【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!

イヤホン

【🎵ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!

ソニーの本気が垣間見えるノイキャン完全ワイヤレスの先駆け

昨今ノイズキャンセリング技術は一層その注目度を高めていて、日経トレンディの2020年ヒット予測では「ノイキャン完全ワイヤレス」がランクインするほどの熱視線が注がれています。

そんな中でノイズキャンセリグ技術に定評のあるソニーが満を持して完全ワイヤレスイヤホンにノイキャン性能を搭載させた意欲作を先んじて投入しました。それが巷で話題にもなった「WF-1000XM3」です。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!Sony WF-1000XM3

リリース直後その性能の高さが話題になり、一時は品薄状態が続いて入手困難になるなど社会現象的ヒットを飛ばしたソニー「WF-1000XM3」の特徴をかいつまんでお伝えすると、下記のような点が挙げられます。

 

「WF-1000XM3」の特徴

  • 業界最高峰のノイズキャンセリング性能
  • 完全ワイヤレス初の「ハイレゾ相当」の音質(DSEE HX搭載)
  • 最大6時間連続再生(+充電ケースで最大24時間)
  • 10分チャージ・90分再生可能な急速充電機能を搭載
  • 左右同時伝送方式で高い接続安定性を実現(低遅延)
  • 周囲の音を取り込める「クイックアテンションモード」「アンビエントサウンドモード」搭載
  • 快適な着け心地「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャ」採用
  • 専用アプリ「Headphones Connect」で様々な機能をカスタマイズできる

 

「これでもか!」と言わんばかりのデジタルテクノロジー満載で超高機能なノイキャン完全ワイヤレスに仕上がっています。値は張りますが、それだけの確かな理由がある優れた製品。

 

完全ワイヤレスイヤホンとして新しい地平を切り開くノイズキャンセリング性能は特に注目です!
チャンス

 

では早速、その性能の高さから話題をさらったソニーの本気度が垣間見えるノイズキャンセリング搭載・次世代完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」について詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

ソニー WF-1000XM3レビュー|製品情報

まずはソニー「WF-1000XM3」のスペックについてザッと見てみましょう。

 

サイズ イヤホン(片耳):H18×W33×D29mm
充電ケース:H54×W78×D28mm
重量 イヤホン(片耳):約8.5g
充電ケース:約75g
ドライバー 6mm ドーム型
(CCAWボイスコイル採用)
充電用ポート Type-C
Bluetooth規格 Ver.5.0
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
連続再生時間 約6時間
(+充電ケースで約24時間)
フル充電所要時間 イヤホン本体:約90分
※急速充電:10分充電で90分駆動※
充電ケース:約180分
対応コーデック SBC
AAC
防水性能 非対応
付属品
  • 充電ケース
  • USB-C & USB-A充電ケーブル(約15.5cm)
  • ハイブリッドイヤーピースロング(SS / S / M / L)
  • トリプルコンフォートイヤーピース(S / M / L)
  • 取扱説明書など
保証 12か月メーカー保証

 

防水性能に完全非対応な点は要注意

非常に高機能な「WF-1000XM3」ですが、一つ気になるのは防水性能がまったく与えられていないことです。

今どき3,000円クラスの完全ワイヤレスイヤホンでもIPX5等級くらいの防水性能を持つ機種を数多く見つけられる状況にあることを考えると、本機も最低IPX4、できればIPX5等級の防水性は持たせてほしかったなぁというのが率直な気持ちですね。

 

ソニー WF-1000XM3レビュー|優れているポイント

ここでは特に「WF-1000XM3」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

業界最高峰のノイズキャンセリング技術を搭載

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:業界最高峰のノイズキャンセリング技術を搭載

ノイキャン技術でBOSEを猛追するソニー自慢の高性能ノイズキャンセリングを搭載しています。

省電力で高性能なノイキャン処理を可能にする「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」とヘッドホン外部と内部に配した集音マイクで騒音を打ち消す逆位相の音を高精度に作り出す「デュアルノイズセンサーテクノロジー」によって、これまで体感したことのないノイズキャンセリングを体感できます。

 

「ハイレゾ相当」のサウンドクオリティ

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:「ハイレゾ相当」のサウンドクオリティ出典:SONY公式サイト

「WF-1000XM3」はノイズキャンセリング技術を活用して高音質サウンドを実現させています。

ただ音を打ち消すだけに留まらず、より高音質なサウンドを実現させるためにソニーはノイキャン技術を応用しているわけですね。

 

