【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン

イヤホン

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン

相変わらずの高コスパぶりを発揮するAVIOTの新作TWSが登場!!

昨年リリースされて一世を風靡したAVIOT「TE-D01g」から早一年。

関連リンク【AVIOT TE-D01gレビュー】最大50時間再生・完全防水・iPhone&android高音質対応!VGP2019金賞で評判のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超簡単!

 

このほど前作を凌ぐハイスペックとハイサウンドを引っさげて、新作「TE-D01gv」がリリースされました。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|製品の公式画像AVIOT「TE-D01gv」

満を持して登場した人気機種の最新作は、紛れもなく現在販売されている機種の中でトップクラスのコストパフォーマンスを誇っています。

その証拠に下記のようなスペックを本機は備えています。

 

「TE-D01gv」の特徴

  • 最大11時間&ケース併用最大50時間連続再生
  • 高い接続安定性と低遅延を実現させたAPT-X Adaptive対応
  • 高感度MEMSマイク&CVCノイキャンでクリアなハンズフリー通話
  • 周囲の音に耳を傾けられる外音取り込み機能
  • 完全防水性能(IPX7)
  • 日本人向けに最適化されたサウンド「Japan Tuned」
  • 日本最大のオーディオビジュアルアワードをダブル受賞

 

クアルコムが先日発表した先進のBluetooth接続技術「APT-X Adaptive」を早々に備えてきたことは、AVIOTの本気度を感じさせます。

バッテリー性能やハンズフリー通話の性能なども向上させ、周囲の音を聴くことができる「外音取り込み機能」まで備えてくる徹底ぶり。

これは前作同様にAVアワード「VGP2020」の二冠を果たすのも頷けるコスパ感です。

 

では早速、AVIOTが誇る人気の完全ワイヤレスイヤホン最新作「TE-D01gv」について、詳しく見ていきましょう。

 

本記事の内容

 

AVIOT TE-D01gvレビュー|製品情報

まずはAVIOT「TE-D01gv」のスペックについてザッと見てみましょう。

 

スペック

サイズ イヤホン(片耳):H16×W38×D29mm
充電ケース:H44×W44×D32mm
重量 イヤホン(片耳):約5g
充電ケース:約40g
充電用ポート Type-C
Bluetooth規格 Ver.5.2
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
マルチペアリング 3台
ドライバー φ6mmダイナミック型
連続再生時間 約11時間
(+充電ケースで約50時間)
フル充電所要時間 イヤホン本体:約70分
充電ケース:約90分
対応コーデック SBC
AAC
APT-X
APT-X Adaptive
CVCノイズキャンセリング
防水性能 IPX7等級(完全防水)
※イヤホン本体のみ※
付属品
  • 充電ケース
  • イヤーピース(3種類:S/M/L)
  • USB Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証登録カード
保証 12か月メーカー保証

 

圧巻のコストパフォーマンス

バッテリー性能然り、コンパクトさ然り、防水性能然り。

とにかくスペックを見るだけでも、コストパフォーマンスの高さを伺い知ることができます。

スペック表からは分からない本機のアドバンテージについては、次の項目をチェックしてみましょう。

 

AVIOT TE-D01gvレビュー|優れているポイント

ここでは特に「TE-D01gv」が優れているポイントに注目してみましょう。

 

最大11時間連続再生&ケース併用最大50時間

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|優れているポイント

イヤホン単体で約11時間の超ロングライフバッテリー性能を誇っています。

さらに充電ケースに搭載されたバッテリーを併用すれば最大50時間もの再生が可能になります。

もはやバッテリーに関して不安を抱くことは皆無でしょう。

 

超安定&超低遅延の最新コーデックAPT-X Adaptiveに対応

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|優れているポイント:超安定&超低遅延の最新コーデックAPT-X Adaptiveに対応

最新のBluetooth接続技術「APT-X Adaptive」に対応していて、非常に高い接続安定性と低遅延性能を備えています。

ひどく混線する人混みや動画視聴の際などに、とても快適な音楽・動画鑑賞が行えますよ。

 

テレワークに効く高感度MEMSマイク&CVCノイキャン

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|優れているポイント:テレワークに効く高感度MEMSマイク&CVCノイキャン

