばあとはケースからイヤホンを取り出すだけで自動接続してくれるからストレスフリー。

最大15か月のメーカー正規保証も付いてきて九千円弱で購入できるなどなど、目が回りそうなほど利点満載のコスパに優れたイヤホンです。

 

では早速コスパに優れる日本発の完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」について詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

AVIOT TE-D01gレビュー|製品情報

まずはAVIOT「TE-D01g」のスペックから見てみましょう。

 

サイズ イヤホン(片耳):H16×W20×D27mm
充電ケース:H45×W44×D31mm
重量 イヤホン(片耳):約5g
充電ケース:約40g
充電用ポート USB Type-C
Bluetooth規格 Ver.5.0
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
マルチペアリング 3台
ドライバー φ6mmダイナミック型
インピーダンス 16Ω
連続再生時間 約10時間
※APT-Xの場合、2~3時間短くなります
(+充電ケースで最大50時間)
フル充電所要時間 イヤホン本体:約90分
充電ケース:約90分
対応コーデック SBC
AAC
APT-X
防水性能 IPX7等級
(30分ほど水深1mに浸けてもOK)
ノイズキャンセル機能 CVC8.0ノイズキャンセリング
付属品
  • 充電ケース
  • USB Type-Cケーブル(約53cm)
  • イヤーピース
    • シリコン製(S/M/L)
    • ウレタン製(S/M)
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証登録カード
保証 12か月保証
(製品保証登録で3か月延長)

付属イヤーピースとして2つの素材(シリコン・ウレタン)を同梱した製品はレアだと思います。

装着感を向上させるのに一役買うことは間違いないので、ありがたい配慮ですね。

 

AVIOT TE-D01gレビュー|優れているポイント

ここでは特に「TE-D01g」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

VGP2019夏で金賞・コスパ賞受賞

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|VGP2019夏では1万円未満のBluetooth完全ワイヤレスイヤホン部門「金賞」、コスパ賞の2冠に輝きました。

国内最大級のオーディオビジュアルアワード"VGP2019 SUMMER"ではBluetooth完全ワイヤレスイヤホン(1万円未満)部門で唯一となる「金賞」を受賞。

さらに「コスパ賞」にも輝くなど、名実ともに高コスパ完全ワイヤレスイヤホンであることが認められた格好になりました。

 

本体単独で最大10時間の連続再生、最大50時間再生可能!

イヤホン単独で最大10時間の連続再生が可能で、充電ケースを併用すると最大50時間もバッテリーが持続します。

APT-Xコーデックで接続する場合は再生時間が短くなりますが、それでもお釣りがくるような長時間再生が可能なのでバッテリー残量に不安を感じることはないと思います。

(APT-Xコーデックはandroid端末で再生する場合などが想定されます)

 

完全防水IPX7等級の防水性能

「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)」と定義されるIPX7等級の防水性能を誇るので、発汗を伴うスポーツシーンはもちろん入浴中でも使えます。

シャワーを浴びながら音楽鑑賞することもできるほどなので、まず水による故障の心配はないでしょう。完全ワイヤレスで完全防水はなかなかレアですよ!

 

日本人向けにチューニングされた独自の音質

AVIOT「TE-D01g」はJapan Tunedと題して日本人に最適な音質設計を追求しています。日本人向けのサウンドチューニングを志向した"Japan Tuned"

AVIOT独自であり最大の特長でもあるのが日本人の耳に最適化されたサウンドチューニングが施されていることでしょう。

"Japan Tuned"と銘打たれた音質調整は、日本の音を知り尽くしたオーディオの日本人エキスパートが、クラシックからアニソンまで幅広いジャンルの楽曲を聴き込んで日本人の耳に合った聴きやすい音質を追求したもので、実際に聴いてみるとその印象は独特。確かに他のイヤホンのチューニングとは異なる方向性を持っているなと実感できるサウンドに仕上がっていますよ。

 

スペックに釣り合わないリーズナブルな価格

時期によって多少の変動はあると思いますが概ね九千円で購入できる価格設定はメチャクチャ魅力的です。

完全ワイヤレスイヤホンとして備わっていて欲しいと思う機能がほぼ全部載せな製品でこの価格は「他社への営業妨害か?」と思わされるほどのコスパ。

間違いなく現在市場に出回っている完全ワイヤレスイヤホンの中でも5指に入る高コスパっぷり。コスパで選ぶなら筆頭候補といって差し支えないでしょう。

 