DSEE HXによってハイレゾ級サウンドを生成

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:DSEE HX搭載で劣化した圧縮音源をアップスケーリングしてハイレゾ級サウンドを実現させています。出典:SONY公式サイト

「WF-1000XM3」には、圧縮音源の高音域をアップスケーリングさせることでハイレゾ級の高音質を堪能できる「DSEE HX」を搭載しています。

CDやMP3音源、YouTube動画などの圧縮されて劣化したサウンドをイヤホン側で補完する技術は、さすがソニーと言ったところですね。

 

最大6時間のバッテリー駆動(+充電ケースで24時間)

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:最大6時間のバッテリー駆動(+充電ケースで24時間)

本体単独で最大6時間の連続再生充電ケース併用で最大24時間の再生を実現させています。

これだけ高機能なデバイスを6時間も駆動させられるのは驚愕です。

 

急速充電機能も搭載

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:急速充電機能も搭載しています。

10分の充電で最大90分の再生を可能にする急速充電機能も搭載しています。

これだけ急速だと急なバッテリー切れの際も安心ですね。

 

左右同時伝送方式による安定したBluetooth接続

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:左右同時伝送方式による安定したBluetooth接続出典:SONY公式サイト

左右のイヤホンそれぞれ単独で再生デバイスと繋がる「左右同時伝送方式」を採用しているため、従来のソニー製品と比較しても格段にBluetooth接続の安定性が向上しています。

Bluetoothのアンテナ構造を最適化させていることも相俟って、高い接続安定性・低遅延を実現させています。

ちなみに「左右同時伝送方式」はあのAirPodsも採用しています。

 

周囲の音を取り込める2つのモードを搭載

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:周囲の音を取り込める2つのモードを搭載

「WF-1000XM3」には音楽を楽しみながら周囲の音に耳を傾けることができる2つの機能が搭載されています。

 

「クイックアテンションモード」

イヤホン本体のタッチセンサーを押し続けることで一時的にノイズキャンセリングをOFF・音量を下げて周囲の音を取り込んでくれるのが「クイックアテンションモード」です。

イヤホンを外さずに咄嗟に他者と会話する際などに便利です。

 

「アンビエントサウンドモード」

音楽を聴きながら、同時に周囲の音も聞くことができるのが「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」です。

空港のラウンジや駅構内で音楽を聴きつつ、流れるアナウンスに耳を傾けたいシチュエーションなどに重宝するモードです。

 

人間工学に基づいた快適な着け心地

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:人間工学に基づいた快適な着け心地を実現。

人間工学に基づいて設計された、耳の3点でイヤホンを支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用することで、良好な装着感が得られます。

イヤーピースも「ハイブリッドイヤーピースロング(4サイズ)」「トリプルコンフォートイヤーピース(3サイズ)」が同梱されているので、さらに自分に最適なサイズ感が得られます。

 

設定を自由にカスタマイズできる専用アプリ

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|優れているポイント:設定を自由にカスタマイズできる専用アプリ

「WF-1000XM3」の機能を自由自在にカスタマイズできる専用アプリ「Headphones Connect」が用意されています。

タッチセンサー操作のカスタマイズ、「アンビエントサウンドモード」のレベル調整、イコライザー機能などを自由に設定して、自分だけの「WF-1000XM3」に仕上げることが可能です。

 

ソニー WF-1000XM3レビュー|外観・付属品

外観

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:リリース直後、一気に話題をさらって”時のイヤホン”となった「WF-1000XM3」。

リリース直後、一気に話題をさらって”時のイヤホン”となった「WF-1000XM3」。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:高級機だけあって、流石の佇まい。

高級機だけあって、流石の佇まい。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:ハウジング外側の円形に平べったい部分がタッチセンサー。 不思議と押しやすさを感じるディテール感は、さすがソニー。

ハウジング外側の円形に平べったい部分がタッチセンサー。

不思議と押しやすさを感じるディテール感は、さすがソニー。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:2種類・計7サイズのイヤーピースを同梱する「WF-1000XM3」。 デフォルトではハイブリッドイヤーピースロングのMサイズが装着されています。