テレワークの際などに重宝する好感度マイクとCVCノイズキャンセリングを搭載。

極めてクリアなハンズフリー通話が行えるので、音楽シーン以外でも重宝すること請け合いです。

 

周囲の音もキャッチできる外音取り込み機能

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|優れているポイント:周囲の音もキャッチできる外音取り込み機能

不意の会話でもとっさにキャッチすることができる外音取り込み機能を備えています。

耳からイヤホンを取り外す手間が省けるので、搭載されていると何かと重宝する機能ですよ。

 

完全防水IPX7に対応

「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)」と定義されるIPX7等級の防水性能を備えているので、運動中はもちろん入浴中でも使用することができます。

完全防水性能を有するのは、あくまでイヤホン本体だけです。

受電ケースに防水性能は無いのでご注意くださいね。

 

 

日本人向けにチューニングされた独自の音質

AVIOT「TE-D01g」はJapan Tunedと題して日本人に最適な音質設計を追求しています。日本人向けのサウンドチューニングを志向した"Japan Tuned"

AVIOT独自のサウンドチューニング「Japan Tuned」は、日本人の耳に最適化されたサウンドチューニング。

日本の音を知り尽くしたオーディオの日本人エキスパートが、クラシックからアニソンまで幅広いジャンルの楽曲を聴き込んで日本人の耳に合った聴きやすい音質を追求したもので、実際に聴いてみるとその印象は独特。

確かに他のイヤホンのチューニングとは異なる方向性を持っているなと実感できるサウンドに仕上がっていますよ。

 

日本最大のオーディオビジュアルアワードをダブル受賞

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|優れているポイント:日本最大のオーディオビジュアルアワードをダブル受賞

旧モデル「TE-D01g」に続き、本機でもオーディオビジュアルアワードVGP2020の「金賞」「コスパ大賞」に輝いています。

プロの目に晒されるVGPで2作続けて受賞していることが、本機のコスパの高さ・性能の高さを示しています。

 

プロお墨付きの完全ワイヤレスイヤホンと言っても過言ではありません!
チャンス

 

AVIOT TE-D01gvレビュー|外観・付属品

外観

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観

相変わらず唯一無二な存在感が光るAVIOTのハウジングデザイン。

今回は僕が好きなAVIOTのネイビーカラーの展開が無かったので、ブラックをチョイスしてみました。

 

前作はゴールドだったボタンと円環ラインが、今回はシルバーに。

ちょっと落ち着いた印象で、これはこれでステキ。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観:やっぱりAVIOTのロゴは様になりますね。カッコイイ。

やっぱりAVIOTのロゴは様になりますね。カッコイイ。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観:イヤホンの裏側は、このような感じです。 左右が分かりやすく色分け刻印されているのがナイスですね。

イヤホンの裏側は、このような感じです。

左右が分かりやすく色分け刻印されているのがナイスですね。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観:充電ケースを正面から見ると、ツートンになっているのが分かりますね。 上のフタ部分は前作同様に光沢感のあるツルリとした加工がされています。 その一方で下の部分は滑り止め加工がされていて、非常にマット。

充電ケースを正面から見ると、ツートンになっているのが分かりますね。

上のフタ部分は前作同様に光沢感のあるツルリとした加工がされています。

その一方で下の部分は滑り止め加工がされていて、非常にマット。

 

前作の充電ケースは滑りやすいデメリットがありましたが、今回はそれが完全に解消されています。
チャンス

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観:ケース側面には4点LEDライトが搭載されています。

ケース側面には4点LEDライトが搭載されています。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観:反対側の面にはUSB-C充電ポート。

反対側の面にはUSB-C充電ポート。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観:手に取ってみると非常にコンパクトで収まりが良いのが分かります。

手に取ってみると非常にコンパクトで収まりが良いのが分かります。

兎にも角にもオシャレ。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|外観:この充電ケースは、本体のイヤーピース交換を行った状態でもイヤホン本体を収納することができる構造になっています。 つまり他社製イヤーピースに付け替え手も、そのまま収納することができるというわけですね。

ちなみにこの充電ケースは、本体のイヤーピース交換を行った状態でもイヤホン本体を収納することができる構造になっています。

つまり他社製イヤーピースに付け替え手も、そのまま収納することができるというわけですね。

 