片耳だけでも買える安心さ

ちなみにAVIOTでは完全ワイヤレスイヤホンの片耳分だけの販売を実施しています。

そのためもし片耳だけ紛失してしまっても失った片耳分だけ購入すれば事足りるので、余計な出費を抑えられます。

いざという時のことを考えると、こういったサービスを行ってくれているメーカー製は安心して手が出せますよね。

最長15か月のメーカー正規保証も付いてくるので、保証に関しても文句なしです!

 

AVIOT TE-D01gレビュー|外観・付属品

外観

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|独自のデザインセンスが光るハウジング。※クリックで拡大表示※

相変わらず独自のデザインセンスが光るAVIOTのハウジング。

ブラック・アイボリー・ネイビー・パールホワイトの4色展開ですが、僕がいつも選ぶAVIOT製品は今回紹介しているネイビー。このカラーリングはAVIOTならではじゃないでしょうか。エレガントな色合いが素敵です。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ハウジングに刻まれたAVIOTのロゴがカッコイイです。※クリックで拡大表示※

AVIOTのロゴってなかなかカッコイイです。イナズマ??何かの紋章のようにも見えてクール。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|イヤホン本体は左右それぞれが色分けされているので、パッと見で分かりやすいのがポイント。※クリックで拡大表示※

イヤホン本体の左右は色分けされていて、赤丸が右イヤホン。パッと見で分かるのがいいですね。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケースの前面には大きくロゴがあしらわれています。※クリックで拡大表示※

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケース上面には「AVIOT」と刻印が入っています。※クリックで拡大表示※

充電ケースは前面にロゴを大きく配したデザイン。ギラギラしておらず、ちょうどよい光沢感でキレイなネイビーカラーがより上品さを帯びています。

1万円以下に抑えられた製品としては優秀なディテール感。他社製と比べて「安物だぜっ!」っていう丸出し感がありません。

上面には「AVIOT」と刻印がされていますよ。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケース側面には充電用USB Type-Cポートが配されています。充電用USB Type-Cポート

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケース側面にはLEDインジケーターが配されています。LEDインジケーター

充電用のUSB Type-CポートとLEDインジケーターはそれぞれケース側面に配されています。

 

LEDインジケーターでバッテリー残量を把握

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケース前面に配されたLEDインジケーターの点灯でバッテリー残量が分かります。上記画像はバッテリー残量50~75%を示しています

LEDインジケーターは4段階で点灯します。

LEDインジケーターとバッテリー残量の関係

  • 4つすべてが点灯:バッテリー残量75~100%
  • 左から3つが点灯:バッテリー残量50~75%
  • 左から2つが点灯:バッテリー残量25~50%
  • 左1つのみが点灯:バッテリー残量1~25%

 

イヤーピース交換に対応した秀逸ケース

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケースの中はいたってシンプルです。※クリックで拡大表示※

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケースにイヤホン本体を収納すると、このような収まりになります。※クリックで拡大表示※

イヤホン本体とイヤーピースがスッポリ入るゆったりした造りが特徴。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|他社製イヤーピースを装着した状態でも充電ケースに収められるのは嬉しいポイントです。

特にイヤーピースを収納するホールが秀逸で、他社製イヤーピースに交換した状態でも充電ケースに収納可能なんです。他社製の多くはイヤーピース交換することを想定していない造りになっているので、少しでもイヤーピースの形状やサイズが変わるとフタを閉められなくなってしまいます。このポイントはイヤピ交換派の方にはメチャクチャ大きなメリットでしょう。

僕も大抵イヤーピース交換を行うので、この充電ケースは重宝してます。後ほど触れますが比較的ワイドなコンプライ「Ts-200」でも難なく仕舞うことができるのが嬉しいです。

 

上々のコンパクトさ

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|AirPods、TWS-520と比べるとコンパクトさが際立ちます。左:AirPods 中央:TWS-520 右:TE-D01g