2種類・計7サイズのイヤーピースを同梱する「WF-1000XM3」。

デフォルトではハイブリッドイヤーピースロングのMサイズが装着されています。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:装着感といえば、イヤーピースとハウジングの間にある部分は「ハイフリクション・ラバー・サーフェス」とやらが採用されていて、摩擦係数が高く外れにくくなっています。

装着感といえば、イヤーピースとハウジングの間にある部分は「ハイフリクション・ラバー・サーフェス」とやらが採用されていて、摩擦係数が高く外れにくくなっています。

ラバー特有のしっとりとした質感で確かに耳に吸着する感覚が得られます。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:「SONY」のロゴがあしらわれたすぐ横にLEDが搭載されていて、青く鮮明に輝きます。

「SONY」のロゴがあしらわれたすぐ横にLEDが搭載されていて、青く鮮明に輝きます。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:2つ搭載されているノイズ集音マイクの外側に配された「フィードフォワードマイク」は、ここに搭載されています。

2つ搭載されているノイズ集音マイクの外側に配された「フィードフォワードマイク」は、ここに搭載されています。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:もう一つのノイズ集音マイク「フィードバックマイク」はイヤーピースの根元あたりに配されています。

もう一つのノイズ集音マイク「フィードバックマイク」はイヤーピースの根元あたりに配されています。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:ここまでディテールに凝っていると、さすがに同じようなハウジング形状をした低価格帯製品とは一味違うかっこよさがありますね。

ここまでディテールに凝っていると、さすがに同じようなハウジング形状をした低価格帯製品とは一味違うかっこよさがありますね。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:充電ケースは高級感がハンパないです。

充電ケースは高級感がハンパないです。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:表面にはラバーのようなしっとりとして滑りにくい素材が使われています。 落としてしまいそうな感覚がなくて、とても持ちやすい印象。

表面にはラバーのようなしっとりとして滑りにくい素材が使われています。

落としてしまいそうな感覚がなくて、とても持ちやすい印象。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:ケースの背部底面にUSB-C充電ポートが配されています。

ケースの背部底面にUSB-C充電ポートが配されています。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:充電ケースのフタには「SONY」のロゴ。 フタ部分で美しさを感じさせるとは・・・。

充電ケースのフタには「SONY」のロゴ。

過剰なまでに美しい・・・。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:ケースの内部には「L」「R」と左右が分かりやすく印字。

ケースの内部には「L」「R」と左右が分かりやすく印字。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:前面にはNFCマークが刻印されています。

前面にはNFCマークが刻印されています。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:イヤホンを充電すると、イヤホン本体と充電ケースのLEDが赤に光ります。

イヤホンを充電すると、イヤホン本体と充電ケースのLEDが赤に光ります。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|外観:ケースのフタを閉めても充電中であることが一目で分かるようになっています。 配慮が行き届いたデザインですね。素晴らしいディテール。

ケースのフタを閉めても充電中であることが一目で分かるようになっています。

配慮が行き届いたデザインですね。素晴らしいディテール。

 

付属品

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|付属品

 

WF-1000XM3」の付属品は次の通りです。

 

付属品一覧

  • 充電ケース
  • USB-C & USB-A充電ケーブル(約15.5cm)
  • ハイブリッドイヤーピースロング(SS / S / M / L)
  • トリプルコンフォートイヤーピース(S / M / L)
  • 取扱説明書など

 

同梱イヤーピースの充実が嬉しい

非常に充実したイヤーピースが同梱されているのが特徴的で、良好な着け心地への強いこだわりを感じます。

特にソニーのイヤーピースの中でも定評のある「トリプルコンフォートイヤーピース」が同梱している点は見逃せません。

絶妙な装着感と高い遮音性を実現させた秀逸イヤーピース、これだけでも結構価値がありますよ。

 

ソニー WF-1000XM3レビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使って「WF-1000XM3」のペアリング登録方法を解説します。

製品購入後、いったんイヤホン本体を充電ケースに入れて充電し、再度ケースから取り出すと自動的にペアリングモードに移行してくれます。

そのためその際は、あらかじめ接続させるスマホのBluetooth設定画面を開いておくと作業がスムーズになりますよ。

 

ペアリング登録手順

  1. イヤホン本体を充電ケースから取り出す
  2. スマホの設定画面で「WF-1000XM3」を選択する
  3. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|ペアリング方法:まずはイヤホン本体を充電ケースから取り出しましょう。 するとイヤホン本体の電源が入って自動的にペアリングモードへ移行してくれます。

まずはイヤホン本体を充電ケースから取り出しましょう。

するとイヤホン本体の電源が入って自動的にペアリングモードへ移行してくれます。

左イヤホンのLEDインジケーターが青色に点滅しているのがペアリングモード中のサインです。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|ペアリング方法:ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「WF-1000XM3」と表示されるので選択しましょう。

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「WF-1000XM3」と表示されるので選択しましょう。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|ペアリング方法:「Bluetooth connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「WF-1000XM3」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

「Bluetooth connected」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「WF-1000XM3」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

片耳だけでも使えます!

