カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ

生活をちょっと豊かにする価値を管理人目線でお届け。

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適

イヤホン

【🎵Cheero Wireless Earphones (CHE-624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適

三千円台の完全ワイヤレスとしては上々のスペック!!

Cheeroといえばモバイルバッテリーの印象が強いメーカーですが、このほどそんなCheeroから完全ワイヤレスイヤホンがリリースされました。

ナンボのものか気になった僕は、早速Cheero「Wireless Earphones (CHE-624)」を入手してレビューしてみることにしました。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|製品の公式画像Cheero「Wireless Earphones (CHE-624)」

バッテリー製品でお馴染みのCheero初の完全ワイヤレスイヤホン「Wireless Earphones」の主な特徴は下記の通りです。

 

「Wireless Earphones」の特徴

  • イヤホン単体5時間連続再生&ケース併用約30時間再生
  • タイムドメインラボ監修の高音質
  • AirPodsに迫る軽量ボディ
  • 左右イヤホンを別々の再生機に接続できるデュアルマスターモード搭載
  • 左右対称のイヤホン形状
  • IPX5等級の防水性能
  • iPhone向けの高音質コーデックに対応
  • ケースから取り出すだけで電源が入る自動電源ON機能

 

限られたコストの中で工夫を凝らした結果なのでしょう、完全ワイヤレスイヤホンに求められる基本的なスペックを押さえつつ、なかなか面白い特徴を備えています。

特に左右のイヤホンをそれぞれ独立して異なる再生機に無線接続できる「デュアルマスターモード」は、他に類を見ません。イヤホン形状を左右対称にしているのも、この「デュアルマスターモード」を活かすために他なりませんね。

いずれにしても三千円台で購入できる完全ワイヤレスイヤホンとしては、必要十分なスペックを備えつつユニークさもある製品に仕上がっています。エントリーモデルとしてもおすすめですね。

 

では早速、モバイルバッテリーで有名なCheeroが手掛ける初めての完全ワイヤレスイヤホン「Wireless Earphones (CHE-624)」について詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

Cheero Wireless Earphonesレビュー|製品情報

まずはCheero「Wireless Earphones」のスペックについてザッと見てみましょう。

 

スペック

サイズ イヤホン(片耳):H26×W26×D17mm
充電ケース:H45×W75×D32mm
重量 イヤホン(片耳):約4.4g
充電ケース:約43g
充電用ポート Type-C
Bluetooth規格 Ver.5.0
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
連続再生時間 約5時間
(+充電ケースで約30時間)
フル充電所要時間 イヤホン本体:約60分
充電ケース:約120分
対応コーデック SBC
AAC
防水性能 IPX5等級
※イヤホン本体のみ※
付属品
  • 充電ケース
  • イヤーピース(3種類:S/M/L)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル(約46cm)
  • 取扱説明書
保証 12か月メーカー保証

 

三千円台としては上々の基本性能

AirPodsに迫るほどの軽さを実現させたボディを除いて、特筆すべき点が無いというのが正直なところですが、これは褒め言葉です!!

何といっても「Wireless Earphones」は三千円半ばで買える割安イヤホンですから、にも関わらずこのスペックはある意味で異常。

「これから完全ワイヤレスイヤホンを使い始めたい!」という方のエントリーモデルとしては申し分ない存在感ですよ。

 

Cheero Wireless Earphonesレビュー|優れているポイント

ここでは特に「Wireless Earphones」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

必要十分なバッテリー性能

イヤホン単体で最大5時間の連続再生充電ケース併用で約30時間の再生時間を実現させています。

近年主流のバッテリー性能である”イヤホン単体5時間連続再生”というスペックを載せてきたことは、この価格としては十分過ぎるバッテリー性能と言っていいでしょう。

 

タイムドメインラボ監修の高音質チューニング

タイムドメインラボは音響技術に定評のある日本企業で、Cheeroとは以前「BB mini」というBluetoothスピーカーを開発して日本最大級のオーディオアワード”VGP 2018 SUMMER"で金賞を受賞した経緯があります。

そのタッグが「Wireless Earphones」でも実現した格好ですが、やはり価格に見合わない高音質を実現させてきたなぁと試聴してみて感じましたね。

詳しくは後ほど「Cheero Wireless Earphonesレビュー|使ってみて感じたこと」の中でご紹介します。

 

iPhone向け高音質コーデックに対応

なお「Wireless Earphones」はiPhone向けの高音質コーデック「AAC」に対応しています。

android向けコーデックに非対応である点は残念ですが、iPhoneであればより高音質・低遅延なサウンドを堪能することができますよ。

 