完全ワイヤレスイヤホンの先駆者Apple「AirPods」、価格破壊の鬼JPRiDE「TWS-520」と並べてみると比較的小さい印象を受けます。重さは今やライト級完全ワイヤレスの基準になりつつある約5gの軽さはもちろんクリアしていますが、それ以上にコンパクトさが際立っています。

さすがにAirPodsには及びませんが、質感も安っぽくなくてグッドです。

 

付属品

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|付属品一覧※クリックで拡大表示※

TE-D01g」の付属品は次の通りです。

TE-D01gの付属品一覧

  • 充電ケース
  • USB Type-Cケーブル(約53cm)
  • イヤーピース
    • シリコン製(S/M/L)
    • ウレタン製(S/M)
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証登録カード

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|付属のイヤーピースにシリコン製・ウレタン製が付いているのは太っ腹ですね。左:ウレタン製(S/M) 右:シリコン製(S/M/L)

イヤーピースはシリコン製&ウレタン製がセットで付属しています。

付属のイヤーピースですが、個人的にはウレタン製は完全にオマケ品質かなぁ・・・と感じました。

耳穴に対する圧迫感が増すので装着安定性は高まりますが、音質の改善は期待できません。付属品であればシリコン製の方が「TE-D01g」の音質に適していると思います。

AVIOT「TE-D01g」に合うおすすめイヤーピースはこちら

 

AVIOT TE-D01gレビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使った「TE-D01g」のペアリング登録方法を解説します。

製品購入後に初めて充電ケースから取り出した際、自動的にペアリングモードに移行してくれるので、あらかじめ接続させるスマホのBluetooth設定画面を開いておくと作業がスムーズになりますよ。

 

ペアリング手順

ペアリング登録手順

  1. イヤホン本体を充電ケースから取り出す
  2. スマホの設定画面で「TE-D01g_R」または「TE-D01g_L」を選択する
  3. Bluetoothペアリングの要求に応じる
  4. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ペアリング方法:まず充電ケースからイヤホン本体を取り出しましょう。※クリックで拡大表示※

まずはイヤホン本体を充電ケースから取り出しましょう。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ペアリングモードに移行するとオレンジと白色に点滅します。ペアリングモード状態のLED点灯

オレンジと白のLEDが交互に点滅していたらペアリングモードに移行している状態です。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ペアリング方法:スマホのBluetooth設定画面に「TE-D01g_R」または「TE-D01g_L」と表示されるので選択しましょう。※クリックで拡大表示※

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「TE-D01g_R」または「TE-D01g_L」と表示されるので選択しましょう。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ペアリング方法:続いて自動的に「Bluetoothペアリングの要求」というポップアップが表示されるので「ペアリング」を選択します。※クリックで拡大表示※

「Bluetoothペアリングの要求」というポップアップが表示されたら「ペアリング」を選択します。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ペアリング方法:スマホのBluetooth設定画面に「TE-D01g_R」または「TE-D01g_L」と表示されていたらペアリング登録完了です。※クリックで拡大表示※

スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「TE-D01g_R」または「TE-D01g_L」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

イヤホンに流れる萌えアナウンス

余談ですが、この一連のペアリング作業の中でイヤホンに流れる「ペアリング成功です」「接続しました」などのアナウンスはアニメの声優さん?が担当しているんだと思います。

ちょっと舌足らずな感じ、萌えます笑

 

AVIOT公式のペアリング解説動画

AVIOT公式のペアリング方法を解説する動画が公開されています。よかったらコチラも参考にしてみてください。

 

一度ペアリングすれば、以後の接続は自動接続!

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|一度ペアリング登録すれば、以後はイヤホンをケースから出すだけで自動的にスマホに接続してくれます。

上の画像のスマホ画面右上を見ると分かるように、イヤホンをケースから出すだけで接続されているのが分かります。接続はたったこれだけでOK。

ペアリング登録以後は「TE-D01g」本体を充電ケースから取り出すだけでスマホに自動接続してくれるのでカンタン手間要らず。

 

AVIOT TE-D01gレビュー|使ってみて感じたこと

操作感

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|イヤホン左右それぞれに配されたボタンの役割はその殆どが共通しています。※クリックで拡大表示※