イヤーピース愛好家にはたまらない充電ケースです!
チャンス

 

付属品

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|付属品

TE-D01gv」の付属品は次の通りです。

 

付属品一覧

  • 充電ケース
  • イヤーピース(3種類:S/M/L)
  • USB Type-Cケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証登録カード

 

過不足を感じさせない付属品

本機を使用するうえで特に不足は感じない付属品構成になっています。

ちなみに前回(僕の中で)不評だったシリコン&ウレタン製イヤーピースのてんこ盛り付属は止めたようですね。

むしろ不要な付属品をカットして、イヤホン本体価格を抑えに来たんだとすれば、大正解だと思います。

 

AVIOT TE-D01gvレビュー|ペアリング方法(接続方法)

ここではiPhoneを使った「TE-D01gv」のペアリング登録方法を解説します。

 

ペアリング登録手順

  1. 片方のイヤホン本体のボタンを2回素早く押す
  2. スマホの設定画面で「AVIOT TE-D01gv」を選択する
  3. 「接続済み」と表示されたらペアリング完了

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|ペアリング方法(接続方法)

まずは片方のイヤホン本体に搭載されたボタンを2回素早く押しましょう。

すると「電源ON、ペアリングしています」とアナウンスが入って、ペアリングモードへ移行してくれます。

イヤホンのLEDインジケーターが素早くホワイトとオレンジに点滅しているのがペアリングモード中のサインです。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|ペアリング方法(接続方法):ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「AVIOT TE-D01gv」と表示されるので選択しましょう。

ペアリングモードに入るとBluetooth設定画面(「設定アプリ」→「Bluetooth」)に「AVIOT TE-D01gv」と表示されるので選択しましょう。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|ペアリング方法(接続方法):「ペアリングに成功しました」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「AVIOT TE-D01gv」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

「ペアリングに成功しました」とアナウンスが入って、スマホのBluetooth登録デバイス一覧に「AVIOT TE-D01gv」が「接続済み」と表示されていればペアリング完了です。

 

片耳だけでも使えます!

AVIOT「TE-D01gv」は片耳だけで使うことができます。

やり方は簡単で、ただ片方のイヤホン本体を取り出すだけ。途中で片方のイヤホンだけを使いたくなったら、使わない方のイヤホンをケースに仕舞うだけ。

また両耳で聴きたくなったら片側イヤホンを取り出して耳に装着するだけでOK。

音を途切れさせることなくシームレスにイヤホン側で自動切替してくれます。まさに至れり尽くせり。

 

一度ペアリングすれば、以後は自動接続してくれます

ペアリング登録以後は、イヤホン本体が入った充電ケースのフタを開けるだけで前回接続したスマホに自動接続してくれます。

自動接続されるまでわずか4~5秒と高速なので、実用シーンで接続のもたつきにイライラすることはないでしょう。

 

AVIOT TE-D01gvレビュー|使ってみて感じたこと

操作感

TE-D01gv」のボタン操作は、下記の通りです。

 

既定のボタン操作

  • 音楽再生時
    • 右ボタンを1回押す:再生/一時停止
    • 右ボタンを2回押す:曲送り(次の曲へ)
    • 左ボタンを3回押す:曲戻し(前の曲へ)
    • 左ボタンを3回押す:音量を上げる
    • 左ボタンを2回押す:音量を下げる
  • 通話時
    • 着信時に右ボタンを1回押す:受話
    • 通話中に右ボタンを1回押す:通話終了
    • 着信時に左or右ボタンを1秒間長押し:着信拒否
  • アンビエントマイクON/OFF
    • 左ボタンを1回押す:外音取り込み機能をONにする
      ※もう一度左ボタンを1回押すとOFF。

 

ボタンを押すことで耳に掛かる負担が軽い

完全ワイヤレスイヤホンの物理ボタンで気になるのは、ボタンの押し込み操作による耳穴に掛かるストレスです。

その辺りに配慮が無い製品の場合、ボタン操作の際に耳に過度な圧力がかかって不快です。

その点「TE-D01gv」は比較的圧力が掛からないように設計されているのか、ストレスを強く感じることはありません。

物理ボタンと言うこともあって、操作に対する反応も上々。押し損じなどが生じないのは嬉しいポイントでしょう。

 

