【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン

イヤホン

【🎵JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン

JPRiDEが今度はアクティブノイズキャンセリング市場をかき乱す!!

毎度のことながら、JPRiDEがまたまたやらかしました。

左右一体型Bluetoothイヤホン「model 708」で圧倒的なスペックとリーズナブルな価格を打ち出し市場を席巻。

完全ワイヤレスイヤホン「TWS-520」でも同じく納得のスペックと割安価格を両立させた超ロングセラー製品を投入して、これまた市場を席巻。

そして今回、いよいよたった七千円で外部の騒音・環境音を打ち消す”アクティブノイズキャンセリング”を搭載させたBluetoothイヤホン「ANC-510」を投入してきました。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|製品の公式画像JPRiDE ANC-510

 

 

「ANC-510」の特徴

  • 外部の騒音・環境音を打ち消すアクティブノイズキャンセリング機能を搭載
  • 連続駆動12時間以上のロングバッテリー(ノイキャン使用で9時間)
  • IPX5等級の防水性能
  • iPhone向け高音質コーデック「AAC」対応
  • アクティブノイキャン搭載でわずか6,800円の衝撃価格

 

この価格でアクティブノイズキャンセリングとか載せられんだ・・・。

あまりの衝撃価格に、ちょっと唖然としちゃうくらいの高コスパっぷり。相変わらずJPRiDEは攻めてますよ。

後ほどご紹介しますが、音質も相変わらず妥協が感じられず、大満足な聴き応えが得られます。

 

では早速、昨今注目度が日増しに高まっている新進気鋭のオーディオブランドJPRiDEのアクティブノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothイヤホン「ANC-510」について詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

JPRiDE ANC-510レビュー|製品情報

まずはJPRiDE「ANC-510」のスペックについてザッと見てみましょう。

 

スペック

サイズ ハウジング:H30×W20×D20mm
ネックバンド長:約41cm
ケーブル長:約22.5cm
重量 約36g
充電用ポート micro USB
Bluetooth規格 Ver.5.0
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
連続再生時間 通常:約12時間
ANC使用時:約9時間
フル充電所要時間 約90分
アクティブノイズキャンセリング
対応コーデック SBC
AAC
防水性能 IPX5等級
付属品
  • micro USB充電ケーブル
  • イヤーピース(5種類)
  • 取扱説明書
保証 購入者都合でも30日間返金対応
12か月メーカー保証

 

大注目はアクティブノイズキャンセリング機能

「ANC-510」最大の注目ポイントは、何といっても6,800円という安さで載せてきた「アクティブノイズキャンセリング機能」でしょう。

率直に言って必要十分なノイズキャンセリング性能で、実用性は十分!

これが7,000円弱で買えちゃうコスパ感は、ちょっと常軌を逸してますw

主流になりつつある完全ワイヤレスタイプではなく、左右一体型でのリリースとなりましたが、それでもお釣りが来るコスパ感はさすがJPRiDE。

 

JPRiDE ANC-510レビュー|優れているポイント

ここでは特に「ANC-510」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

高性能アクティブノイズキャンセリング機能を搭載

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|優れているポイント:高性能アクティブノイズキャンセリング機能を搭載

「ANC-510」最大の特徴は、周囲の騒音を打ち消すアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載していることです。

JPRiDE自身が公言しているように、やはりApple「AirPods Pro」などのハイエンド系製品のアクティブノイズキャンセリングには及びませんが、それでも実用性十分なキャンセリング性能を誇っています。

航空機内での使用には不向きですが、電車や車などの車内では「AirPods Pro」に迫るノイズキャンセリングを実現。

普段使いとしては必要十分と言えるでしょう。

 

連続12時間以上再生可能なバッテリー性能

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|優れているポイント:連続12時間以上再生可能なバッテリー性能

12時間以上の連続再生可能なバッテリー性能も魅力の一つでしょう。

アクティブノイズキャンセリング機能を使用しても9時間の連続再生時間が可能なので、長時間キャンセリング機能を使うニーズがある方にとっては「AirPods Pro」よりも魅力的に映りますね。

 