「WF-1000XM3」は片耳だけで使うことができます。

やり方は簡単で、ただ使いたい方のイヤホン本体を取り出すだけ。途中で片方のイヤホンだけの使用に切り替えたくなったら、使わない方のイヤホンをケースに仕舞うだけ。

また両耳で聴きたくなったら仕舞っていたイヤホンを取り出して耳に装着するだけでOK。

音を途切れさせることなくシームレスにイヤホン側で自動切替してくれます。

至れり尽くせりな使い心地が実現しています。

 

一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

イヤホン本体をケースから取り出すと、スマホ画面右上にヘッドホンマークが表示されて自動接続されているのが分かりますね。

ペアリング登録以後は、イヤホン本体を充電ケースから取り出すだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。

自動接続されるまで14~17秒も掛かる点は他社に比べて遅く感じますが、特に実用性には問題のないレベルだと思いますね。

 

ソニー WF-1000XM3レビュー|使ってみて感じたこと

操作感

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感

 

WF-1000XM3」既定のボタン操作は、下記の通りです。

 

ボタン操作(デフォルト)

  • 音楽再生
    • 右センサーを1回タップ:再生/一時停止
    • 右センサーを2回タップ:曲送り(次の曲へ)
    • 右センサーを3回タップ:曲戻し(前の曲へ)
  • 通話
    • 左or右センサーを2回タップ:着信応答/通話終了
  • モード切り替え
    • 左センサーをタップするごとに「ノイズキャンセリングON」→「アンビエントサウンドモード」→「両機能OFF」のサイクルで切り替わります。
  • 音声認識システム
    • 左センサーを長押し:Siriなどの音声認識システムを呼び出す

2019年11月28日のアップデートで新たに「音量コントロール」「Amazon Alexa」機能が追加されました。

さらに専用アプリで充電ケースのバッテリー残量を確認できるようにもなりました。

 

役割分担が明確だから操作しやすい

左右イヤホンの役割分担がしっかりされていて「左=ノイキャンなどのモード切替」「右=音楽コントロール」「通話=左右どちらでもOK」と分かりやすいですね。

タッチセンサー部分が比較的大きな面積をもって作られているので、タッチしやすい感じがしました。

タッチセンサーって目で見ることができないからタッチしにくかったりします。そのせいで押し損じが生じて操作ミスしたり・・・。

その点「WF-1000XM3」はその辺りを最大限考慮している印象を受けました。

 

センサー操作はカスタマイズ可能

操作内容を”デフォルト”としているのは、実は専用アプリ「Headphones Connect」で自由にカスタマイズすることができるんですね。

左右それぞれの機能割り当てを「再生コントロール」「外音コントロール」「音量コントロール」「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」「割り当てなし」から選べますよ。

 

念のため、下で簡単にカスタマイズ方法について解説しておきましょう。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:センサー操作はカスタマイズ可能です。クリックで拡大表示※

アプリを起動したら、画面を下にスクロールさせましょう。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:一番下までスクロールすると「タッチセンサーの機能を変更」という項目がありますね。 ここで左右それぞれの機能割り当てを行います。

一番下までスクロールすると「タッチセンサーの機能を変更」という項目がありますね。

ここで左右それぞれの機能割り当てを行います。

まずは設定のマークをタップしてみましょう。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:左右ごとにタブで分かれていて、機能割り当てが行えるようになっています。 試しに左側の機能割り当てを変更してみましょう。 「左」タブを選択のうえ「機能」の横にあるプルダウンメニューをタップします。

左右ごとにタブで分かれていて、機能割り当てが行えるようになっています。

試しに左側の機能割り当てを変更してみましょう。

「左」タブを選択のうえ「機能」の横にあるプルダウンメニューをタップします。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:プルダウンメニューが開かれると「再生コントロール」「外音コントロール」「音量コントロール」「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」「割り当てなし」の項目が表示されます。