3回連続押しはちょっとツライ・・・

個人的にはボタンの3回連続押し操作は、煩わしいというか面倒というか、あまり良い印象ではありませんでした。

一般的な左右で操作を割り振ることをせず、あえて音楽操作を右側イヤホンに委ねるという構成を取った本機ならではのデメリットと言えるかもしれません。

 

イヤホン本体のバッテリー残量の確認方法

知る人ぞ知る方法ですが、念のためイヤホン本体のバッテリー残量の便利な確認方法について、iPhoneを例にご紹介しておきたいと思います。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|使ってみて感じたこと※クリックで拡大表示※

まず「TE-D01gv」をiPhoneに接続させましょう。

接続したらホーム画面から左フリックでウィジェット画面を表示させて、下にある「編集」と書かれたボタンをタップします。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|使ってみて感じたこと:ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。※クリックで拡大表示※

ウィジェット追加画面に移るので、「バッテリー」と書かれた項目の左側にある「+」マークをタップして、画面右上の「完了」をタップします。

 

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン|使ってみて感じたこと:ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「TE-D01gv」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。※クリックで拡大表示※

ウィジェット画面を見ると一番下に「バッテリー」という項目が追加されていて、「TE-D01gv」のバッテリー残量がパーセント表示されているはずです。

イヤホン本体のバッテリー残量を確認するなら、このウィジェット表示が一番分かりやすいのでおすすめですよ。

 

装着感

片耳約5gの軽さやノズルの取り付け角度などが耳穴に上手くフィットしてくれる印象を受けます。

特に公式情報としてはエルゴノミクスデザインなどにこだわっている旨の記載はありませんが、そういう感触が得られる上々の着け心地になっています。

僕の場合、もう少し耳穴の奥でフィットしてほしいと思ったことからSpinfit製イヤーピース「CP100」に交換して使用しています。

耳穴に柔軟にフィットしてくれる独自構造を持つイヤーピースなのでフィット感が抜群に向上。音質もキレが増してクリアな印象が強くなる効果も見込めるのでおすすめです。

 

音質

ドンシャリ感を抑えて中音域に肉厚感を与えているような印象のサウンドは前モデル「TE-D01gv」を踏襲。

相変わらず海外ブランドのBluetoothイヤホンとは一線を画したサウンドチューニングが施されています。

 

ボーカルの声にフォーカスしたい方には最適かも

中音域がボリューム感やクリアネスが独特で絶妙。

だからボーカルの透明感が良い感じで、反響感・残響が心地良いです。

 

ロックへの順応性もあります

一方でロックサウンドは駄目かというと、そんなこともありません。

音の粒立ちが良いので、ボーカルの声はもちろん、ギター・ベース・ドラム全員が活き活きして感じます。バンドミュージックの心躍る音が明瞭なサウンドとして展開されるイメージです。

この爽やかさは例えば「Powerbeats Pro」のような重低音グイングイン系のBluetoothイヤホンでは成し得ない芸当。だからレッチリの「By the Way」とか聴くと全く別モノになるんですよ。フリーの鬼ベースにはちょっと影を潜めてもらって、全体のクリアネスを高めるなら本機はかなり相性良いですよ。アンソニーの声、メチャクチャ映えます。

独特なサウンドチューニング"Japan Tuned"は、確かに謳い文句にするだけのユニークな音を楽しめることを再確認できました。

 

AVIOT TE-D01gvレビュー|まとめ

【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン

「【AVIOT TE-D01gvレビュー】最新コーデックAPT-X Adaptive対応で超低遅延!!更なる進化を遂げたAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン|ペアリングも超カンタン」と題して、あらゆるスペック面で抜群のコストパフォーマンスを発揮しつつ、最新コーデックで安定&低遅延のBluetooth接続も実現させる高コスパ完全ワイヤレスイヤホンAVIOT「TE-D01gv」について、詳しくご紹介してきました。

 

2020年、コスパ面で台風の目になる製品であること必至!!