IPX5等級の防水性能

「ANC-510」は実用性の高いANC機能を搭載したBluetoothイヤホンとしては珍しく、防水に対応しています。

IPX5等級なのでちょっとした降雨やスポーツシーンで利用する際にも、気兼ねなく使うことができますよ。

IPX5等級は「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)」と国際的に定義されています。

 

高音質コーデック「AAC」対応

iPhone向けの高音質コーデック「AAC」に対応しているので、iPhoneでは低遅延・高音質なサウンドを堪能することができます。

 

超破格な価格設定

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|優れているポイント:超破格な価格設定Amazon.co.jpの販売価格

高性能ANC機能が搭載されていて6,800円という価格破壊的プライスで購入できることは、業界的には完全に事件レベル。

JPRiDEはこれまでイヤホン業界に革命的一手を打ち続けてきましたが、これはもう完全にイッちゃってるレベルの衝撃でしょう。

この価格競争力をもってすれば、リアルにANC搭載ハイエンド機種を食うかもしれません。

 

JPRiDE ANC-510レビュー|外観・付属品

外観

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:ビジュアルがRHAの左右一体型Bluetoothイヤホンを思わせる、上品な印象のJPRiDE「ANC-510」。

ビジュアルがRHAの左右一体型Bluetoothイヤホンを思わせる、上品な印象のJPRiDE「ANC-510」。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:JPRiDE「TWS-520」発売のころ?に併せて新調されたJPRiDEのロゴがハウジングに刻印されてます。

JPRiDE「TWS-520」発売のころ?に併せて新調されたJPRiDEのロゴがハウジングに刻印されてます。

 

僕的には結構カッコイイなぁなんて思ってます。
チャンス

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:特に印象的なのがネックバンド部分。

特に印象的なのがネックバンド部分。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:シットリしていて肌触りの良いシリコン加工とメタリック加工が融合したネックバンドは、見た目に上質な印象を与えます。

シットリしていて肌触りの良いシリコン加工とメタリック加工が融合したネックバンドは、見た目に上質な印象を与えます。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:ネックバンド裏側には、凹凸加工がされていて首にフィットするよう工夫がされています。

ネックバンド裏側には、凹凸加工がされていて首にフィットするよう工夫がされています。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:この手のリモコンはよく見る形ですが、一つだけ独立している丸いボタンはノイズキャンセリング機能を操作するボタンです。

右側のケーブル部分に配されたリモコンは、物理ボタンを採用。

この手のリモコンはよく見る形ですが、一つだけ独立している丸いボタンはノイズキャンセリング機能を操作するボタンです。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:ハウジング部分は、同じくJPRiDEの左右一体型Bluetoothイヤホン「model 708」を彷彿とさせる、馴染みのあるデザイン。

ハウジング部分は、同じくJPRiDEの左右一体型Bluetoothイヤホン「model 708」を彷彿とさせる、馴染みのあるデザイン。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:なおハウジング部分にはマグネットが内蔵されているので、首から下げるときもブラブラ揺れて邪魔になったりしません。

なおハウジング部分にはマグネットが内蔵されているので、首から下げるときもブラブラ揺れて邪魔になったりしません。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|外観:充電ポートはmicro USBが採用されています。

ちなみに充電ポートはmicro USBが採用されています。

 

充電ポートがUSB-Cだったら最高でしたね
チャンス

 

付属品

「ANC-510」の付属品は次の通りです。

 

付属品一覧

  • micro USB充電ケーブル
  • イヤーピース(5種類)
  • 取扱説明書

 

付属のイヤーピースのフィット感は良好

JPRiDE付属のイヤーピースは耳あたりが良く、フィット感も良いのが特徴ですが、「ANC-510」も例に漏れず良好な着け心地です。

さらにサイズも5種類同梱されているので、かなり柔軟なサイズ調整が可能ですよ。

 

JPRiDE ANC-510レビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使った「ANC-510」のペアリング登録方法を解説します。

 

ペアリング登録手順

  1. イヤホン本体の電源ボタンを長押しする
  2. スマホの設定画面で「JPRIDE ANC-510」を選択する
  3. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|ペアリング方法(接続方法)