超軽量なイヤホン本体

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:AirPodsの片側4gに匹敵する軽さということで実際に計測してみると、やっぱり4gでした。

片側約4gというAirPodsと同等クラスの軽量ボディを実現させていることは特筆すべき点です。

一般的な完全ワイヤレスの平均的な重量は5gと約1gの差があり、これは装着感の良さに影響を与えています。

 

左右が完全独立するデュアルマスターモード搭載

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|優れているポイント:左右が完全独立するデュアルマスターモード搭載

「Wireless Earphones」の面白い機能が「デュアルマスターモード」と呼ばれる機能です。

左右いずれかだけを使って特定の再生機に接続して音楽を楽しむ機能は、他社製品でもよく見られますが、「Wireless Earphones」の場合は左右が完全に独立して機能し、それぞれ別の再生機に接続して使用できるんです。

 

イヤホンを他の人と分け合える

そのため二人でイヤホンを一つずつ分け合って、それぞれの所有するスマホに接続してモノラルで音楽を楽しんだり、Bluetoothヘッドセットとしてハンズフリー通話を行ったりすることができるわけです。こういった類の機能を搭載する完全ワイヤレスイヤホンは非常にレア、下手すると他社製品には無い独自機能かもしれません(僕はAirPods登場以来、聞いたことがありません)。

イヤホンのハウジングデザインが完全に左右対称を成しているのは、この特性を活かすためというわけですね。

 

IPX5等級の防水性能

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|優れているポイント:IPX5等級の防水性能

IPX5等級の防水性能に対応しているので、急な降雨でも安心ですし、運動時も心置きなく利用することができます。

IPX5等級の防水性能とは、「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)」と国際的に定義されています。

 

Cheero Wireless Earphonesレビュー|外観・付属品

外観

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:非常に小ぶりなでツルリとした卵のような印象を受けるCheero「Wireless Earphones」。

非常に小ぶりでツルリとした繭のような印象のCheero「Wireless Earphones」。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:他社製よりも極端に「軽い!」というわけではないですが、やっぱり持ってみると軽さは際立ちますね。

他社製に比べて劇的に軽いとは言いませんが、持ってみるとやっぱり軽さは際立ちます。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:AirPodsの片側4gに匹敵する軽さということで実際に計測してみると、やっぱり4gでした。

AirPodsの片側4gに匹敵する軽さということで実際に計測してみると、やっぱり同じく4gでした。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:ハウジング前面の丸くかたどられた部分にはCheeroのロゴが配してあって、全体が一つのボタンになっています。

ハウジング前面の丸くかたどられた部分にはCheeroのロゴマークが配してあって、全体が一つのボタンになっています(マルチファンクションボタン)。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:ボタンの周りにはLEDが搭載されていますよ。

LEDはボタンを囲うように点灯します。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:ボタンのそばにはマイクが搭載されています。

装着した際の前方部分には、ハンズフリー通話用の集音マイクが搭載されています。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:肉眼では若干見づらいですが、ハウジング背部には左右を示す「R」「L」の刻印がされています。

肉眼では若干見づらいですが、ハウジング背部には左右を示す「R」「L」の刻印がされています。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:全体的に光沢感のある素材で統一されています。 高級感はありませんが、角張ったデザインではないので非常に肌当たりは良い印象。

全体的に光沢感のある素材で統一されています。

素材感は安っぽい印象を受ける一方、丸みを帯びたデザインなので非常に肌当たりは良いですね。

ただちょっと滑りやすいので、イヤホン本体の落下には注意が必要です。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:充電ケースは「Cheero」という印字が印象的。

充電ケースはお馴染みの「cheero」というロゴが印字されています。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:USB-C充電ポートはケースの前面に配されています。

USB-C充電ポートはケースの前面に配されています。

安価な完全ワイヤレスイヤホンのケースはmicro USBが未だに主流なんですが、この点はさすがcheeroといったところでしょうね。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|外観:ケース内部には4点式LEDインジケーターが搭載されていて、バッテリー残量を確認することができます。

ケース内部には4点式LEDインジケーターが搭載されていて、バッテリー残量を確認することができます。

かなりの光量で発光するので視認性は抜群ですよ。

 

付属品

「Wireless Earphones」の付属品は次の通りです。

 

付属品一覧

  • 充電ケース
  • イヤーピース(3種類:S/M/L)
  • USB-C & USB-A充電ケーブル(約46cm)
  • 取扱説明書

 