左右それぞれに搭載されたボタンを使って音楽再生や通話のコントロールを行います。

ボタン操作は下記のような感じです。

ボタンの操作方法

  • 電源オン
    • 電源オン:右左それぞれ1回押す
    • 電源オフ:左右それぞれ4秒間長押し
  • 音楽
    • 再生:右or左を1回押す
    • 停止:右or左を1回押す
    • 曲送り:右を2回連続で押す
    • 曲戻し:右を3回連続で押す
  • 通話
    • 着信受話:右or左を着信時に1回押す
    • 通話終了:右or左を通話中に1回押す
    • 着信拒否:右or左を着信時に1秒間長押し
  • 音量調整
    • 音量を上げる:左を3回連続で押す
    • 音量を下げる:左を2回連続で押す
  • ペアリングモード
    • 右or左を2回連続で押す
  • 音声コマンド呼び出し
    • 右or左を約2秒間長押し

 

特に音量調整がイヤホン本体のボタン操作で行えるのは何気に嬉しい機能ではないでしょうか。

他社ではイヤホン本体で音量調節ができないことが殆どなので、これもレアな機能といえます。

 

ボタンがちょっと押しづらいかも

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|イヤホンのボタンがちょっと押しづらいかもしれません。

上記のように指でつまんだ状態であれば特に押しにくいことのないボタンですが、耳に装着した状態で押そうとすると耳穴にイヤホンを押し込むような感覚がちょっとあるので、人によっては押しづらく感じるかもしれません。

僕はこの点が「TE-D01g」で一番気になるポイント。もうちょっと耳に圧をかけずに操作ができたらベストなんですけどね。こればかりは個別論的な話で「改善しろ!」という類のものではないんですが、念のためお伝えしておきました。

 

充電ケースの使用感

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケースのサイズ感はコンパクトで上々の使い心地です。※クリックで拡大表示※

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|充電ケースをミンティアと比べると、そのコンパクトさが分かりますね。※クリックで拡大表示※

上記画像を見ると分かりますが、手のひらにスッポリ収まる感じでかなりコンパクト。ミンティアケースと比べてもその小ささが分かりますね。

ケースの形状も箱型で角張っているのでしっかり持てるグリップ感があるので、落下させてしまいそうになる感覚はまったくありません。

重量も左右のイヤホン・充電ケース合わせても約45gと超軽量なので、持ち運びも楽々。4cm角だからカバンにもスッポリ。

 

リセット方法

AVIOT「TE-D01g」には、片耳から音が聴こえなくなったり、充電ケースに入れてもイヤホンが充電されなくなったりするなど、イヤホンの調子が悪いときの改善策としてリセット機能が搭載されています。

リセットの手順

  1. 再生機器(スマホなど)から「TE-D01g_R」または「TE-D01g_L」の登録を削除する
  2. 左右のイヤホン本体を充電ケースに入れる
  3. 左右イヤホンのボタンを10秒間長押しする

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|リセット方法:まずBluetooth設定画面「TE-D01g_R」の欄にあるインフォメーションアイコンを選択しましょう。

まずBluetooth設定画面「TE-D01g_R」の欄にあるインフォメーションアイコンを選択しましょう。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|リセット方法:次に「このデバイスの登録を解除」と書かれたところをタップしましょう。

次に「このデバイスの登録を解除」と書かれたところをタップしましょう。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|リセット方法:続いて「デバイスの登録を解除」を選択しましょう。

続いて「デバイスの登録を解除」を選択しましょう。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|リセット方法:Bluetooth設定画面に戻ってみると、さっきまで登録されていた「TE-D01g_R」の表記が無くなっているはずです。そうすれば登録解除が完了です。

Bluetooth設定画面に戻ってみると、さっきまで登録されていた「TE-D01g_R」の表記が無くなっているはずです。そうすれば登録解除が完了です。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|リセット方法:イヤホンをリセットさせるために左右のボタンを同時に10秒ほど長押ししましょう。10秒ほど左右のボタンを長押ししてLEDが白く光ったらリセット完了です。

続いてイヤホンに入っているペアリング情報削除しましょう。イヤホンを両方とも充電ケースに入れてボタンを10秒ほど長押しするとLEDが一瞬白く光ってペアリング情報の削除が完了します。