まずはイヤホン本体の電源ボタン(MFB)を「pairing」とアナウンスが入るまで長押しして、ペアリングモードに移行させましょう。

リモコンのLEDインジケーターが素早く赤色に点滅しているのがペアリングモード中のサインです。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|ペアリング方法(接続方法):ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「JPRIDE ANC-510」と表示されるので選択しましょう。

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「JPRIDE ANC-510」と表示されるので選択しましょう。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|ペアリング方法(接続方法):「connection successful」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「JPRIDE ANC-510」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

「connection successful」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「JPRIDE ANC-510」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|ペアリング方法(接続方法)”一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

イヤホンの電源を入れると、スマホ画面右上にヘッドホンマークが表示されて自動接続されているのが分かりますね。

ペアリング登録以後は、イヤホン本体の電源を入れるだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。

自動接続されるまで6~7秒とスムーズにBluetooth接続されるので、実用シーンで接続にイライラすることはないでしょう。

 

JPRiDE ANC-510レビュー|使ってみて感じたこと

操作感

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:操作感

「ANC-510」のボタン操作は、下記の通りです。

 

ボタン操作

  • 音楽再生時
    • MFBを1回押す:再生/一時停止
    • 音量「+」ボタンを2回押す:曲送り(次の曲へ)
    • 音量「-」ボタンを2回押す:曲戻し(前の曲へ)
  • 通話時
    • MFBを1回押す:着信応答/通話終了
    • MFBを2秒長押し:通話拒否
    • 通話中にMFBを2回押す:ミュートオン/オフ
  • ノイズキャンセリング
    • ANCスイッチを2秒長押し:ANCオン/オフ
  • 音声認識システム
    • スタンバイ状態でMFBボタンを2回押す:Siriなどの音声認識システムを呼び出す

 

一通りの操作がリモコンで行えるので快適

想定し得るボタン操作はすべて右側に搭載されているリモコンで行えるので、特に操作面で不自由さを感じることはありません。

物理ボタンによる操作なので押し間違いなども生じにくく、極めて快適です。

 

イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法

ここではイヤホン本体のバッテリー残量の便利な確認方法について、iPhoneを例にご紹介します。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:操作感:イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法※クリックで拡大表示※

まず「JPRIDE ANC-510」をiPhoneに接続させましょう。

接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:操作感:イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法:ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。※クリックで拡大表示※

ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。

 

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|使ってみて感じたこと:操作感:イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法:ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「JPRIDE ANC-510」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。※クリックで拡大表示※

ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「JPRIDE ANC-510」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。

イヤホン本体のバッテリー残量を確認するなら、このウィジェット表示が一番分かりやすいのでおすすめですよ。

 

装着感

相変わらず装着感にもこだわっているJPRiDEの「ANC-510」は、やっぱり良好な装着感が得られる一品でした。

 

5種類のサイズから選べるイヤーピース

「ANC-510」には5種類のサイズから選べるイヤーピースが同梱されていますが、これが結構痒い所に手が届きます。

3種類同梱が一般的ですが、3種類だと「ちょうどSとMの間が欲しいんだよなぁ・・・」なんてニーズを汲み取れないんです。このケース、結構あったりします。

一方5種類同梱されていると、そういったニーズにもそれなりに対応できて、より柔軟なサイズ調整ができます。

このおかげもあってか「ANC-510」の耳穴へのフィット感は上々ですよ。

 

シットリしたネックバンド

もう一つ、装着感を高めている要因は「シリコン製ネックバンド」が採用されていることでしょう。

ネックバンドって下手するとまとわりつく感じがストレスになったりするんですが、このネックバンドは全然そんなストレスがないんです。

まずシットリしていて肌触りがやさしいシリコン素材が首周りにフィットして、不快感がありません。

ちゃっかりネックバンドの裏に凹凸加工をして滑り止め効果を高めているんですが、これがまたネックバンドの安定性を高めてます。

実際に付けてみると「いろんなところに気を配って設計されてるんだなぁ」と実感させられる、素晴らしい装着感が得られましたよ。

 