付属品に関しては、一般的な範囲を出ませんが、それで充電ケーブルは46cmと申し分ありませんし、イヤーピースも3サイズ同梱とまずまず。

ただやはり販売価格を考慮すると、上出来だと思います。

 

Cheero Wireless Earphonesレビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使った「Wireless Earphones」のペアリング登録方法を解説します。

製品購入後、いったんイヤホン本体を充電ケースに入れて充電させた後、あらためて充電ケースから取り出すと自動的にペアリングモードに移行してくれます。

その際はあらかじめ接続させるスマホのBluetooth設定画面を開いておくと作業がスムーズですよ。

 

ペアリング登録手順

  1. イヤホン本体を充電ケースから取り出す
  2. スマホの設定画面で「CHE-624」を選択する
  3. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|ペアリング方法(接続方法):まずはイヤホン本体を充電ケースから取り出しましょう。 するとイヤホン本体の電源が入って自動的にペアリングモードへ移行してくれます。

まずはイヤホン本体を充電ケースから取り出しましょう。

するとイヤホン本体の電源が入って自動的にペアリングモードへ移行してくれます。

左右イヤホンのLEDがレッド&ブルーに点滅している状態がペアリングモード中のサインです。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|ペアリング方法(接続方法):ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「CHE-624」と表示されるので選択しましょう。

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「CHE-624」と表示されるので選択しましょう。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|ペアリング方法(接続方法):「connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「CHE-624」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

「connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「CHE-624」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

片耳だけでも使えます!

Cheero「Wireless Earphones」は片耳だけで使うことができます。

やり方は簡単で、ただ使いたい方のイヤホン本体を取り出すだけ。途中で片方のイヤホンだけ使いたくなったら、使わない方のイヤホンをケースに仕舞うだけ。

もう一度両耳で聴きたくなったら仕舞ったイヤホンを取り出して耳に装着するだけでOK。

取り出した側のイヤホンを接続する際に一瞬音が途切れることがありますが、それでもかなり素早く自動接続してくれるので使い心地は良好ですよ。

 

一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|ペアリング方法(接続方法):一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

イヤホン本体を充電ケースから取り出すと、スマホ画面右上にヘッドホンマークが表示されて自動接続されているのが分かりますね。

ペアリング登録以後は、イヤホン本体を充電ケースから取り出すだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。

自動接続されるまで5~6秒と割安イヤホンとは思えない高速接続を実現しています。実用シーンでも接続にストレスを感じることはないでしょう。

 

Cheero Wireless Earphonesレビュー|使ってみて感じたこと

操作感

「Wireless Earphones」のボタン操作は、下記の通りです。

 

ボタン操作

  • 音楽再生時
    • 左or右ボタンを1回押す:再生/一時停止
    • 右ボタンを2回押す:曲送り(次の曲へ)
    • 左ボタンを2回押す:曲戻し(前の曲へ)
  • 通話時
    • 左or右ボタンを1回押す:着信応答/通話終了
    • 左or右ボタンを2回押す:通話拒否

 

比較的押しやすい物理ボタン

タッチセンサー式に比べて誤操作が少ない物理ボタンが採用されています。

押し込んだ感じは上々で、過度に耳に圧がかからない配慮がされているのか、そこまで不快感の無い押し心地。

 

ボタン操作は他社に比べて限定的

残念なポイントは、ボタン操作のバリエーションが少ないこと。

例えば「音のボリューム調整」「音声アシスタントの呼び出し」には対応していません。

ボタンのカスタムも行えず、この辺りは低コストの煽りでしょうね。

 

イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法

ここではイヤホン本体のバッテリー残量を確認する便利な方法について、iPhoneを用いてご紹介しておきます。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|使ってみて感じたこと:操作感:イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法:まず「Wireless Earphones」をiPhoneに接続させましょう。 接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。※クリックで拡大表示※

まず「Wireless Earphones」をiPhoneに接続させましょう。

接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|使ってみて感じたこと:操作感:イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法:ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。※クリックで拡大表示※

ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。

 

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|使ってみて感じたこと:操作感:イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法:ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「Wireless Earphones (CHE-624)」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。※クリックで拡大表示※

ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「Wireless Earphones (CHE-624)」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。

イヤホン本体のバッテリー残量を確認するなら、このウィジェット表示が一番分かりやすいのでおすすめですよ。

 