プルダウンメニューが開かれると「再生コントロール」「外音コントロール」「音量コントロール」「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」「割り当てなし」の項目が表示されます。

ここでは「音量コントロール」を選択してみました。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:先ほどの表示画面に戻り「機能」欄が「音量コントロール」に変わっていることが確認できたら、画面右下の「完了」をタップしましょう。

先ほどの表示画面に戻り「機能」欄が「音量コントロール」に変わっていることが確認できたら、画面右下の「完了」をタップしましょう。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:「タッチセンサーの機能を変更」に表示されている左イヤホンの機能が「音量コントロール」に変更されていますね。 これで機能の割り当ては完了です。

「タッチセンサーの機能を変更」に表示されている左イヤホンの機能が「音量コントロール」に変更されていますね。

これで機能の割り当ては完了です。

タッチセンサーの操作に関してはかなり多岐に渡って設定可能なので、自分なりに望ましいタスクを割り当てて使い勝手を向上させたいものです。

 

イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法

イヤホンのバッテリー残量を把握するにはウィジェット表示が便利です。

ここではiPhoneを使ってその表示方法についてご紹介しておきたいと思います。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法クリックで拡大表示※

まず「WF-1000XM3」をiPhoneに接続させましょう。

接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。クリックで拡大表示※

ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:操作感:ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「WF-1000XM3」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。クリックで拡大表示※

ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「WF-1000XM3」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。

イヤホン本体のバッテリー残量を確認するなら、このウィジェット表示が一番分かりやすいのでおすすめですよ。

 

装着感

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:人間工学に基づいた装着感はやっぱり良好でした。

人間工学に基づいた機構の装着感は、かなり良好。

確かなグリップ感と快適な着け心地は実感することができました。

耳を3点で支えるという謳い文句は、感覚的によく分かりませんでしたがw

 

イヤーピースが7種類から選べるのがいい!

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:装着感:エルゴノミクスデザインとイヤーピースのハイブリッド効果で装着感は良好です。

イヤーピース好きから熱烈な支持を得ているソニーの「ハイブリッドイヤーピース(ロング)」と「トリプルコンフォートイヤーピース」が計7種類付属していることが、かなり装着感の向上に寄与しています。

いくらハウジング部分のデザインを秀逸にしても、耳の中のフィット感を司るイヤーピースが最適化されること無くして、心地よいフィット感は生まれません。

ソニーはこれを7種類のイヤーピースでカバー。それは間違いなくユーザーの着け心地の良さに貢献していると思います。

 

実際僕もいろいろ付け替えて試してみましたが、デフォルトのものよりも「トリプルコンフォートイヤーピースM」が一番しっくりきました。

遮音性もバッチリ、耳にかかる圧力具合も絶妙で非常に快適です。

 

音質&ノイズキャンセリング性能

音質は控えてに言ってもサイコー。

完全ワイヤレスイヤホンでこれだけのサウンドクオリティを生み出せるなんて、率直に言って驚いています。

 

高性能ノイズキャンセリングがライブホールを作り出す

まずノイズキャンセリング性能が秀逸です。

完全ワイヤレスイヤホンでこれほど高性能なノイキャンが体感できるとは思ってもみませんでした。

 

余計なノイズをしっかり除去してくれることで、耳の中は完全にライブ会場状態。

ソニーが「いい音には、静寂が要る。」というキャッチコピーを展開していますが、まさにコレ。

静寂が音の良さを引き立ててくれますよ。

 

DSEE HXによるアップスケーリングでハイレゾ級高音質の完成

ノイズキャンセリングで作り出した最高の環境をベースに、圧縮されて劣化したmp4などのサウンドを「DSEE HX」機能がアップスケーリングして補完。あっという間に上質なハイレゾ級サウンドの完成です。

デジタル処理による音質向上がついにここまで来たかという感慨深さを感じますね。

素晴らしい技術、さすがソニーと言わしめるものは間違いなくあると思います。

 

サウンドそのものは安定のソニーサウンド

ソニーならではのサウンドチューニングは健在で、ポップス&ロックが純粋に楽しく聴けるチューニングが施されたドンシャリめな音質。

比較的万人受けするような耳あたりの良さで、中音域を中心に低音から高音まで卒なく鳴らす印象です。

BOSEのようなクラシックやジャズに向いたサウンドではありませんが、逆にポップスはソニーの主戦場。ボーカルと楽器のバランスが絶妙で、特にボーカルの声が伸びやかでクリアに通る感じはソニーサウンドって感じですね。