これでイヤホンはまっさらな状態になったので、改めてペアリング登録を行うと正常に使用できるようになっているはずですよ。

ペアリング登録のやり方

 

イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法

余談ですがイヤホン本体のバッテリー残量を確認する便利な方法について、iPhoneを例にご紹介します。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ウィジェット画面の「編集」ボタンをタップします。※クリックで拡大表示※

まず「TE-D01g」をiPhoneに接続させましょう。

接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|「バッテリー」と書かれた項目の「+」マークをタップして「完了」をタップしましょう。※クリックで拡大表示※

ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|ウィジェット画面の一番下に「バッテリー」の項目の中に「TE-D01g_R」または「TE-D01g_L」のバッテリー残量も表示されます。※クリックで拡大表示※

ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「TE-D01g」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。

イヤホン本体のバッテリー残量を確認するなら、このウィジェット表示を見るのが一番分かりやすいのでオススメですよ。

 

ケースとイヤホンを同時充電できます!

充電ケースをチャージしながら、イヤホン本体を充電ケースに入れてチャージする、いわゆるパススルー充電にも対応しています。

パススルー充電に対応していると「いざ!」というときに重宝します。

 

装着感

片耳約5gの軽さとサイズが選べる豊富なイヤーピースのおかげで、かなりフィットする感覚が得られます。

エルゴノミクスベースのデザインやフィット感を追求したというイヤーピースなどによる装着感はさすが。

僕はもう少し耳穴の奥でフィットしてほしいのでSpinfit製イヤーピース「CP100」に交換しています。

耳穴に柔軟にフィットしてくれる独自構造を持つイヤーピースなのでフィット感が抜群に向上しますし、音質の向上も見込めるのでおすすめです。

Spinfit「CP100」について見てみる

 

音質

ドンシャリ感を抑えて中音域に肉厚感を与えている印象を受ける音質です。良いこもり感って表現したら伝わるでしょうか。

この程良いこもり感が中音域を中心としたサウンドとボーカルの歌声で構成するJ-POPにはとても相性が良いように感じます。「"Japan Tuned"=邦楽向け」というわけではないんですが、海外製Bluetoothイヤホンでは感じられない特有の音感というのが確かに感じられるんですよね。不思議だけどそれが日本人向けということなんでしょうね。

 

ボーカルの声にフォーカスしたい方には最適かも

特にボーカルの透明感がすごくて、反響感・残響がメチャクチャ心地よいです。例えば宇多田ヒカルと椎名林檎が歌う「二時間だけのバカンス」では、中盤から後半の二人のコーラスの応酬は鳥肌モノ。心にグッと沁みます。ベースの低音も気持ちよくさりげなく響く感じがいいですね。

 

ロックもイケちゃう柔軟性もあります

かといってロックサウンドは駄目かというと、そんなこともないんです。アジアンカンフージェネレーションの傑作「リライト」とか聴くと、これまた鳥肌モノ。音の粒立ちが良いんです。ボーカルの声はもちろん、ギター・ベース・ドラム全員が活き活きしてる。バンドミュージックの心躍る音が明瞭(クリア)なサウンドとして展開される感じですね。

この爽やかさは例えば「Powerbeats Pro」のようなパワー系Bluetoothイヤホンには成し得ない芸当だと思います。だからRed Hot Chili Peppers「By the Way」とか聴くと別の聴き方ができるんですよ。フリーの鬼ベースにはちょっとだけ影を潜めてもらって、全体の爽やかさを高めるなら「TE-D01g」はベスト!?アンソニーの声、メチャ映えます。

"Japan Tuned"と謳うだけのサウンドクオリティは感じられる仕上がりになっています。上質なサウンドにほろ酔い気分になれますよ。

AVIOT TE-D01gレビュー|好相性なイヤーピース

ここではAVIOT「TE-D01g」と併せて使うことでより「TE-D01g」の良質さが際立つイヤーピースを紹介します。

 

「TE-D01g」はイヤピ交換をおすすめします

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|「TE-D01g」はイヤーピース交換するともっともっと上質になるBluetoothイヤホンです。※クリックで拡大表示※