装着感

イヤホンの外観を一目したときは「これは装着感悪そうだなぁ・・・」と感じたものですが、実際に装着してみると想像とは真逆のフィット感だったので驚きました。

 

ハウジングのデザインが耳穴にジャストフィット

個々人の耳内部の形状にもよるところですが、ハウジングからイヤーピースに伸びるノズルの角度が絶妙に耳穴に入り込んでフィットしてくれます。

遮音性も非常に高く、この特性が音質にも間違いなく活きています。

こういうフィット感を生み出すのは案外難しくて、それほど多くの機種はこの域に到達していないんじゃないかと思いますね。

 

ツルリとしたデザインも奏功

ツルリとした本体表面の肌当たりの良さも相まって、ぴったり耳穴にフィットしてくれる感触が得られます。

付属する3サイズのイヤーピースで調整を行えば、かなり多くの人の耳にフィットする感覚が得られると思いますよ。

 

下手な五千円から一万円クラスの完全ワイヤレスイヤホンよりも装着感は良好です!!
チャンス

 

音質

三千円台となめてかかりましたが、完全に良い意味で裏切られましたね。

 

予想の遥か上行く解像度

いわゆるドンシャリ感はありますが、それにしても低音域から高音域にかけての解像度が高さは必聴に値します。想像の斜め上行くクリアさ。

音圧もあって迫力あるサウンド。これが三千円台なら、文句はありません。

 

細かい部分には物足りなさも

ここまで来ると”無い物ねだり”以外の何ものでもありませんが、さすがに全音域の粒立ちの良さや低音の力強さ、音が空気に溶けて消失していく余韻感など、気になるところはあります。

とはいえ何度も言うように「Wireless Earphones」は三千円台の割安系完全ワイヤレスイヤホン。

これ以上のサウンドを求めるなら、さすがに五千円くらいは出さないと難しいでしょうね。

その意味でCheero「Wireless Earphones」は大健闘してますよ。

 

Cheero Wireless Earphonesレビュー|好相性なイヤーピース

ここではCheero「Wireless Earphones」の音質の良さを補強してくれるイヤーピースを紹介します。

 

音質と装着感をさらに高めるCOMPLY「Ts-160」

デフォルトの状態で十分な音質と装着感が得られる「Wireless Earphones」ですが、イヤーピース交換によって改善できる余地はまだあります。

低音域を中心に音圧を高め、サウンド全体を活性化させるチューニング効果も得られ、さらに確かなグリップ感で装着安定性も高めてくれるCOMPLY「Ts-160」をご紹介します。

今回紹介するイヤーピースは、イヤホン本体に装着したまま充電ケースに収納することができないのでご注意ください。

 

重低音をよりクリア&パワフルにしたい

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適|好相性なイヤーピース:音質と装着感をさらに高めるCOMPLY「Ts-160」

より重低音にパワーと明瞭さを加えるならCOMPLY「Ts-160」がおすすめです。

フォームタイプの代表的イヤーピースで、重低音の強化と装着安定性の向上の二つの願いを叶えてくれます。

 

Comply製イヤーピースについては、下記の記事が参考になりますよ。

関連記事
【コンプライ おすすめイヤーピース徹底レビュー】コンプライ製イヤーピースの装着感と音質の違いを比較!対応イヤホンや付け方もご案内

続きを見る

 

Cheero Wireless Earphonesレビュー|まとめ

【Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適

「【🎵Cheero Wireless Earphones (CHE624)レビュー】超高コスパなCheero製完全ワイヤレスイヤホン!必要十分な性能と良心価格で入門機に最適」と題して、モバイルバッテリーで知られるメーカーCheero初の完全ワイヤレスイヤホン「Wireless Earphones (CHE-624)」についてご紹介してきました。

 

初めての完全ワイヤレスイヤホンに最適な高コスパTWS

三千円台という破格の価格設定で実用性十分の高いスペックを誇っているCheero「Wireless Earphones」は、まさに完全ワイヤレスイヤホンの入門機に最適。

価格を五千円くらいまで引き上げるなら他に選択肢がありますが、三千円台で完全ワイヤレスイヤホンを探すとなったら、今回ご紹介した「Wireless Earphones」はかなり有力な製品になることは疑いの余地がありません。

そう感じさせてくれるだけの存在感を感じる高コスパ完全ワイヤレスイヤホンでしたよ。

 

この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。
チャンス

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連記事
【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説
【🈹Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

続きを見る

 

-イヤホン
-,

Copyright© カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ , 2020 All Rights Reserved.