 

イコライザー機能もなかなか楽しい

専用アプリ「Headphones Connect」を使えばイコライザー機能を手軽に利用することができます。

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:音質:8種類のプリセットから選択できます。

8種類のプリセットから選択できたり、

 

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!|使ってみて感じたこと:音質:好みのカスタマイズを行って登録しておくこともできます。 なかなかいじり甲斐のある機能。楽しく音遊びができますよ。

好みのカスタマイズを行って登録しておくこともできます。

なかなかいじり甲斐のある機能。楽しく音遊びができますよ。

 

「完全ワイヤレス」というある種のハンデを考慮するなら、この音質は大満足。

逆にノイズキャンセリング搭載モデルの初っ端からこんなクオリティで出してきて「今後どうするつもりなの?」って心配になりますねw

 

ソニー WF-1000XM3レビュー|まとめ

【ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!

「【🎵ソニーWF-1000XM3レビュー】SONYの秀逸ノイズキャンセリング搭載!高性能と高級感を兼ね備えた新世代完全ワイヤレスイヤホン|音楽アプリで設定自在!」と題して、”完全ワイヤレス”だからといって侮れないサウンドクオリティを実現させたノイズキャンセリング搭載Bluetoothイヤホン「WF-1000XM3」について紹介してきました。

 

AirPods Proに対抗できる唯一のノイキャン完全ワイヤレス

恐らく現状でAirPods Pro唯一の対抗馬が「WF-1000XM3」といっていいでしょう。それだけのクオリティ・スペックを誇っていると使ってみて感じています。

ただ正直、甲乙つけがたい!どちらにもそれなりの良さがあるんです。本当に悩ましい・・・。

 

安易ですが価格に目を向けて見ると、どちらも高価格帯商品ですがソニーの方が5,000円以上安くなっていることから、価格ではソニーが比較的優位。

少しでも割安価格でノイキャン完全ワイヤレスを手に入れたい方は、ぜひソニー「WF-1000MX3」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

「WF-1000XM3」は「AirPods Pro」に引けを取らない秀逸なノイキャン完全ワイヤレスでしたよ!
チャンス

 

「AirPods Pro」とガチ比較してみました

【AirPods Pro対SONY WF-1000XM3比較検証レビュー】ノイズキャンセリング性能・音質・使い勝手など話題のノイキャン完全ワイヤレスを比較してみた

SONY「WF-1000xm3」の購入を考えている方の中には「SONYのノイキャンワイヤレスとAirPods Proって、どっちがいいんだろう?」という疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

同じ時期に登場したノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンですから、否が応でも目に入ってきますよね。気になります。

そんなわけで両機を所有する僕が実際に「WF-1000xm3」と「AirPods Pro」をガチ比較してみました。何らかの参考になれば幸いです。

関連記事
【AirPods Pro対SONY WF-1000XM3比較検証レビュー】ノイズキャンセリング性能・音質・使い勝手など話題のノイキャン完全ワイヤレスを比較してみた
【🎵AirPods Pro対SONY WF-1000XM3比較検証レビュー】ノイズキャンセリング性能・音質・使い勝手など話題のノイキャン完全ワイヤレスを比較してみた

続きを見る

 

この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。

 

CDを購入・レンタルして、お金と時間を無駄にしてませんか?

CDを買ったりレンタルしたりするのは割に合わないし、何より面倒臭い!

たった1枚のCDに2,000円も払うとか、経済的に痛すぎると思いませんか?

レンタルする場合も。店に行ったものの借りたいCDが全部借りられていて時間を無駄にしたり、借りられたとしても返却するために店頭に行かなきゃならないのはダルいですよね。

 

良心価格で手軽に利用できる音楽配信サービス

音楽配信サービスなら月額980円で数千万曲が聴き放題!