前モデルの高コスパ感を見事に踏襲してリリースされた「TE-D01gv」は、全体的に非常に高い性能に目を見張らざるを得ない完全ワイヤレスイヤホンです。

特に最新コーデック「APT-X Adaptive」対応なので超安定のBluetooth接続と圧倒的な低遅延を実現させているから、動画視聴やゲームプレイの際などに重宝すること請け合いです!

間違いなく2020年で注目の一台になること必至な「TE-D01gv」は、迷いなく買って損のない逸品だと感じました。

 

この記事があなたにとって最適なワイヤレスイヤホン選びの一助になれば、嬉しく思います。
チャンス

 

CDを購入・レンタルして、お金と時間を無駄にしてませんか?

CDを買ったりレンタルしたりするのは割に合わないし、何より面倒臭い!

たった1枚のCDに2,000円も払うとか、経済的に痛すぎると思いませんか?

レンタルする場合も。店に行ったものの借りたいCDが全部借りられていて時間を無駄にしたり、借りられたとしても返却するために店頭に行かなきゃならないのはダルいですよね。

 

良心価格で手軽に利用できる音楽配信サービス

音楽配信サービスなら月額980円で数千万曲が聴き放題!

もちろん最新作もリリース当日に聴けちゃいます。

1枚2,000円も支払わなくていいし、わざわざお店に足を運ぶ手間もありません。

 

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|おすすめ音楽ストリーミングサービス「LINE Music」

そして数ある音楽配信サービスの中で特におすすめなのが、業界最多の楽曲配信数・業界最安値・他社サービスに無い豊富な付加価値の三拍子が揃った「LINE MUSIC(ラインミュージック)です。

 

コミュニケーションアプリ「LINE」でお馴染みのLINE株式会社が提供する「ラインミュージック」は、LINEと強力な連携が行えるただ一つの音楽配信サービスになります。

 

【20年10月現在】「ラインミュージック」で聴けるアーティスト

20年10月現在、「ラインミュージック」で聴ける代表的な音楽アーティストをほんの一部ですが掲載してみました。

洋楽アーティストに関しては、ほとんど網羅されていると言ってよいので、下記は邦楽アーティストに限定して掲載しています。

 

楽曲聴き放題のアーティストの例示

  • 米津玄師
  • 安室奈美恵
  • [ALEXANDROS]
  • いきものがかり
  • 宇多田ヒカル
  • AKB48
  • Aimer
  • 欅坂46
  • コブクロ
  • サザンオールスターズ
  • スピッツ
  • TWICE
  • DREAMS COME TRUE
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 浜崎あゆみ
  • BUMP OF CHICKEN
  • 星野源
  • 中島みゆき
  • Mr.Children
  • ももいろクローバーZ
  • ゆず
  • L'Arc~en~Ciel
  • LiSA

 

音楽配信サービス全体で権利が解禁されていないジャニーズ系アーティストなどは流石に聴けませんが、これだけ押さえておきたいアーティストが数多く名を連ねているので、ラインナップに不満を感じることはありません。

最近はアーティスト側で音楽配信サービスへの意識が変化していて、続々と音楽配信サービスへの楽曲提供が発表されています。なので現状聴くことのできないアーティストが聴けるようになる日もそう遠くないでしょう!

 

「ラインミュージック」の特長

「ラインミュージック」が優れている点をまとめると、次のような感じです。

 

「ラインミュージック」の特長

  • LINEと連携できる唯一の音楽配信サービス
  • 業界最高峰6,500万曲の楽曲配信数(他社で聴ける曲はほとんど聴けます)
  • ビットレート320kbpsでハイクオリティな音質
  • 楽曲の歌詞が見れる「リリック表示機能」搭載
  • 人気アーティストに会えるかもしれないスペシャルイベント参加権アリ!
  • 中学生以上から利用できる良心的な学割料金・月額480円!!
  • もちろん月額料金は業界最安水準
  • 最大6人で利用できるファミリープランも業界最安(月額1,480円 / 年払いで月額1,166円)
  • 無料会員でもフル尺再生できる(国内サービスで唯一)
  • 無料トライアル期間は3か月間!

 

CDアルバムはたった1枚買うだけで2,000円も払わなければなりませんが、「ラインミュージック」は月額980円で6500万曲+今後リリースされる最新楽曲がすべて聴き放題!

比較するまでもなく、「ラインミュージック」の方がお得だと思いませんか?