音質

全体的に解像度が高く、粒立ちが良い印象を受けました。

低音から高音のバランスが絶妙に調整されていて、非常に聴きやすいです。

JPRiDE自身が「低域、中域、高域、バランスよくオールジャンルに対応」という謳い文句に違わぬ、幅広いジャンルにマッチするサウンドだと感じましたよ。

 

音の描写力に優れたドライバー

粒立ちの良さもさることながら、音の質感を描き出す力も十分に備わっていると感じました。

弦の弾ける音の伝わりは上々で、音が空間に広がっていく感じも良好。

この価格としては上出来な空間描写を体感できます。

 

低音域が想像以上にグッド

低音域に対してはさほど期待してなかったんですが、かなり重厚感のあるサウンドが実現しています。

良い意味で重々しさが表現できていて、ベースラインの心地よい唸りはズンズン来てイイ感じです。

中音域や高音域ほど音にキレは感じませんが、それでも十分な解像度と言えます。

 

ノイズキャンセリング性能

今回は「ANC-510」のアクティブノイキャン性能を確認するため、Apple「AirPods Pro」と比較してみました。

 

やっぱり性能は「AirPods Pro」が上

結論から言って「AirPods Pro」の方が圧倒的にキャンセリング性能に長けています。

というのは前提として、どれだけ「ANC-510」が「AirPods Pro」に迫るANC性能を誇っているかという点が焦点になると思います。

 

アクティブノイキャンを屋外で使ってみて感じたこと

表現するのが難しいですが、確かにJPRiDEが言うように「50%程度のインパクト」というのは適格だと思います。

ただそれでも「ANC-510」を車内や駅構内、カフェなどで試してみると、想像以上に効果があることが分かりました。

例えばカフェなら心地よい喧騒感のある状況で「ANC-510」を使うと、80%くらいのノイズをカットしてくれる印象。これだけ打ち消してくれるんだったら実用性十分です。

また電車に乗っていて感じたのは、アナウンスが聴こえること。実は「ANC-510」はアナウンスなどの環境音はキャンセリングしないようにプログラミングされているんだとか。

その効果は確かに実感できるレベルで備わっていることが確認できました。

 

再生中の音楽の邪魔をしない

また再生中の音楽の音質を損ねずにノイキャン性能を発揮してくれる点もナイス。

純粋に周囲の音を打ち消して、同時にドライバーから鳴っている音は損ねないよう工夫されていますよ。

 

機能のオン・オフ切り替えがちょっと遅い

性能自体の懸念点ではないんですが、ただ一つ気になったのはノイキャン機能のオン/オフに1~2秒、ボタンの長押し動作も含めると2~3秒を要すること。

「AirPods Pro」なら感圧センサーを1秒程度長押しするだけで瞬時にモードが切り替わるので、このあたりの使い勝手には劣るかなぁという印象を受けましたね。

 

「ANC-510」のアクティブノイキャンは実用性十分!

JPRiDE「ANC-510」のアクティブノイズキャンセリング性能を総評すると、実用性は十分に備えていると言えそうです。最高の性能ではありませんが、日常的な使用には十分応えられるだけの性能は備わっている。そんな印象です。

ただ販売価格が6,800円って考えると、気持ちが一変して超絶おすすめしたい機種に早変わりしちゃいますw

この価格でこれだけのアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したモデルは現時点では皆無。リーズナブルな価格でアクティブノイズキャンセリング・デビューしたい方にとっては、これ以上ない超高コスパBluetoothイヤホンだと思いますよ。

 

JPRiDE ANC-510レビュー|好相性なイヤーピース

ここではJPRiDE「ANC-510」の音質の良さを補強してくれるイヤーピースを紹介します。

 

低音域をパワフルにするならコンプライ「Ts-200」

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|好相性なイヤーピース

デフォルトの状態でも十分な音質と装着感が得られる「ANC-510」ですが、イヤーピース交換によって改善できる余地はまだあります。

ここでは一層低音域をパワフルにしながら、同時に装着安定性も向上させる秀逸イヤーピース、コンプライ「Ts-200」をご紹介します。

 

重低音がよりクリア&パワフルに!!