もちろん最新作もリリース当日に聴けちゃいます。

1枚2,000円も支払わなくていいし、わざわざお店に足を運ぶ手間もありません。

 

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

そして数ある音楽配信サービスの中で特におすすめなのが、業界最多の楽曲配信数・業界最安値・他社サービスに無い豊富な付加価値の三拍子が揃った「LINE MUSIC(ラインミュージック)です。

 

コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が提供する「ラインミュージック」は、LINEと強力な連携が行えるただ一つの音楽配信サービスになります。

 

【20年11月現在】「ラインミュージック」で聴けるアーティスト

20年11月現在、「ラインミュージック」で聴ける代表的な音楽アーティストをほんの一部ですが掲載してみました。

洋楽アーティストに関しては、ほとんど網羅されていると言ってよいので、下記は邦楽アーティストに限定して掲載しています。

 

楽曲聴き放題のアーティストの例示

  • 米津玄師
  • 安室奈美恵
  • [ALEXANDROS]
  • いきものがかり
  • 宇多田ヒカル
  • AKB48
  • Aimer
  • 欅坂46
  • コブクロ
  • サザンオールスターズ
  • スピッツ
  • TWICE
  • DREAMS COME TRUE
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 浜崎あゆみ
  • BUMP OF CHICKEN
  • 星野源
  • 中島みゆき
  • Mr.Children
  • ももいろクローバーZ
  • ゆず
  • L'Arc~en~Ciel
  • LiSA

 

音楽配信サービス全体で権利が解禁されていないジャニーズ系アーティストなどは流石に聴けませんが、これだけ押さえておきたいアーティストが数多く名を連ねているので、ラインナップに不満を感じることはありません。

最近はアーティスト側で音楽配信サービスへの意識が変化していて、続々と音楽配信サービスへの楽曲提供が発表されています。なので現状聴くことのできないアーティストが聴けるようになる日もそう遠くないでしょう!

 

「ラインミュージック」の特長

「ラインミュージック」が優れている点をまとめると、次のような感じです。

 

「ラインミュージック」の特長

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 業界最高峰6,500万曲の楽曲配信数(他社で聴ける曲はほとんど聴けます)
  • ビットレート320kbpsでハイクオリティな音質
  • 楽曲の歌詞が見れる「リリック表示機能」搭載
  • 人気アーティストに会えるかもしれないスペシャルイベント参加権アリ!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割料金・月額480円!!
  • もちろん月額料金は業界最安水準
  • 最大6人で利用できるファミリープランも業界最安(月額1,480円 / 年払いで月額1,166円)
  • 無料会員でもフル尺再生できる(国内サービスで唯一)
  • 無料トライアル期間は3か月間!

 

CDアルバムはたった1枚買うだけで2,000円も払わなければなりませんが、「ラインミュージック」は月額980円で6500万曲+今後リリースされる最新楽曲がすべて聴き放題!

比較するまでもなく、「ラインミュージック」の方がお得だと思いませんか?

 

無料会員でも利用価値がある高コスパな音楽配信サービスなので、まずは3か月間無料お試し利用してみて、「ラインミュージック」の良し悪しをチェックしてみましょう!

>>【無料登録】「LINE MUSIC(ラインミュージック)」をとりあえず3か月間だけ使ってみる

 

【完全無料】3か月間無料お試しキャンペーン実施中!!

LINE MUSIC(ラインミュージック):3か月間間無料トライアル期間が付いてくるキャンペーン実施中!!

【完全無料】3か月間無料トライアルキャンペーン

今なら初回登録で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間に渡って無料お試しできるキャンペーン実施中!!

いつ終わるか分からないキャンペーンなので、音楽配信サービスが気になっている方は、この機会をお見逃しなく!

>>無料で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間使ってみる

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

Amazonプライム会員の方なら「Amazon Music Unlimited」もおすすめ

Amazonプライム会員なら「Amazon Music Unlimited」が特別料金・月額650円で契約できますよ。

LINEとの連携機能や320kbpsのビットレートも非対応ですが、圧倒的な月額料金の安さは魅力的です。

>>無料で「Amazon Music Unlimited」を30日間使ってみる

 

【2020年】音楽配信サービスを徹底比較

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

CD1枚2,000円で買う時代が終わり、今や定額料金で好きな曲を好きなだけストリーミング再生で聴く「音楽配信サービス」の時代がやってきました。

そんな高コスパな音楽配信サービスは数多く存在していて、その良し悪しは非常に分かりにくくなっています。

 

そこで当サイトでは、サービスごとの特徴をまとめた比較記事を公開しています。

自分にとって最良の音楽配信サービスが知りたい方は、下記の記事をチェック!

関連リンク【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連リンク【Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-イヤホン
-,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