あくまで僕個人の独断と偏見に基づく見解ですが、僕は「TE-D01g」はイヤーピース交換をぜひおすすめしたい完全ワイヤレスイヤホンだと思っています。

絶対必要というわけではないんですが、付属のシリコン製・ウレタン製ともに今ひとつ足りない感じが拭えません。シリコン製は装着感がイマイチですし、ウレタン製はグリップ感こそ向上しますがウレタン独自の低音域強化が期待できません。

 

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」レビュー|「TE-D01g」にはメインでSpinfit「CP100」を使っています。Spinfit「CP100」に交換した「TE-D01g」

ちなみに僕は「TE-D01g」には主にSpinfit「CP100」、サブでコンプライ「Ts-200」を装着させて使っています。この件については下記で簡単に解説しているのでよかったらチェックしてみてください。

 

全体的な音の解像度と装着感を向上させたい

音全体の解像度を高めて包括的にクリアな印象にサウンドチューニングすると同時に装着感を向上させたいなら、Spinfit「CP100」がおすすめです。

「TE-D01g」の装着感はステムの角度・イヤーピース設計などに独特な感覚があるように僕は感じたので、同じように「ちょっと装着させにくい」「どうも耳穴に気持ちよくフィットしない」と感じた方には特におすすめしたいイヤーピースですね。

Spinfitの特許技術「3Dクッション構造」が耳穴に絶妙にフィットするので、かなり装着感を改善が期待できますよ。僕の場合は耳穴の手前で浅めにフィットしていた感覚が、想像を超えて耳穴の奥まで入ってしっかりフィットされた感覚を覚えました。

関連記事
茶楽音人SpinFit「CP100」レビュー
【茶楽音人 SpinFit CP100レビュー】耳穴に合わせて動く!?独自のフィット感が心地良いおすすめイヤーピース

2019年6月5日 情報更新しました。 茶楽音人(さらうんど)のSpinFitというイヤーピースをご存知でしょうか。 「夜露死苦」みたいなメーカー名が胡散臭さ満点ですが、れっきとした音響メーカーです笑 ...

続きを見る

 

重低音を力強くしたい、装着安定性も高めたい

音質改善、特に低音域にパワフルさを求めたい場合。さらに装着時のグラつきを最小限に抑えたい場合はComply「Ts-200」がおすすめ。フォームタイプの代表格的なイヤピで、重低音の強化と装着安定性の向上の二つの願いを叶えてくれます。

 

スポーツに最適なイヤーピースが欲しい

ウレタンフォームと特殊コーティングで抜群の装着安定性を誇るコンプライ「SPORT PRO」がスポーツシーンでは最強です。

汗や耳垢からイヤホンを守る「汗ガード」搭載なのも秀逸!まさに運動中に音楽を聴きたい人々のために登場したイヤーピースといっていいでしょう。

関連記事
【コンプライ製おすすめイヤーピース:SPORT PROレビュー】ウレタンで装着安定性・遮音性抜群!スポーツに最適なイヤーピース|Powerbeats Proとも相性抜群!
【コンプライ製おすすめイヤーピース:SPORT PROレビュー】ウレタンで装着安定性・遮音性抜群!スポーツに最適なイヤーピース|Powerbeats Proとも相性抜群!

スポーツシーンでイヤホン使うなら、コンプライ製イヤピがベスト! どうも、トレーニングシーンで使っているBluetoothイヤホンすべてにコンプライ製イヤーピースを装着させているジョド(@jdkachi ...

続きを見る

 

AVIOT TE-D01gレビュー|まとめ

【AVIOT TE-D01gレビュー】最大50時間再生・完全防水・iPhone&android高音質対応!VGP2019金賞で評判のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超簡単!

「【🎵AVIOT TE-D01gレビュー】最大50時間再生・完全防水・iPhone&android高音質対応!VGP2019金賞で評判のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超簡単!」と題して、日本人向けに最適化された音質に確かな手応えを感じる高コスパ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01g」についてご紹介してきました。

 

邦楽メインで聴く方にはベストチョイスな音質を持つイヤホン

誤解を恐れず言えば、「TE-D01g」は主に邦楽を聴く方には最適なサウンドクオリティを持っている完全ワイヤレスイヤホンです。日本人の多くが聴くようなJ-POPからニッチ系のアニソンまで幅広い日本語ベースサウンドにフィットするポテンシャルを大いに秘めていますよ。