 

無料会員でも利用価値がある高コスパな音楽配信サービスなので、まずは3か月間無料お試し利用してみて、「ラインミュージック」の良し悪しをチェックしてみましょう!

>>【無料登録】「LINE MUSIC(ラインミュージック)」をとりあえず3か月間だけ使ってみる

 

【完全無料】3か月間無料お試しキャンペーン実施中!!

LINE MUSIC(ラインミュージック):3か月間間無料トライアル期間が付いてくるキャンペーン実施中!!

【完全無料】3か月間無料トライアルキャンペーン

今なら初回登録で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間に渡って無料お試しできるキャンペーン実施中!!

いつ終わるか分からないキャンペーンなので、音楽配信サービスが気になっている方は、この機会をお見逃しなく!

>>無料で「LINE MUSIC(ラインミュージック)」を3か月間使ってみる

▼QRコードで無料ダウンロード▼

【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ|LINE MUSICのQRコード

 

Amazonプライム会員の方なら「Amazon Music Unlimited」もおすすめ

Amazonプライム会員なら「Amazon Music Unlimited」が特別料金・月額650円で契約できますよ。

LINEとの連携機能や320kbpsのビットレートも非対応ですが、圧倒的な月額料金の安さは魅力的です。

>>無料で「Amazon Music Unlimited」を30日間使ってみる

 

【2020年】音楽配信サービスを徹底比較

【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別

CD1枚2,000円で買う時代が終わり、今や定額料金で好きな曲を好きなだけストリーミング再生で聴く「音楽配信サービス」の時代がやってきました。

そんな高コスパな音楽配信サービスは数多く存在していて、その良し悪しは非常に分かりにくくなっています。

 

そこで当サイトでは、サービスごとの特徴をまとめた比較記事を公開しています。

自分にとって最良の音楽配信サービスが知りたい方は、下記の記事をチェック!

関連リンク【音楽配信サービス比較】2020年おすすめ音楽ストリーミングサービスまとめ|音楽配信サービスは洋楽・邦楽・アニソンなど強いジャンルで選ぶ

 

この記事で紹介したアイテム

 

Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」

【Amazonで高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+コンビニ払いで最大2.5%ポイント還元の割引メリットを享受|チャージ方法を解説

Amazonギフト券「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2.5%のポイント還元が受けられます。

コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。

僕は先日Amazonのセールで20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか?

 

どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。

関連リンク【Amazonギフト券で高額商品を安く買う】Amazonギフト券(チャージタイプ)+現金払いで最大2.5%ポイント還元|コンビニ払いのチャージ方法を解説

 

よく読まれている記事

【DVDコピー方法Windows版】無料でレンタルDVDをダビング・リッピングしてパソコンに取り込む方法|フリーソフトshrinkなど使ってお得に動画を保存 1
【Hulu(フールー)料金サービス徹底解説】業界最多6万タイトルが月額料金だけで完全見放題!高コスパな動画配信サービスHuluとは? 2
【iPhoneの画面をテレビに映す方法】iPhoneとテレビを繋いでYouTubeや動画配信サービスなどを見る|画面に映すにはHDMIケーブル&アダプタが必須! 3
【DVDをiPhoneにコピーして観る】DVDリッピング~データ変換・スマホに取り込む方法|コピーガード解除、MP4・ISOのパソコン保存もVideoProcなら簡単! 4
【動画配信サービスのレンタル作品を録画する】アナと雪の女王2で実践!動画配信サービスのレンタル作品を録画する方法|PC・スマホ・タブレットで観れる! 5
【2020年最新版】ニーズ別おすすめ動画配信サービスまとめ|映画・ドラマ・アニメが見放題のVODサービスの選び方とは【まずは30日間無料体験してみよう!】 6
【DVD Shrinkの使い方】無料ダウンロードしてレンタルDVDを完全コピー!DVD ShrinkでDVDをiso保存する方法|インストール方法や代替ソフトもご紹介 7
8
【音楽ストリーミングサービス比較】おすすめ定額音楽配信サービス|洋楽・邦楽・アニソン・シェア・学割など特徴で峻別 9

-イヤホン
-,

© 2020 カチシェア|生活を豊かにする価値を共有するブログ