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン|好相性なイヤーピース:低音域をパワフルにするならコンプライ「Ts-200」

重低音にクリアネスとパワーを付加させるならコンプライ「Ts-200がおすすめです。

フォームタイプの代表的イヤーピースで、重低音の強化と装着安定性の向上の二つの願いを叶えてくれます。

 

Comply製イヤーピースについては、下記の記事が参考になりますよ。

関連記事
【コンプライ おすすめイヤーピース徹底レビュー】コンプライ製イヤーピースの装着感と音質の違いを比較!対応イヤホンや付け方もご案内

続きを見る

 

JPRiDE ANC-510レビュー|まとめ

【JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン

「【🎵JPRiDE ANC-510レビュー】七千円でAirPods Proに迫るアクティブノイキャン搭載!?基本性能も一切妥協がない超高コスパ・左右一体型Bluetoothイヤホン」と題して、実用性十分な秀逸アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、6,800円という常軌を逸したレベルのリーズナブル価格で圧倒的なコスパを実現させているJPRiDE「ANC-510」について解説してきました。

 

アンダー1万円でアクティブノイキャン搭載機なら迷わずコレ一択!!

「AirPods Pro」ほどの性能ではないにしても、実用シーンで十二分に使える即戦力アクティブノイキャンを搭載した機種が7,000円って、驚きです。

バッテリー性能やサウンドクオリティも申し分無し。装着感もシリコン製ネックバンドや5種類から選べるイヤーピースで良好。

おまけに防水性能まで搭載させてくれちゃってる熱の入れよう。これで7,000円なら、ぐうの音も出ません。

 

コスパ最強のアクティブノイキャン搭載Bluetoothイヤホン

アンダー1万円でアクティブノイズキャンセリング機能搭載モデルを選ぶなら、一切の迷いなくJPRiDE「ANC-510」で決まりでしょう。

(ってか1万円以下でアクティブノイキャン搭載って、唯一無二な気がしますが・・・w)

 

最強コスパの完全ワイヤレスならJPRiDE「TWS-520」

おすすめ完全ワイヤレスBluetoothイヤホン JPRiDE「TWS-520」|製品の外観

左右が完全に独立した昨今主流になりつつある完全ワイヤレスイヤホン。

割安モデルから「AirPods Pro」のようなハイエンドモデルまで多種多様な製品がリリースされていますが、性能と価格のバランスが素晴らしい超高コスパTWSといえばIPRiDE「TWS-520」です。

 

今回ご紹介した「ANC-510」と同じくJPRiDE製品で、既に大人気ロングセラー製品としてAmazon販売ランキング上位の常連と化している秀逸Bluetoothイヤホン。

リーズナブルだけど確かな性能を備えている完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、要チェックですよ!

関連記事
【JPRiDE TWS-520レビュー】防水性能IPX5&急速充電搭載で六千円!6.5H連続再生可能な高コスパ完全ワイヤレスBluetoothイヤホン
【JPRiDE TWS-520レビュー】防水性能IPX5&急速充電搭載で五千円!6.5H連続再生可能な高コスパ完全ワイヤレスBluetoothイヤホン

続きを見る

 

この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。
チャンス

 

CDを購入・レンタルして、お金と時間を無駄にしてませんか?

CDを買ったりレンタルしたりするのは割に合わないし、何より面倒臭い!

たった1枚のCDに2,000円も払うとか、経済的に痛すぎると思いませんか?

レンタルする場合も。店に行ったものの借りたいCDが全部借りられていて時間を無駄にしたり、借りられたとしても返却するために店頭に行かなきゃならないのはダルいですよね。

 

良心価格で手軽に利用できる音楽配信サービス

音楽配信サービスなら月額980円で数千万曲が聴き放題!