純粋に完全ワイヤレスイヤホンとしても秀逸なスペックを誇っています。特に単独最大10時間・ケース併用で最大50時間再生可能なスタミナ性はファーストクラス、防水性能も完全防水IPX7だから水害も恐れるに足らず。iPhoneだけでなくandroidの高音質コーデックにも対応するレアな存在である「TE-D01g」は名実ともに間違いなく超高コスパBluetoothイヤホン。なるべく出費を抑えつつも納得のハイスペックを享受したいワガママな方にはこれ以上ないチョイスだと思いますよ。

この記事をきっかけに、あなたにとって最良のBluetoothイヤホンが見つかれば、僕としても嬉しく思います。

 

1万円以下の優良完全ワイヤレスイヤホン特集【公開中】

AVIOT「TE-D01g」は間違いなく秀逸な完全ワイヤレスイヤホンで、買って後悔することはない一品ですが、1万円以下で高音質かつ高性能な完全ワイヤレスイヤホンは他にもあります。

もしAVIOT「TE-D01g」にピンと来なかった方は、現在公開中の「1万円以下で買える高コスパ完全ワイヤレスイヤホン特集」をチェックしてみてほしいと思います。きっとグッとくる完全ワイヤレスイヤホンが見つかるはずです!

関連記事
【最新2019年おすすめ完全ワイヤレスイヤホンまとめ】1万円以下で高音質&高性能!買って後悔しない高コスパ完全ワイヤレスイヤホン特集

【総まとめ】1万円未満でも大満足できる完全ワイヤレスイヤホン 以前から僕自身が気になっていた「1万円の範囲で良い完全ワイヤレスイヤホンって無いのかな?」という疑問を解消すべく、今回は1万円未満の範囲で ...

続きを見る

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

例えば12万円のMacBook Airを買うとしたら、3,000円が返ってくる計算になるんです。お得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連記事
【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説
【🈹Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

Amazonギフト券を使えば、最大2.5%お得に買物できます Amazonギフト券の中でも「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。 「A ...

続きを見る

 

よく読まれている記事

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説 1

Amazonギフト券を使えば、最大2.5%お得に買物できます Amazonギフト券の中でも「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。 「A ...

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 2

音楽の定額配信サービス(ストリーミングサービス)が気になってる! だけどサービスの種類がありすぎて、どれを選んだらいいのやら・・・ 詰まるところ、何を基準にサービスを選んだらいいの? 音楽ストリーミン ...

【家族向け格安SIMサービスまとめ】最安月額3,740円!家族割でお得かつ安心して使えるファミリー向けおすすめMVNOの選び方 3

家族向けの格安SIMサービスを総まとめ! 携帯電話の月額料金って家計全体で考えると結構なシェアを占めてませんか?なかなか侮れない料金を毎月支払っている方が多いのではないかとお察しします。   ...

【日用品を安く買う方法 決定版】日用品はネット通販が安い!年間数万円は得するAmazon定期便なら常に15%割引&配送料無料|消耗品代を節約して増税対策 4

日用品はネットがお得&便利!増税対策としても有効です! 安くて便利!これからはネット通販を活用して節約 皆さんは生活に欠かせない日用品をどこで買っていますか? 一般的にはスーパーやドラッグストア、ホー ...

【動画配信サービス(VOD)の録画方法】公式アプリのダウンロードと違って解約後も視聴できる!VOD配信動画を録画する方法|無料トライアル中でも録画し放題 5

動画配信サービス(VOD)の動画を録画する方法が知りたい! 月額1.000円前後を支払って最新映画やドラマ作品などを視聴できる動画配信サービス(VOD)は、レンタル店を使うよりも格段に使い勝手が良く、 ...

【ゲームオブスローンズ無料視聴・完全版】シーズン8(最終章)までの全エピソードを動画配信サービスで無料視聴する方法|Hulu・Amazonなら吹き替え版も 6

世紀の大作『ゲームオブスローンズ』を全エピソード無料視聴! 2019年5月に『ゲームオブスローンズ』は完結 『ゲーム・オブ・スローンズ』は2019年5月にその幕を下ろしました。 全編通して何とか一つの ...

-イヤホン
-,

Copyright© カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ , 2019 All Rights Reserved.