もちろん最新作もリリース当日に聴けちゃいます。

1枚2,000円も支払わなくていいし、わざわざお店に足を運ぶ手間もありません。

 

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

そして数ある音楽配信サービスの中で特におすすめなのが、業界最多の楽曲配信数・業界最安値・他社サービスに無い豊富な付加価値の三拍子が揃った「LINE MUSIC(ラインミュージック)です。

 

コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が提供する「ラインミュージック」は、LINEと強力な連携が行えるただ一つの音楽配信サービスになります。

 

【20年9月現在】「ラインミュージック」で聴けるアーティスト

20年9月現在、「ラインミュージック」で聴ける代表的な音楽アーティストをほんの一部ですが掲載してみました。

洋楽アーティストに関しては、ほとんど網羅されていると言ってよいので、下記は邦楽アーティストに限定して掲載しています。

 

楽曲聴き放題のアーティストの例示

  • 米津玄師
  • 安室奈美恵
  • [ALEXANDROS]
  • いきものがかり
  • 宇多田ヒカル
  • AKB48
  • Aimer
  • 欅坂46
  • コブクロ
  • サザンオールスターズ
  • スピッツ
  • TWICE
  • DREAMS COME TRUE
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 浜崎あゆみ
  • BUMP OF CHICKEN
  • 星野源
  • 中島みゆき
  • Mr.Children
  • ももいろクローバーZ
  • ゆず
  • L'Arc~en~Ciel
  • LiSA

 

音楽配信サービス全体で権利が解禁されていないジャニーズ系アーティストなどは流石に聴けませんが、これだけ押さえておきたいアーティストが数多く名を連ねているので、ラインナップに不満を感じることはありません。

最近はアーティスト側で音楽配信サービスへの意識が変化していて、続々と音楽配信サービスへの楽曲提供が発表されています。なので現状聴くことのできないアーティストが聴けるようになる日もそう遠くないでしょう!

 

「ラインミュージック」の特長

「ラインミュージック」が優れている点をまとめると、次のような感じです。

 

「ラインミュージック」の特長

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 業界最高峰6,500万曲の楽曲配信数(他社で聴ける曲はほとんど聴けます)
  • ビットレート320kbpsでハイクオリティな音質
  • 楽曲の歌詞が見れる「リリック表示機能」搭載
  • 人気アーティストに会えるかもしれないスペシャルイベント参加権アリ!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割料金・月額480円!!
  • もちろん月額料金は業界最安水準
  • 最大6人で利用できるファミリープランも業界最安(月額1,480円 / 年払いで月額1,166円)
  • 無料会員でもフル尺再生できる(国内サービスで唯一)
  • 無料トライアル期間は3か月間!

 

CDアルバムはたった1枚買うだけで2,000円も払わなければなりませんが、「ラインミュージック」は月額980円で6500万曲+今後リリースされる最新楽曲がすべて聴き放題!

比較するまでもなく、「ラインミュージック」の方がお得だと思いませんか?

 

無料会員でも利用価値がある高コスパな音楽配信サービスなので、まずは3か月間無料お試し利用してみて、「ラインミュージック」の良し悪しをチェックしてみましょう!

>>【無料登録】「LINE MUSIC(ラインミュージック)」をとりあえず3か月間だけ使ってみる

 

【完全無料】3か月間無料お試しキャンペーン実施中!!

LINE MUSIC(ラインミュージック):3か月間間無料トライアル期間が付いてくるキャンペーン実施中!!

【完全無料】3か月間無料トライアルキャンペーン

今なら初回登録で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間に渡って無料お試しできるキャンペーン実施中!!

いつ終わるか分からないキャンペーンなので、音楽配信サービスが気になっている方は、この機会をお見逃しなく!

>>無料で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間使ってみる

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

Amazonプライム会員の方なら「Amazon Music Unlimited」もおすすめ

Amazonプライム会員なら「Amazon Music Unlimited」が特別料金・月額650円で契約できますよ。

LINEとの連携機能や320kbpsのビットレートも非対応ですが、圧倒的な月額料金の安さは魅力的です。

>>無料で「Amazon Music Unlimited」を30日間使ってみる

 

【2020年】音楽配信サービスを徹底比較

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

CD1枚2,000円で買う時代が終わり、今や定額料金で好きな曲を好きなだけストリーミング再生で聴く「音楽配信サービス」の時代がやってきました。

そんな高コスパな音楽配信サービスは数多く存在していて、その良し悪しは非常に分かりにくくなっています。

 

そこで当サイトでは、サービスごとの特徴をまとめた比較記事を公開しています。

自分にとって最良の音楽配信サービスが知りたい方は、下記の記事をチェック!

関連リンク【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連リンク【Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-イヤホン
-,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